【8月末まで期間延長!】兵庫電気軌道の実物モケットを公開中


電車やバスのシート生地を作っている会社と言えば、知る人ぞ知る「住江織物」。本社のある大阪ショールームで「鉄道車両内装の歴史展」が8月31日まで開催されています。みなさんが座っている電車の座席のシート地(モケット)は、たいていこの住江織物が作っているものです。さて今回、む~パパ、大正時代の山陽電車のモケットが出展されていると聞いて大阪は心斎橋までやって来ました。

住江織物の本社は心斎橋駅からほど近い御堂筋に面しています。「スルッとKANSAI」が入居するビルの北隣になります。

入口です。ショールームは4階。なかなか入りにくい雰囲気ですが・・・。

自動ドアを入ると、立看板が迎えてくれました。

おお~っ、む~さん一家には場違いな雰囲気が~。それもそのはず、床の絨毯は国会議事堂のもの、奥に掛かっているのは戦艦「大和」艦長室の絨毯(複製)だそうで。突き当りを左に折れるとエレベーターがあります。勇気を出して4階まで上がりましょう。

4階はショールームとなっています。受付の方にご案内いただき、奥の展示スペースへ。さらに奥の展示もありますが撮影禁止。撮影許可いただいた部分のみご紹介します。壁には住江織物の歴史がパネルで紹介されています。

早速、目的の展示物へ!上が1917(大正6)年、兵庫電気軌道に納入されたモケットの実物です。兵庫電気軌道は山陽電車の前身の一つで、兵庫~明石間を開業させました。当時の社章と稲妻模様(電気を表しています。)が赤い地に描かれています。それにしても、当時の山陽電車、シートは赤かったんですね~。ちなみに下側は九州電燈鉄道のモケット。「九」が稲妻模様にデザインされた丸い図柄は九州鉄道にも引き継がれています。西日本鉄道の前身の一つです。こちらも赤いシートだったんですね。

近年の鉄道用モケット。新幹線や阪急電車、近鉄アーバンライナーや小田急ロマンスカーなど色とりどり。

見学すると、フルカラー印刷の出品目録がいただけます。かなりお得感のある展示でした。



住江織物が戦時中に設立した子会社である住江製作所が製造した「フライング・フェザー」。住江織物本社でも写真で紹介されていますが、残念ながら実物は展示されていません。(写真はトヨタ博物館所蔵のもの。)

入場無料。日曜・祝日休館。是非おたずねください。
クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【Nゲージ】5030系鉄道模型が発売!


購入された皆さまの手元にはすでに届いているはずですが、山陽5030系の鉄道模型が発売されています。3000系(3050形)は、いろんな車両を製品化するマイクロエースからすでに4タイプが発売されましたが、5000・5030系シリーズは本格的な量産模型では初めて。今回は私鉄電車を数多くリリースするグリーンマックスからの発売となりました。

とうとう山陽電車の模型がGM(グリーンマックスのことです)から発売される時代になったとは!む~パパ、梅田のヨドバシカメラでもケースに並んでいる5030系の模型を見て、感動のあまり涙が・・・は、冗談ですが、今まで模型メーカーから見向きもされなかった(これは本当です)山陽電車のエース車両が全国の鉄道模型店に並ぶ日がやってくるとは、本当に夢のようです。

おおーっ。Nゲージのケースに収まった5030系直通特急。

先頭車の造形。列車無線アンテナは別パーツで付属しており、購入した人が自分で取り付けるようになっています。実車の印象をよくつかんでいますね。行先は「阪神梅田」。沿線住民としては「姫路」にしてほしいところですが、そこは東京のメーカーが企画した製品だけに、阪神や近鉄の模型を持っている人が手に取りやすいようにする配慮かと思われます。山陽電車が好評のうちに完売すれば次回は「姫路」行きになるかも知れません。

こちらは実車の5030系。連結器は中央に保つバネが付いていないので、列車の振動で寄ってしまっています。ペコちゃんみたいですね。(2019.7.28 藤江駅)
 
この製品は前照灯・前部方向幕および標識灯が点灯します。前照灯は電球色、前部運行標識(標識灯)は現在の白色LEDを再現しています。もちろん後部標識(尾灯)も点灯します。

山陽電車のチャームポイント、赤く塗られた高圧配線も再現。ヒューズボックスは別パーツです(写真は未取付け)。鍵外し配管の無い現在の姿を再現しています。

台車・床下機器も今回の製品化で新規に製作されたもの。アルミ製の車体にステンレス製のドアが付く質感の違いも再現されています。側面の行先表示はシール式で購入者が貼り付けるようになっています。

