楽しいむ〜さん一家

【西新町】船上城跡と吟海堂

投稿日:


船上城(ふなげじょう)は現在の明石城が建築させる前、別所氏によって建てられた城を廃城後に高山右近が改築したとも、別の場所に新築したともいわれる戦国時代の城で、現在は遺構のみが残っています。城跡と城下町については以前の山陽沿線ブログ「せっつ・はりま歴史さんぽ」”知られざる「明石城」を求めて”で詳しく述べられていますので、興味のある方はこちらを読んでいただくとして、む~パパ、実は初めて船上城跡に行ってみました。

城跡北側に隣接する船上西公園に、最近作られたと思しき案内看板が建っています。「古城川」なる、そのまんまの名前の川が現在も流れていますが、これは堀ですね。用水路にしか見えない外観ではありますが。

本丸跡を東側から。手前と右に見えるコンクリートの壁が古城川の堤防です。本丸跡は田んぼになっており中央に見える木立や祠のある台地部分がわずかに遺跡であることを物語ります。
同じく西側から。木立の向こう側のレンガ色の建物は明石警察署。台地部分にはあぜ道からアプローチするしかなく、当然私有地ですので所有者の許可なく立ち入ることは出来ません。近隣は現在進行形で宅地化されており、実際に子供の遊び場としての立ち入りを禁じる看板が立っていました。残念ながらここから撮影するのが限界のようです。
ちなみに明石城正面向かって右側の巽櫓(たつみやぐら)は、船上城から移築されたものと考えられています。

さて、話は変わって船上城跡へ入る県道718号(通称浜国道)沿いに新しそうなお店がありました。「吟海堂」といい、カステラとプリン、2Fはカフェになっているようです。ちょっと立ち寄ってみました。

完全に「一見さん」なので詳しくはお店のサイトを見ていただくしかないのですが、他のお客さまも次々お買い求めだったのが、この「大吟焼」。材料にこだわったカステラです。
包みを開くと「ホワッ」と濃厚な香りが漂います。美味しゅうございました。
「特上プリン」。味は3種ありましたが、初めてなのでプレーンなものを。こちらも濃厚で美味しゅうございました。

「西新町」の名からは明石築城後、明石川より西に新たに開けた町というイメージがありますが、船上城廃城後も城下町は残り、江戸時代を通じて機能していたようですね。

【資料】山陽5000系を模型目線で見る!③

投稿日:


何となくマンネリ化している感もありますが、3号車5500号をご紹介します。

5500号は5500形のトップナンバーで、当初3両編成だった5000系に後から加えられた車両。基本編成の2年後となる1988(昭和63)年に登場しました。当初普通車専用だった5000系が4両編成となり特急に使用されるようになったという意味では、山陽電車の歴史に残る車両だったと思われますが、元々3両編成を2つつないで特急に使うという現在の6000系のような使い方が計画されていた5000系にとって、方向性が怪しくなった出来事だったとも言えます。写真は山側から。(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
こちらは浜側。5000号の編成はなぜか窓の縦桟が黒く塗装されているのと、方向幕がLED化されたため原型とは外観が異なっています。ちなみに5000系基本編成は1次型(5000~5012編成)のみ妻面の雨どいがステンレス製で車体に外付けとなっていますが、5500形では5500・5501の2両だけが1次型スタイルを踏襲しており、5502以降は2次車5014以降と同じ車体一体型のアルミ製となっています。このあたりは今後ご紹介していきましょう。(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)

模型ファンお待たせ床下機器側面写真を。探したのですが浜側の写真しかありませんでした。基本的に配電盤やブレーキ関係の機器だけなので、付随車らしいすっきりした床下です。「5500」車番の右下あたりに付いているのが偏差アダプタ(連結器の異なる阪神車と山陽車を連結するための中間体)収容箱で、直通特急対応として後年設置されたものです。登場時の5000系を再現しようという模型ファンは付けないでください!(笑)(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)

山側の機器類はこの配置となっています。(2013.1.19 東二見車両工場 撮影:山陽電気鉄道)
上写真の続きです。(2013.1.19 東二見車両工場 撮影:山陽電気鉄道)

今回は特別サービス!5500号を下から見てみましょう。(2013.1.19 東二見車両工場 撮影:山陽電気鉄道)

ブレーキ制御装置の裏側に空気ダメが横向きに吊ってあります。表から見えにくい部分だけに要チェック。(2013.1.19 東二見車両工場 撮影:山陽電気鉄道)
アダプタ収容箱。床下から足を組んでぶら下げてあります。直特仕様で製作する模型ファンのみなさま、ぜひ再現を!(2013.1.19 東二見車両工場 撮影:山陽電気鉄道)

