せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

市川のほとりの妻鹿を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回と前回に続いて、妻鹿を歩いてみたいと思います。

妻鹿町自治会館

町の中に佇んでいたのは妻鹿町自治会館です。この建物はもともと妻鹿村の役場として使われていたもので、どこか趣を感じることができますね。

妻鹿の地名ははるか古代にさかのぼるとされています。神功皇后や仁徳天皇の時代、この地に雄と雌の二頭の鹿が現れ、雄鹿は海を渡って家島諸島の男鹿島へ渡りましたが、雌鹿はこの地にとどまったそうで、その伝説にちなんで「妻鹿」と呼ばれるようになったとのこと。もとは漁業を中心とした産業の集落で、江戸時代の末頃からは海を埋め立てて開発された新田での農業も盛んにおこなわれるようになりました。

旧勝間家住宅

入り組んだ路地を進むと、立派な民家が現れました。こちらは旧勝間家住宅です。勝間家は妻鹿の網元の家ですが、千石船も二隻持ち、廻船問屋も営んでいました。勝間家の船は瀬戸内海だけでなく、遠く五島列島まで播磨の物産を運んでいたそうです。勝間家の繁栄は昭和初期まで続いたそうですが、後に家は龍野へと移りました。現在では江戸時代の建築とされる建物が残るのみです。立派な塀を眺めていると、賑わっていた当時の妻鹿の様子が目に浮かんでくるような気がしますね。

妻鹿漁港跡

集落のはずれに道が奇妙に曲がった一角がありました。この辺りは妻鹿漁港の跡です。妻鹿漁港は市川の支流に面した川の漁港でした。

魚市場跡

だだっ広い一角は魚市場の跡です。妻鹿の魚市場が開設されたのは大正5(1916)年のことで、ここに集められた海産物は当時広まり始めた自動車や、大正12(1923)年に開業した神戸姫路電気鉄道(今の山陽電車)を使って播磨だけでなく遠く但馬まで運ばれたそうです。
そんなに賑わった魚市場ですが、手柄駅前の姫路市中央卸売市場の開設で、昭和44(1969)年に閉鎖・撤去されました。播磨灘の海の幸で溢れた妻鹿漁港も昭和57(1982)年に埋め立てられ、白浜に代替の港が設けられました。ここ妻鹿では、今は漁協の建物が残るのみです。

市川を行く山陽電車

妻鹿駅に戻りました。
駅のそばの市川橋梁を山陽電車が走り抜けていきます。

市川のほとりに佇む妻鹿を歩くと、戦国時代の戦略上の拠点として、賑わった漁港の町として、歩んできた町の姿が見えるようでした。直通特急の跡に市川を渡って妻鹿駅へやってきた普通車で、趣ある街を後にすることとしました。

市川のほとりの妻鹿を歩いて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、妻鹿を歩いてみたいと思います。

土手の道標

市川の堤防の上を歩いていると、古い道標を見つけました。
「右おくやま・ごちゃく 左こうじん」と記されているのを見ることができます。
この辺りは妻鹿の村はずれにあたる場所だったといわれ、ここからは市川の渡し船もあったそうです。

大河ドラマのおかげで知られるようになった妻鹿城ですが、天正8(1580)年に居城の姫路城を羽柴秀吉に譲った黒田官兵衛が移り住むようになりました。小さな山城だった妻鹿城は御着と姫路とともに播磨平野を治める拠点になっていきました。

妻鹿の街並み

山陽電車の線路の南側へ出ると、路地の入り組んだ町並みが広がるようになりました。この辺りが古くからの妻鹿の町です。現在では埋め立てによりわかりにくくなっていますが、妻鹿は市川の河口のデルタ洲に生まれた町です。妻鹿城は戦国時代に戦略上の拠点となりましたが、妻鹿の町自体は漁業と農業の村でした。