模型では編成中にモーターを取り付けた車両が1両あり、バランスの関係か4号車の5530号となっています。実物では付随車でモーターの無い車両なので、何となく違和感があります・・・。

最後に。5030系に付く新しいタイプのCU-71型クーラーは、キセ部分が屋根の中央に設置されていません。写真のように少しオフセットしているのです。これも抜かりなく再現されています。

模型メーカー公式サイトはこちらです。
http://www.greenmax.co.jp/

欲しくなりましたか?クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

3000系復刻ツートンカラー登場「マニア編」


前回3000系復刻ツートンカラー「マニア編」の予告をしました。が、同じ内容の投稿を以前していたことを発見(!)。というわけで、詳しくは昨年1月の【さよなら】今月末に引退する3024号・3202号で予習していただくとして・・・。今回3タイプの混成となっている3000系復刻ツートンカラーを「楽しいむ~さん一家」らしくマニアックに見てみましょう。

3030号。3000系3次車後期型(通称3.5次車)。

3615号。3000系3次車前期型(通称3.0次車)。
一見同じ顔です。間違い探しのようですが、微妙に違っています。

あと、多くの方が気付かれていると思いますが、3号車3505号と他の3両の塗り分け線がずれている件。

拡大してみると3号車(右から2両目)3505号のみ車体裾が下がっているのがお分かりいただけるかと思います。車体全体が下がっているのではなく、床面高さが低いためです。全体の写真を見ていただければ分かりますが、雨どいの高さは同じで屋根高さは揃っています。

真横から見ます。右が3次車3031、左が2次車3505。a>bであることが分かります。これが1両だけ塗り分け線がずれている原因です。旧塗装時代にもこのような現象は見られました。つまり今回の旧塗装が非常に忠実に再現されているとも言えます。ちなみに3060編成はこの関係が逆(3号車3506のみ3次車)になります。また後日ご紹介しましょう。

いかがでしたか?3000系は知れば知るほど「沼」が広がっていますよ!

撮影はマナーを守りましょう。通過列車に注意しホームでは黄色い点字ブロックの内側に下がってください。また利用されるお客さま・沿線のみなさまに迷惑をかけないよう、お互いにご協力をお願いします。

クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

3000系復刻ツートンカラー登場「基礎編」


7月5日、3000系3030号の4両編成(3030F)が復刻塗装(ツートンカラー)として登場しました。特に40代以上の人にとっては、とても懐かしいと思えるカラーリングなのではないかと思います。山陽電車の沿線で生まれ育ったむ~パパもその1人。今回は「復刻ツートンカラー」出発式後に開かれた撮影会の様子をお伝えしましょう。

出発式の様子はこちら

どうも40代にもなると「オールドファン」と言われてしまうようですが(笑)。

東二見車庫での撮影会。撮影しやすい位置に止めていただけました。曇りの天候も形式写真を撮るには好都合です。
懐かしい急行幕。「=急=」はファンには「ヒゲ急」と呼ばれています。小学校の夏休み、ラジオ体操の帰りに東須磨駅に停車していた急行の姿をむ~パパ、懐かしく思い出しました。なにせ「オールドファン」ですので。

ここからは形式写真をお届けします。

1号車3030号。神戸寄り制御電動車。MG(電動発電機)およびCP(電動空気圧縮機)を搭載。なおこの車両は3次車の後期タイプ、通称3.5次車に分類されます。
2号車3031号。パンタグラフを搭載しており1号車3030号とユニットを組んでいます。モーターを動かす心臓部である制御器・抵抗器を搭載しています。この写真に写る浜側(南側)は制御器が付いている側で、山側(北側)に抵抗器が並んでいます。(一部浜側にもあります。)

3号車3505号。モーターも運転台もない付随車です。この車両のみ2次車で、各部が他の3両と異なっています。登場時は他の編成に組み込まれており、昭和50年代には3010号に、その後3060号に入っていた時期もあります。

4号車3615号。姫路寄り制御車。モーターはありません。1・2号車より製造時期は古く、3次車前期タイプ、通称3.0次車に分類されます。

撮影会の最中、最新の6000系が本線を通過して行きました。

次は「マニア編」をお送りしましょう。クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

3052号 Last Runヘッドマークを「また」撮る!


