せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

甲山を望む・西宮廣田山を訪ねて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、西宮の廣田を歩いてみたいと思います。

廣田神社の境内

廣田山に佇む廣田神社の境内を歩きます。
西宮の神社といえば阪神西宮駅近くの西宮神社が思い浮かぶと思いますが、もともと西宮神社はこの廣田神社の摂社の戎社でした。「西宮」の地名の由来もここ廣田神社にちなんでいるとされています。

御手洗川

交通量の多い「みたらし通り」を渡ると、御手洗川がゆったりと流れていました。山手を望むと甲山がそびえています。

今は平野の広がる西宮ですが、古代には入江のような地形で、「武庫水門(むこのみなと)」と呼ばれていました。廣田神社は入江の最奥、六甲山麓から上ヶ原へと広がる台地に位置していて、航海の安全を祈願するために建立されたともされています。ちなみに、西宮神社のある場所は入江の入り口付近の岬のようになった土地だったようです。廣田神社とともに入江を囲むように見守っていたのでしょうね。

具足塚古墳

御手洗川の対岸にはこんもりとした森がありました。こちらは具足塚古墳という古墳です。木々に覆われた古墳は私有地にあるそうで中を見ることはできませんが、古墳時代後期の6世紀前半に築かれた円墳だそうです。古代には大阪湾の重要な港湾だった「武庫水門」を見下ろす位置にあるだけあり、有力者の墓ではないかと言われています。

新池

具足塚古墳の傍には農業用のため池の新池が広がっていました。
池の向こうには西宮の住宅地が広がり、この地域のシンボルの甲山がそびえています。

六甲山麓に住宅地が広がる西宮。
住宅地の中には長い歴史を持つ史跡が眠っていて、はるか古代へといざなってくれるようでした。

甲山を望む・西宮廣田山を訪ねて(前編)

投稿日:


彼岸花が咲き、すっかり秋の景色が広がるようになったこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは山陽沿線歴史部の内膳正です。

広田神社前バス停

直通特急で阪神電車へ乗り入れ、到着したのは阪神電車の西宮駅
ここから阪神バスに乗り換えて、六甲山地の麓に広がる住宅地に到着しました。バス停の名前は広田神社前です。

廣田神社の参道

交通量の多いバス道から外れると、美しい松並木の続く道が続いていました。こちらはバス停名にもなっていた廣田神社の参道です。

廣田神社

参道の先には鳥居がそびえていました。こちらは廣田神社の鳥居です。

六甲山麓の住宅地の中の廣田山に佇む廣田神社は長い歴史を持つ古社です。祀られているのは天照大神の荒御魂とされる撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)で、伝説では、神功皇后が三韓征伐の帰途にこの地に祀ったのが始まりとされています。当初は今の場所の北側の「高隈原」に鎮座していましたが、後に御手洗川のほとりに移ります。しかし、川沿いの場所で水害に悩まされたため、江戸時代の享保9(1724)年に当時の将軍の徳川吉宗の命で現在の廣田山へ移されました。西宮の神社が将軍の命で移転するとは驚きますが、それだけ古くから信仰を集めていた神社であることがわかります。

廣田神社の境内

歴史ある神社だけあり、境内は広々としています。天照大神を祀っているだけあり、拝殿は神明造ですね。

六甲山麓に佇む廣田神社、次回ももう少し歩いてみたいと思います。

廣峯・増位の山々を望む・白國を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、姫路の白国地区を歩いてみたいと思います。

白国地区を歩く

増位山への巡礼道を外れて、白国地区を歩いていくことにします。
住宅地の中を水路が巡っていて、姫路の中心市街とは少し違った趣です。この地域には豪族・白國氏の邸宅があり、古くから栄えていたそうです。変わった地名は古代朝鮮半島の新羅に由来するという説もあり、渡来人と関係があったのかもしれません。