西楽寺

町中に佇んでいたのは西楽寺です。中世に妻鹿城を築城した妻鹿氏を頼ってこの地にやってきた赤松氏の一族が書写山圓教寺にちなんで天台宗の寺院を開いたのが始まりとされていますが、詳しいことはわかっていません。立派な本堂からわかるように、江戸時代から浄土真宗大谷派の寺院となっています。

龍泉寺

西楽寺の近くにはもう一つ、龍泉寺という寺院が佇んでいました。こちらも浄土真宗大谷派の寺院です。こちらは創建も江戸時代の寛永11(1634)年とされています。先ほどの西楽寺といい、町の中心に信州寺院の立派なお堂が佇む光景は、どこか中世都市の面影を感じることができるような気がします。

入り組んだ路地の続く中に中世の面影を今に感じる妻鹿の町をもうすこし歩いてみたいと思います。

姫路・北条を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の北条を歩いてみたいと思います。

水路の道

住宅地の中を水路が巡っています。
こんなところにも、市街地とは少し違う風情を感じますね。

北条天満宮

水路の向こうにあったのが北条天満宮です。

北条天満宮の境内

生い茂った木々に囲まれた境内は広く、歴史を感じますね。

北条天満宮の由緒は、文書が焼失してしまったそうで詳しくわかっていませんが、中世の文書などにその名が見られることから、相当古いとされ、一説には平安時代にさかのぼるとも言われています。今でも広く感じる境内ですが、周辺の開発が進む前はもっと広い範囲に森が広がっていて、さらに今の姫路バイパス付近までは藪が広がっていたそうです。

虚無僧塚

神社の鳥居の横には、「虚無僧塚」と刻まれた石碑がありました。

伝説では、神社の周辺に広がっていた藪に八ツ目イタチが棲み着き、田畑を荒らしていました。困った村人が氏神に祈ると、毎年総領の男女と糠糯二斗四升を捧げるように…、つまり、生贄と供物を要求してきたのです。村人はそれに従っていましたが、ある時この地を訪れた虚無僧がそれは妖怪の仕業に違いないと言い、八ツ目イタチを退治したそうです。喜んだ村人は虚無僧を正覚院に住まわせ、供物にしていた二斗四升を捧げるようになったそうです。明治時代まではこれを記念した人身御供神事が執り行われていて、昭和に入り、この石碑が建立されたそうです。

北条天満宮から眺める

北条天満宮から北条の町を眺めてみました。今では、妖怪伝説のある藪があったとは思えないような静かな街並みが広がっていました。

姫路の南側の北条地区。静かな住宅地ですが、伝説に彩られた古社と昔ながらの街並みに風情を感じることができます。また大変な状況となりましたが、ご近所のお散歩に、訪ねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

姫路・北条を訪ねて(前編)

投稿日:



今日は立春、暦の上ではもう春になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

姫路駅南口

山陽電車の山陽姫路駅を降りて、JR姫路駅を通り抜けた先は姫路駅南口。
姫路といえばお城が見えて繁華街の広がる北口のイメージが強く、こちら南口は地味な印象ですが、市役所等の行政機関の玄関口になるのはむしろこちら側です。

外堀川

ビルの並ぶ中を流れるのは外堀川です。
新幹線と在来線の複雑な高架橋の下を流れる姿はどこか窮屈そうに見えますね。

北条地区

外堀川を渡った先は北条と呼ばれる地区です。この辺りが姫路市に編入されたのは戦前の昭和10(1935)年のことで、姫路の城下町には含まれていませんでしたが、古くから開発がされた地域で、歩いてみると市街化が進んだ周辺とは少し違った趣の景色が続いています。

薬師堂

家並みの中にあったのが薬師堂です。

北条薬師堂とも呼ばれるこちらは小さなお堂ですが、創建は詳しくわかっていないようですが、近代には「播磨四国八十八ケ所霊場」の第五番札所にも数えられた古刹です。「乳貰い薬師」と呼ばれ、古くから信仰を集めていたとされています。しかし、昭和20(1945)年7月の姫路大空襲の際、北条地区も大きな被害を受け、薬師堂も焼失してしまいました。今のお堂は昭和44(1969)年に再建されたものです。

