湊川隧道

 

先月のNHKブラタモリは

2週間連続で神戸特集でしたね

その中で存在を知った 湊川隧道

月に一度の一般公開があると知り、行ってきました

 

湊川公園のあたりは、不自然に広い高台になっていて



どうしてこんな地形なんだろう?と思っていましたが

川底が周囲の平地より高いところを流れる「天井川」という地形の名残だそうです

 

そして、この湊川隧道は

現在の新湊川の一部が、実際に流れていたところ。

これが入り口です



日に日に春らしく暖かくなるこの頃ですが

隧道の内部は、かなりひんやりとしていました



石造りのトンネルは

ただ水を流すために造られたなんて、もったいないほど

レンガの色褪せ方や質感がなんとも言えない雰囲気です





 

 

この日は、隧道内部で尺八の演奏会が開催されていて

独特の反響効果の中で聴く演奏も、また一興でした



 

全長600メートルほどのうち、実際に歩く事ができるのは一部のみですが

ずっとこの先も歩いてみたい気持ちになりました



年に1度は、通り抜けイベントも開催されるようです

今度行ってみようconfident.gif




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

湊川隧道

神戸市兵庫区湊川町9-1





 

旧木下家住宅

 

舞子公園駅からすぐにある

登録有形文化財

旧木下家住宅



先日、先輩ブロガーの内膳正さんが舞子を歩かれた際に少し書かれていましたが

建物をじっくり見てみたくて、行って来ました(^。^)

 

門から建物までの道の長さに

どれだけ広い敷地なんだろう?と驚いているうちに





 

玄関に着きました



入り口すぐの受付で入場料(100円)を払ってお座敷に進むと

立派な雛飾りが



迫力…

3月26日まで飾られているそうです

 

そして長い廊下に出ると



古い木造家屋ならではの、この美しい色合いと温かみ

古い建築物好きには、たまりません…

 

広いお屋敷には、お座敷のほかに応接間、書院、お茶室などがありますが

それぞれのお部屋の、ちょっとした細部の意匠に心惹かれます

 

これはお座敷の横の小さな部屋の欄間飾り





お部屋ごとに趣向が異なるそうです

 

書院の美しい障子





 

月夜の晩に眺めてみたくなる 待合室の障子



 

今はほとんど見ない網細工のような簾戸



 

外から見た、面格子



「なぐり加工」 というそうです

 

唯一、洋風の応接間



暖炉があって



 

装飾ガラスと



 

木製の床と、テラスのタイルのコントラストの美しさに目を奪われました



 

庭には、もう梅の花が開いていましたconfident.gif




お庭で見たこの水瓶 彫られている動物は何なんだろう・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

旧木下家住宅

神戸市垂水区東舞子町 舞子公園西地区

TEL 078-787-2050



 

 

 

 

 

 

生食パン専門店 乃が美

 

早めに三ノ宮に出た土曜日

一度食べてみたくて並んできました

 

先月神戸にオープンした

生食パン専門店 「乃が美 神戸三宮店」



開店5分前で、既に100人ぐらいの人が…



お店の前の通りだけではなく、曲がり角を曲がった道路沿いにも

長々と行列が続いています

 

お店に置いているパンは、もう数が足らないので

大半の人たちは、当日予約をするために並んでいるそうなwobbly.gif
 

お店の前の壁には 期待を煽るお言葉がshine.gif
 

「パン・オブ・ザ・イヤー2016 金賞」

「日本のおいしい食パン名品10本に選ばれました」



 

45分ほどしてやっと店内に入ると

既に普通のサイズはなく

2斤サイズのみとのこと しかも800円coldsweats02.gif
2斤・・・・多いけれど、ここまで待って手ぶらでは帰れません

入手bread.gif


この日はお出かけだったので1日持ち歩きましたが

かなりずっしり持ち重りがして、夕方には肩がだるくなりました笑

 

夜、帰宅して我慢できず試食してみると





かなり目が詰まっていてしっとり

これは確かに重いよなあ、としみじみ思いました

 

お味は

焼いたり何かつけたりしなくても

そのままの生地に甘さがあり

何もつけずに1枚ぺろりといけましたdelicious.gif
 

たまご不使用とのことですが

自宅でパンを作る時は、卵がないと何となく締まりのない味になってしまうので

このクオリティはどうやって出来上がるのか。。。さすがプロの技ですね

 