白國神社

山間の住宅地を歩いていると、路地の奥に立派な楼門がそびえていました。こちらは「播磨四の宮」こと白國神社です。

白國神社の境内

歴史ある神社だけあり、白國神社の境内は広々としています。

白國神社はとも言われ、長い歴史を持つ古社です。白國神社の由緒ははるか古代にさかのぼります。前々回に訪ねた佐伯神社にゆかりのある白國氏の始祖の稲背入彦命はこの辺りの地域を治める豪族でした。その孫の阿曽武命が妻の出産の際に神吾田津日売命を祀ったのが始まりとされています。この神吾田津日売命は木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)という呼び名のほうがよく知られていますね。その後、この神社は安産の神として広く信仰を集めるようになりました。

白國神社の境内を歩く

境内には木花咲耶姫命をモチーフにしたイラストもあり、楽しげな印象も感じます。

白国地区を見下ろす

白國神社から白国地区を見下ろしてみました。
古くから栄え、廣峯や増位の山々への巡礼者を迎えてきた町並みを傾きかけた初秋の日差しが照らしていました。

ちょうどやって来た姫路駅へのバスに乗り、はるか古代からの歴史に彩られた町を後にすることにしました。

廣峯・増位の山々を望む・白國を歩いて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路市街の北の白國を歩いてみたいと思います。

山道の道標

住宅地の外れの山の麓に差し掛かると、また道標がありました。表面には「右 増位道」と刻まれ、「たいし堂」「ふうら堂」の文字も見えます。

増位地蔵

右の道を進むと地蔵堂が佇んでいました。増位地蔵と呼ばれるこのお地蔵さんは麓の野里地区で鋳物師をしていた芥田五郎右衛門家により建立されたものです。野里は室町時代から鋳物の産地で、芥田五郎右衛門家は野里の鋳物師のリーダー的な存在の家でした。中世には武力を持つ豪族だったそうです。後に、芥田五郎右衛門家は随願寺の梵鐘を鋳造しますが、初代の鐘は割れてしまい、二代目の鐘は第二次世界大戦中に供出されてしまったため現存していません。

随願寺念仏堂

山の中へと進んでいくと、立派な寺院が現れました。こちらは随願寺念仏堂です。随願寺の本堂はこの先の増位山中にあり、この念仏堂は諸堂の一つですが、まるでここで一つの寺院のような立派な造りです。

増位山随願寺は聖徳太子の建立とも伝わる古刹です。中世には大寺院として発展しましたが、戦国時代の天正元(1573)年に三木の別所長治の軍勢の攻撃を受けて全焼してしまいました。今の諸堂は中世から江戸時代にかけて、再建されたものです。

随願寺念仏堂の境内

立派な門をくぐると、山の中の古刹の雰囲気が漂う境内が広がっていました。現在の念仏堂は江戸時代の文化6(1809)年に再建されたものです。先ほどの道標にあった風羅堂は俳人・松尾芭蕉の遺品を収めたお堂で、この念仏堂の裏手にありましたが、現存していません。

巡礼の道

増位山への巡礼の道はここ念仏堂から先、増位山に佇む随願寺本堂へと続いていますが、私たちはここで巡礼道を外れて白國へと戻ることにしました。

次回も白國地区を歩いてみたいと思います。

廣峯・増位の山々を望む・白國を歩いて(前編)

投稿日:


残暑の続く頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

野里駅

山陽姫路駅からJR播但線に乗り換えて着いたのは野里駅です。

街中の道標

商業施設や集合住宅の建ち並ぶ野里駅前を通り抜けると、古い住宅地が広がっています。街中に佇む道標には「左 増位山道」と記されていました。

巡礼の道

道標に従って小川沿いに歩いていくことにしました。緩くカーブを描いたこの道はかつての巡礼道で、この道を辿った先には増位山随願寺があります。

佐伯神社

朱塗りの橋の向こうに小さな森が佇んでいました。こちらは佐伯神社です。

今も「白国」と呼ばれているこの辺り一帯は古くから白國氏という豪族が治める土地でした。佐伯神社の祭神の阿良津命は白國氏の始祖とされる稲背入彦命の曽孫に当たり、初の播磨国造に任ぜられました。後に応神天皇より「佐伯」の姓を賜ったとされています。佐伯氏は「白國」に姓を改めますが、ここ佐伯神社は白國の発祥の地といえるのでしょう。

