せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

網干・魚吹八幡神社を訪ねて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、網干の魚吹八幡神社と周辺を歩いてみたいと思います。

魚吹津構跡碑

魚吹八幡神社から住宅地の合間の細い道を東へ歩くと小さなお堂が現れました。お堂の傍らには「魚吹津構跡」の石碑が立っています。

魚吹津構跡

お堂の近くの新しい住宅の建ち並ぶ一角に水路がありました。

魚吹津構は網干の東側にあった英賀城の出城のような城郭でした。別名「津の宮城」と呼ばれているそうです。この城が築かれた時期は詳しくわかっていませんが、15世紀末頃には城郭のようなものがあったようです。しかし、この城も秀吉が天正8(1580)年に英賀城を攻めた際に落城しました。中世に消えた城ですが、今も水路に囲まれた扇状の土地に城の名残が見られます。

魚吹八幡神社大鳥居

魚吹津構跡から神社の前を通り過ぎ、今度は西側へ歩いてみることにしました。石畳の参道に大鳥居がそびえています。魚吹八幡神社は山陽沿線でも大きな神社です。この正月には多くの初詣の参拝客で賑わったのでしょうね。

魚吹八幡神社御旅所

西側へ歩くと、住宅の合間に広場のような空間がありました。こちらは魚吹八幡神社の御旅所で、「西の馬場」とも呼ばれています。秋の例大祭の際は屋台・檀尻・獅子舞がこの広場に集まり、大変な賑わいになるそうです。昨年も屋台練りなどは開催されなかったそうですが、再びこの広場に賑わいが戻ることを祈りたいですね。

渡神殿

広い御旅所の中に佇むのは渡神殿です。こちらの社の傍には「おたら池」という聖池があったそうですが、今は池の姿はありません。

再び魚吹八幡神社へ

再び魚吹八幡神社の前へ戻りました。

網干と言えば浜側の街並みが知られていますが、内陸にも由緒ある古社だけでなく、中世の城郭の名残も感じることのできる景色が広がっています。雪の季節が続きますが、春に向けて、網干に注目してみてはいかがでしょうか。

網干・魚吹八幡神社を訪ねて(前編)

投稿日:


小正月を過ぎて、正月気分も薄れたころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽網干駅

飾磨駅から網干線の電車で着いたのは山陽網干駅
山陽電車の西端です。

網干の景色

網干の街は山陽網干駅の浜側一帯に広がっています。一方で山側へ向かうと住宅地と田畑の広がるのどかな景色です。

住宅地の中の楼門

住宅地の向こうに立派な楼門が見えてきました。こちらは魚吹(うすき)八幡神社の楼門です。

魚吹八幡神社の楼門

そびえたつ楼門は圧倒されるような大きさです。こちらの楼門は兵庫県の文化財に指定されています。

魚吹八幡神社は長い歴史を持った神社ですが、その創建には諸説あるそうではっきりとした時期は分かっていません。伝説では、はるか古代の神功皇后3(202)年、三韓征伐の際に神功皇后宇須伎津(うすきつ)と呼ばれたこの場所へ立ち寄り、社を建立したのが始まりとされています。平安時代の末に京都の石清水八幡宮の別宮となって今のように魚吹八幡神社と呼ばれるようになりました。

魚吹八幡神社の境内

境内は広く、鬱蒼とした木々に守られているような空間が広がっていました。もとの社殿は戦国時代の天正4(1576)年に兵火によって焼失し、現在の社殿は江戸時代初めの正保2(1645)年に再建されたものです。趣のある本殿は楼門とともに県の文化財に指定されています。

徳寿院

神社の隣には寺院がありました。こちらは徳寿院という真言宗の寺院です。神社と比べると小ぢんまりとしていますが、もともとは魚吹八幡神社の神宮寺として建立された寺院です。江戸時代までは八幡神社の境内にありましたが、明治時代に入って等覚院というやはり八幡神社の神宮寺だった寺院の跡地のこの場所へ移転しました。「カエル寺」とも呼ばれているようで、確かに境内はカエルの置物がたくさんあり、楽しそうな雰囲気ですね。

田園地帯に佇む歴史ある神社。魚吹八幡神社とその周辺をもう少し歩いてみたいと思います。

古代遺跡と的射・藤江を訪ねて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、藤江を歩いてみたいと思います。