前日までに予約をしておくと、

並ぶのは避けられませんが、確実に手に入るとのこと

パン好きの方は、一度お試しください(^^)



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

高級生食パン専門店 乃が美

神戸市中央区八幡通4-2-18

TEL 078-232-3056

広東料理 杏杏

 

残業帰りの友人と待ち合わせて寄ってみると

変な時間だったので、運良くテーブルがひとつ空いたところでした

ラッキー(^。^)

元町の兵庫県庁近くにある 廣東省家庭料理 杏杏



看板料理のお粥以外を食べるのは初めてですshine.gif
 

狭い店内は、入ってすぐのカウンターと、お店の奥の壁の向こうに

テーブル席が3つほど

いつ来ても、満席のお店です

 

お腹が空いていたので、早速ビールと食べ物を注文

野菜は、芥藍菜の炒めもの



芥藍菜(カイランサイ)・・・初めて聞きました

ブロッコリーの仲間で、中国や東南アジアで食べられている青菜だそうです

空芯菜の炒めものに似た風味で、ビールによく合います

 

次は 焼肉

といっても、いわゆる焼き肉ではなく、中国語で「シャーロウ」みたいな発音で

焼き豚の皮をパリッとさせたお料理のことです



焼き豚の塩辛さと 皮の香ばしさがたまりません(^^)

 

次は しゅうまい



海老やきくらげが ごろごろ入っています

 

定番の 古老肉(すぶた)



こちらは、普通に美味しいですね^^

 

〆のうち1皿目は

姜葱 麺(ネギ・生姜麺)



汁そばではなく、平麺の塩焼きそばのようなものですが

麺の塩味と、ネギと生姜の辛みと苦みが もう抜群の相性です

大好きな1品shine.gif
 

2皿目は 牛腩飯(牛バラのご飯)



白いご飯の上に、柔らかく煮込んだ牛肉と白菜、あんかけ

パンチのきいた葱麺の後なので、なおさらホッと落ち着く味です

 

システムの調子が悪いのか、書いた文章が消えていく現象が続くため

今日はこの辺でcoldsweats01.gif
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

中国廣東省家庭料理 杏杏

神戸市中央区下山手通4-13-14

TEL 078-322-3339



 

天空のカフェ カントコトロ

 

舞子公園駅から  東へ歩いて5分ほど

住宅街を抜けると

マンションの最上階に、赤いパラソルが見えてきます



ここが

天空のカフェ  カントコトロ



マンションの6階がお店のフロア

雲がモチーフの窓が作られた可愛いドアを入ります



 

白がベースの広い店内



奥には、落ち着いた木目調のグランドピアノが



不定期で、演奏会なども開催されるようです

 

窓際の席に座ると

目の前に広い空と明石海峡の美しい風景



景色もご馳走ですねconfident.gif
 

ランチは、13種類のスパイスと淡路島産玉ねぎで煮込んだという

自家製カレーの中から、豆のカレーをチョイス

 

まずサラダが出て来ました



自家製と思われるドレッシングと

砕いたナッツが散らされていて、

薄くスライスされたオニオンが、良いアクセントになっています^^

 

10種類の豆と穀物のカレー



辛すぎないけれど、とてもコクのあるカレーです

様々な豆も、甘くて美味しい(^。^)



 

食後のコーヒーは

濃い目のイタリアンブレンドにしたのですが

「カップを選んで下さい」と言われて

見に行くと、10種類以上の手焼きのコーヒーカップたちshine.gif
すべて違うデザインで、雲をイメージして造られたそうです

白、青、水色、薄いグレー。。。

いろんな雲の世界があって、わくわくしました^^

そして 今日選んだのは



淡いブルー

春が近付くと、淡い色に惹かれます

 

垂水区霞ヶ丘のパティスリー「SATO」から取り寄せているという

ケーキとともに

空を眺めながら、贅沢なティータイムでした(^^)



 

「カントコトロ」とは、アイヌの言葉で

天空の湖面   という意味だそうです^_^

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

天空のカフェ カントコトロ

神戸市垂水区東舞子町18-22

オーブデメール6F

TEL 078-955-3021



 

フレンチおでん 赤白

 

梅田  ルクア1100の地下にある

フレンチおでんとワインのお店  赤白(こうはく)



いつ前を通っても行列ができているので

平日に休暇を取って、昼飲みへ^_^

 

15時過ぎという時間帯でも、前に数人並んでいる人たちがいましたが、運良くそれほど待たずに入ることができました

カウンターと、壁際に小さなテーブル席が並ぶ店内は喧騒と活気に溢れています



 

豊富なワインとシャンパンのメニューの中から

まずは、スペイン産フレシネのカヴァでスタート!



