鶴林寺を訪ねて(前編)


まだまだ梅雨空が広がる頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

尾上の松駅

今回山陽電車で降りたのは尾上の松駅です。

今福八幡神社

駅から少し西に歩くと広い境内を持った神社がありました。
こちらは今福八幡神社です。

旧尾上の松駅跡

現在は平地にある尾上の松駅ですが、かつては今より少し東側の築堤の上にありました。この築堤をくぐる道路は何だか不思議な雰囲気が…。この築堤をくぐる道路にはかつて国鉄高砂線が通っていました。

高砂線は加古川駅高砂駅(山陽電車の高砂駅よりかなり浜側にありました)を結んでいた鉄道で、大正時代に高砂までの路線が開業しました。東西方向の交通網が充実している今では不思議な経路の路線ですが、当時は加古川の舟運がまだ盛んで、舟運の代替として加古川沿いの鉄道(今のJR加古川線)とともに、近世より物資の集散地として栄えていた高砂を結ぶために設けられた路線でした。

国鉄尾上駅跡

旧尾上の松駅跡の浜側には高砂線の尾上駅があり、山陽電車と接続していました。駅の跡地には車輪を使った記念碑が設けられています。現役当時はここ尾上駅から高砂北口駅(山陽電車の高砂駅前)まで加古川を渡る区間で山陽電車と並行して走っていたのですね。ただし、この高砂線は国鉄再建法により昭和59(1984)年に廃止となり、今はこうしてわずかな痕跡が残るばかりです。

かつての高砂線はここから加古川を渡り、高砂へと向かっていきますが、私たちは逆に加古川駅の方に歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

天満宮と塩の町・曽根を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、曽根を歩いてみたいと思います。

臨川寺

曽根天満宮から北側に歩くと、入り組んだ道の続く集落がありました。今では一帯が住宅地となりわかりにくくなっていますが、この辺りが古くからの曽根の集落でした。集落の中に寺院がありました。こちらは臨川寺という臨済宗の禅寺です。

桃源寺

さらに歩くと桃源寺という寺院がありました。こちらも臨済宗の禅寺です。曽根の集落はこうした寺院が数多くあるのが特徴でしょうか。

今は住宅地となっている曽根ですが、かつては曽根天満宮の門前町、そして、塩田の町として栄えていました。集落には製塩業で栄えた豪商が数多く屋敷を構え、そうした商家に所縁のある寺院も数多くあったそうです。古い地図を見てみると、曽根から隣の大塩にかけて、山陽電車の線路の海側には塩田が広がっていました。

曽根の街並み

禅宗寺院の建ち並ぶ集落を歩くと、立派な屋敷が目立つのに驚かされます。

旧入江家住宅

曽根の集落の中でも特に目立つのが旧入江家住宅です。入江家は江戸時代からこの曽根で製塩業を営んでいて、かつての曽根村の庄屋も務めていました。住宅は普段は一般に公開されていませんが、江戸時代の様式を残し、美しい庭園も整備されているとのこと。曽根は古くは姫路藩領でしたが、後に幕領、そして、一橋領になりました。幕府とのつながりがあったことも製塩業の発展を支えたと言われています。

曽根天満宮の鳥居と山陽電車

再び、山陽曽根駅前に戻ってきました。ちょうど鳥居の前を山陽電車が通過していきます。

かつてはこの向こうには田んぼ、そして、塩田が広がっていましたが、田んぼは住宅地となり、塩田は昭和46(1971)年にイオン交換膜製法によって製塩が行われることになったために廃止されました。今では天満宮の門前の静かな街並みが残されています。

天満宮と製塩の町として栄えた曽根、梅雨の晴れ間にゆっくりと歩いてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

天満宮と塩の町・曽根を歩いて(前編)


蒸し暑い日が続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽曽根駅

山陽電車で着いたのは山陽曽根駅です。

曽根天満宮の鳥居

曽根といえば曽根天満宮ですね。駅を降りるとすぐに大きな鳥居がそびえ、参道が続いています。

本門

松の美しい参道を歩いていくと、曽根天満宮の本門にたどり着きました。神社というよりは寺院の仁王門のようなスタイルで、江戸時代の享保12(1717)年に建てられたものと伝わっています。

曽根天満宮の創建時期はわかっていませんが、平安時代の延喜元(901)年に菅原道真が大宰府へ流される途中、この地に立ち寄り霊松「曽根の松」を植えたことを由来としています。後に、道真の左遷と同時に播磨へ流された道真の子の菅原淳茂が社殿が建立し、神社としての体裁を整えますが、戦国時代の秀吉の播磨攻めの際に焼失しました。