旧塗装復活で何かと話題の山陽電車3000系。出発式で注目を浴びるツートンカラーの3030号が走り始めた同じ日に引退してゆく3052号。なんとなく「Last Run」ヘッドマーク撮影に消化不良気味だったむ~さんパパ。たまたま昼に仕事が終わったことを良いことに、最終日まで追いかけることにしました。天気もまずまず。

引退前日。もう失敗したくないので冒険はやめてスタンダードにお気に入りの場所で。

西二見駅西方のカーブ。晴れてきた午後、逆光気味ですが薄く曇っていたこともあって上り列車を捉えることが出来ました。

西二見駅で下り普通車3060号と行き交います。通い慣れた鉄路を走るのもあと2日。

折り返して来た姫路行き普通車を、これまたお気に入りの滝の茶屋駅東方で。

さらに上って来た姿を板宿駅で。

そして、いよいよ引退当日。そう、今日です。この日は朝からS特急に充当されました。あれこれ考えている余裕はありません。5時半に目が覚めたむ~パパ。もう布団からガバッと起き上がり朝ごはんも食べずに出動です!

高速で林崎松江海岸駅を通過する3052号のS特急。この車両にとって最後の優等列車運用となりました。沿線にはその雄姿をカメラに収めようと多くのファンが朝早くから繰り出し、何も知らない人を驚かせました。白色2灯の標識灯を輝かせて走る営業列車はこれで見納めです。

あっという間に駆けて行きました。む~パパの追っかけもここでおしまいです。

撮影はマナーを守りましょう。通過列車に注意しホームでは黄色い点字ブロックの内側に下がってください。また利用されるお客さま・沿線のみなさまに迷惑をかけないよう、お互いにご協力をお願いします。

とうとう3052号も終着駅。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

3052号 Last Runヘッドマークを撮る!


3000系未更新車の引退が進んでいますが、このほど6000系で初めて登場する4両編成車の代替として3052号の引退が決まり、「Last Run」ヘッドマークを付けて最後の活躍をしています。む~パパ、6月30日の日曜日に撮影を予定していましたが、午前中は豪雨に見舞われ外出もままならない状態となってしまいました。

ようやく外出できたのは午後になってから。ヘッドマークを撮るなら正面を捉えたいということで、西二見駅東方イトーヨーカ堂北側の線路際に行ってみました。お天気も回復。午後順光でバッチリです。まずは1本前の3070号で練習・・・。

が、3052号が来る10分前くらいからなぜか雲が立ち込め、5分ほどですっかり曇天に。

とても同じ日に撮ったとは思えないほど・・・。よほど日頃の行いが良くないのでしょうか・・・?
今回のヘッドマークは従来と同じデザインですが、青が明るくなり夏らしい印象に。電車のイラストは今回初めて4両編成の引退ということで、当時のヘッドマークを付けた姿となっていました。人呼んでヘッドマークinヘッドマークです(謎)。

同じ列車を歩道橋から。む~さん撮影。

折り返しの上り列車を播磨町駅西方、アングル柱が多く残る区間で撮ってみました。はっきりしない天気なのは、もう仕方ありません。

播磨町駅に到着する3052号。今回はここまでとしましょう。

特別公開!「Last Run」ヘッドマーク。(提供:山陽電気鉄道)
行先は懐かしの「急行(=急=) 姫路」。3631号のほうが前となります。左側のみ標識灯が点灯しているのが「急行」の証です。「海へ」は1983年夏にこの種のヘッドマークでは初めて取り付けられたもので、これ以後季節ごとにデザインを変え長く続きました。

撮影はマナーを守りましょう。通過列車に注意しホームでは黄色い点字ブロックの内側に下がってください。また利用されるお客さま・沿線のみなさまに迷惑をかけないよう、お互いにご協力をお願いします。

最終日は7月5日。クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【4連】3000系未更新車を追え!


現在、6000系に置き換え・引退予定の3000系未更新車は編成単位では7本(4両編成5本・3両編成2本)が活躍しています。川崎重工では今も6000系が製造されており、ますます未更新車の引退が進むと考えられます。最近撮影をサボっていたむ~パパ、久しぶりに本腰を入れて撮影に臨むこととしました。狙いはズバリ、「4両編成の未更新車」です。

さて、昼前から出動したむ~パパ、最初は天川(山陽曽根~大塩駅間)へ行こうと思っていたのですが、すでに上りが逆光になっていると分かり、急遽飾磨~姫路間へと作戦変更。午後に上り列車を順光で撮影できる区間としては順当な選択です。

