【試運転中】神戸市営地下鉄の新型6000系をキャッチ


神戸市営地下鉄西神山手線の新型6000系。市民の公募で選ばれたデザインを採用して登場しています。まだ営業運転をしていないので乗れないのですが、偶然試運転している姿を撮影できたので、いくつかご紹介します。

なぜか行先「新神戸」を出していますが、試運転中の6000系。6129号は実はトップナンバー。西神山手線の車両は1000系の1101号から下2桁の編成番号は通しで付番されており、3128号がラストナンバーのため「29」から始まっています。(西神南駅)

こちらは第2編成にあたる6130号。(伊川谷駅)

6130号。従来の神戸市営地下鉄の車両はアルミ製ながら塗装されていましたが、この6000系は無塗装となっており銀色の車体。川崎重工製ですが、3000系までが阪急電車に類似した車体に阪急電車で多く採用された住友金属製のSミンデン台車を使用した車両だったのに対し、今回は台車も川崎重工の軸ハリ式のようで、全体に山陽6000系に似たイメージになっています。(伊川谷駅)

(参考)山陽6000系。両端の扉位置が神戸市営地下鉄と異なるため、少し窓配置が異なりますが、よく似ています。正面のデザインが異なるだけで、車体構造など基本的な部分は共通になっているからだと思われます。(林崎松江海岸駅)

パイオニアである1000系と並ぶ6000系。1000系はすでに引退が始まっています。山陽電車と同じく世代交代が進みます。(伊川谷駅)

まもなくこの風景が日常となります。

営業運転が待ち遠しいですね!クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

鉄道友の会京都支部 3200形撮影会


最盛期は6編成が在籍、ワンマン化改造され網干線の主として活躍してきた3200形。6000系と入れ替わる形で廃車が進み、残すところあと2編成(3206・3208)となりました。好天に恵まれた12月2日、鉄道友の会京都支部による撮影会が飾磨車庫で開かれ、多くの会員が参加されました。

車庫に用意された3206号。

そして3208号。

3200形は3000系のうち主電動機に2000系の流用品を使用したグループです。実際に2000系由来の部品は主電動機回りのみで、心臓部である主制御器やブレーキ装置は3000系のものを使用しています。ただ、モーター出力が弱いため主制御器は電気制動を補う仕組みが追加されており、ひとたび電気制動が掛かれば3000形より「よく止まる」電車だとか。6編成のうち当初から3200形として製造された3200・3202・3204各編成は廃車となり、3210号は3000形へ戻され、現存するのは3000形から編入されたもののみです。

さて、鉄道友の会京都支部は「形式写真にこだわる」ことで知られています。列車の写真を撮る「撮り鉄」さんにもいろいろなジャンルがあり、1両1両を記録する「形式写真」も、その一つの分野と言えます。(理想的な形式写真となると車両に影が入るのも嫌なものなので、実は少々曇っていたほうが良いとされています。)

「形式写真」というのは、こんな感じに撮られたもの。

1号車3206号。元3034号(3000形3次車後期型)です。MGやCPなどを床下に配置しています。モーターは各車軸に一つずつ4つ付いています。

2号車3207号。元3035号です。心臓部とも言える主制御器が写真中央部に写っています。モーターは3206号と同じく4つ付いています。3000系のうち3000形3次車と3200形(改造車を除く)はパンタグラフ取付け部が低屋根構造となっているのが特徴です。

3号車3617号。モーターのない制御車です。この車両のみ3000形3次車前期型で、後期型とは貫通路の高さが異なり、また前面下部左右に水切りが付いています。3611~3618がこのグループにあたります。

何気なく3両の写真が並んでいるように見えますが、3号車だけ撮影時刻が異なります。1・2号車が午前。3号車は午後。なぜかというと、午前だと3号車前面が影になってしまう(西向きだから)からなのです。今回の撮影は昼休みを挟んで5時間に及びました。
撮影風景。三脚を立てる方、昔ながらの大判フィルムを使われる方、それぞれにこだわりを感じます。

3208号のほうも同じように撮影したのですが、同型車なので省略!

こちら3208号3号車の3618号。3617号と同じ3000形3次車前期型なのですが、車体裾の腐食部分が大掛かりに補修され、特徴であった水切りが無くなってしまいました。

ですので、こうして並べてみると違いがよく分かります。(昔懐かしい行先表示板は、お遊びで付けてみたものです。)

2編成を並べ撮影したところで、今回の撮影会は無事終了しました。

↓鉄道友の会ウェブサイトはこちら
https://www.jrc.gr.jp/
クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

 

「とれいん」に神戸高速鉄道50周年特集!


