せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

新緑の明石城を訪ねて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回と前回に続いて、明石城を歩いてみたいと思います。

石垣の高低差

前回石段を上った辺りを眺めてみました。この辺りは本丸と二ノ丸をつなぐ部分にあたり、橋のように細くなっています。石垣の下を見下ろすと、結構な高さがあることに驚きます。もともとの山肌を削って作られたのでしょうが、すさまじい高低差に驚いてしまいますね。

明石城の二ノ丸

本丸の東隣に広がるのは二ノ丸です。明石城では本丸と同じ高さの二ノ丸が連なっていて、城の南北からの攻撃に備えるために櫓が設けられていました。本丸と同じくやはり櫓は現存せず、広く平らな空間が広がっています。

明石城の東ノ丸へ

低い土塁で二ノ丸と区切られているのは東ノ丸です。もとは全部が二ノ丸だったそうですが、後に分割されて三ノ丸となり、石垣の下の平地に三ノ丸が整備されてからは東ノ丸と呼ばれるようになったそうです。

東ノ丸からの眺め

東ノ丸からは三ノ丸方面からの攻撃に備えたとも言われていて、石垣の上からは明石の街並みと明石海峡大橋を眺めることができました。

近世に築城された明石城は明石や東播地域を広く治め、播磨灘を望む要衝の守備を担っていました。そんな城が役目を終えたのは近代に入った明治6(1873)年のこと。廃城となった城は大蔵省の所管となりましたが、後に民間に払い下げられて櫓の多くは解体されてしまいました。

明石城から明石市街を見下ろす

改めて、石垣の上から明石の市街地を眺めてみました。

明治に入り、広々とした明石城の二ノ丸や三ノ丸は学校の用地となるなど、城としての姿は失われていきましたが、後に明石公園として整備されたのはこれまでに見て来たとおりです。現在では明石の歴史を今に伝えるだけでなく、市街地の中に広がる緑地として、多くの方の憩いの場となっています。徐々に生活が戻りつつある中で、イベントも開催されるようになってきましたね。これからの季節、明石公園で歴史を感じながら、新緑や庭園を彩る花々を楽しんでみてはいかがでしょうか。

新緑の明石城を訪ねて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、明石公園を歩いてみたいと思います。

明石城の石段

樹木屋敷や芝生の広場のある辺りから明石城の本丸へは急な石段を登っていきます。平野に広がる明石の街に建っている明石城は平城のように見えますが、実際は「明石の岡」「赤松山」と呼ばれた丘陵の舌端に築かれた平山城です。そのせいでしょうか、思ったよりも大きな高低差があります。

明石城巽櫓

石段の先には巽櫓がそびえています。明石城の建物の多くは失われていて、現存するのは二基の櫓だけです。こちらの巽櫓は明石城が築城される以前に明石を治めていた船上城から移設されたとされ、一説には船上城の天守だったとも言われています。ただし、築城当初の建物は焼失していて、現在の建物は江戸時代に再建されたものです。

人丸塚

巽櫓の傍には木々が鬱蒼と茂った森がありました。こちらは人丸塚と言われ、平安時代の歌人・柿本人麻呂の墓とされています。もともとこの地には楊柳寺という寺院があり、その寺の境内に柿本人麻呂の墓とされる古墳がありました。明石城の築城の際に寺は移転して現在の月照寺となり、併せて柿本人麻呂を祀る柿本神社が建立されましたが、塚と人麻呂を祀る社はこの地に残され、明石城の守り神となりました。

明石城坤櫓

城の本丸の南西には坤櫓がそびえています。こちらは京都の伏見城から移築されたものとされています。二重破風を持ち大きく立派な櫓で、天守が設けられなかった明石城では天守の代わりに使われたそうです。城内にはこの他にも櫓があり、本丸には四隅に櫓が備えられていましたが、多くは取り壊されてしまい、現存するのは巽櫓・坤櫓だけです。

明石城天守台

天守台は本丸の西側にあり、今では木々に囲まれていました。築城当初はここ本丸に本丸御殿がありましたが、築城からわずか12年後の寛永8(1631)年に焼失。その後は現在のトーカロ球場や芝生広場の位置にあり、城主の私邸の役割を持っていた下屋敷を拡張して行政機能を持たせた「居屋敷曲輪」とし、幕末まで使用されました。

天守台からの眺め

天守台からは坤櫓越しに明石の街並みを見下ろすことができました。
播磨灘とこの丘陵に挟まれた狭い平野に西国街道が通る城下町が広がる明石は今も昔も交通の要衝でした。明石城は当時、幕府が仮想敵とした西国大名の防衛のために築かれたとされています。

次回はさらに新緑の木々に分け入りながら明石城を歩いてみたいと思います。

新緑の明石城を訪ねて(前編)