甘くて美味しい~happy02.gif
 

そして、この店の看板メニュー

コンソメで柔らかく炊いた大根のボルチーニ茸クリームソース掛け



コンソメ味がしみ込んだ大根に、フランス料理仕込みの濃厚なボルチーニ茸のソース

食べなれた和風のおでんとは全く違うのですが

違和感なく大根とソースがマッチしていて、シャンパンによく合います

 

こちらは

インカの目覚めのコンソメ煮 アイオリソース添え



インカの目覚めとは、じゃがいものことです

ほくほくのジャガイモに、ガーリックthunder.gif
たまりませんhappy02.gif
 

ボイルドエッグのコンソメ煮 ハーブ入りスモークサーモンソース添え



タルタル風のソースだけでなく

玉子自体も燻製のような風味で、ソースと絡めると絶品ですshine.gif
 

ここから趣向を変えて

冷製 長芋のレモンマスタードマリネ



ちょっとさっぱりしたものを頼んでみました

箸休めにぴったりの、さわやかな食感です

 

そしてメインの肉系へ

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ホワイトトリュフのマッシュドポテト添え



まず、お肉の柔らかさと甘さに目が細くなりました(笑)

トリュフ風味のマッシュドポテトも、相性抜群!

 

徳島産銘柄鶏「いろどり」もも肉のクリスピー焼き 油淋鶏風ソース



パリパリとした鶏肉に、フレンチとはまた違う中華風のソースが合います

濃厚なフレンチソースの後なので、ちょうど良いお口直し^^

 

〆は、おでんメニューに戻って

フォアグラ入りラヴィオリ トリュフ風味のクリームソース



ラヴィオリに包まれたフォアグラと、濃厚なソース

小皿にほんの少しのこの量が

くどすぎず、最後を「美味しい^^」で終わらせてくれました

 

待たずに入れることは少ないかもしれませんが

一度は行っていただきたいお店ですconfident.gif
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ソース料理とワインのお店 赤白 ルクア大阪店

大阪市北区梅田3-1-3 ルクア1100 B2F

カフェ vialetta

 

明石駅からアスピア明石へ行く途中の路地を入ったところにある

古民家風のカフェ

caffe  vialetta

2年ほど前に、先輩ブロガーである たいたいさんも書かれていて

長く気になっていたのですが

閉店時間が20時と早いのと、ここ最近は不定休のため

なかなか開いている時に行けませんでした

今回、念願かなってやっとhappy02.gif


1軒屋のカフェで 1階にカウンターとテーブル

2階にテーブル席が5つほどあります



メニューを見ると、ケーキなどもありますが

私のお目当ては、このお店の看板メニュー、フレンチトースト。

卵と食パンにこだわっているのだとかshine.gif
 

トッピングは

ベーコンやチーズ、トマトを使ったお食事系のものと

フルーツ、チョコレート、キャラメルなどを使ったスイーツ系

両方取り混ぜて、10種類以上の豊富なメニューhappy01.gif
 

その時のお腹具合や気分に合わせて選ぶことができますね(^。^)

 

11時から14時限定のランチタイムには、スイーツ類に加えて

カレーやサンドイッチ、自慢の卵を使用する たまごかけご飯など

ごはんものもあるようです

 

今日のチョイスは

パイナップルとシナモンのフレンチトーストと



 

カフェオレ^^



お皿とコーヒーカップのデザインも可愛くて、並べるとこんな感じ



 

この日は2階席が空いていて

小一時間ほどひとりじめ状態shine.gif
のんびりできました~

 

余談ですが

メニューの後ろの方のページにあった

ハワイ産のロングボードビールや

ピーチやりんご風味のベルギービールが気になりました

 

次は、夏の昼下がりにお邪魔して

ビールでランチも良いかも^^



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

caffe vialetta

明石市東仲ノ町11-8

TEL 078-201-4356



 