地蔵石仏

薬師堂の傍らにあるのは地蔵石仏です。丸みを帯びた柔らかい印象の石仏で、江戸時代の末の弘化4(1847)年に建立されたそうです。こちらも薬師堂とともに空襲の被害に遭いましたが、昭和61(1986)年に復元されたそうです。

市街地の中に昔ながらの風情の残る北条地区をもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

飾磨街道と外堀川を歩いて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて亀山界隈を歩いてみたいと思います。

飾磨街道の街並み

亀山本徳寺の参道と交わる飾磨街道の街並み。うだつのある民家があり、歴史ある街であることを感じさせます。

外堀川が名前を変えた野田川の河口付近に開かれた飾磨津は古くからの港町でした。そんな飾磨津と姫路城下、今の山陽姫路駅の北西付近にあった姫路城飾磨門とを結んでいたのが飾磨街道です。姫路から北の銀鉱山で栄えた生野へ続いていたこの道は近世には「銀の馬車道」こと生野鉱山寮馬車道として整備されました。この道は当時でも珍しい馬車専用道路で、「日本初の高速産業道路」とも呼ばれています。古い町並みが残る飾磨駅の南側には今も街道の風情が残されていますが、市街化が進んだ亀山付近でもどこかほかの道とは違った雰囲気が残されています。

八の宮天満神社

飾磨街道を越えて、「現代の飾磨街道」ともいえる幹線道路の駅南大路を越えると住宅や店舗の建ち並ぶ街並みの中に小さな神社を見つけました。こちらは八の宮天満神社です。

外堀川へ

八の宮天満神社を過ぎると、外堀川のほとりに出ました。川に架かるのは三ノ切橋です。

外堀川の眺め

その名の通り姫路城の外堀の役割を兼ねて城下を流れ、さらに飾磨へと流れる外堀川ですが、この橋を境に上流側は広く整備されている一方で、下流側は細く曲がりくねっています。

江戸時代の初めに姫路城主をつとめた池田輝政は城郭の大規模改修だけでなく、姫路城と港町の飾磨を結ぶ運河の築造に着手します。輝政が目を付けたのが外堀川で、築城の際に流路を変えた川を開削し、飾磨を目指すことにしました。しかし、工事中、播磨灘と外堀川の水位に大きな差があり、外堀川をかなり掘り下げないと運河としては利用ができないことが判明しました。さらに、築造を推進していた輝政が亡くなったことにより、わずか2km程度が整備されただけで運河計画は凍結してしまいました。のちに、姫路城主となった本多忠政はこの外堀川ではなく西側の船場川を整備し、輝政が目指した姫路城下と飾磨との運河を実現します。

三左衛門堀

上流側は広く真っ直ぐな川が続いています。川幅が下流側とは全く違うことがわかります。
この辺りは池田輝政の異名にちなんで「三左衛門堀」とも呼ばれています。

運河は実現しませんでしたが、この辺りは先ほど訪ねた飾磨街道が通り、街道筋の町として鉄道開業まで栄えることになったのはなんだか不思議な気がしますね。市街地のなかに姫路が今のような城下町に発展していく過程の史跡が眠る亀山界隈を歩いてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

飾磨街道と外堀川を歩いて(前編)

投稿日:



寒さは続きますが、日差しに少しだけ春を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

亀山駅

山陽電車に乗って着いたのは亀山駅です。

国際姉妹鉄道協定

台湾鉄路
宜蘭線に同じ漢字を使う亀山という駅があることから、山陽電車と台湾鉄路は国際姉妹鉄道協定を結んでいます。亀山駅にはそれに関するパネルがありました。海外へ行けるのはまだ少し先になりそうですが、早く自由に海外旅行ができる日が戻ってくることを祈っています。

