せっつ・はりま歴史さんぽ|山陽沿線歴史部

須磨から一ノ谷へ歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて須磨を歩いてみたいと思います。

「戦の濱碑」

不動坂を下りて、海沿いに歩くことにしました。松林の中にあったのは「戦の濱碑」です。こちらの石碑は一ノ谷の合戦を記念して建立されたものです。ちょうどこの辺りは源氏と平氏の軍勢がぶつかり合う激戦地だったそうで、今も、合戦がおこなわれた日である毎年2月7日の夜明けには馬のいななく声が聞こえると言われています。

みどりの塔

「戦の濱碑」の周りに松林が広がるのは須磨浦公園。園内に佇んでいたのは「みどりの塔」です。ここ須磨浦公園は昭和10(1935)年に昭和天皇御成婚記念に開設された公園で、この塔は昭和16(1941)年に建てられた「八紘一宇の塔」でした。戦後の昭和29(1954)年、国土緑化大会植樹祭で昭和天皇と皇后が神戸を訪問された際に平和を象徴する塔として作り替えられました。そういえば、この記事の公開日の今日4月29日は昭和の日ですね。

山陽電車をくぐる

公園の中で山陽電車の線路をくぐり、山手の方へと歩いてみることにしました。

須磨浦の坂道

線路の向こうには急な坂道が続いています。一ノ谷の合戦の奇襲攻撃として知られている「逆落とし」がおこなわれたのは鵯越であるとか、ここ一ノ谷だとか、諸説があるようで実際はどこなのかわかっていません。ただ、こんな坂道を馬で駆け下りて源義経をはじめとする軍勢が攻めてきたのですから、平氏の軍勢はきっと驚いたのでしょうね。

安徳帝内裏跡伝説地

坂を上り詰めた先には住宅地が広がっています。その住宅地の中にあったのが「安徳宮」こと、安徳帝内裏跡伝説地です。

安徳天皇平清盛の孫にあたり、源平合戦の最中の治承4(1180)年に数え年でわずか3歳で即位しました。伝説では、一ノ谷の合戦の際にこの地に内裏を設けたそうです。後に、安徳天皇は敗走する平氏軍とともに西へ西へと逃れ、下関の壇ノ浦の戦いで入水し、崩御しました。この安徳宮は安徳天皇の冥福を祈るために後年、内裏があったという伝説のある場所に建立されたものです。

須磨の海を見下ろす

坂道から須磨の海を見下ろしてみました。眼下に広がるのは新緑に彩られた穏やかな初夏の海です。千年前にこの地が合戦の舞台となったことは遠い昔のようですね。
大河ドラマで注目されている須磨界隈は源平合戦の伝説に彩られていました。

いよいよ大型連休が始まります。新緑の須磨を、古代の戦いに思いをはせながら歩いてみてはいかがでしょうか。

須磨から一ノ谷へ歩いて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、須磨から西へ歩いてみたいと思います。

村上帝社

須磨寺駅前から歩くと線路際に祠がありました。こちらは平安時代の天皇・村上天皇を祀る村上帝社です。

山陽須磨駅

村上帝社を通り過ぎると、山陽須磨駅前に着きました。

不動坂

山陽須磨駅前から山陽電車の築堤沿いを歩いて、途中で山陽電車の線路をくぐります。線路をくぐった先は不動坂です。

一の谷不動尊 潮音寺

不動坂の名の通り、坂の途中にあったのは「一の谷不動尊」こと潮音寺という寺院です。

不動尊磨崖仏

境内の不動堂には不動尊磨崖仏が治められています。

潮音寺は比較的新しい寺院で建立は昭和49(1974)年のこと。源平合戦こと治承・寿永の乱で命を落とした源平両軍の兵士の菩提を弔うためとされています。境内の不動尊磨崖仏は、南北朝時代の暦応4(1341)年の作で、もともと奈良の天理にあったものを大阪の豪商で藤田財閥の創始者の藤田伝二郎が須磨の別荘に移したものでした。昭和13(1938)年の阪神大水害でこの磨岩仏は一ノ谷川の河口へと流され土砂に埋まってしまいましたが、後に掘り起こされてこの寺に安置されることになりました。