佐伯神社の境内

森の中に入ると、意外に小さな社殿が佇んでいました。建立後しばらくして忘れられてしまったこの神社は「野狐禽獣の栖(やこきんじゅうのすみか)」と言われるほど荒れていたそうです。現在の社殿は江戸時代の享保19(1734)年に白國宗得が建立して再興したものです。

姫路の北側、廣峯・増位の山々を望む白國地区をもう少し歩いてみたいと思います。

八家・東山を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、八家東山地区を歩いてみたいと思います。

海久寺

住宅街を通り抜けた先にあったのが海久寺です。
山沿いにゆったりとした境内が広がっているのが印象的ですね。

海久寺の地蔵堂

寺の前には地蔵堂が佇んでいました。こちらの中に安置されている地蔵は江戸時代の文化13(1816)年の作と言われています。

東山を歩く

海久寺から入り組んだ東山の町中を歩きます。

興禅寺

田畑が目立つような地区に差し掛かったところに佇んでいたのが興禅寺です。

東山焼窯跡

興禅寺の裏手の山の中に石碑がありました。こちらは東山焼の窯の跡です。

今では田畑や住宅になっている東山地区ですが、かつては焼き物の産地でもありました。地名から「東山焼」と呼ばれた焼き物の生産が始まったのは江戸時代の文政5(1822)年のことです。東山村の庄屋・橋詰山三郎の弟の藤作なる人物と瓦職人の池田屋弥七なる人物が始めたとされ、この地に設けられた登り窯で茶碗や壺などの日用品を製造していました。その東山焼に目を付けたのが固寧倉を姫路藩内に広めた河合寸翁です。姫路藩の財政再建に奔走した寸翁は藩の収入を増やすために新田開発とともに、木綿や塩、皮革製品といった特産品の開発にも力を入れていました。その一つが東山焼で、東山の窯を姫路城近くの男山へ移しました。男山へ移ってからの東山焼は品質を高め、将軍家へ献上されるほどになったそうです。

興禅寺から東山を見下ろす

窯跡の傍の興禅寺からは東山地区を見下ろすことができました。

姫路藩の特産として知られるようになった東山焼ですが、河合寸翁が亡くなってからは藩での生産を終わり、その後続いた民間での生産も明治時代に入ってから終了してしまいました。今では発祥の地のここ東山に石碑が残されているばかりです。

静かな住宅地が広がる八家の東山地区ですが、町中に眠る史跡を訪ね歩くと、近世の姫路の姿を垣間見て、姫路藩の財政再建に奔走した河合寸翁の足跡を辿るような旅ができました。
いよいよ8月も終わり、秋の気配を強く感じるこの頃、八家・東山地区を歩いてみてはいかがでしょうか。

八家・東山を歩いて(前編)

投稿日:


8月も下旬となり、夏の終わりを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

八家駅

山陽電車で着いたのは八家駅です。

駅前の道標

八家駅の駅前には石の道標が佇んでいました。今は静かな町の八家ですが、八家川を下った先の木場には浜街道が通り、姫路や沿岸の町を巡る道の交わる交通の要衝でした。

大年神社

八家駅の近くに佇むのは大年神社です。播磨平野によくある小高い丘の中腹に佇む神社で、創建時期など詳しいことはわかっていないようですが、広い境内を持つ様子を見ていると、歴史ある神社であることが感じられますね。八家駅の山側に広がるこの辺りの地区は東山と呼ばれています。

東山固寧倉

大年神社の裏手には固寧倉がありました。

固寧倉は酒井氏が姫路城主をつとめていた江戸時代後半に藩内各所に食料の備蓄のために設けられたものです。もともとは文化6(1809)年に飾西郡町村組大庄屋らが、勝手向(財政担当)を命じられていた河合寸翁に請願したのが始まりで、幕末までに姫路藩の各村に300ヶ所近くが設けられました。現存するのはわずか5ヶ所で、ここ東山の固寧倉はその一つです。