亀山御坊本徳寺

駅からすぐの場所に佇んでいるのは亀山御坊こと亀山本徳寺です。

亀山本徳寺はもとは西飾磨~夢前川駅間の一帯にあった英賀城下の英賀御坊が始まりです。戦国時代の天正8(1580)年の秀吉の英賀城攻めに際してここ亀山に移転しました。江戸時代に入る直前の慶長7(1602)年に浄土真宗が東西に分裂した際にこの亀山御坊は西本願寺を総本山とする本願寺派に属することとなり、東本願寺を総本山とする大谷派は後に姫路城下に船場御坊こと姫路船場別院本徳寺を建立します。歴史の長い亀山本徳寺のほうが知られていますが、姫路には二つの本徳寺があるのです。

亀山本徳寺を眺める

亀山本徳寺を眺めてみました。境内では巨大な本堂が目立ちますが、私は城の櫓のようにも見える太鼓楼が好きです。江戸時代に建てられたものとされていますが、どこか城郭と一体になっていた英賀御坊の名残を感じさせるように思えます。

飾磨街道

本徳寺の参道に交わるように通るのは姫路城下と港町・飾磨を結んでいた飾磨街道です。

次回はもう少し亀山界隈を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

姫路・大手前を歩いて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の市街を歩いてみたいと思います。

十二所神社

光源寺の向かいにあるのは十二所神社です。

お菊神社

境内にあるのはお菊神社です。祀られているのは菊姫命。あの、播州皿屋敷お菊とされています。

十二所神社の始まりは古く、平安時代の延長6(928)年に遡るとされています。疫病が流行して村人が苦しんでいたところ、この場所の南側の南畝丘に一晩で12本の蓬が生え、医薬の神とされる少彦名大神があらわれ、この蓬を使えば病が治るとお告げがありました。お陰で疫病の流行は治まり、村人は少彦名大神を祀る祠を建てました。元の場所は少し南でしたが、平安時代の末の安元元(1175)年にこの場所へ移されています。変わった神社の名前はこの12本の蓬の伝説に由来していて、御神紋も蓬の葉です。

烈女碑

境内には「烈女」の碑がありました。

お菊と言えば播州皿屋敷やそれを題材にしたと考えられる「番町皿屋敷」の怪談が知られていますね。播州皿屋敷は戦国時代、小寺則職が姫路城主をつとめていた頃の話で、お菊が亡くなったのは永正2(1505)年とされています。お菊が十二所神社にお参りしていたことから、この地にお菊を祀る神社が建立されたとされていますが、諸説があるようです。また、播州皿屋敷も同様の伝説は全国にあるようで、実際に姫路であった出来事なのかはわかっていないようです。

大将軍神社

十二所神社から南側へ歩くと、大将軍神社がありました。こちらが元の十二所神社があった場所とされていて、今も十二所神社の旅所となっています。

南畝丘は今

12本の蓬が一晩で生えたという南畝丘はこの辺りにあったのでしょう。今ではJRや新幹線の高架がそびえ、辺りには市街地が広がっていて、丘があったような面影はありませんでした。

今は賑やかな市街地に発展した姫路ですが、少し歩いてみると伝説に彩られた史跡がひっそりと眠っているのに出会うことができます。まだまだ冬の寒い時期が続きますが、少し姫路を歩いてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

姫路・大手前を歩いて(前編)

投稿日:



寒さの厳しいころ、いかがお過ごしですか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

姫路城

今回訪ねたのは姫路
姫路城の天守閣が冬の日差しを浴びて輝いています。

光源寺跡

山陽電車の山陽姫路駅近くにあったのはこんな看板。
現在、この辺りは姫路の中心市街となり、大手前通りが姫路駅から姫路城へと延びていますが、かつては光源寺という寺院がありました。