藤江別所遺跡

藤江漁港から青龍神社の方へ戻りました。山陽電車の築堤の下に水道施設があり、その柵の中に石碑がありました。こちらは藤江別所遺跡です。

藤江別所遺跡は弥生~古墳時代頃の祭祀の跡が見つかった遺跡です。さらにこの辺りは「鉄船の森(かなふねのもり)」と呼ばれて、伝説では鉄製の船がこの辺りに沈んだために、鉄分を含んだ水が湧き出すようになったそうです。発掘調査でも鉄分を含む水が湧き出す井戸の跡が見つかったそうです。一説では、この地域を治めていた豪族が鉄分の吹き出す井戸を神聖なものとして扱い、祭祀の場としてしたともいわれています。

御崎神社

藤江別所遺跡から坂道を上ると、神社の境内へ入りました。こちらは御崎神社です。

御崎神社の境内

御崎神社の境内は広々としています。その中で気になる盛り土のようなものがありました。こちらは「藤江の的射」に使われるものです。神事ではこの段々状の土盛りの上に的が据え置かれます。奥のネットは矢が木々の向こうの山陽電車の線路に落ちるのを防ぐためのものです。

「藤江の的射」は毎年1月に御崎神社で開かれる弓矢の神事で、明石市内に残る唯一の弓矢の民俗芸能とのことです。伝説では神々を乗せた船がこの辺りを通りかかった際、船夫が錨を誤ってアカエイの鼻に下ろしてしまいました。怒ったアカエイは船を沈め、船夫は悪霊となりました。この悪霊を鎮めたのが御崎神社の山王権現で、それに因んでこの「藤江の的射」が執り行われるようになりました。

藤江の的射

御崎神社の創建は南北朝時代の応安5(1372)年とされますが、アカエイの伝説は先ほどの「鉄船の森」と結び付けられるような説もあり、祭祀の場としてはとても古い歴史があるのかもしれません。ちなみに、「藤江の的射」は新型コロナウィルス感染拡大の影響で長らく中止が続いてきましたが、2023年は3年ぶりに明後日1月15日に開かれる予定です。

的射は年に一度ですが、住宅地の中に祭祀の場が佇む藤江を歩くと、この地が海の幸の恵みを受けて古くから人々が生活を営む場所だったことが伺えます。まだ寒い季節が続きますが、古式ゆかしい祭祀の地を訪ねてみてはいかがでしょうか。

古代遺跡と的射・藤江を訪ねて(前編)

投稿日:


年が明けてから、いつもより暖かい日が続いているこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

藤江駅

山陽電車で着いたのは藤江駅です。

藤江駅前オアシス

駅の店舗があった場所は無料休憩所「藤江駅前オアシス」として地域の方々の憩いの場となっています。山陽電車や明石海峡大橋の描かれた壁画が鮮やかに駅舎を彩っていました。

青龍神社

交通量の多い浜国道を歩くと、道路沿いに鳥居が現れました。青龍神社の鳥居です。

青龍神社の境内

神社は藤江川に切り取られたような小高い丘の上にあります。

この神社自体も鎌倉時代の建長6(1254)年の創建と伝わる古社ですが、神社のある丘は藤江出ノ上遺跡と呼ばれる縄文時代の遺跡となっています。かつては今の浜国道の辺りまで海が入り込んでいたそうです。青龍神社以前にこの場所には厳島神社があったそうで、今も末者として厳島神社が祀られています。はるか古代より海の神を祀る場所だったのかもしれませんね。

龍泉寺

浜国道を渡った先には龍泉寺という禅宗寺院がありました。こちらも青龍神社と同じ建長6(1254)年の創建と伝わる古刹です。

藤江漁港

龍泉寺から住宅地の中を通り抜けると、播磨灘に面した藤江漁港へ出ました。あいにくのお天気のおかげで寒々とした景色ですが、晴れていれば播磨灘と淡路島の島影を望む景色を楽しめたのでしょうね。明石名産のタコやタイが水揚げされるという藤江漁港。この豊かな海の幸が古代の人々の生活を支えてきたのでしょうね。

住宅地の広がる中に古代遺跡の眠る藤江、次回ももう少し歩いてみたいと思います。

城南・総社への道(後編)

投稿日:


新年明けましておめでとうございます
本年も「せっつ・はりま歴史さんぽ」をよろしくお願いいたします

播磨国総社

新年最初に訪れたのは姫路の「播磨国総社」こと射楯兵主神社です。

総社の境内

提灯が飾られた境内はお正月の装いです。三が日には大変な混雑だったようですが、まだまだ賑わっていますね。はるか平安時代の創建とされる射楯兵主神社では20年に一度の三ツ山大祭と60年に一度の一ツ山大祭が知られています。ちょうどこのブログがスタートした時は第二十二回三ツ山大祭が執り行われていました。