東山の町並み

固寧倉を過ぎてからも、静かな住宅地が広がっていますが、趣のある建物が町中に点在しています。

海と山に囲まれた八家・東山地区を次回も歩いてみたいと思います。

姫路・中ノ門筋を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

前回に続いて、姫路城下を歩いてみたいと思います。

札ノ辻

西二階町から、かつての大手筋の中ノ門筋へ戻り、さらにお城を目指します。
西二階町を過ぎて次の交差点は札ノ辻と呼ばれ、その名の通り高札場がありました。こんな痕跡からも、中ノ門筋が姫路のメインストリートだったことをうかがわせますね。

国府寺家跡

札ノ辻から中ノ門筋を外れて、今度は大手前通りへ。
通りには国府寺家跡の看板が立てられていました。こちらの国府寺家も本陣を務めていて、中ノ門筋から現在の大手前通り辺りまで広がる広大な敷地を持っていたそうです。

中ノ門跡

大手前西交差点で国道2号線と交わりました。国道沿いの土塁のようなものは中堀の跡で、この辺りに中ノ門筋の名前の由来になった中ノ門がありました。この門を通り抜けると、中曲輪に入ります。

中ノ門筋と姫路城

中ノ門筋の向こうに姫路城天守閣が見えてきました。現在では大手前通りの景色が印象的ですが、本来の姫路城の大手の景色はこんな感じだったのかもしれませんね。

近世を通して、姫路のメインストリートはここ中ノ門筋でした。現在でも、姫路城の桜門橋と大手門へつながるのはこの中ノ門筋です。しかし、明治に入るとメインストリートは商店が建ち並ぶようになった御幸通りへ移ってしまいます。そして、昭和20(1945)年7月の姫路大空襲で城下町の街並みは失われてしまいました。戦後復興の中で姫路駅と姫路城を結ぶメインストリートの整備が計画され、戦後10年の昭和30(1955)年に完成します。これが現在の大手前通りで、それ以降、こちらが姫路のメインストリートになりました。現在では、駅から姫路城を目指して真っすぐ伸びる大通りは姫路を象徴するような景観となりましたね。

家老屋敷と姫路城

家老屋敷公園へ差し掛かり、道路としての中ノ門筋は姿を消しました。姫路城主酒井家の家老を代々務めた高須家の屋敷があった辺りは公園となり、和風の建物の土産物屋や飲食店が建ち並んでいます。その向こうにそびえるのは姫路城です。

姫路城を眺める

山陽姫路駅近くの飾磨門跡から真っすぐ伸びていた中ノ門筋ですが、内堀に架かる桜門橋大手門で城の防御のために鍵型に曲がります。大手門の向こうは内曲輪、門の向こうに高くそびえる天守閣を望むことができました。

城を望む姫路の町は姿を変えながら現在のような姿になっていきました。かつての大手筋の中ノ門筋を歩くと、どこか近世の姫路の町を感じることができるような気がして、大手前通りを歩くのとは違った良さを感じることができます。姫路城への道はいくつもありますが、城下町・姫路を感じる中ノ門筋を歩いてみてはいかがでしょうか。

姫路・中ノ門筋を歩いて(前編)

投稿日:


立秋を過ぎても暑さの続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

姫路城を眺めて

今回訪ねたのは姫路
真正面に「白鷺城」こと姫路城の天守閣がそびえています。

飾磨津門跡

姫路城を目指して、大手前通りを行きたくなるところですが、今回は大手前通りの西側、山陽百貨店の裏手から伸びる中ノ門筋を歩くことにします。山陽百貨店の裏手、山陽電車の高架沿いにあったのが飾磨津門跡でちょうどこの辺りが姫路城の外堀に当たります。外堀の内側が外曲輪でした。