1か月遅れで「山陽鉄道フェスティバル」というのも何なのですが・・・。少~しご紹介しましょう。


鉄道模型雑誌として知られる「とれいん」なのですが、

今月発売2018年12月号(528号)に「神戸高速鉄道50周年」特集が組まれています。

おお~っ、阪神電車や山陽電車の模型が出てる!

もちろん阪急電車も!山陽電車は3000系が大挙登場!

実はこの車両たち、今年の山陽鉄道フェスティバル2018でも登場した新作ばかりなのです。紙から作られた手作りのHOゲージ車両です。

3000系は何と一気に6編成が登場!(山陽鉄道フェスティバル2018 鉄道模型コーナー)力作揃いの新作はこれから「む~さんパパ」でもご紹介したいと思います。

それぞれの作品の詳細は今月号の「とれいん」をご覧ください。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

3連で走った3060号を追う!


いささか旧聞になりますが、3050形3060号が一時的に3両編成で走っていました。3060号はいつもは4両編成で活躍しているのですが、車両運用上の都合ということでしょうか?

そんなに最近の写真ではありませんが、いつもの3060号の姿。(須磨浦公園~山陽塩屋間 いわゆる山陽スマシオです。2013.3.23)

3連で走っている姿を撮りたかったのですが、なかなか機会がありません。やっと出動したのは神戸マラソンの日、11月18日。西舞子駅でマラソンの折返し地点が店じまいした頃に上ってきました。

う~ん、3両編成の3050形って違和感たっぷり。3000形にはたくさんあるのに・・・。まあとにかく撮影に成功しました。(西舞子~大蔵谷間 2018.11.18)

この列車の折返しは十分「午後」ですので下り列車が順光になりそうな場所が良いのですが、どちらでも対応できそうな霞ヶ丘駅へ。

しかし、マラソンの時あんなに良かった天気が・・・、曇ってしまいました。

3060号の3号車側から。曇ったおかげで下り方もきちんと撮れました。
(霞ヶ丘~舞子公園間 2018.11.18)

さて、古いファンの方には懐かしい写真を。

旧塗装時代の3060号(1981年)。山陽電車ではこの編成だけが窓回りなどのゴムが全て黒色となっており、とてもカッコ良くて目立っていました。現在の塗装になってからも黒ゴムだったのですが、いつの間にか正面は普通の灰色のものに。しかし雨どいなどあちこちに黒ゴムが残っており、往年の3060号を思い出させてくれました。

ちなみに、3060号は登場直後は3両編成で運用され、3508号を冷房改造して組み込んでからは4連で活躍。付随車はのち3505号に代わりましたが、6両編成の予備として3062号と共に3連に。しかし6連で営業することはなく、アルミカー3500号をクリーム色に塗装して組み込み4連化。その後は付随車が3506号になりましたが4両編成のまま現在に至っています。


リフレッシュ工事を受ける前の3060号。すでに正面窓周囲のゴムは他の車両と同じ灰色になっています。(東二見車庫 2006.6.11 写真提供:山陽電気鉄道)

リフレッシュ工事のため台車に載せられた3635号。こちら側の窓回りゴムは登場時の黒のままなのが分かります。よく見ると雨どいの縁に付けられたゴムも黒いものです。
(東二見車庫 2012.8.6 写真提供:山陽電気鉄道)

3060号はすでに工場に入場しているようで、出場時は4連に戻っていることでしょう。
クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

鉄道友の会5702号撮影会


11月23日、鉄道友の会阪神支部と本部共催による5702号の撮影会が開催されました。

これ以上ないという好天。天気が良すぎて車庫撮影ではコントラストが付きすぎます。

大阪方先頭車5702号側からの撮影は青空をバックに順光で撮れました。会員のみなさまも満足されたことでしょう。

好天ゆえ北側(山側)からの写真は一工夫必要でした。かなり補正しております・・・。

車内の見通し撮影。特に1号車では撮影のため吊り下げ広告が全て外され、すっきりとした写真を撮ることが出来ました。

3・4号車のクロスシートも撮影できました。

6000系と同じ「のじぎく柄」のシート。

こちらも6000系と同じ車内案内装置のLCD画面。

この日は次に5700に改造されると思われる5006号も特別に展示されていました。

記念撮影です。(モザイク多すぎて申し訳ありませんが・・・。)