 

 

 

カフェ フロインドリーブ

 

東京から来た友人を案内して

久しぶりに朝食でお邪魔しました

フロインドリーブ



ヴォーリズ設計の古い教会を

ドイツパンのお店フロインドリーブが買い取って改装

1階がクッキー・パンのショップ

2階がカフェとなっています

 

カフェは 高い天井にステンドグラス





明るく広々とした気持ちの良い空間ですshine.gif
 

テーブルにつき

隣の工場で焼くパンの良い匂いが漂う中

サンドイッチやサラダを選びます

 

オープンサンドなど、種類によっては

籠の中のたくさんのサンプルの中からパンを選ぶことができます



どれも美味しそう…

 

今朝はリッチにスープセットにしました



今日のスープは、赤ピーマンのポタージュスープ

赤ピーマンを濾した食感が残って、栄養満点な感じです

 

そしてサンドイッチshine.gif
サーモンとクリームチーズのオープンサンド



 

ローストビーフサラダとパン





 

シェフのサラダ



私はこのシェフのサラダをいただいたのですが、

アスパラやきゅうりなどの野菜のほか、

ポテトサラダ、ハム、卵、チーズなどがぎっしり!

野菜の下にはパンも隠れています

マスタードの効いたドレッシングが野菜とパンの味をひきたてて

大きなボウルで出てきましたが、飽きずに美味しく完食しました

 

飲み物は、コーヒー・紅茶・カフェオレなどからチョイスcafe.gif
自家製のクッキーが添えられて出てきます

 

帰りは、1階のショップでお土産用のクッキーを買って

優雅な休日の朝を満喫しました^^







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

フロインドリーブ

神戸市中央区生田町4-6-15

旧三井家下鴨別邸

 

京都 下鴨神社の参道入口近くにある重要文化財

旧三井家下鴨別邸



昨年(2016年)秋から一般公開されました

私が訪れた日は特別公開の期間中で、通常公開されている1階部分に加えて

2階と3階も見学することができました

 

この別邸は、もとは木屋町にあったものが移築され、増改築を経て現在に至っています

1階には庭を臨む広いお座敷





そして2階は 1階よりもこじんまりとした和室と、

庭を見下ろす広めの縁側



春先など、ここで庭を眺めながら日向ぼっこしたら

気持ちよかっただろうなあ・・・

 

3階は 望楼となっており、360度のパノラマを楽しむことができます

残念ながら写真撮影禁止だったのですが

東山の大文字もよく見え、大文字焼きの時は特等席だっただろうなと思いました

 

庭に出て建物を横から見上げると

重厚な木造建築の味わいに見とれました





庭園は広く池もあります







 

屋根には三井家の家紋「四ツ目結」が



目の保養になりました^^

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

旧三井家下鴨別邸

京都府京都市左京区下鴨宮河町58-2



 

洋食屋 チャーリー

 

急にオムライスを食べたくなって

たまたま見つけたお店がヒットでしたhappy01.gif
 

高速神戸駅からすぐのところにある

洋食屋 チャーリー



店内はそれほど広くなく

テーブル席が4つと 2人がけのカウンターのみ



 

注文して待っていると、玉ねぎを炒める香ばしい匂いが漂ってきて

食欲を刺激します

出てきました!

待望のオムライス



デミグラスソースは好きですが

オムライスを食べる時は

チキンライスそのものをしっかり味わいたい私は

時にソースを邪魔に感じるのですが



ここのオムライスのソースはちょうど良い量と味で

オレンジ色のご飯の美味しさをしっかり感じることができました

うーん  再訪決定ですhappy02.gif
 

そして

あまりに美味しそうなので頼んだ

とりから南蛮



唐揚げにも味がついていますが

タルタルソースをつけると

さらに美味!

お肉はひとつがかなり大きくて、食べでがあります

 

今回はオムライス狙いでしたが

ハンバーグや カツ数種類や ”牛肉焼き飯バター醤油”というのも美味しそう

友人によると、ビフカツがオススメとのことです

 

次はいつ来ようかな

持ち帰りもできるそうなので、会社帰りに買って帰るのも良いかも。。

 

いろいろ楽しい想像をしながらお店を後にしました^^



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

洋食屋 チャーリー

神戸市中央区中町通4-2-1