投稿日:


新緑の眩しいころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

明石公園

今回のスタートは山陽電車の山陽明石駅
山陽電車を降りて駅の北口へ出ると、目の前に広がるのは兵庫県立明石公園です。
曇り空が少し残念ですが、青々とした新緑がまぶしいくらいです。

明石公園の園内

もはや説明は不要かもしれませんが、明石公園は江戸時代に明石や東播地域を広く治めた明石藩の城である明石城の跡に整備された公園です。明治16(1883)年に公園が開設された当初は、明石郡内の有志が民営の公園として開きましたが、明治31(1898)年に当時は皇太子だった大正天皇の離宮の候補となったために御料地に編入されていったん廃園となりました。大正天皇の即位でこの「明石離宮」の計画は廃止され、大正7(1918)年に改めて兵庫県立の公園として開かれたのが現在の公園です。明石駅のすぐ北側、市街地に隣接してこうした緑地が広がっているのは貴重ですね。

樹木屋敷(復元)

そびえ建つような明石城の石垣の下に日本庭園が広がっています。こちらは「樹木屋敷」と呼ばれている城の庭園です。本来の樹木屋敷はここから北西の城内にありましたが、戦後の昭和23(1948)年に陸上競技場が建設され、痕跡は残っていません。こちらの樹木屋敷は平成16(2004)年に再現されたものです。

「ひぐらしの池」からの眺め

庭園の中の「ひぐらしの池」越しに明石城を眺めてみました。池の水面には巽櫓が写っています。

この樹木屋敷の設営には剣豪・宮本武蔵が関わったとされています。初代明石城主の小笠原忠政に招かれた武蔵は城下の町割りの設計に携わったなかで作庭の才能を発揮し、この樹木屋敷や城下の本松寺雲晴寺の庭園を造ったとされています。初夏の花々に彩られた庭園を眺めていると、物語に描かれた剣豪の姿とはまた違った姿の武蔵に出会えたような気がしますね。

明石城の櫓

石垣の下から明石城の櫓を眺めてみました。
次回は明石城址の中を歩いてみたいと思います。

時の町・人丸前を歩いて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、人丸前駅界隈を歩いてみたいと思います。

中崎公会堂

大日本中央標準時子午線通過地識標
の傍にあったのが中崎公会堂です。何度もご紹介している建物ですが、明治44(1911)年の建築で、風格ある瓦屋根が特徴です。この公会堂の落成記念講演には夏目漱石が呼ばれたそうです。

明石市立天文科学館

人丸前駅の方へ戻り、山陽電車の高架の北側へ出ました。そびえているのは明石市立天文科学館です。日本標準時子午線の通る人丸山に建てられた時計塔は明石のシンボルで、明石上とともに山陽電車の車窓を彩っていますね。

柿本神社

天文科学館の裏手にあったのが柿本神社です。

柿本神社は平安時代の仁和3(887)年に楊柳寺(今の月照寺)の住職の覚証なる人物が寺の裏にあった塚が柿本人麻呂の塚であるという夢のお告げを受けて、境内に鎮守として祠を建てたのが始まりです。その後、楊柳寺のあった場所には明石城が築城されることとなり、祠は寺とともに今の人丸山へ移転し、今のような姿となりました。

柿本神社の境内

歴史ある神社だけあって、境内は広々としていて、夏の強い日差しが差し込んでいました。

神門の向こう

拝殿から振り返ると、神門の向こうに播磨灘の水面を眺めることができました。

赤トンボの標柱

柿本神社の前にはトンボの標柱がありました。こちらも日本標準時子午線を示す標柱で、実は戦前の昭和5(1930)年に建てられ、意外と古いものです。こちらは明石市の文化財にも指定されています。

人丸山からの眺め

柿本神社を出ると、天文科学館越しに播磨灘と明石の街並みを見下ろすことができました。天文科学館ができ、時の町となったこの町ですが、柿本神社を初めそれ前の史跡も息づいていて、今と昔が混じり合い新しい時を紡いでいる町のように感じました。

日本標準時子午線が定められてから135年となった今年は山陽電車や明石市天文科学館を始め、様々なイベントが開催されています。この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

時の町・人丸前を歩いて(前編)

投稿日:



夏の盛りの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

人丸前駅

山陽電車で着いたのは人丸前駅です。

日本標準時子午線

高架駅のホームには日本標準時子午線の表記が為されていました。

日本標準時子午線は明治19年勅令第51号「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」の交付された明治19(1886)年7月13日のことです。この時に兵庫県を通る東経135度線が日本標準時子午線として定められました。なんと今年2021年は東経135度線が日本標準時子午線となって135周年となります。それを記念して、明石市天文科学館をモチーフにしたキャラクターの「シゴセンオー」が人丸前駅の名誉駅長に就任し、駅構内にも記念の様々な装飾が施されています。