曽根天満宮の境内

由緒ある神社だけあり、境内は広々としています。奥の本殿は秀吉の播磨攻めの際に焼失したものを天正18(1590)年に再建したもので、幣殿と拝殿はいずれも江戸時代の建築です。

霊松殿

境内の一角にあったのが霊松殿です。道真の植えた霊松「曽根の松」は江戸時代の寛政10(1798)年に枯死してしまいました。この霊松殿には曽根の松の幹が保存されています。

曽根は曽根天満宮が印象的な街ですが、他にも見どころが広がっています。
次回はもう少し曽根の街を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

御着・国分寺を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、御着を歩いてみたいと思います。

播磨国分寺跡

町の一角にあったのは公園のような広場です。こちらは播磨国分寺の跡です。

播磨国分寺は天平13(741)年の聖武天皇の詔によって建立された寺院です。
広大な伽藍に門や七重塔等を備えた大寺院だったのですが、平安時代と秀吉の播磨攻めの際に二度焼失。大寺院の姿は失われてしまいました。

国分寺

播磨国分寺跡の一角には先ほど見かけた寺院があります。こちらは国分寺で、播磨国分寺の後継として江戸時代の寛永16(1639)年に創建された寺院です。かつてのような大寺院というわけではありませんが、どこかゆったりとした雰囲気の寺院ですね。

壇場山古墳

古代には国分寺の街として栄えたここ御着ですが、それ以前の姿を偲ばせるのが住宅地の中にある森です。周辺を堀のような窪みに囲まれたこちら。もうお分かりかと思いますがこちらは壇場山古墳という古墳です。

壇場山古墳は古墳時代の5世紀前半に築造されたとされる前方後円墳で、兵庫県内では三番目の大きさがあります。被葬者はわかっていませんが、規模から考えると播磨を治めた有力な豪族の墓ではないかと言われています。

墳丘に上る

この古墳は陵墓に指定されていないため、墳丘に上がることができます。しかし、墳丘には木々が生い茂り、見晴らしはききません。

山之越古墳

壇場山古墳の北西の住宅地の中にもう一つ古墳がありました。こちらは山之越古墳です。やはり古墳時代の5世紀中頃の築造とされ、巨大な壇場山古墳と比べると随分小さな方墳ですが、方墳としては兵庫県内最大とのこと。こちらの古墳の被葬者も明らかになっていませんが、規模や築造時期から壇場山古墳の被葬者の後継者の墓ではないかと言われています。

山之越古墳からの眺め

山之越古墳も墳丘に上ることができます。墳丘の上からは御着の街並みを眺めることができました。

御着城で知られるようになったここ御着ですが、そのはるか以前から、豪族が拠点を構え、国分寺が置かれる等、播磨の中心地として栄えてきた町でした。

梅雨の晴れ間に御着を訪ねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

御着・国分寺を訪ねて(前編)


梅雨の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

御着駅

山陽明石駅からJRに乗り換えて着いたのは御着駅です。

小寺大明神

御着といえば、もうお馴染みになってきましたが、小寺氏御着城ですね。播磨の守護大名だった赤松氏の血筋ともされる小寺氏は室町時代から戦国時代にかけて、姫路城とここ御着城を拠点としていました。

御着城跡

小寺大明神
から国道2号線を渡った先には御着城跡公園があります。城郭風の建物は姫路市役所の出張所で、ちょうどこの辺りが本丸跡とされています。

小寺政隆がここ御着に城を築いたのは永正16(1519)年のことで、山陽道が通る交通の要衝に城郭と城下町を築き、中世の播磨では三木城英賀城と並び播磨三大城とも呼ばれました。この頃の播磨の中心はここ御着で、近世以降に播磨の中心となった姫路は御着の支城の扱いでした。この姫路の城代も務めていたのが、後に黒田官兵衛を生んだ黒田家でした。

国分寺

大河ドラマのおかげで御着は御着城のあった町として知られるようになりましたが、御着城が築かれる中世以前はどうだったのか?
御着城跡公園から国道沿いに歩き、街中に入った場所にあったのが国分寺です。次回はここから御着城以前の御着をもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

