3204号「Last Run」ヘッドマークを追う!


今月末に引退する3204号に「Last Run」ヘッドマークが掲出された初めての週末。そこそこ好天だったこともあり、撮影に便利な「1dayチケット」を片手に、沿線には多くのファンが出動していました。

む~パパ、寝坊したため、とりあえず近場の霞ヶ丘駅に出動。いつもの撮影地です。すっきり晴れてくれても良かったのですが、なんとなく曇りがち。冬の天気だけに文句は言えません。

特急通過待ちの間に霞ヶ丘駅へ。撮った3204号に乗車して阪急神戸三宮駅へ。


神戸三宮駅ホーム東端は3000号のときほどではありませんが、ファンがカメラを手に待ち構えています。阪急9000系と並びました。

3204号、折り返して姫路へ向かいます。よく見るとJR三ノ宮駅から撮っているファンの姿もありました。

発車まで少し時間があるので、みなさま撮影タイム。このあと再び3204号に乗車して西へ。垂水で特急に乗り換え先回り。

再び3204号に乗車し、垂水で直通特急に乗り換え高砂へ。加古川橋梁に先回り。この季節の日照ですと浜側からが順光。すっきり撮れないのは仕方ありません。

高砂から次の直通特急で大塩へ。追いついた3204号に乗車して妻鹿駅で降車します。

姫路駅から折り返してくる上り列車を市川橋梁で。すでに午後の日差し。東側はお顔が影になるので、む~パパ初めて西側にやって来ました。

妻鹿駅へ進入する3204号。今日はここまででも良かったのですが、さらに・・・。

先回りして滝の茶屋駅で。寒いのか同業者の姿はありませんでした。

滝の茶屋駅を後にする3204号。本当に今日はここまで。

ヘッドマークの写真です。細部がいろいろと変化しています。

3204号

3622号

彼らの活躍もあと10日あまり。最後までエールを!クリックにもご協力ください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

 

【さよなら】最後の3200形オリジナル車3204号が引退


山陽電車で3200形の引退が続いています。3200形についてはこちらに詳しく。
3200号・3202号はすでに引退し、3204号が今月末で引退することとなりヘッドマークを掲げて運行しています。この編成の引退をもってオリジナルの3200形は消滅することになります。今回はヘッドマークが取り付けられる前の姿をマニアックにご紹介します。

3204号は、3200形オリジナル3編成のうち最後に冷房が取り付けられたため、5000系と同じ集中クーラー(CU-71)が取り付けられており、外観上の特徴となっています。ちなみに冷房化と同時に現在の塗装に塗り替えられました。

3204号。集中クーラーが取り付けられた3000系は3204号を除いてすべてリフレッシュ(大規模更新)改造を受けたため、現在ではリフレッシュされずに残る唯一の集中クーラー搭載編成となっています。

3204号。この編成の1号車です。この角度でないとこのスタイルの車両が唯一の存在であることが分からないため、あえて選びました。と言うのは、3204号はリフレッシュされずに残る唯一の集中クーラー搭載車であるとともに、補助電源装置がMG(電動発電機)であるという点です。3000系の集中クーラー搭載車は全て補助電源装置がSIV(静止型インバータ)に交換されており、MGを積んだ集中クーラー車は3204号ただ1両なのです。

上写真を拡大。赤で囲った部分がMGです。
※分散クーラー搭載車はMGの車両も多く存在します。

3205号。3204号編成の2号車にあたります。3000系の3次車はパンタグラフ取付け位置が低屋根構造となっていますが、3200形はこの3次車(3028号以降の後期型)と同じ車体となっています。

3622号。3号車です。3200形の3号車は3000形と共通の3600形となっており、番号は区別されず続番となっています。(登場時3622号は3204号とは組んでいなかったはずです。)なお、3622号は3600形のラストナンバーです。

いかがでしたか?編成ごとに個性が光る3000系。引退前にどんどん記録しましょう。
クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【西新町~江井ヶ島】冬の海辺をウォーキング