まだまだ続きますよ~。

【資料】山陽5000系を模型目線で見る!②

投稿日:


その①に引き続き、今回は2号車5001号を模型目線で見てみましょう。

2号車5001号。こちらは山側。1986(昭和61)年に登場した1次車です。写真は登場時のPK-55菱形パンタグラフを搭載した姿。現在は下枠交差型のPK-80に交換されています。
(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
それでは模型ファン向きに。5001号を山側から。ブレーキ制御装置やバッテリーはこちら。右寄りに並んでいるのは抵抗器です。(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
同車を浜側から。励磁装置、制御器、遮断機等が並んでいます。模型的には箱型の機器が多く作りやすい部分ではありますね。(2012.12.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
抵抗器部分。ガイシはグリスを塗ってあるため緑色に見えますが、本来は白です。
(2004.5.15 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
5001号ではありませんが、同じ1次型5011号の姫路寄り妻面。パンタグラフから来る高圧配管は3000系と同じく姫路寄りに下ろされています。下部はなぜか左右対称ではありません。
(2007.6.13 東二見車庫 撮影:山陽電気鉄道)
こちらも模型ファン必須の屋根配管。写真は5005号(現5802号)を神戸寄りから。現在見られないPK-55パンタグラフと、パンタ鍵外し装置一式が写っている貴重な写真です。ちなみに避雷器は現在のスタイルのものに交換後。
(2004.9.17 東二見駅 撮影:山陽電気鉄道)

こちらは3次車5021号ですが、姫路寄りパンタグラフ周辺。現在は見られない旧型の避雷器が写っています。ベンチレーターに車番が記入されていますが、模型化される方は是非再現を!
(2004.9.28 東二見駅 撮影:山陽電気鉄道)

次回以降も5000系の細部に迫ります。

【神戸元町】乙仲通を歩く・後編

投稿日:


乙仲通で建物ウォッチングするむ~パパ。西へ向かって歩いて行きます。

またまた古そうなビル「栄町ビルディング」を発見。隣や裏側の一見別棟に見えるビルも一体で、結構大きいビルです。
正面から。なかなか良い雰囲気です。中央の廊下両側に店舗や医院が入居しています。
廊下部分を撮影。モノクロにしてみましたがいかがでしょうか。映画のロケに使えそうな雰囲気ですね。
同ビル右半分の正面。こちらは廊下ではなく、中央入口からは階段がつながっていました。
さらに西へ歩くとこれまた古い店舗建築が。かなり老朽化が進んでいますが、壁の装飾が魅力的です。
横から見てもなかなかのもの。現在は上下とも店舗ですが、元は海運会社のオフィスとして使われていたものと推測します。昭和初期のものでしょう。
(おまけ)近代建築ではありませんが・・・。電気メーターや湯沸器などがこれでもかと壁に取り付けられています。無秩序に見えつつ不思議なほど整理され美しささえ感じる配線。素晴らしい!
上写真の表側。お洒落なお店が入っていました。よく見ると建物もかなり古そうですね。

表通りから外れたところは意外に面白い発見がありますね。まだまだ掘り起こせるものはありそうです。

【神戸元町】乙仲通を歩く・前編

投稿日:


元町の近代建築と言えば海岸通の大規模なビル建築が知られていますが、海岸通と栄町通の間にある「乙仲通(おつなかどおり)」もレトロなビルがたくさん建っている近代建築集積エリア。お洒落なカフェやいろんなお店がたくさんあったりして話題の観光スポットではありますが、む~パパ、お店より建物ということで、少し散策してみました。

神戸を代表するビジネス街、栄町通。かつては市電が走っていました。乙仲通はこの南側の通りです。ちなみに「乙仲」とは戦前の海運組合法で定期貨物を取り扱う「乙種仲立業」が多く集まっていたから、だそうです。
南京町から乙仲通へ入るとすぐ目に付く近代建築「昭和ビル」。昭和初期の建築と思われます。
入口から中をのぞくと、タイムスリップしたかのような昭和の空間。
「昭和ビル」南側から。こちらの入口もなかなか魅力的。建物本体も面白い形をしていますね~。
海岸通に面する「海岸ビル」ですが、乙仲通側にひっそりとフランス料理店の入口がありました。む~パパ、こんなお店の常連になってみた~い!
この「海岸ビル」表側は石積み。裏側がレンガ積みだとは知りませんでした。
正面のアーチ入口から一気に3階まで登る階段。日本ではないような空間が広がっています。
KISCO神戸営業所。旧岸本産業本社ビル。ケーキのような段々に積み重なったスタイルが特徴的。昭和初期のものです。西隣にもレトロなビルがあったのですが、取り壊されて駐車場になってしまいました。こういった近代建築は老朽化や耐震性の問題から、少しずつ消えていくのが実情なのでしょう。