一ノ谷川

不動坂に沿うように潮音寺の裏を流れるのは一ノ谷川です。この辺りが所謂「一ノ谷」で、源平合戦の一ノ谷の合戦の舞台となった場所です。

次回はさらに源平合戦の舞台を歩いてみたいと思います。

須磨から一ノ谷へ歩いて(前編)

投稿日:


日差しに夏の気配を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

須磨寺駅

今回のスタートは山陽電車の須磨寺駅。
山陽須磨発の普通車となる回送列車がカーブした駅を通過していきました。

薬師踏切

今回は須磨寺の参道の方へは向かわずに、駅の東側、住宅の合間に佇む小さな踏切を渡ります。こちらの踏切の名前は「薬師」です。

浄福寺

踏切の向こうに佇んでいたのは浄福寺という寺院です。

浄福寺の創建時期は不明ですが、この地・西須磨の有力者の前田氏の創建と伝わっています。
ご本尊は聖徳太子作と伝わる薬師如来とのこと。

浄福寺の境内

浄福寺は別名「頼政薬師」と呼ばれています。先ほどの踏切の「薬師」もこの別名にちなんだものです。

「頼政」とは平安時代の武将の源頼政のことです。平安時代の末期に活躍した源頼政は、保元・平治の乱を経て政権を固めた平清盛に重用され、晩年には源氏で初めて公卿となりました。この浄福寺は保元の乱の前の久寿年間(1154~1156)に頼政が再興したと伝わることから「頼政薬師」の別名で呼ばれています。

浄福寺の本堂

頼政薬師の本堂と脇士十二神将は江戸時代に尼崎藩主だった青山氏から寄進されたものだそうですが、本堂は平成7(1995)年の阪神淡路大震災で倒壊し、現在の建物は再建されたものです。

頼政薬師を再興し、平氏政権の中で源氏の長老としての地位を固めていった頼政ですが、治承4(1180)年、以仁王とともに平氏打倒のために挙兵しましたが失敗。平氏軍に追い詰められて、宇治の平等院で自刃しました。以仁王と頼政の挙兵は失敗に終わりましたが、この「以仁王の挙兵」をきっかけに、治承・寿永の乱、所謂「源平合戦」が始まり、繁栄を極めた平氏政権が滅亡へと向かってゆくことになります。

薬師前を通過する直通特急

薬師踏切を山陽電車の直通特急が通過していきます。
後に一ノ谷の合戦が起こる場所の近くに源頼政ゆかりの寺院があるのは偶然なのか、何か縁のようなものを感じてしまいますね。

次回はここから西へへと歩いてみたいと思います。

北摂の城下町・池田を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回と前回に続いて、池田を歩いてみたいと思います。

池田城の城門

曲がりくねった階段と坂道を上ると、城門がそびえていました。

池田城の模擬櫓

城門をくぐった先には立派な櫓が。こちらは池田城の模擬櫓です。

ここ池田に城が建てられたのは中世の建武元(1334)年頃とされています。城を築いたのはこの地を治める豪族だった池田氏でした。北摂の要衝にあった池田城は幾度となく戦乱に巻き込まれ落城していますが、戦国時代まで池田氏が治め続けることとなりました。戦国時代の永禄11(1568)年に織田信長がここ池田へ侵攻し、当時の城主・池田勝正は抵抗の後に降伏しました。この時に城は焼け落ちてしまいますが、勝正は信長の配下となり摂津三守護として活躍することとなりました。

池田城跡公園を見下ろす

櫓に昇ると庭園が広がっています。庭園は現在では池田城跡公園として整備されていて、私が訪れたときはイベントが開催されて出店が並んでいました。中世城郭だった池田城ですが、当時から枯山水などをそなえた庭園が整備されていたそうです。庭園の向こうの山には池田氏の菩提寺・大廣寺の屋根が見えます。