↓鉄道友の会ウェブサイトはこちら
https://www.jrc.gr.jp/
クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【開業90周年】神鉄トレインフェスティバル2018


台風一過の10月8日、開業90周年を迎える神戸電鉄の「神鉄トレインフェスティバル」が鈴蘭台工場で開かれました。

この写真ではちょっと空いているように見えますが、実は来場者が多すぎて入場制限している状態なのです。

我らが山陽電車も、もちろん出店!グッズや部品、古いダイヤグラムなどを販売していました。

クッキー缶にも山陽電車。みなさま、もう買いましたか?

工場内。運転体験シミュレータ。かなり本格的なものですが、担当者によるともう少し機器とのマッチングを工夫したいとのこと。いや、この状態でも普通のファンにはリアル過ぎるんですけども~。

鉄道模型コーナー。80分の1・16番(いわゆるHOゲージ)の神鉄車両が走り回ります。工場の奥にあり気付かなかった人も多いのでは?全て手作りの車両に感嘆!実はここで走っている車両たちが、そのまま山陽鉄道フェスティバルでも活躍している・・・らしい・・・です。

「ミュージアムトレイン」6003号。お子様連れの記念撮影に引っ張りだこ。

今回は見津車庫より鈴蘭台の車両のほうが充実していたような・・・。5000系「Happy Train」に6500系。

メモリアルトレイン第1弾、第2弾の揃い踏み。

む~パパ世代にはたまらなく懐かしい旧塗装。やはり神鉄はこうでないと!

いつになく気合の入ったフェスティバル。好天に恵まれ多くのお客さまで賑わっていました。

「山陽鉄道フェスティバル」は10月27日開催です‼ クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

 

5000系リフレッシュ車、ようやく本線へ!(後編)


さてさて、後編です。4号車から参りましょう。(写真提供:山陽電気鉄道)


4号車5235号。5000系に組み込まれた5030系車両です。装飾が変更になったのみで、今回の6両中最も変化の少ない車両です。上部の車番は3・4号車で折り返すスタイルとなっていますね。

5号車5252号。これも5030系ですが3列クロスシートからロングシートに変更されています。その他は装飾以外外観に変化はありません。

6号車5602号。こちらも固定クロスシートからロングシートに変更されています。車体関係の変更点は1号車と同じです。

6号車側からの編成写真。

こちらは改造前。ずいぶん印象が変わりました。新車のようです。

さてさて。台風が接近する中、ここまでご覧いただいたみなさまにちょっとだけ車内の様子をお見せしましょう。

ロングシート改造車。5000系の特徴の一つであったFRPの内壁は取り払われ、6000系と同じデコラ仕上げになっています。蛍光灯もLEDになっているようです。

こちらはクロスシート車。もし6000系にクロスシート車は登場すればこんな感じになるのでしょうか・・・?

営業運転が本当に待ち遠しいです。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

5000系リフレッシュ車、ようやく本線へ!(前編)


少々ご無沙汰しております。何かちょっと忙しくて更新が滞っております「む~パパ」です。

かなり前に車庫に搬入されたのですが、なかなか営業運転に就かない5000系リニューアル車、先日ようやく本線で試運転が始まりましたね。一体どこがどう変わったのでしょうか?ちょっとここでご紹介しましょう。
(写真提供:山陽電気鉄道)

編成写真。前照灯および方向幕がLED化されています。また連結器が回り子式(いわゆる密着連結器)となっています。

1号車5702号。元5004号でモーターが取り外され改番されました。側窓が5030系と同じ中央部が広いものに交換されています。また5000系についてはベンチレーター(通風器)が撤去されています。

改造・改番前の5004号(現5702号)。

5702号は近年3000系リフレッシュ車にも搭載されている交流サイクロン式コンプレッサーに交換されています。

2号車5802号。元5005号。制御方式が添加励磁制御からVVVFインバータに更新され、床下機器配置が大幅に変わりました。側窓も5702号同様中央部の広い5030系と同じものに交換されています。車内はロングシートになりました。窓上にも車番が加えられていますが、近い将来阪神線で設置されるホームドア対策と思われます。

5005号時代の姿。

今回初採用の富士電機製VVVF制御装置。最新型のSICだそうです。

3号車5502号。4列固定クロスシートから3列転換クロスシートに改造されました。側窓も5030系と同じものとなっています。改番はされていません。

改造前の5502号。

続きは後編へ!