飾磨~亀山間の延沢踏切から3054号。開業時、神戸姫路電気鉄道時代の架線柱(アングル柱)が残っている区間です。日は照っているのですが、何やら黒い雲がもくもくと発生してきました。む~パパ、以前ここで撮った時も天気が悪かったような・・・。相性が良くないのかも知れません。

ちなみに延沢踏切は上下列車が離合する危険がありますが、今回はうまく3052・3054号の並びを撮れました。同時に竣工した姉妹車です。

それにしても何か天気悪いよな~、と亀山駅方向へ歩いていると「ポツ、ポツ」と何かが空から・・・。「ウソでしょ~」と亀山駅へ急ぎます。ポツポツはそのうちサラサラになり、む~パパが駅にたどり着く頃には「ザーザー」になっていました。あと一歩遅ければずぶ濡れになるところでした。ここでさっきの3052号が折り返して来るのを待ちます。

亀山駅の屋根の下から3052号。空は一部晴れているのに雨はなかなか止みません。ここは雨も風情として割り切りましょう。

飾磨駅を後にする3032号。どうやら3050・3054・3052・3032の順で、未更新車全4編成(3030号は旧塗装に変更中で入場しています。)が順番に走っていることが分かりました。これはラッキーです!

今度は下り列車を撮るため滝の茶屋駅へ移動します。

先ほどまでとは打って変わった好天の滝の茶屋駅。3054号が下って来ました。山側に日が回り込むのはこの季節だけ。少々暑いですが海を背景に順光で撮れる貴重な場所なので、しばし粘りましょう。

3050号も下って来ました。この車両は山陽電車初の冷房車で1972(昭和47)年に登場しました。並行するJR(当時は国鉄)にはまだ冷房車は走っていなかった時代のお話です。登場時は3050系と呼ばれていましたが、現在は3000系に統一されており、あえて言うなら「3050形」と呼ぶのが良いのでしょう。

見習いの方でしょうか?女性の車掌さんを見かけました。

改札を出て山側の道路から。3052号です。次々未更新車がやって来るので効率良く撮影が進みます。

上の写真から少し塩屋駅方向に歩いた場所にある撮影ポイントで3032号を。海が入りにくいですが、視点が低いので迫力ある構図となります。

走っている4編成が運良く全部走っていたため、効率良く捕獲?することが出来ました。

撮影はマナーを守りましょう。通過列車に注意しホームでは黄色い点字ブロックの内側に下がってください。また利用されるお客さま・沿線のみなさまに迷惑をかけないよう、お互いにご協力をお願いします。

クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村

【札幌】北の大地に生きていた山陽バス


突然ですがむ~パパ、急に思い立って北海道に行ってきました。と言いつつすでに2か月前の出来事なのですが・・・。

札幌駅。少し歩くと大通り公園なんかがあります。ここに山陽バスからの移籍車両が走っているかも知れないということで(実際は山陽バスのために札幌に行ったわけではないので・・・)、少し北海道中央バスのターミナルそばで立ちんぼしていました。

が・・・。


次々に来るのは新しいバスばかり。元山陽バスどころかキュービックバスさえ1台も発見出来ませんでした。北海道に移ったのも8年前。大曲営業所にいるとのことですが、そこまで足を運ぶ時間的余裕はなく「もう廃車になっているよな~。」と自分であきらめて帰って来ました。

しか~し。その1か月後。北海道に遊びに行っていた後輩から・・・。

札幌のホテルの前に止まっていました。これ山陽バスですか?と送られてきた写真。

山陽バスです!


あちこち錆びてお疲れのようですが、これは元山陽バスの車両です。北の大地に移り8年。過酷な環境の中でよくぞ生きていたものです。情報によればこの車両は山陽バス時代は3846号だったとのこと。1998年式いすゞKC-LV280L型です。

山陽バス時代の3846号。正面の社章を挟む黒帯が現在もそのまま付いているのが分かります。(2005.8.23 垂水東口)

ラッピング広告付きの姿も撮影していました。(2007.3.18 垂水駅)

もうそれほど長くは走っていないと思われますが、また行く機会があれば会ってみたいと思うむ~パパでありました。

クリックにもご協力を!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

 

【3年ぶり】スルッとKANSAIバスまつり2019


台風接近で2年連続中止になり、3年ぶりの開催となった「スルッとKANSAIバスまつり」。今年は6月に日程を変更して(今までは9月20日の「バスの日」付近)開催。やや天候が不安定な中、京都は岡崎公園に関西のバスが集結!しました。

