せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

相生を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回と前回に続いて、相生市の相生地区を歩いてみたいと思います。

相生の町並み

相生天満神社を後にして、相生の街中を歩きます。
どこか瀬戸内の港町のような趣のある街並みが続いていました。

光明寺

街の中にひときわ目立つ大きな屋根が見えました。こちらは光明寺です。

光明寺の境内

山門をくぐった先の境内には浄土真宗の寺院らしく、巨大な本堂がそびえていました。

光明寺は明応5(1596)年に播磨海老名氏の二代目の海老名季重が開いた寺院で、海老名氏の菩提寺でした。創建当初は本堂前のイチョウの木の間に設けられた小さなお堂だったそうですが、明治時代、相生港に台風で流れ着いた木材を使って今の堂宇が建てられたそうです。ちなみに、相生の庄屋となった海老名氏はここ光明寺の北側、今の相生公民館の辺りに屋敷を構えていましたが、この屋敷は明治時代に焼失し、現存していません。

南町荒神社

相生の街を通り抜けて、南側の山に天満神社と向かい合うように佇む南町荒神社を訪ねてみました。

荒神社からの景色

荒神社からは瓦屋根の家々が建ち並ぶ相生地区を見下ろすことができました。近世を通して相生は赤穂藩領で、城下町ではありませんが、どこか漁村とは違った趣があるように感じますね。

相生湾沿いの巨大な造船所は重工業都市・相生の象徴のような景色ですが、瓦屋根の家々が山の合間に建ち並ぶ光景は「おお」と呼ばれた頃の相生を今に伝えているようです。これから相生では牡蠣のシーズンを迎えます。深く切れ込んだ相生湾の海の恵みを楽しみながら、相生の町並みを訪ねてみてはいかがでしょうか。

相生を歩いて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、相生市の相生地区を歩いてみたいと思います。

蛭子神社

相生港バス停の傍には神社が佇んでいました。こちらは蛭子神社です。前回、少し見てきたように、相生湾の奥の那波と違い、ここ相生は漁業を中心とした集落でした。この蛭子神を祀るこの蛭子神社も漁村らしい雰囲気を今に伝えています。

大谷川

相生地区の北側を大谷川が細く流れていました。川沿いには家並みが続いています。街中には相生湾で獲れた新鮮な魚介を扱う鮮魚店が所々にあり、今でも漁村の活気を感じることができます。

相生天満神社

大谷川を渡った先、石段の上に立派な神社が佇んでいました。相生天満神社です。この神社は建立されたのは平安時代も終わろうとしていた建久2(1191)年のこと。当時、この地を納めていた海老名氏が社を建てたのが始まりです。

もともと「おお」と呼ばれていたこの地を豪族・海老名氏が治めるようになったのは平安時代の後期の長治元(1104)年とされています。海老名氏は元々相模国、現在の神奈川県海老名市付近を治めていた豪族で、家督争いの末に一派が相生湾の奥の那波に城を構えてこの地を治めるようになりました。「相生」の地名は相模国の「相」に生きる「生」という字を組み合わせて生まれました。ただし、昭和に相生市となるまで、「相生」の読み方は「おお」のままだったそうです。

相生天満神社の境内

境内は急な斜面に張り付くようですが、趣があり立派な社殿が佇んでいました。
この相生天満神社の創建には様々な伝説がありますが、一説では播磨海老名氏の祖となった海老名家李が陣中で拾得した菅原道真像をこの地に祀ったのが始まりとされています。

相生地区を見下ろす

相生天満神社からは山と相生湾に囲まれた谷に住宅が建ち並ぶ相生地区を見下ろすことができました。古くは「おお」と呼ばれ、この相生市の原点ともいえる相生地区。次回ももう少し歩いてみたいと思います。

相生を歩いて(前編)

投稿日:


木々が色づき、暦の上では冬を迎えたころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

相生駅

山陽姫路駅からJRに乗り換えて着いたのは相生駅。
新幹線の駅もあり、相生市の玄関となる駅です。

相生港バス停

相生駅からバスに乗って着いたのは相生港バス停です。
相生市の中心市街は深く切れ込んだ相生湾の最奥部から相生駅にかけて広がっていて、相生地区と呼ばれる相生湾内の入江の奥に広がるこの辺りは少しのどかな雰囲気です。