5000系リフレッシュ車。営業運転が楽しみですね!クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【山陽電車も登場!】阪急百貨店うめだ本店 鉄道模型フェスティバル2018開催中!


毎年恒例となった「鉄道模型フェスティバル2018」が阪急百貨店うめだ本店で開催されています。

神戸高速鉄道50周年ということで気合十分!

ちなみにこの写真は模型(80分の1 16番 多くの方がHOゲージと呼んでいるもの)
右端が我らが山陽電車の3000系アルミカーです。(阪急百貨店HPより転載)

こちらは現代の車両。(阪急百貨店HPより転載)

会場は9階阪急うめだギャラリー。巨大な高速神戸駅ジオラマの写真が出迎えてくれます。阪急1000系、阪神5700系と並ぶ山陽6000系の姿がド~ン!と。

今回の目玉の一つ。高速神戸駅のジオラマ。150分の1、Nゲージサイズで精密に再現されています。

地上部。上島珈琲本社が建てられています。

ホーム部分。3Dプリンターでパーツを製作し組み立てたという山陽6000系のモデルや5000系直通特急の姿が見えます。

もう一つはファンの自作HOゲージ車両群。阪神・山陽・神鉄各社の車両が、昭和時代と現代(平成時代)に分けて展示。模型店では売られていない手作り車両は圧巻です。

ここまでの作品はなかなか見られるものではありません。

本家阪急電車も昭和と平成に分かれて展示。む~パパ、やはり昭和時代の阪急電車に限りない愛情が・・・。

その他、メーカーによるNゲージの大レイアウト(ジオラマ)もあります。この写真は1シーン。神社のお祭りが再現されています。鉄道模型メーカーの新製品展示や鉄道模型の体験運転、阪急電車の運転シュミレーターなどイベントは盛りだくさん。是非お出かけください。
公式HPは↓へ。
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/train2018/index.html

クリックにもご協力を!
※山陽電車はこのイベントとは直接関係ありませんのでお問い合わせはご遠慮願います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

【8月4日は阪神の日】少し昔の阪神電車


8月4日は「阪神の日」。ちょっと昔と言いつつ30年前の阪神電車の写真を引っ張り出してきました。む~パパが高校生の時に撮ったもの。いずれも山陽電車線内を走る姿です。

7001・7101形。日本で初めて営業用車両として実用化されたサイリスタ・チョッパ制御車の第1編成です。7101-7001-7002-7940-7840の5両固定編成でデビューしましたが、7102を加え4連で他の編成と組むようになりました。のち制御器を交換し2000系へ。7102号は2202号となりましたが、阪神大震災で被災し廃車となりました。
(月見山~須磨寺 1988.5.3)

7601・7701形。3601・3701形を7001・7101形と同じチョッパ制御車へ改造し改番したもの。丸みを帯びた阪神初期の赤胴車スタイルが懐かしいです。写真は地上時代の板宿駅。(板宿 1988.5.3)

7801・7901形。1963(昭和38)年に登場したR車と呼ばれる経済車。切妻の正面や裾のRを省略した簡易な設計が特徴でした。一時期は阪神電車で最大勢力を誇りました。
(月見山~須磨寺 1989.4)

須磨浦公園の桜と7801・7901形。7835号以降は車体裾のRが戻り、赤胴車としては初めて両開き扉を採用しました。7835~7839は登場時ラインデリアを装備しており、低くスマートな車体でした。(須磨~須磨浦公園 1989.4)

7801・7901形のうち7840号以降は7001・7101形と同一の車体で当初から冷房を装備していました。深い屋根が特徴で、のち方向幕が装備されています。
(東須磨~月見山 1981年)

地下化工事の進む板宿~西代間の仮線を走る3000系。3000系は7801・7901・3521形を界磁チョッパ制御車に改造したもの。外観は7801・7901形時代と同一で、3521形後期型から改造された車両は前面の雨どいが車体に埋め込まれていました。
(西代~板宿 1988.6.4)

いかがでしたか?一昔前の阪神電車は、なかなか個性的な面々が揃っており撮影も面白かったです。現在は洗練され都会的な電車になっていますが、かつてのどこか庶民的な魅力を持った阪神電車も懐かしく思い出されます。

クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村