む~パパ、最近メタボ気味なので休みの日は歩くことにしているのですが、今回は西新町駅に降り立ちました。

高架の風景も街になじんできました。線路跡も道路へと工事中。高架下の店舗も徐々に完成、新しい街づくりが進んでいます。

明石川に沿って河口へ出ます。確か県営住宅の庭に古い明石市バスの廃車体が置いてありましたが、県営住宅そのものが建て替わりバスなど跡形もありません。

河口の砂洲は鳥たちの楽園。無数のカモメが占領しています。手前に浮いているのはカモですね。

途中で見つけた喫茶店。今日はどうも閉まっているようでした。

林崎漁港。蛸壺がたくさん。明石らしい風景です。

確かこの道筋に明石市バスの廃車体があったはず・・・。

2005年3月撮影。いすゞBU05型。昭和43年式くらいだったかと記憶します。

すでに13年が経過、バスは消え痕跡は何も発見できませんでした。(現在はバス背後の建物も消え、駐車場になっていました。)

この辺り、路地にこのような小さな神社がたくさんあります。

左のレンガ塀のほうが「えびすさま」右が「お稲荷さま」。

屋根にはタイと、

タコの瓦が付いています。これまた明石らしいですね!

しばらく西に歩くと林崎松江海岸に至ります。

真冬の風が吹きすさぶ中、歩くのは非常に困難が伴いますが、サーファーのみなさんにとってはベストなシーズンなのでしょうね。非常に賑わっています。海岸べりのサイクリングコースも自転車やジョギングをする人たちがたくさん行き交っていました。

くねくねと曲がりくねった集落の街路を歩きます。

網元でしょうか。ずいぶん立派なお屋敷がありました。

蔵の上にあったのは帆掛け船型の瓦。海への信仰(おそらく金毘羅信仰)を感じます。

アカシゾウ発見の地を過ぎ(多くの方が紹介しているので、ここでは省きますが)、
ふと階段の上に見えた鳥居。

日暮れも近いので、今日はこのあたりで終わりとしましょう。少々疲れを感じつつ階段を上ると・・・。

そこには、疲れが吹き飛ぶような風景が広がっていました。

まもなく夕暮れです。

海が広がります。長年山陽電車でこの辺りは行き来しているのですが、少し海側に出るとこんな風景が広がっていたとは・・・。む~パパだけが知らなかったのかも知れませんが・・・。かなり、感動しました。


日頃電車で通り過ぎる知らない駅も、降りてみれば発見があるかも。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ 
にほんブログ村

【エコパーク網干】かき祭りと元明石市バス


山陽沿線まちガイドでも予告されていたエコパーク網干の「かき祭り」
みなさまは行かれましたか?
む~さん一家、せっかくの冬。寒い季節にふさわしい「かき」を味わいに山陽網干駅に降り立ちました。

山陽網干駅。豊橋から始まる私鉄ネットワークの最西端駅にあたります。JRにも網干駅がありますが、元々網干の市街地は山陽電車よりさらに南側(浜側)に広がっています。

さてさて「かき祭り」会場、エコパーク網干までは無料送迎バスがピストン運行していました。バスに乗れば片道8分程度なのですが、む~さん一家、ここは歩いて行こうということに。

旧市街地に保存されている橋の欄干。2本が並べてありますが、元々はこれが橋の両側に向かい合っていたもの。「境橋」はその名のとおり、興浜と新在家の両地区の境にあったもの。江戸時代興浜など1万石は讃岐(現在の香川県)丸亀藩の飛び地でした。元々ここを含む龍野藩を治めていた京極家が丸亀に移った際、ここだけは京極家の領地として残ったもので、その経緯は不明ながら明治まで続いたということです。この周囲は歴史ある街並みが楽しめます。

ここから南下し県立網干高校の浜手、網干なぎさ公園から、埋立地に渡る橋があります。

”工場萌え”ですね~。ちょっと遠いですが・・・。

埋立地を走る無料送迎バス。

会場。多くの人で大賑わい。しかし寒い!(これだけは仕方ない!)
まずは焼きガキ2個300円の行列に並びます!

大きい!美味い!
その後カキフライ、カキ唐揚げ、カキ天むす・・・、と食べていて写真を撮るの忘れた!