池田城跡公園

信長の配下の城となった池田城ですが、池田氏の内部の争いで池田氏の家臣だった荒木村重が治めることとなりましたが、村重が伊丹の有岡城に移った後に城は放棄されます。後に村重が信長に謀反を起こした際、池田城は信長方の城となって村重の籠る有岡城の攻撃の拠点となりますが、有岡城落城の翌年の天正8(1580)年に廃城となりました。

池田の街を見下ろす

城跡公園からは池田の街を見下ろすことができました。

池田城の廃城後、池田には城が築かれることはありませんでしたが、戦乱で焼け落ちた城下町は近世にかけて復興し、宿場町として、また物資の集散地として、栄えていったのは前々回と前回に歩いてきた通りですね。

訪れたときは梅の季節だった池田ですが、これからは北摂の山々は新緑に彩られそうですね。暖かくなり少しだけお出かけの気分も盛り上がってきたこの頃。少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

北摂の城下町・池田を歩いて(中編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、池田の街を歩いてみたいと思います。

西光寺

能勢街道から横道に入ったところに佇んでいたのは西光寺です。
もともとはこの地にあった「不断堂」と呼ばれる草庵が始まりで、寺院となったのは江戸時代とされています。

吉田酒造

西光寺の傍には造り酒屋の吉田酒造の建物がありました。
現在は大阪のベッドタウンの印象が強い池田ですが、近世には能勢街道によって大坂とつながり、物資の中継地として栄えていました。当時、大坂へ向かって北摂や能勢の奥の丹波の農産物や鉱産物が運ばれ、一方で、北摂の社寺を訪ねる参詣者も行きかい、池田の街は大変賑わったと言われています。当時の池田は宿場町としてだけでなく、日本酒の産地でもあり、当時は北摂の酒造業の中心地となっていたようです。この吉田酒造もその一つでした。趣のある建物は登録有形文化財に指定されています。

吉田酒造の梅

私が訪れたとき、吉田酒造の傍では鮮やかな紅梅の花がほころんでいました。

池田城を眺める道

吉田酒造の脇の道を進んでいくと、丘の上に城郭が見えました。近世には宿場町として栄えた池田ですが、中世にはこの地域の中心として城が築かれていました。次回は中世の池田の姿を思いながら歩いてみたいと思います。

北摂の城下町・池田を歩いて(前編)

投稿日:


桜の便りも届き、春も本番のこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急池田駅

阪急電車に乗り換えて着いたのは池田駅です。

栄町商店街

駅前からは昔ながらの商店街が続いています。

能勢街道

商店街を通り抜けると、東西の道に差し掛かりました。この道は大坂と妙見堂のある能勢を結んでいた能勢街道です。池田は近世にはこの能勢街道の宿場町として栄えていました。

旧加島銀行池田支店

街道沿いに目立つレンガの外壁の建物がありました。こちらは旧加島銀行池田支店です。加島銀行は大阪の豪商・加島屋が明治21(1888)年に設立した銀行で、大阪に本店を置いていました。明治から大正にかけて、大阪だけでなく全国に支店を展開する都市銀行へと発展しましたが、昭和に入り、昭和恐慌のあおりを受けて銀行業を廃業しています。かつては大阪だけでなく東京や中国地方へと広がっていた店舗網は他の銀行へ譲渡され、建物が現存しているのはここ池田支店だけです。現在は店舗として利用されているようですが、旧街道沿いでとても目立つ建物ですね。

白壁の道

街道から横道に入ると、瓦屋根に城壁の街並みが続いていました。

次回はもう少し池田を歩いてみたいと思います。

兵庫大仏と柳原を訪ねて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、兵庫の街を歩いてみたいと思います。

月輪影殿

大仏が目立つ能福寺ですが、本堂は境内の奥に佇んでいます。「月輪影殿」と呼ばれる本堂は京都・東山の月輪御陵の拝殿を移築したものです。この地に移されたのは昭和28(1953)年のことで、それまでは明治・大正・昭和の歴代天皇陛下が参拝された由緒ある建物です。