全部は紹介しきれませんが、あとは後編としましょう。

【阪急電車】ダイヤ改正で消える車両を追う(2)

投稿日:


午前中、能勢電鉄で思うように車両が撮れず撃沈してしまったむ~パパ。昼からは阪急電車京都線へ。今回の改正で消える6300系「京とれいん」の撮影に出掛けました。

そもそも阪急京都線は、午後のほうが大阪梅田寄り車両すなわち1号車がこっちに向かってくる写真を撮りやすいので、午前のうちに能勢電鉄を訪問したわけなのですが、曇天なのでもうどうでも良いです。というわけで同業者(さすがに京とれいん狙いの方がホーム端に・・・)多数の中、ようやく人のいない場所を見つけて総持寺駅に降り立ちました。駅を出て総持寺踏切で試し撮り。乗入れの大阪メトロ66系更新車。ヘッドライトが電球色のLEDになっています。なかなか新鮮。
(2022.12.4 総持寺~富田)
大阪メトロ66系とすれ違う3300系。堺筋線乗入れと大阪万博開催のため1967(昭和42)年に登場。最大126両を数え、神戸線用7000系に抜かれるまで阪急最大両数を誇りましたが、近年急速に置換えが進んでいます。この日も本線では2編成しか撮れませんでした。
(2022.12.4 総持寺~富田)
今改正で姿を消す6300系「京とれいん」。む~パパが語ることではありませんが、6300系は多くの鉄道ファンに「人気がある」などという表現では済まされない、昭和の鉄道史に残る傑作車です。嵐山線に4両編成は残りますが、本線での活躍は10・11日のあと2日間となります。
(2022.12.4 総持寺~富田)
総持寺踏切より少し京都寄りの線路際で、折返し京都河原町行きを後追い撮影。
(2022.12.4 総持寺~富田)
ちなみにこの場所では大阪梅田行き列車もこのように撮れます。コンクリート電柱だと撮る気がしないのですが、かご柱なので車両にかかっても大丈夫。とは言え相変わらず前パン(車両の一番前にパンタグラフが付いていること)の撮影が苦手なむ~パパです。5300系トップナンバー50周年ヘッドマーク付き。
(2022.12.4 総持寺~富田)

50周年ヘッドマークは京都寄りは違うデザインになっていました。5300系も8連から7連への組み換えが進み、その過程で余剰廃車になる車両も出始めました。む~パパ、白状しますが5300系が電気指令式ブレーキを装備しているのをこの日まで知りませんでした・・・。大変失礼しました。
(2022.12.4 総持寺)

総持寺で遅い昼食を済ませたむ~パパ。少し晴れてきたので南茨木に移動しました。

再び大阪梅田へ向かう「京とれいん」を撮影。この日唯一の晴れの写真となりました。
(2022.12.4 南茨木)
南茨木を通過する6300系。む~パパが見るのはこれが最後となるのでしょうか・・・。
(2022.12.4 南茨木)

久しぶりに阪急京都線を撮影しました。何かが無くなるからと言って来るのではなく、日頃から地道に記録しておくことの大切さを感じました。ちょっとご無沙汰の山陽電車も真面目に記録しないといけませんね。


【能勢電鉄】ダイヤ改正で消える車両を追う(1)

投稿日:


12月17日、山陽電車を含む連絡各社で一斉にダイヤ改正が行われます。む~パパ、この改正で消える車両や列車を追って能勢電鉄を訪れました。

ダイヤ改正告知のヘッドマークを取り付けた5100系。川西能勢口発の列車は一部を除いて日生中央行きとなるため、日中の妙見口行きは見られなくなります。(2022.12.4 川西能勢口)
自分のスケジュールの関係から曇天に行動せざるを得なかったむ~パパ。数を減らしつつある1700系を狙っていました。1700系は元阪急2000系で、能勢電鉄には最大9編成が在籍しましたが現在は4編成しかなく、今回の改正で1754・1756が引退するため1755・1757の2編成が残るのみになってしまいます。む~パパ、引退編成が記念ヘッドマークを付けているので撮りに来たわけなのですが・・・。
(2022.12.4 一の鳥居)
ここに来るまでに1754が平野車庫に寝ているのを見たのと、1756の回送には出会ったのですが、しばらく待っても1756が来る気配がありません。これは、まさか平井車庫へ検査に行ったのかな?と・・・。写真は最新鋭の7200系。(2022.12.4 一の鳥居)
平野駅に戻り1754の「惜別」ヘッドマークを撮りました。結局1756を捕まえることが出来ず、もう一つの消える列車「京とれいん」を狙いに阪急京都線へ移動することに・・・。(2022.12.4 平野)
む~パパの写真から。前回能勢電鉄を訪れたのは5年前の2017年春でした。まだスカートが付いておらず、比較的阪急時代の姿を留めています。写真の1753編成は2019年に廃車となっています。
(2017.4.29 平野~一の鳥居)

今回は天気も悪かったのですが、走っている姿を撮れず失敗でした。また撮る機会はあるでしょうか・・・。

【未成線】阪急新大阪連絡線を歩く(淡路編)

投稿日:


前編では将来実現しそうな十三から新大阪駅への連絡線構想をご紹介しましたが、今回は恐らく実現しないであろう淡路までの計画路線(免許も失効しているとのこと)を歩いてみました。

新大阪駅は伊丹空港進入路の真下にあるようで、飛行機が間近に。全日空の新鋭機、ボーイング787-8”ドリームライナー”が降りてきました。
前回最後の写真で新大阪から先の線路予定地に阪急ビルが建ってしまっていますが、その続き。この踏切は京都方面と神戸方面を大阪駅を経由せず(つまり淀川を渡らず)結ぶ短絡線で、途中に宮原車庫があり貨物列車や回送の特急列車などが頻繁に通ります。写真で暗く写っているところはJR在来線の新大阪駅ホーム。写真中央の建物(JRの設備でしょう)が阪急線路予定地に建っています。

さて、ここからJR在来線の向こう側に回るのが意外に大変だったりしますが・・・。

新大阪駅正面。背景に建っている灰色と黒のビルは新大阪阪急ビルで、まさに淡路駅へ向かう予定線の上に細長く建っています。
さてさて、再び北側に戻りましょう。新幹線に沿って京都方を見てみると、阪急予定線の有名な遺構があります。写真中央に注目!新幹線高架を斜めにくぐるための空間が用意されています。
近くまで来てみました。十三方と同じく橋脚が斜めに建っていてその両側が線路用地です。当然ですが複線の線路がくぐれるようになっているのがよく分かります。JR在来線をまたぐわけですから阪急電車が通っていたとしても必然的に高架になっていたはずです。しかし、ここを走り抜ける阪急電車の姿を見ることはもうないでしょう。
淡路へ向かう連絡線の用地。十三方面とは異なり淡路方面は用地買収が進んでいなかったそうですが、新幹線をくぐってしばらくは線路用地が残されています。今もまだ使われずに放置されているようです。
淡路方から振り返ると、新幹線をくぐって線路用地が延びている様子がよく分かります。実際に阪急電車が走っていたなら日常風景になったのでしょうが、そうはならず、都会の片隅に遺跡として取り残された寂しさを感じます。この「夢の跡」感がまさに未成線の魅力と言えるでしょう。
この先、線路用地はお約束とも言える駐車場として利用されていますが、ここで住宅地に行き当たり消えてしまいます。この後も団地の駐車場や空き地が散見されますが、線路用地として継続したものはなく、用地確保はあまりなされないまま現在に至っていると思われます。
ここまで来ると阪急淡路駅は目と鼻の先。現在高架化工事が進捗しており、京都本線と千里線を分ける2階建ての構造物が徐々に形を成しつつあります。京浜急行電鉄の蒲田駅を彷彿とさせる巨大な高架に圧倒されます。
2層のホームが姿を現しつつある淡路駅を出発する「雅洛」。新大阪連絡線の建設にはこの淡路駅と十三駅の高架化が要件だったと言い、当時はまだそこまでの大工事は不可能だと考えられていたようです。淡路駅の高架化工事が最盛期を迎えた今、消えてしまった連絡線のことを思い出す関係者もたくさんおられることでしょう。まことに感慨深いものがあります。

【未成線】阪急新大阪連絡線を歩く(十三編)

投稿日:


東海道新幹線開業のころ、阪急電車に新大阪駅を建設し各線から連絡線を敷くという計画がありました。概要はご存じの方も多いことと思いますが、む~パパ、この計画線上を今回のウォーキングコースに選び、実際に現地を確認してみました。

神戸線・宝塚線・京都線が集まり、多くの人たちでいつも賑やかな十三駅。まずは用地買収が進んでいたという十三駅~新大阪駅の区間を歩いてみます。
十三駅の北端に来てみました。右に京都線、左に宝塚線が分かれていきます。十三と新大阪を結ぶ路線は宝塚線から分岐する計画でした。
宝塚線の線路に沿って歩いて行くと、現在は高架化された同線の脇に大阪神鉄豊中タクシーがありました。タクシー車庫は阪急電車の線路用地と思われます。
その後も線路に沿って阪急管理地が続いています。
阪急宝塚線はこの先でJRの宮原を通る連絡線(写真ではサンダーバードが走っている部分)と新幹線の間を通って宝塚へ向かいます。直角に交わっていないので、新幹線の高架橋が阪急電車の線路に合わせて少し斜めに建っているのがお分かりいただけるかと思います。
そのすぐ新大阪駅寄りを見ると、こちらも高架橋が2本、線路と直角ではなく斜めに建っています。おまけにここの1スパンは橋げた自体が少し薄くなっています。阪急電車はここを通って新大阪駅へ向かう予定で、山陽新幹線がこれを考慮して空間を用意していたことが分かります。
同じ場所を反対側から。中央部が阪急新大阪連絡線の予定線が通る部分、奥が阪急宝塚線です。
この後は新幹線に沿って駐車場が続いていますが、これが線路用地で、新幹線ホーム増設のため高架が少し用地を侵食していますが、かなり広い幅で新大阪駅へ向かいます。
新大阪駅に着きました。相変わらず駐車場ですが、この付近は幅が広いので、高架上で複数のホームを作り4本くらい線路が入れるように計画されていたのではないでしょうか。
右側は新幹線ホームが増設されて少し削られていますが、阪急電車新大阪駅の構造物が現存します。大阪市営地下鉄御堂筋線の新大阪駅をまたぐ形になっていて、新幹線と同じ高さになっています。十三から来る線路はここまでで現在も免許があるそうですが、この先は京都線の淡路駅と結ぶ計画でした。こちらの免許は失効しており写真のように線路用地上に「新大阪阪急ビル」が建てられているため、高架での延長は不可能だと思われますが、十三と新大阪駅を結ぶ路線は梅北開発と合わせ動き出す可能性があり、今後とも目が離せません。

次回は淡路へ向かう連絡線を探索します。

ミニ鉄道フェスタinメリケンパーク2022

投稿日:


秋晴れに恵まれた26日(土)、神戸メリケンパークでカワサキワールドが主催する「ミニ鉄道フェスタ」が開かれました。ここでいう「ミニ鉄道」とは人が乗れる鉄道模型のことで、このイベント、コロナ禍でしばらくお休みでしたが昨年より復活し、以前より参加車両も増えパワーアップしています。
「ミニ鉄道フェスタ in 神戸メリケンパーク2022(11月26日、27日)」開催のお知らせ / カワサキワールド (khi.co.jp)
世の中には「人の乗れる鉄道模型」の愛好家がこれだけ存在しているのか!と驚かされるほど大量の車両が集結。む~パパ、以前も来たことがあるのですが、感覚として車両数は倍以上に膨れ上がっています。
四国に特急が登場して50周年となるのを記念し、登場時の装飾を付けた「しおかぜ」号。ちなみに一般参加者は神戸海洋博物館の入場券を購入し、ミニ鉄道の乗車証を交付されれば誰でも乗車できます。
何と言っても人気の地元車両。こちらは山陽電車6000系。残念ながらこの日は動いていませんでしたが、27日(日)は走らせる!とオーナーからお約束いただきました。
ミニ鉄道の真骨頂と言える「ミニSL」。ライブスチームと呼ばれる蒸気機関車の模型は、本当に石炭をくべ蒸気で走る本物。神戸市立科学技術高校OBが走らせる国鉄9600形。実習で製作したといいます。

む~パパ、実はこういうイベントでは参加者にお友だちがたくさんいるので、あちこちでじっくり模型を見学させていただきました。こちら九州から参加の国鉄C57形。門デフがカッコいい~!ほとんどを自作されたという、信じられない労作です。単に小さいだけでホンモノの蒸気機関車です。

ミニ鉄道フェスタ2022。明日11月27日(日)も開催されます。是非行ってみてください!