最後にカキ五目めしを。

ここで発見。無料送迎バスはウエスト神姫のバスが担当していましたが、その中に
おっ!
日野ブルーリボンシティのツーステップ前後扉車。全国的に見ても数少ない「珍車」です。この車両は明石市バスに登場しましたが同市の事業撤退後、神姫バスに移ったもの。確か加古川で神戸製鋼の送迎に使われていた(いつも山陽電車の荒井駅浜側にいましたので)と思うのですが、いつの間にやらウエスト神姫に移籍しているようですね。


帰りも「歩く!」と決めたむ~パパとむ~ママでしたが、む~さん・た~さんがどうしても歩きたくないと言うので、この2人だけバスに乗せ、パパママは歩いて帰りました、とさ。

さすがに海のそばは、ちょっと寒すぎましたね~。クリックにもご協力を!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

3024号・3202号「Last Run」ヘッドマークを撮る!


とうとう「Last Run」ヘッドマークが付いた3024号と3202号。1月末で引退の報を受け多くのファンのみなさんが沿線に出動しています。む~パパも出動!

午前中晴れていたのですが、む~パパ出動の午後になると雪空になり怪しい天気に。まずは上ってくる3202号を西江井ヶ島駅西方で。

1時間後にやって来る3024号を西二見~播磨町間の双子東踏切道で。

姫路寄り3612号のヘッドマークは少し歪んでいるような・・・。

にしても天気がはっきりしないので、む~パパどうもモチベーションが上がらなかったのですが、 この3024号、垂水駅で東須磨から折り返してくる3202号と離合するかも知れないという情報を得て、次の列車で上ります。

垂水駅。これはもう運の世界でしかありませんが、出発してゆく3024号上り列車と3202号下り列車がうまく離合。待ち構えている多くのファンが安堵した瞬間でもありました。

去り行く3202号。ファンの間にほっとした空気が漂います。

さてさて。今回のヘッドマーク、ここに注目!


3202号側。旧塗装で非冷房時代の姿を再現。行先は「普通 新開地」台車にはモーターやギアボックスが描かれ、電動車であることを表現しています。


3621号側。同じく非冷房・旧塗装時代です。3202号とは反対向きのため、連結栓が左右反対になっており、制御車のためモーターやギアボックスはありません。このイラストは3621号が長く履いていたOK台車時代の姿としてあり、今回引退する2編成4枚のヘッドマークでは唯一台車のイラストが異なっています。

こちらKW台車が描かれた3612号。違いが分かりますか?

いよいよ引退の2編成。最終日まで安全運行を!クリックにもご協力ください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【ハーバーランド】神戸らしい夜景を背景にスケートを!


む~さん&た~さん、アイススケートをしたことがないのです。「連れて行ってくれろ!」の大合唱に抗しきれず、む~パパ、ハーバーランドのumieアイスマリーナにやって来ました。2月14日までの期間限定営業です。

ポートタワーなど「いかにも神戸」な背景に設けられたスケートリンク。夜は様々なライトアップで幻想的な光景が広がります。

なにせ初めてスケートをする2人。靴を履くのもサポーターを付けるのも大仕事。まったく~。

む~さん、果敢に氷にアタックしますが、とにかくコケます。

た~さん、とにかく怖くて手すりから離れることが出来ません。このままぐるぐる外周を周回・・・。

その間、待っているだけだと氷点下の気温で凍えてしまうので、む~パパ、夜景を撮って回ります。ちょうど露出の練習に良いな~。

ポートタワーはこのくらいかな~。

中突堤にはクルーズ客船「WORLD ODYSSEY」がいました。ホノルル(!)から24日に来て、28日に上海に向けて出港とか。22,496トンと言いますので「にっぽん丸」と同クラスですね。いろいろと露出を変えて撮ってみて、一応これを採用。夜の船を撮るのも良いものです。

なんだかんだで2人とも満足したようで。コケまくったむ~さん、1時間でそこそこ滑れるようになりました。

詳しくは↓まで。
http://umie.jp/news/event/608

2月14日までの営業となります。行きたい!みなさまはお早めに。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

【さよなら】今月末に引退する3024号・3202号


6000系の投入が進み、入れ替わり引退してゆく3000系。すでに3000・3002・3004・3022・3200の5編成が姿を消していますが、このほど1月末をもって引退する3024号と3202号にヘッドマークが付きました。今日は去りゆく両編成のヘッドマークが付く前の姿をご紹介しましょう。