相生湾

バス停のすぐそばには相生湾が広がっていました。青々とした水面の向こう、湾の対岸には巨大な造船所がそびえています。

古くは蝦江と呼ばれた相生湾に面した相生市は播磨灘が深く切り込み、深く風の影響を受けにくい地形を生かして、古くから港町として栄えていました。湾の最奥部の那波は港町、ここ相生は漁業の町として、栄えていたそうです。そんな相生湾に難工事の末にドックが開設されたのは明治45(1912)年のことでした。

相生(おお)の石灯籠

バス停の近くには石灯籠が佇んでいました。相生(おお)の石灯籠と呼ばれるこちらは江戸時代の天保14(1843)年に相生港の波止(防波堤)に建立されたもので、夜間には灯りが灯されて灯台の役割を果たしていたそうです。古くからの港は平成11(1999)年の相生湾の改修で雰囲気が変わってしまいましたが、港を見守ってきた石灯籠は今も波止のあった場所に佇んでいます。

造船業の発展で重工業の街のイメージの強い相生ですが、ここ相生にはそれ以前の相生湾の風情が残されているようです。
次回、もう少し相生を歩いてみたいと思います。

相生湾の奥の街・那波を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、相生の那波を歩いてみたいと思います。

大島山

大島山
に登ることにします。急な坂道には石仏が並んでいました。

大島山本覚院善光寺

山の上には寺院がありました。こちらは大島山本覚院善光寺です。

大島山はその名の通り元々は相生湾に浮かぶ島でした。この島に城が築かれたのは平安時代の長治元(1104)年、海老名家季の手によるものとされています。この海老名氏が相模国由来であったことから、家季の孫の盛重の代にこの地の呼び名の「おお」に相模生まれの「相」「生」の字を当てたのが「相生」の地名の由来とされていて、この場所が「相生」の始まりの場所と言えるのかもしれません。

住吉神社

山頂は開けていて、住吉神社もあります。

海に囲まれた島にあった大島城は「浜御殿」とも呼ばれ、美しい城だったと言われています。しかし、南北朝時代の建武3(1336)年、当時の城主の景知が赤松氏に従って上郡の白旗城を守っている際に新田義貞の軍勢によって焼き払われてしまいました。海老名氏自体はその後も戦国時代にかけて播磨地域の豪族としてこの地域を治めていましたが、近世に入ると武士の身分を返上し、今の相生港地区に屋敷を構え、庄屋として明治時代まで続いたそうです。

大島城の碑

大島城は比較的早い時代に城が失われたためあまり城跡の雰囲気は残っていませんが、麓に降りると立派な石碑が佇んでいました。

大島城を眺める

相生市街を流れて相生湾に注ぐ芋谷川に沿って相生駅の方へ歩いてみました。
振り返るとこんもりとした大島山の姿が見えました。相生の地名の始まりに関わる城は今もこうして相生を見守っています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

相生湾の奥の街・那波を訪ねて(中編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて相生の那波を歩いてみたいと思います。

相生湾に沿って

白龍城
から相生湾の海岸にそって歩きます。
対岸は目と鼻の先でまるで川のような景色で、相生湾の深さを感じさせます。現在は湾を回る道路が整備されていますが、以前は相生湾を挟んだ移動に浮橋や渡船が利用されていました。深い湾ならではの光景があったのですね。

大島

相生湾の奥が近づいてくると、こんもりとした島のような小山がありました。こちらは大島山です。

市名になっている「相生」はもともと湾の東側の地区の地名で、浦名の「おお」に「相生」という字を当てたものとされています。一方の湾の西側から今の相生駅周辺にかけての地区は「那波」と呼ばれ、もとは相生とは別の自治体でしたが、戦前に相生町に編入されてそのまま相生市の一地区となりました。ただ、交通の利便性などのせいでしょうか、市街地や行政機関はどちらかというと那波のほうに集まっています。

相生湾の奥

大島山を眺めながら歩くと、相生湾の奥に着きました。

大島山の麓

相生湾を回り込むと、先ほど対岸から眺めた大島山の麓に着きました。

大島山へ

大島山に登ってみると、早速蚊の大群に襲われました。くじけそうになってしまいますが、この大島山には相生の地名の由来につながるスポットがあります。

次回、もう少し相生の那波を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

相生湾の奥の街・那波を訪ねて(前編)