正法寺

さて、前回訪ねた赤鹿稲荷神社から北へ、ちょうど総社の南東辺りに差し掛かりました。街中に佇んでいるのは正法寺です。もともとは別所の佐土にありましたが、天正9(1581)年に総社の西門あたりへ移り、池田輝政の城下町整備の際に現在の場所へ移されました。この正法寺が面する通りに沿って寺院が集められたため、通りを「寺町筋」と呼ぶようになりました。

善導寺

交通量の多い城南線を越えた先にも寺町筋は続いています。住宅地の中で目立つ大きな寺院は善導寺です。

善導寺の境内

広い境内には巨大な本堂が佇んでいました。

善導寺は平安時代の寛仁元(1017)年の創建と伝わる古刹です。広い境内からも由緒ある寺院であることを感じさせます。もともとは姫路城の東側、現在は姫路医療センターや姫路東高校のある「梛本(なぎもと)」という地区にあり、梛寺(なぎでら)と呼ばれたそうです。しかし、輝政の改築の際に梛本地区自体が城内に含まれることになったために現在の場所に移されました。ちなみに、この梛本には射楯兵主神社もありましたが、こちらは善導寺の少し前の天正9(1581)年、秀吉の姫路城改修の際に現在の場所へ移されています。

再び総社へ

善導寺から再び総社へ戻りました。参道にそびえる石鳥居は江戸時代前期に姫路藩主を務めた榊原忠次の寄進です。総社もまた、歴代の城主の寄進を受けて発展してきました。姫路の城下町の中心ともいえる城南を歩くと、歴代の城主の足跡を感じることができるようです。

年末にもご紹介しましたが、「せっつ・はりま歴史さんぽ」は今年で10年目となります。引き続き山陽電車沿線(とそのほかのエリアも)巡り、ご紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

城南・総社への道(前編)

投稿日:


年の瀬も押し迫る頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

大手前通りと姫路城

山陽姫路駅で山陽電車を降りると、駅前から続くのは大手前通り
冬らしい天気の空の下、姫路城が日差しを浴びて輝いています。

長源寺

大手前通りから街中に入ると、長源寺がありました。普通のビルのように街中に溶け込んでいますが、由緒ある寺院で、もとは男山山麓にあった「長彦寺(ちょうげんじ)」という寺院が池田輝政が城下町を整備した際にこの地へ移ったそうです。明治元(1968)年に無住の寺院となりましたが、大正時代に復興され、現在に至っています。

長壁神社

長源寺に隣接して佇んでいたのが長壁神社です。

長壁神社に祀られている刑部大神は古くから姫路城のある姫山の神として祀られていて、歴代の姫路城主はとても大切にしてきました。姫路城大天守最上階にもこちらと同じ刑部大神を祀る刑部神社があります。ちなみにこちらの長壁神社はもともと長源寺に祀られていましたが、大正時代に長源寺が復興する際に境内を折半して寺院と神社とで分かれることになったようです。

城南の町並み

大手前通りを渡って東側へ出てみました。昔ながらの住宅地の中にマンションがそびえる光景は賑やかな駅前の景色とは違った趣を感じます。

幡念寺

住宅の中にあったのは幡念寺です。池田輝政の城下町整備の際にこの地に創建された寺院で、輝政が姫路へ移封される前に城主を務めていた三河国吉田(今の豊橋市)に今もある悟真寺という寺院の海牛和尚なる人物によって開かれたとされています。

赤鹿稲荷神社

幡念寺から住宅地を歩くと、小さな神社がありました。こちらは赤鹿稲荷神社です。先日訪れた城北の八代にも同じ名前の神社がありましたが、こちらはその赤鹿神社から分霊して姫路城内に祀られていた神社です。池田氏が造営した別荘・御茶屋に隣接してあった赤鹿神社を池田氏に代わって城主を務めるようになった酒井忠恭が城内へ移転させようとしましたが赤鹿氏の反対を受けてやむなく分霊を城内に祀ったと言われています。神社は明治に入って城内からこの近くの北条口へ移されて戦後に現在の場所へ移られました。決して境内は大きくありませんが、歴史ある神社だけあって境内には趣を感じます。