◆3024号

3022号以降は3000形の3次車にあたります。床面高さが2次車より高くなったのと、中間電動車のパンタグラフ取付部の屋根が他の部分より低くなっているのが特徴。前面および側面の行先方向幕および側面の車外スピーカーは製造当初から付いています。クーラーは登場時付いていませんでしたが、のち全車に取り付けられました。
(2017.4.29 山陽須磨~須磨浦公園間)


3024号姫路寄り先頭車3612号。当時姫路寄り先頭車を先行して製造していたため、同じ編成を組んでいますが、3612号だけが若干古いです。ちなみに3024号は1986(昭和61)年、現在見られるクリーム色に赤+黒の帯に塗り替えられた最初の編成で、山陽電車では5000系の登場に合わせて、全体のイメージチェンジを図るため塗装を変更したとのことです。
(2015.5.17 的形~八家間)

◆3202号

3202号は3200形の第2編成。3200形は付随車化して3000系に編入された2000系2002~2007号のモーターを流用し車体・主制御器等を新製して登場した車両で、車体は3000系3次車(後期型)と同一です。網干線のワンマン化にあたって3200形は全車ワンマン化改造され、外観では運転台側の前面ガラスのピラーが無くなったのが特徴です。
(2015.12.26 白浜の宮~妻鹿間)


3200形と組む制御車は3000形と同じ3600形です。当初付いていた3619~3622号の台車を3000~3003号と交換し、長い間OK台車を履いていましたが、のち現在見られるKW台車に再交換されています。写真は網干線で活躍中の姿。
(2017.5.20 山陽天満~平松間)

3200形はのち3000形の3034・3036号を改造して3206・3208号とし、さらに3000形2次車である3010号からも3210号として編入しています。2017年、3210号はモーターを元に戻し3010号に復元されました。

だいぶマニアックなお話が続きましたが、もう少しお付き合いを。

3024号は3000形3次車ですが、そのうち前期型(3022~3026・3611~3618)に属しています。赤枠の部分をよく見てくださいね。

3202号は3000形3次車のうち後期型(3028~3034・3200~3208・3619~3622)に属しています。前期型と比較すると後期型は貫通路が数センチ上がったため、貫通扉窓の上にすき間が出来ています。3024号は前期型のためすき間がほとんどありません。また、車体すその連結器付近の形状を見ると、前期型では連結器部分が少し下がっており左右に水切りが付けられているのに対し、後期型は一体化され水切りがありません。

3次車前期型の車内です。写真はすでに廃車となった3022号ですが、3024号も同じです。床面と貫通扉下面がほぼ同じ高さなのが分かります。

3次車後期型の車内です。今回消える3621号です。貫通路が少し(2cm程度か?)上がったため、床面と段差が出来ています。どうやら窓の位置は同じらしく、窓上のスペースが広くなっています。

3000形の場合3022~3026号の編成は全て前期型ですが、3028~3032・3206・3208号の編成は神戸寄り2両が後期型、姫路寄り先頭車が前期型の組み合わせしかなく、後期型で揃っているのは3200・3202・3204号の3編成だけ。前回廃車になった3200号、今回廃車となる3202号を除けば、全車後期型は3204号の編成だけになってしまいます。

次はヘッドマーク付きを狙いましょう。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【塩屋】6007号と絶品!レアチーズケーキ


6007号が、まだまともに撮れていないむ~パパ。今度はむ~さんを助っ人に再び塩屋を訪れました。

天気は晴れなんですが、前回のようなすっきりした青空ではありません。

新車6007号。床下回りが綺麗なのも今のうち、なんですが・・・。

JR線越しに。何かぱっとしませんね~。

塩屋東第1踏切にむ~さんを派遣して撮ってもらいましたが、こちらもぱっとしませんね~。

こんな日は早々に電車を撮るのをあきらめ、チーズケーキで有名な「シーホース」さんへ寄ってみました。

国道2号沿い。JR塩屋駅の隣に古くからあるお店です。

いろいろなものが並べられた店内。

「シーホースマップ」佐川満男さん作らしいです。左下にサインがあります。そう言えば佐川さんは塩屋在住でしたっけ・・・。

当然ここで買うのはチーズケーキです。

普通のチーズケーキとケーゼクレームトルテに挟まれた真ん中が、レアチーズケーキ。3種盛り食べ比べといきましょう。”週末限定”というロングシュークリームも買い求めました。レアチーズケーキは看板メニューだけあってとても柔らかく美味しかったです。昔からある町のケーキ屋さんが真面目に作りました!という安心感。わずかながら喫茶席もあり、飲み物と一緒にいただくこともできます。