投稿日:



彼岸を迎え、暑さも和らいできたころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

西相生駅

山陽姫路駅から乗り換えて着いたのは西相生駅です。

相生湾

西相生駅から歩くと、相生湾が広がります。
播磨灘から深く入り込んだ湾は牡蠣などの養殖が盛んなだけでなく、周辺には工場も建ち並んでいて、漁業と重工業の街の雰囲気です。

白龍城

相生湾のほとり、那波という地区に入ると中華風の建物がありました。こちらは「道の駅海の駅あいおい白龍城(ぺーろんじょう)」です。

白龍(ペーロン)は龍船(白龍)を競漕する祭りで、もとは中国のものでした。日本に伝わったのは江戸時代の1655年と言われ、長崎を訪れた中国船が強風で出航できなくなった際、海神を慰めるために龍船の競漕を催したのが始まりとされ、その後、長崎の祭りとなりました。ここ相生に伝わったのは大正時代とされ、長崎出身の造船所従業員たちが故郷を懐かしんで催すようになったそうです。この施設はその白龍にちなんだデザインの施設です。

相生湾を眺める

賑わう白龍城の裏手からは相生湾を眺めることができました。

相生湾の海の景色に彩られた街・那波をもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

五百羅漢が見守る宿場町・北条を歩いて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回、前回に続いて、加西の北条を歩いてみたいと思います。

住吉神社

酒見明神
を祀る住吉神社を後にします。

羅漢寺

住吉神社の北側にあるのは羅漢寺です。もとは酒見寺の境内の一部でしたが、明治時代に別の寺院に分かれました。

北条の五百羅漢

境内には「北条の五百羅漢」と呼ばれる石仏群があります。それぞれ表情の異なる石仏が数多く立ち並ぶ光景は迫力がありますね。

先ほど見てきましたように、この羅漢寺は元は酒見寺の一部でした。この五百羅漢を誰がいつ何の目的で作ったのかははっきりとはわかっていませんが、調査では江戸時代の初めのものとされ、酒見寺が再建された頃に作られたと考えられています。戦国時代の天正年間に、この辺りは戦乱に巻き込まれ酒見寺は焼失し多くの犠牲者が出ました。そうした人々を弔うために作られたのではないかとも言われています。

小谷城を眺める

羅漢寺のすぐ北側を通る中国道をくぐると、のどかな田園地帯が広がりました。正面の山には小谷城(こだにじょう)という城がありました。

小谷城が築かれたのは室町時代の応永年間頃と言われていて、代々赤松氏が城主をつとめていました。赤松氏は酒見寺や住吉神社の門前町があった北条に「古市場」を開き、「田舎なれども北条は都、月に六斎市が立つ」と謳われるほど繁栄したそうです。

夏の五百羅漢

羅漢寺に戻り、五百羅漢を眺めます。
夏の日差しの差し込む境内には蝉時雨が降り注いでいました。

中世に繁栄したものの、戦国時代に兵火に焼かれた北条ですが、五百羅漢に見守られながら交通の要衝として発展していきました。
また大変な状況となりましたが、状況が落ち着きましたら、播磨平野に佇む街をたずねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

五百羅漢が見守る宿場町・北条を歩いて(中編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、加西の北条を歩いてみたいと思います。

但馬街道の景色

北条の街中には趣のある景色が広がっています。この道はかつての但馬街道で、北条から市川沿いに出て、生野峠を越えて豊岡へとつながっていました。今でも北条の町の北側には中国道が通っていて、福崎で播但連絡道路と接続し、但馬方面へとつながっています。今も但馬への経路であることは変わりませんね。

酒見寺

旧街道沿いに立派な仁王門がありました。こちらは酒見寺(さがみじ)です。

酒見寺は奈良時代の天平17(745)年にこの地を訪れた行基酒見明神の神託を受けて建立したと伝わる古刹です。聖武天皇の勅願寺とされ、平安時代から勅旨の参詣が毎年行われるなど朝廷の帰依もあって、広く信仰を集める寺院となりました。北条が宿場町として発展するのは近世に入ってからですが、それ以前の中世にかけて、この酒見寺の門前町が広がっていたそうです。