中ノ門筋

山陽百貨店の裏手から中ノ門筋を歩きます。
今では人も車も少ない裏道のような雰囲気の細い道ですが、姫路城の本来の大手筋はこの中ノ門筋(中之門筋)でした。

池田輝政が今に残る姫路城を築城し城下町を整備したのは江戸時代に入ったばかりの慶長14(1609)年のことです。当時、現在の大手前通りのあたりは国府寺小路と呼ばれる細い道路に町屋が建ち並ぶ城下町の一角で、姫路城下を南北に貫くメインストリートは中ノ門筋でした。

西二階町

中ノ門筋をお城へ向かって歩くと、旧西国街道と交差します。街道沿いは「二階町」として商店街になっていて、特に大手前通りの西側は昭和59(1984)年から「西二階町」と呼ばれています。

脇本陣那波家跡

西二階町と中ノ門筋が交わる角のこの辺りは脇本陣那波家があった場所です。那波家は赤松氏の一族の宇野氏が出自とされています。もともとは相生の旧家でしたが、ここ西国街道の脇本陣を営むようになり、酒造や回漕業にも携わるようになった有力町人だったといわれています。中ノ門筋に面して西国街道に連なっていた脇本陣は広大な敷地をもっていたそうですが、現在は商店街に飲み込まれて痕跡はありません。

椀箱屋本陣三木家跡

大手の中ノ門筋を外れて、旧西国街道の西二階町を歩いてみました。
アーケード街のように見えてどこか風格を感じる商店街の中ほどにあったのが「椀箱屋」という屋号の本陣・三木家跡です。三木家は那波家と並び、名字帯刀を許された有力町人でした。余談ですが、本陣の跡地には「那波」という結納屋さんがあり、ちょっと混乱しそうになりますね。

近現代に大きく姿を変えた姫路の町ですが、都市の中にもかつての城下町の面影を感じることができます。
次回も姫路の町を歩いてみたいと思います。

鹿児の浜松が見守る浜の宮を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、浜の宮を歩いてみたいと思います。

浜宮天神社の参道

幹線道路に面した浜宮天神社の鳥居の前に立ってみました。
左右に広がるのは「鹿児の松原」と呼ばれる松林です。会話ができないくらいの蝉時雨が降り注いでいます。

門柱?

松原の外れにコンクリートの塊が転がっていました。門柱のように見えますが…。

旧陸軍航空通信学校尾上教育隊

松林の中にはレンガの建物の基礎が残されていました。こちらは太平洋戦争中、戦争末期の昭和19(1944)年に置かれた旧陸軍航空通信学校尾上教育隊の施設の跡です。

今は住宅地が広がる浜の宮から尾上の松にかけての一帯には、戦時中、「尾上飛行場」とも呼ばれる旧陸軍加古川飛行場が開かれました。播磨灘沿岸の工業地帯の防衛のためだけでなく、戦争末期には鹿児島県にあった知覧基地へ向かう特攻隊の中継基地としても使われたそうです。一帯にはそれに関連した軍事施設が設けられ、この浜の宮もその一つでした。松林の中には通信兵を教育する尾上教育隊の兵舎だけでなく、グラウンドや集会所、陸軍病院などもありました。戦後の一時期、兵舎は浜の宮中学校の校舎として使われていたそうですが、今は取り壊されてしまい、跡地は浜の宮公園や浜の宮中学校となりました。一部の建物の基礎はこうして松林の中に残されています。

階段の跡

公園の中には階段が残されていました。
尾上教育隊の施設は姿を消し、加古川飛行場も住宅や商業施設となり、今は残されていません。終戦から80年近くになろうとしている今、戦争の時代は遠い昔のようにも感じますが、今と変わらないコンクリート造りのこうした設備の残骸を見ると、戦争の時代を少し身近なものに感じるような気がします。

浜の宮公園

松林の向こうには浜の宮公園の市民プールが広がっています。楽しい施設と戦争の遺跡が隣り合っている光景にはいろいろと感じるものがありますね。

今の平和な時代に感謝しながら、蝉時雨の降り注ぐ浜の宮を後にすることにしました。