岡崎公園の入口に据えられた京都市電1860号。元は大宮交通公園にあったものとか。現在は観光案内所となっています。

岡崎公園と言えば平安神宮。「スルッとKANSAIバスまつり」のアーチも今日ばかりは大鳥居の存在感に押され気味。

各社局のバスが並ぶ会場。3年ぶりの開催とあってか大賑わい。ちょっとバスをゆっくり撮影出来るような状態ではありませんでした。

我らが山陽バスはいすゞエルガワンステップの1201号を展示。明石海峡大橋のシャトル線用に準備された車両で、登場時は補助席が装備されていました。側窓も下段が引違い開閉式(他の路線車は上段が引違い式)になっており、外観上の特徴となっています。「平成」ヘッドマークはかつての「後乗り」円板風のデザインとなっていました。

各種グッズを販売する山陽バスブース。

人が多すぎて近寄れない山陽電車ブース。一体何を売っていたのでしょうか~!

なにせ人が多いのでバスをゆっくり撮影することが出来ず・・・。む~パパ的に気になった車両をご紹介しましょう。

阪急バスからは「リバイバル旧塗装」になった高速バス車両を。色使いが今と同じなので、あまり旧塗装という感じはしませんが、丸い屋根が特徴的なモノコック構造のバスが主力だった時代、阪急バスの貸切車はこの塗装でした。

淡路交通の高速車エアロバス。中央部に入口扉が設けられています。高速・貸切車の中央に扉を設けた例は福祉用途を除けば恐らく淡路交通だけの特殊仕様と思われます。

人だらけできれいに撮れませんが・・・。変わったバスがいます。

江若交通の路線バス。日野「ブルーリボン」の路線バス仕様に貸切バス仕様の顔をくっつけた特注車です。それにしても、このブルーリボン観光バスの顔自体、最近ほとんど見ることもなくなりましたが・・・。

各社局のバスに混じって警察のバスが!車内も公開されていました。見るからに日野中型路線バス「レインボー」をベースとしているようです。非常口が無かったようにも思いますが、この型はどうだったかな・・・?

無事開催できて良かったですね。クリックにもご協力を!
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

もう見ることが出来ない!現塗装時代の3030号


いよいよ7月5日に復活デビューを果たす山陽電車の旧塗装。山陽沿線で生まれ育ったむ~パパ、高校生までこの旧塗装に親しんだ世代のため、もう「刷り込み」状態。誰が何と言おうと死ぬまでに一度は見てみたいものの一つ(全部ではないですね、さすがに。)でした。旧塗装となる3030号は、すでに工場で塗装作業をしているそうですので、そう、もう二度と現塗装の3030号を見ることは出来ないのです!今日はむ~パパが撮りためた現塗装時代の3030号を披露しましょう。

林崎松江海岸~藤江間の桜並木を走る3030号。(2014.4.12)

伊保駅に進入する3030号。3000系の3次型に当たる車両ですが、3両目の3505号は2次車で床面高さが低いため、窓も低い位置に付いています。この角度で写真を撮ると1両だけ窓や車体の裾が少し下がっていて、4両がきれいに揃っていないのがよく分かります。なお3次型のうち3028号以降は後期製造タイプで、貫通路位置と連結器左右の形態が前期製造分とは異なります。(2014.4.12)

3030号の姫路寄り先頭車3615号は3次型のうち前期製造タイプ。連結器左右に水切りがあります。姫路寄り先頭車3600形は電動車より先行して製造され、当時は2次型の編成に組み込まれていました。(2016.5.15 滝の茶屋~東垂水)

垂水駅に停車する3030号と3064号。3064号は当初より冷房付きで登場した3050形(当時は3050系と呼ばれていました。)。3056号以降は空気ばね台車を履いています。この2編成を見てもヘッドライトケースや幌枠の形状に細かい差異が見られます。一見同じように見えて多くのバリエーションがあるのが3000系の魅力と言えるでしょう。(2016.5.28)

阪急神戸三宮駅で折り返す3030号。一時的に3両編成となった姿です。(2017.11.18)

廃車となり東二見車庫の奥に押し込まれた3555号(2006.2.18)。3030号は冷房が無い時代から3号車に2000系から改造された3550形3555号を挟んでおり、冷房化~塗装変更はその4両編成(3030-3031-3555-3615)で過ごしています。厳密には旧塗装時代に現在の編成で走ったことは無いはずですが、実現可能な最高の姿で再びみなさんの目の前に姿を現すことでしょう。

その日が来るのが待ち遠しいです!クリックにもご協力を。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村