新緑の須磨寺を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、須磨寺を歩いてみたいと思います。

須磨寺

境内に入ると山沿いに大きな本堂が建っていました。
背景の新緑がまぶしいですね。

須磨寺は正式には「福祥寺」といい平安時代の仁和2(886)年の創建と伝わる古刹です。
この本堂は安土桃山時代の末の慶長7(1602)年の建築と伝わり、ゆったりとした雰囲気が印象的ですね。今からの緑が美しい季節はこの寺院を訪れるのにちょうどいい季節なのかもしれません。

三重塔

新緑の中に朱塗りが眩しいのは三重塔です。今の塔が建てられたのは昭和59(1984)年と新しいのですが、もともとの塔は文禄5(1596)年の慶長伏見地震で倒壊していて、400年近く経って再建されたということになりますね。

敦盛塚

三重塔の奥に進むと、五輪塔がありました。こちらは敦盛塚です。寿永3(1184)3年2月の一ノ谷の合戦の際の平敦盛の物語は非常に知られていますが、この塚には敦盛の首が納められていると伝わっています。「敦盛塚」といえば須磨浦の塚が思い浮かんでしまいますが、須磨浦の方に納められているのは敦盛の胴とのこと。

須磨寺公園

須磨寺の境内を出ると、池がありました。こちらは須磨寺公園です。この場所はかつては「新吉野」と呼ばれる桜が美しい行楽地でした。今では静かな公園となっていますが、池の畔には温泉旅館が建ち並び、当時の雰囲気を少し感じることができます。

他の人が少なく、さわやかな風が吹き抜ける公園はまさに密を避けた環境で、息を吸い込むと、緑の香りを含んだ空気が体を満たしていきました。

このような情勢ですが、今後も少しづつ山陽沿線とその周辺を歩いてみたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

新緑の須磨寺を訪ねて(前編)


梅雨も間近な頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出により、しばらくお休みをいただいていましたが、緊急事態宣言が解除されたことから更新を再開させていただきます。現在も不要不急の外出は自粛を求められていて、所謂「三密」も避けるべきとされている状況ですので、ご覧の方につきましても感染対策等されてのお出かけをいただきますようお願いいたします。

須磨寺駅

今回訪れたのは須磨寺駅

平重衡とらわれの松跡

駅前には「平重衡とらわれの松跡」があります。

平重衡は治承・寿永の乱、所謂「源平合戦」の際に活躍した武将で、清盛の五男でした。寿永3・治承8(1184)年の一の谷の戦いの際、重衡は神戸は生田の森の東側を守っていました。しかし、源氏軍の攻撃を受けて敗走し、この地で生け捕りにされます。捕らえられた重衡はこの松の根に腰を掛けて無念の涙を流していると、地元の住民が濁り酒をふるまったという伝説があります。この時に詠んだ歌が

ささほろや 波ここもとを 打ちすぎて すまでのむこの濁酒なれ

とされています。
ちなみに、ここで生け捕りにされた重衡は、治承4(1181)年の南都焼討で平氏軍を率いていたこともあって、後に南都(奈良)に引き渡され木津川の川原で斬首されました。

須磨寺への道

駅から続く須磨寺への参道はそんな戦いの歴史があったとは思えないほど、明るい日差しが差し込んでいました。

龍華橋

参道の商店街を抜けると、須磨の山が迫ってきました。新緑に映える赤い欄干の橋は「龍華橋」です。この向こうはいよいよ須磨寺の境内ですね。緑の香りを含んだ心地の良い風が吹いています。

次回は新緑の須磨寺を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

衝原と丹生の里を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
これまで北神は山田を歩いてきましたが、最後となる今回は衝原を訪ねてみたいと思います。

衝原バス停留所

神戸市バスに乗って到着したのは終点の衝原(つくはら)です。
志染川はこの先、加古川へと流れていきますが、この先は湖に山が迫る険しい地形が続き、その先は三木市になります。

箱木家住宅

衝原の集落にあったのが箱木家住宅です。別名「箱木千年家」と呼ばれ、日本で現存最古の民家と言われています。箱木家住宅の母屋は室町時代の建築とされていて、実際に千年経っているわけではありませんが、戦後まで民家として使われていたそうです。中を見学したいところですが、残念ながら訪れたときは5月まで閉館とされていました。残念です。

衝原地区

箱木家住宅のある衝原地区は整然とした町割りで、新興住宅地のような雰囲気です。それもそのはずで、元々の衝原地区は今の場所の西側…今は湖になっている場所にあり、今の街は移転して作られました。