酒見寺の境内

仁王門をくぐると、二層屋根の本堂へと参道が伸びていました。両側には青銅の灯篭が立ち並んでいます。

酒見寺多宝塔

境内にあったのは鮮やかに彩られた多宝塔です。奈良時代の建立とされる酒見寺ですが、二度焼失していて、現在の伽藍は戦国時代に焼失したものを江戸時代に当時の姫路城主・池田輝政により再興されたものです。こちらの多宝塔も江戸時代初めの寛文2(1662)年に建立されたものとされています。

石橋

境内の西側には小さな池と古風な石橋がありました。

住吉神社

石橋を渡った向こうは住吉神社という神社です。こちらは酒見寺よりも古く、現在の場所に社が建てられたのは養老元(717)年とされています。住吉三神だけでなく、酒見明神を祀り、古くには「酒見大明神」「酒見社」と呼ばれていました。行基が神託を受けたのもこの酒見明神からですね。酒見寺は建立後、この住吉神社の別当をつとめるなど、深い関係にあり、近世にはともに池田輝政の庇護も受けて繁栄することとなりました。

街道の宿場町として栄えた北条ですが、それ以前にも町としての広がりがありました。
次回、もう少し北条の歴史をさかのぼってみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

五百羅漢が見守る宿場町・北条を歩いて(前編)

投稿日:



夏の盛りだというのに雨の続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

北条町駅

神戸電鉄粟生線の粟生から北条鉄道に乗り換えて、終点の北条町に着きました。
駅前は加西市の中心の北条地区で、商業施設や商店が建ち並び、賑やかな雰囲気です。

北条町

北条町駅の周辺は真新しい建物が建ち並び市街地の雰囲気ですが、少し歩くと小さな商店や民家が建ち並ぶ昔ながらの雰囲気が広がります。この辺りは加西市に合併される前の北条町の中心で、明治22(1889)年の町村制施行の時、周辺が「村」だったにも関わらず北条町として発足していました。

北条の宿

歩いていくと趣のある街並みが続きます。

播磨平野にある北条は古くから栄えた街でした。近世には京都と山陰を結ぶ南北の街道と東西の街道がこの地で交わり、宿場町として繁栄するとともに、市場が設けられて、人と物がまさに交通の要衝でした。今に残る街並みを眺めていると、当時の繁栄が今に伝わるようです。

大日堂

街中の交差点には趣のあるお堂が佇んでいました。

商家街

大日堂の周辺には「旧家の街並み」とされ、今も立派な建物が残されています。この北条に集まる物資の取引で、とても栄えたのでしょうね。

宿場町として栄えた北条ですが、これだけの町が形成されたのはそれだけではありません。
次回はもう少し北条の町を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

播磨丘陵の古刹・法華山一乗寺を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、法華山一乗寺を訪ねてみたいと思います。

本堂

山中に佇む本堂を見上げてみました。
斜面に建つ建物の斜面側は懸造になっています。

本堂から眺める

本堂に上がると舞台のようになっていて、三重塔や常行堂、連なる山々を眺めることができました。

開山堂

境内の奥の木々に中に奥の院「開山堂」がありました。このお堂には一乗寺を開いた法道仙人が祀られています。

前回もお話ししましたが、法道仙人が開いた当初の寺院は今の場所の北側の笠松山にあったそうで、この地に寺院ができた時期はわかっていません。ただ、現存するもので年代がわかる最古の建物とされる三重塔は平安時代の承安元(1171)年の建立と伝わっていて、遅くともその頃にはここに寺院があったということでしょうか。
その後、創建当初の天台宗の寺院としてだけでなく、中世には真言律宗の律院も設けられ、一乗寺はこの地域の仏教の拠点となり大いに栄えました。中世から近世にかけて幾度となく発生した火災で資料はあまり残されていないようですが、山中にそびえる広大な伽藍は栄えた当時の姿を今に伝えています。

山門

境内から少し離れた山の中に山門が佇んでいました。
かつては徒歩で訪れる参拝客を迎えていたのであろう立派な山門は山の中で苔むしていましたが、今も車やバスで訪れる参拝客をひっそりと出迎えています。

播磨の丘陵地帯の山の中にある法華山一乗寺。訪ねてみると中世の面影を残す寺院の姿に圧倒されてしまいました。
まだもう少しだけ我慢の時期が続きますが、近場のスポットで少し息抜きはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村