現在の大手前通りが完成したのは昭和30(1955)年のこと、昭和20(1945)年7月3日の姫路大空襲で壊滅的な被害を受けた姫路市街の復興の際に整備されました。空襲で被害を受けて焼失した光源寺も道路の整備に伴って元の場所には戻らずに、移転しています。現在の大手前通りはお城が真正面に構えてまさに「大手前通り」という雰囲気ですが、実は近世までの大手前通りは一本西側の筋でした。今も、姫路城の大手門・桜橋は西側の中之門筋につながっていて、大手前通りはズレています。

光源寺

現在の光源寺は西側に進んだ先に佇んでいます。
戦後に市街地に建てられた寺院のせいか、新しく現代的な雰囲気ですね。

十二所神社

寺の向かい側は十二所神社で、神社との間に通る道路はその名も十二所前線です。

次回は姫路市街をもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

相生湾の奥の街・那波を訪ねて(後編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、相生の那波を歩いてみたいと思います。

大島山

大島山
に登ることにします。急な坂道には石仏が並んでいました。

大島山本覚院善光寺

山の上には寺院がありました。こちらは大島山本覚院善光寺です。

大島山はその名の通り元々は相生湾に浮かぶ島でした。この島に城が築かれたのは平安時代の長治元(1104)年、海老名家季の手によるものとされています。この海老名氏が相模国由来であったことから、家季の孫の盛重の代にこの地の呼び名の「おお」に相模生まれの「相」「生」の字を当てたのが「相生」の地名の由来とされていて、この場所が「相生」の始まりの場所と言えるのかもしれません。

住吉神社

山頂は開けていて、住吉神社もあります。

海に囲まれた島にあった大島城は「浜御殿」とも呼ばれ、美しい城だったと言われています。しかし、南北朝時代の建武3(1336)年、当時の城主の景知が赤松氏に従って上郡の白旗城を守っている際に新田義貞の軍勢によって焼き払われてしまいました。海老名氏自体はその後も戦国時代にかけて播磨地域の豪族としてこの地域を治めていましたが、近世に入ると武士の身分を返上し、今の相生港地区に屋敷を構え、庄屋として明治時代まで続いたそうです。

大島城の碑

大島城は比較的早い時代に城が失われたためあまり城跡の雰囲気は残っていませんが、麓に降りると立派な石碑が佇んでいました。

大島城を眺める

相生市街を流れて相生湾に注ぐ芋谷川に沿って相生駅の方へ歩いてみました。
振り返るとこんもりとした大島山の姿が見えました。相生の地名の始まりに関わる城は今もこうして相生を見守っています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

相生湾の奥の街・那波を訪ねて(中編)

投稿日:



こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて相生の那波を歩いてみたいと思います。

相生湾に沿って

白龍城
から相生湾の海岸にそって歩きます。
対岸は目と鼻の先でまるで川のような景色で、相生湾の深さを感じさせます。現在は湾を回る道路が整備されていますが、以前は相生湾を挟んだ移動に浮橋や渡船が利用されていました。深い湾ならではの光景があったのですね。

大島

相生湾の奥が近づいてくると、こんもりとした島のような小山がありました。こちらは大島山です。

市名になっている「相生」はもともと湾の東側の地区の地名で、浦名の「おお」に「相生」という字を当てたものとされています。一方の湾の西側から今の相生駅周辺にかけての地区は「那波」と呼ばれ、もとは相生とは別の自治体でしたが、戦前に相生町に編入されてそのまま相生市の一地区となりました。ただ、交通の利便性などのせいでしょうか、市街地や行政機関はどちらかというと那波のほうに集まっています。

相生湾の奥

大島山を眺めながら歩くと、相生湾の奥に着きました。

大島山の麓

相生湾を回り込むと、先ほど対岸から眺めた大島山の麓に着きました。

大島山へ

大島山に登ってみると、早速蚊の大群に襲われました。くじけそうになってしまいますが、この大島山には相生の地名の由来につながるスポットがあります。

次回、もう少し相生の那波を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村