写真のほうはやや消化不良でしたが、チーズケーキで埋め合わせ。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

6000系3次車(6005・6006・6007)を撮る!【後編】


谷八木踏切道での撮影を終え、藤江駅に戻ったむ~パパ。さらに西を目指します。午後になりだんだん日が西へ傾く中、順光で撮れる場所が限られてきます。逆光でもモノにできる腕があれば良いのですが・・・。

とりあえず気になるところがあったので江井ヶ島駅で下車しました。

柳井踏切道から西方を望みます。江井ヶ島駅~西江井ヶ島駅間は支持物(鉄道ファン用語としては「架線柱」)の更新工事が行われています。神戸姫路電気鉄道が大正時代に設置した鉄製アングル柱をコンクリート製に置き換えるのですが、まずコンクリート製の新しいものを立ててから古いものを撤去しますので、現在は写真のように新旧両方が林立しています。

これが3年前の柳井踏切道付近です。(2015.2.27撮影)アングル柱が立ち並ぶ区間もどんどん減ってきました。

余談ではありますが、柳井踏切道の障害物検知装置は最新式の3Dレーザーレーダー式です。

柳井踏切道を通過する6000系直通特急。一番目の写真で分かる通り、マンションの影があちこち線路に伸びており、すっきり撮れない!ことが分かったので早々に退散・・・。

で、やって来たのは結局西二見駅西方のカーブ。4両まで入りますので6000系3両編成はOKです。林崎松江海岸駅で撮り損なった6005号をここでリベンジ!

6000系は前後で顔が違うので面白いですね。

次の列車で東二見駅に向かいます。

この列車は東二見駅で車両交換。3024号が入庫し、代わりに6007号が出庫してきました。

6007号を初撮影。乗らずに直通特急で先回り。舞子公園駅で下車して西舞子駅までダッシュ!東田踏切道で後追いを狙えば順光のはず・・・、と思いきや、

14:55の段階で、まだ微妙に東側に日が当たっているではないですか!

というわけで、顔が真っ黒・・・。(舞子公園駅~西舞子駅間)

今度は6007号が宿題で残ってしまいました。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

6000系3次車(6005・6006・6007)を撮る!【前編】


昨年12月下旬より営業運転を開始した6000系3次車3編成(6005・6006・6007)。当たり前なのですが走っていると特に下回りが汚れてくるので、まだ撮っていないむ~パパ、気が気ではありません。新車の美しさはその時限りのもので二度と見ることが出来ないものですから、ここは寒くても出動するしか・・・。

何も思いつかなかったので塩屋へ。冬らしい青空。すっきり晴れたのは良いのですが、朝の気温は-1度。立っているだけで手が痛いです。しもやけになりそう・・・。

まずは6006号を。撮るときに限って日が陰るのは、日頃の行いが良くない(笑)せいなのでしょうか・・・?「山陽スマシオ」と呼ばれすっかり有名になってしまった撮影地です。(須磨浦公園駅~塩屋駅間)

グッゲンハイム邸と共に有名な、石垣の上にある赤い三角屋根は旧後藤邸。冬の日差しにアルミカーが輝きます。

さてさて、次は6005号を撮るため移動しましょう。

やって来たのは林崎松江海岸駅。いつも桜が咲いたら撮りに来る場所です。さきほど上って行った6006号が下って来たのでとりあえず撮って・・・。

ところが、上って来た6005号。少し遅れていたのか下り直通特急でやって来た「Meet Colors 台湾号」と見事に被ってしまい・・・、

被る寸前の6005号。顔に影が~。これは失敗!

しばらくショックから立ち直れませんでしたが、気を取り直して藤江駅に移動。

こちらも山陽電車随一の撮影地として知られる谷八木踏切道。さすがに先客がおられました。肩慣らしに直通特急5000系。かっちょえ~です。(藤江駅~中八木駅間)

塩屋でなんだか陰ってしまった6006号をリベンジ!

3編成とも撮ろうとして苦心惨憺、結局6006しかまともに撮れていませんが・・・。
後編に続く!クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村