城南を巡りながら北の播磨国総社を目指していましたが、今年の更新はここまで。続きは年明けとさせていただきます。

本年も「せっつ・はりま歴史さんぽ」をご覧いただきましてありがとうございました。来年2023年はこのブログのスタートから10年となる節目の年となります。来年もよろしくお願いいたします。

それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

城北・八代を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の城北を歩いてみたいと思います。

東光寺

住宅地の中を歩いていくと、立派な寺院が佇んでいました。こちらは東光寺です。東光寺の創建はわかっていないそうですが、中世以前にまでさかのぼる古刹とされています。もとはこの少し東側の八代御茶屋町にありましたが、後に現在の場所へ移転しています。

八代御茶屋公園

住宅地の中に小さな公園がありました。こちらは御茶屋公園です。

先ほど訪れた東光寺はもとはこの辺りにあったとされています。しかし、室町時代の末期の文明16 (1484)年に山名氏の攻撃を受けて焼失。荒廃したまま放置されていたのを、慶長8(1603)年に池田輝政が現在の場所へ移転・再建しました。跡地には池田輝政の別荘の御茶屋が造営されました。池田氏が姫路を離れた後も、御茶屋は代々姫路城主の別荘として使われてきましたが、江戸時代半ばの延享3(1746)年に暴風で崩壊し、宝暦元(1751)年頃に当時の城主の酒井忠恭によって廃止されてしまいました。比較的最近まで、土塁や池が残されていたようですが、現在では御茶屋の痕跡は残されておらずこうして公園となっています。

伝伏見天皇離宮跡碑

公園の北側には「伝伏見天皇離宮跡」と刻まれた石碑がありました。一説には東光寺は鎌倉時代の後期に当時の伏見天皇が草創し、離宮としたと言われています。こちらの石碑はそれに因んで当時東光寺があったこの場所へ昭和5(1930)年に建立されたものです。

赤鹿稲荷神社

八代御茶屋公園に隣接して、お稲荷さんがありました。こちらは赤鹿稲荷神社です。赤鹿稲荷神社は妻鹿城主だった妻鹿貞祐の息子の定頼なる人物が創始となった赤鹿家が応仁元(1467)年に創建し祀ってきた神社で、小さな神社ですが歴史があります。かつてこの場所は赤鹿の森とも呼ばれ、先ほど訪ねた御茶屋を描いた絵図にもこの赤鹿の森が描かれているとのこと。

お茶の水橋

船場川に架かる橋に差し掛かりました。橋の名前は「お茶の水橋」、まるで東京の橋の名前のようですが、こちらも御茶屋に因んでいるのでしょうか。

お茶の水橋からの眺め

お茶の水橋から船場川を眺めてみました。
古い住宅地の趣のある家々が建ち並ぶ中を、船場川が曲がりながら眺めていきます。

古くからの住宅地だった城北・八代地区はかつて姫路城主の別荘となり、近代には文教地区となり、今も閑静で落ち着いた雰囲気が漂っています。船場川や大野川を辿って歩いてみれば、賑やかな城下とは少し趣の異なる姫路を感じることができるかもしれません。

城北・八代を歩いて(前編)

投稿日:


年末が近づき、冷え込みが一層厳しくなった頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

県立大環境人間学部

山陽姫路駅からバスに乗って着いたのは県立大環境人間学部バス停です。

兵庫県立大学ゆりの木会館

バス停名の通り、近くには兵庫県立大学姫路新在家キャンパスが佇んでいます。丁字路に面して聳えているのは県立大のゆりの木会館です。

今の兵庫県立大学の姫路新在家キャンパスは、もともとは旧制姫路高等学校として大正12(1923)年に設置されたものでした。戦後、旧制姫路高校は新制神戸大学姫路分校となったのちに神戸大学へ吸収される形で廃止され、跡地には近くの伊伝居から姫路短期大学が移転しました。姫路短期大学は後に姫路工業大学となり、現在の兵庫県立大学となっています。趣ある建物は大正13(1924)年に旧制姫路高校の本館として建てられたもので、現在は前面部分のみがゆりのき会館として残されています。

兵庫県立大講堂

バス道沿いに歩くと、木立の向こうにもう一つ趣のある建物が現れました。こちらは姫路新在家キャンパスの講堂です。こちらももともと旧制姫路高校の講堂として大正15(1926)年に建てられたものです。現在では、ゆりの木会館とともに登録有形文化財に指定されています。