明石市立天文科学館

ホーム上からは明石市立天文科学館を眺めることができました。青空の下に白い建物が映えていて、名実ともに明石のシンボルのような存在ですね。

日本中央標準時東経百三十五度子午線通過標

国道沿いに出ると、大きな看板がありました。天文科学館のPR看板のようにも見えますが、この中には碑があり、もともとは昭和8(1933)年に国道2号線開通の際に測量された子午線の位置を示すために建立された標柱でしした。覆いの一部は透明なアクリル板になっていて、石碑を眺めることができるようになっています。

大日本中央標準時子午線通過地識標

人丸前駅から海側に向かって歩くと、道路側に石碑がありました。こちらは大日本中央標準時子午線通過地識標です。こちらが建立されたのは明治43(1910)年で、日本標準時子午線制定の24年後のことでした。日本標準時子午線は明石市だけでなく兵庫県内で数多くの市町を通っています。にもかかわらず明石が「子午線の町」として知られるようになったのはこの石碑が初めて建立されたためとも言われています。ちなみに、計測の仕方の変更で現在の世界測地系で計測された東経135線はこの石碑の少し西側を通っています。

時の町・明石にはどこか地球の大きさを感じることができるようなスポットが溢れていますね。次回ももう少し人丸前駅界隈を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

赤石伝説の町・松江を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて明石の松江を歩いてみたいと思います。

松江公園

雨の松江を歩いていると、大きな公園がありました。
こちらは松江公園です。タコの形の遊具が知られていますが、雨の中人影はありませんでした。

赤い石

海側の入り口の傍には公園の表示がありました。表示に使われているのは珍しい赤い石です。

「明石」の地名は、諸説はありますがここ松江にあった赤石が由来とされています。伝説では、今の神戸市西区にある雄岡山・雌岡山の辺りに住んでいた男が鹿の瀬に乗って小豆島の恋人のもとへと海を渡っていると、猟師が打った矢が当たったために鹿が死に、男もおぼれて死んでしまいました。その後、鹿は石となり、石の赤い色は鹿の血の色だとされています。この伝説には諸説があり、いずれも鹿の血の色で石が赤くなったとされています。

赤石の碑

公園から海沿いに歩いていくと、赤石の碑がありました。石碑には鹿のレリーフが埋め込まれています。現在、赤石は海中に沈んでいますが、かつてはこの松江の沖合の海面に顔を出していたそうです。古い地形図にもこの沖合に「赤石」が描かれたものがありました。

赤石の沈む海

松江の海を眺めてみました。あいにくの天気ですが、この先の海に明石の由来となった赤石が眠っていると思うとどこかロマンを感じますね。

今は静かな住宅地ですが、明石の地名の由来とも言われる伝説に彩られた松江、このようなご時世ですが、ご近所のお散歩に訪れてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

赤石伝説の町・松江を訪ねて(前編)

投稿日:



いつもより早い梅雨の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

林崎松江海岸駅

雨の降る中着いたのは林崎松江海岸駅
バリアフリー化のために以前の面影を残しながら装い新たにリニューアルされています。

東松江の町

雨の降る東松江の町を歩いていると、畑の中にこんもりとした森がありました。

大歳神社

森の中にあったのは大歳神社です。

山陽電車の駅名では「林崎松江海岸」と呼ばれているこの辺りは林崎村と呼ばれていました。今では町が一続きになっていますが、かつては海沿いにいくつかの集落が並んでいました。この辺りには東松江川を挟んで「東松江」「西松江」といった集落があり、合わせて「松江」と呼ばれていました。今は住宅地となっていますが、かつては播磨灘を望む漁村が広がっていたのでしょうか。

東松江の町

相変わらず梅雨の雨の降る東松江

今は静かな住宅地ですが、ここにはちょっとした見どころがあります。
次回はもう少し東松江を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

初夏の魚住を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、魚住を歩いてみたいと思います。

西岡の街並み

瀬戸川を渡った先に広がるのは西岡地区です。
古くからの趣ある街並みが続いています。

薬師院

西岡の集落の中にあったのが薬師院です。

薬師院は奈良時代の天平2(730)年に建立されたという古刹です。のどかな集落の中に1300年近い歴史を持つ寺院が佇んでいるのには驚きますが、この地域の歴史の深さを感じますね。なお、建立したのは僧・行基と伝わっています。

薬師院の境内

薬師院の境内は広々としています。通称「ぼたん寺」と言われるだけあって、初夏にはぼたん園が開かれて、多くの参拝者を楽しませていますが、今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で開園は中止となっています。事態が落ち着いたころに、鮮やかな花を楽しみに訪れたいですね。