衝原地区の西側にある「つくはら湖」は呑吐(どんど)ダムで志染川を堰き止めて作られた灌漑用・上水道用の貯水池で、蓄えられた水は東播磨地域を潤しています。竣工は平成元(1989)年で、変わったダムの名前は、この地にあった「呑吐の滝」という滝に由来しているそうです。住宅や箱木家住宅は高台に移転しましたが、山里や呑吐の滝は今は水の底です。

衝原大歳神社

バス停の近くに神社がありました。こちらは衝原大歳神社です。この神社も移転したもので、新しい社殿が建っていました。

つくはら湖を見下ろす

神社の横からつくはら湖を見下ろしてみました。写真ではまだまだ冬の景色ですが、もう間もなく湖畔には桜が咲くことでしょう。不安に覆いつくされたような世の中ですが、北神の里には確かに春が来ています。世の中が落ち着いたころ、京都とのつながりを感じる山里を歩いてみてはいかがでしょうか。

世の中がいち早く元に戻ることを祈りながら、衝原を後にすることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

衝原と丹生の里を歩いて(前編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、北神は山田を歩いてみたいと思います。

福田寺

田んぼの中ののどかな道を歩き、集落の中に入ると寺院がありました。こちらは福田寺です。

丹生神社鳥居

福田寺のある集落を抜けて歩いていくと、田んぼの中に鳥居がありました。
こちらは丹生神社の鳥居です。

丹生神社の創建時期はわかっていませんが、はるか古代に遡ると言われています。元々はこの地にあった明要寺という寺院の鎮守社だったとのことで、この明要寺も百済の聖王の王子の童男行者なる人物が伽藍を建立したのが始まりと言われていますが、これも詳しい時期はわかっていません。平安時代は平清盛が山王権現を勧請し、神社としての姿が整えられました。

丹生山への道

鳥居の向こうにはのどかな道が続き、その向こうに丹生神社のある丹生山がそびえています。丹生神社に祀られている丹生都比売(にうつひめ)は渡来系の丹生氏の氏神で、丹生氏が水銀鉱山に深くかかわっていたことから、鉱山の神とされています。実際に、丹生山の隣の帝釈山では銅を始めとする金属が採掘されていました。北神地域では有馬温泉の泉源を守るために採掘は厳しく制限されていて、この帝釈山は数少ない鉱山でしたが、太平洋戦争後に衰退し、今ではほとんど面影もありません。

丹生宝庫

丹生山への道の途中にあったのが丹生宝庫です。こちらは丹生神社の宝物殿で、中には丹生神社を鎮守としていた明要寺の遺物などが収められているそうです。興味深いところですが、公開は毎年5月5日の年に一日だけだそうです。

丹生神社参道

集落を通り抜ける丹生神社の参道には、参道を見守るようにお地蔵さんがありました。神社はこの先、3キロ弱の山道を登った先にあるようですが、山登りの装備をしていなかったのでまたの機会ということに。お地蔵さんに挨拶をして、引き返すことにしました。

のどかな里に史跡が点在する北神・山田。次回はさらに歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

北神・山田の里を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、北神は山田を歩いてみたいと思います。

志染川を眺める

無動寺の山を下りて、のどかな里道を歩くことに。
谷を刻むのは志染川で、この川は三木で美嚢川と合流し、さらに加古川に合流することになります。

六條八幡宮

山沿いにあったのが六條八幡宮です。

六條八幡宮の歴史は非常に古く、はるか古代に神功皇后がこの地に行宮を設けたのが由来とされています。平安時代の長徳元(995)年には基灯なる周防国の僧が八幡三神を祀る社を建立し、神社としての姿が整えられていくこととなります。

六條八幡宮の境内

六條八幡宮の境内は開けていて明るい雰囲気ですが、どこか厳かな雰囲気が漂っています。
創建から時代が下り、中世の保安4(1123)年にこの地を治めていた源為義が京都六條の自邸に祀っていた左女牛八幡を勧請し、この神社に合祀したことから「六條」と呼ばれるようになったと言われています。

三重塔

境内には立派な三重塔がありました。こちらは室町時代の文正元(1466)年に地元の鷲尾綱貞なる人物らによって建立されたものです。神社に仏教的な塔があるのは何とも不思議ですが、かつての神仏習合の名残のようです。

北神の住宅開発の範囲からも外れ、のどかな景色が残されている山田の地はどこか京都の香りのする山里でした。すでに十分に興味深いところを訪れたように思いますが、志染川を下るとさらに見どころが広がっています。次回はもう少し山田の地を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村