大野川

さらにバス道を歩いていくと、大野川に差し掛かりました。この川は男山の先で船場川と合流して播磨灘へと注ぎます。川の向こうには姫路城の天守閣がそびえているのを望むことができました。

古くからの住宅地に高校や大学が立地し、どこか文教地区の雰囲気も漂う城北地区。次回、もう少し歩いてみたいと思います。

稲丘の麓・青山を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の青山地区を歩いてみたいと思います。

妻見岡

稲岡山の北西に小さな丘がありました。民家の中に埋もれてしまいそうな小さな丘ですが、「妻見岡」という名前が付けられています。

人丸神社

丘の上には趣のある神社がありました。こちらは飛鳥時代の歌人・柿本人麻呂を祀る人丸神社です。柿本人麻呂は播磨守を務めていた頃にここに居宅を構えていました。ある時、大和へ赴いていた際に石見国から妻が訪ねてくる夢を見たため、播磨へ引き返してこの場所で妻を見たという伝説から、「妻見岡」という名前になったそうです。

西国街道の町並み

稲岡神社の大鳥居へ戻り、東西へ通る道を歩いてみることにしました。この道はかつての西国街道で、市街化が進む姫路市内では珍しく街道筋の趣のある街並みが残されています。青山は宿場町ではありませんでしたが、街道の拠点となった町で、継飛脚番所が置かれていたそうです。今に残された町並みから、当時の賑わいを感じることができますね。

教専寺

街道筋には教専寺という寺院が佇んでいました。元は稲岡山の麓にあったのが街道沿いのこの地に移されたと伝わる古刹です。境内には街道を行きかう人々が振り返って見たという「見返りの松」が植えられています。

渡し場跡

青山地区を通り抜けた西国街道は因幡街道を渡った先の夢前川の土手で行き止まりになってしまいました。現在の国道2号線は少し下流に架けられた夢前橋で夢前川を渡っていますが、かつての西国街道には橋はなく、ここには渡し船があったそうです。

夢前橋

日赤病院前からバスに乗るために、夢前橋を渡ることにしました。振り返ってみると、夢前川の向こう、こんもりと木々の生い茂る稲岡山が住宅の中に佇んでいるのを眺めることができました。「青山」の地名はこの青々とした稲岡山に由来しています。

今回訪ねてきた稲丘も、射目崎も、青山も、どれもはるか古代のことです。それが現代の地名へつながっていき、歴史が紡がれていくように感じられました。

伝説に彩られ、街道の町並みを今に伝える青山地区訪ねてみてはいかがでしょうか。

稲丘の麓・青山を歩いて(前編)

投稿日:


すっかりと冬景色となった頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

青山

山陽姫路駅前からバスに乗って到着したのは夢前川の畔の青山です。

青山の町並み

交通量の多い国道沿いに商店が建ち並ぶ景色の広がる青山ですが、国道を離れると住宅地の中に昔ながらの趣を感じる景色が続いています。

稲岡神社

街中にこんもりと木々の生い茂った丘がありました。この丘は稲岡山といい、『播磨風土記』には稲丘稲牟礼丘(いなむれがおか)という名で播磨の十四丘の一つに数えられています。この十四丘は大汝命が船から落とした荷物が丘になったという伝説があり、稲丘はその名の通り稲穂を落とした丘とされています。この稲岡山の麓に佇むのが稲岡神社です。

稲岡神社の境内

長い歴史を持つだけあって、境内には趣があります。

稲岡神社の主祭神ははるか古墳時代に丹波より勧請したという豊受姫大神です。十四丘伝説にちなんで、稲の神様が勧請されたのでしょうか。また、豊受姫大神のほかに射目崎大神なる神も合祀されています。もともと、射目崎大神は神功皇后の放った矢の落ちた「矢落の森」に建てられた社に祀られていましたが、この社が室町時代の応永元(1394)年に水害に遭ったため、この稲岡神社に合祀されたとのこと。この矢落の森はここから少し北側のJR姫新線の余部駅の辺りにあったとされていて、今も駅の裏に石碑が残されています。ちなみに、一説では射目崎(いめさき)という神の名前が訛って夢前川の名前になったと言われています。

青山を歩く

稲岡神社を後にして、青山の集落の中を歩くことにしました。昔ながらの曲がった道沿いには蔵のある民家が建ち並んでいて、商店の建ち並ぶ国道沿いとは別世界のような景色が続いています。

次回も青山を歩いてみたいと思います。