臥龍松碑

境内には「臥龍松」と刻まれた石碑がありました。かつてこの場所には「播州松めぐり」の一つに数えられた臥龍松がありました。今は古株が残されているのみですが、こうして石碑に名を遺す名松でした。なお、播州松めぐりの松は高砂や曽根、尾上などにあり、今も松をめぐって楽しむことができます。事態が落ち着きましたら、のんびりと松めぐりを楽しんでもいいかもしれませんね。

天王神社

薬師院に隣接してあったのが天王神社です。小さな神社ですが、一説には神亀3(726)年に聖武天皇が印南野にあったとされる邑美頓宮(おみのかりみや)へ御幸した跡とも伝わっています。

薬師院の亀

薬師院の前の池では亀が日差しを浴びて日向ぼっこしていました。

大変な状況が続きますが、のどかな景色が広がる魚住で、心をいやすお散歩はいかがでしょうか。
なお、お出かけの際は十分な感染症対策をお願いいたします。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

初夏の魚住を訪ねて(前編)

投稿日:



風薫る頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽魚住駅

山陽電車で着いたのは明石市の西部に位置する山陽魚住駅です。

茨木酒造

山陽魚住駅から西へ歩くと、立派な酒蔵が現れました。こちらは「來楽」というお酒を造っている茨木酒造という酒蔵です。

明石市の大久保から魚住にかけての地域には多数の酒蔵があり、「西灘」と呼ばれていました。その始まりは江戸時代の初めと言われています。延宝7(1679)年には、江井島の卜部八兵衛なる人物が酒造を行った記録が残されていて、少なくともそのころには酒造りが行われていたのではないでしょうか。水と米に恵まれたこの地域では多くの酒蔵が生まれ、最盛期には60軒もの酒蔵があったと言われていて、今も6軒の酒蔵が酒造りを続けています。

來楽

こちらではオンラインショップでお酒の販売をされています。
外でお酒を楽しむのが難しい状況が続きますが、自宅でも西灘のお酒を楽しむことができるのは嬉しいですね。

魚住の景色

茨木酒造を出ると、田んぼの景色が広がります。
田植えを前に田おこしが行われた田んぼからは土のにおいがします。

瀬戸川

程なく、瀬戸川に差し掛かりました。河口の向こうには、初夏の日差しを浴びて輝く播磨灘が広がっています。

播磨灘沿いに穏やかな街並みが広がる魚住、次回はもう少し歩いてみたいと思います。
なお、お出かけの際は感染症対策にご協力をお願いいたします。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

宝の船入れ・明石港を歩いて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて明石港を歩いてみたいと思います。

岩屋神社

街中に入ると、大きな神社がありました。こちらは岩屋神社です。

岩屋神社の境内

岩屋神社の境内には早春の明るい日差しが差し込んでいました。

岩屋神社の歴史は途方もなく古く、成務天皇13(143)年に遡ると言われています。対岸の淡路島の岩屋からこの地に遷ったのが始まりとされていて、1900年近い歴史があるとされています。近世には明石城主の産土神とされて重視されてきました。

岩屋神社から海を眺める

岩屋神社の境内からは屋並みの間に淡路島の山々と明石海峡を望むことができました。

岩屋神社で象徴的な祭礼が「おしゃたか舟神事」です。先ほども見てきましたように、この岩屋神社の祭神は対岸の淡路島岩屋から遷ったとされています。伝説では、勅命を受けたこの地の名主が一族郎党を連れて淡路島へ渡り、祭神を舟に遷して明石へと戻ろうとしました。その際に潮の流れが変わったために明石の浜へ舟をつけることができず、西方の松江海岸の沖の「赤石」付近で夜を明かしました。この赤石付近で神饌を供えたおかげで翌朝には明石の浜へ戻ることができたとのこと。神事ではこの当時を偲んで明石の浜から舟を漕ぎ出し、松江海岸の沖合で神事を執り行います。ちなみに、伝説に登場する「赤石」は明石の地名の由来になったとも言われています。

旧波門崎燈籠堂

再び港のほうへ戻りました。港の外れにある大きな灯篭のようなものは旧波門崎燈籠堂です。江戸時代の明暦3(1657)年に明石港への入り口を示す灯台として設けられ、手を加えられながらなんと昭和38(1963)年まで現役で使用されていました。

淡路島を望む

港からは淡路島の島影を望むことができました。

今は淡路島への航路は前回訪ねたジェノバラインだけとなりましたが、手の届きそうなところにある対岸の島は、岩屋神社の祭神が遷った当時から今まで、ずっとつながっているかのようです。
早春の穏やかな海を石造りの灯台が見守っていました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村