柳原天神社

能福寺を出て街中を歩くと、小さな神社がありました。こちらは柳原天神社です。平安時代には大宰府へ向かう菅原道真が大輪田泊に上陸してこの地に立ち寄り、歌を詠んだという伝説が伝わっています。

満福寺

柳原天神社の裏手にあったのが満福寺です。建物は太平洋戦争中の神戸大空襲で焼けてしまったために新しいものですが、鎌倉時代の延慶元(1308)年に一遍上人の後を継いで時宗を率いた他阿によって創建されたという古刹です。

時宗寺院はちょっと珍しいのですが、この辺りでは、兵庫運河の向こうに普照院がありますね。一遍が開き、踊念仏で知られる時宗(時衆)は中世の都市を活動の拠点としていたそうです。この辺り柳原は兵庫の街の西端の地区にあたります。時宗寺院が多くあるところは中世に都市として栄えていた場所ともいえます。中世都市には近世以降に衰退し都市の体裁をとらなくなったところが多くあります。そうした中で、現代まで都市として発展し続けてきた兵庫の街は貴重な存在なのかもしれませんね。

柳原惣門の跡

阪神高速の高架をくぐると、兵庫駅はもう間近です。兵庫駅の近くに佇む柳原蛭子神社の傍には柳原惣門の跡がありました。ここは兵庫の西の入口にあたります。古代から中世の趣を感じながら歩いてきた兵庫の街の散策も終点ですね。

これから春を迎える兵庫、新しいスポットを訪ねながら歩いてみてはいかがでしょうか。

兵庫大仏と柳原を訪ねて(前編)

投稿日:


所々、桜の開花の便りも届く頃、いかがおすごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

兵庫運河の眺め

前回まで、兵庫津を歩いていましたが、今回も兵庫運河の畔から散策を続けたいと思います。

古代大輪田泊の岩椋

運河の畔には巨大な石が置かれていました。こちらは「古代大輪田泊の岩椋」と呼ばれていて、平清盛が築いた経ヶ島の一部であるとか、古代の港湾設備や近世の護岸の一部であるとも言われています。詳しいことはわかっていないようですが、古くからここ兵庫を見つめてきた遺構の一つには違いありません。

能福寺

企業や住宅の建ち並ぶ街を歩くと、塀に囲まれた寺院がありました。こちらは能福寺です。

現在は街中にあり新しい堂宇の建ち並ぶ能福寺ですが、寺伝では平安時代の延暦24(804)年、最澄によって創建されたとも言われています。唐への留学の帰途にここ大輪田泊に着いた最澄は堂宇を建立し、薬師如来像を安置したとされています。能福寺が大いに栄えたのはやはり平安時代のこと。平清盛を始めとする平家一門の帰依を受けて、堂宇は拡大し当時周辺にあった「福原五山」の中でも筆頭の寺院とされました。

平相国廟

境内には平相国廟と呼ばれる平清盛の供養塔があり、今も平家との深いつながりを感じさせます。

兵庫大仏

能福寺と言えばこちらの兵庫大仏が知られています。

現在の兵庫大仏は二代目で、平成3(1991)年に再建されたものです。初代の兵庫大仏は南条荘兵衛なる豪商の寄進によって明治24(1891)年に建立されました。この大仏は太平洋戦争の際の金属類回収令で解体されてしまいましたが、再建の際には解体されて残されていた初代大仏の材料が一部に使われたそうです。現在の大仏は全高25mもあり、街中に佇む姿は存在感がありますね。兵庫大仏は奈良・鎌倉と並んで「日本三大仏」とも称されています。ただし、三大仏の奈良と鎌倉は固定として、残りのひと枠には高岡や岐阜が入るという説もあるとのこと。

大仏が見守る兵庫の街。次回ももう少し歩いてみたいと思います。

初代県庁館オープン・兵庫津を歩いて(後編)

投稿日:


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、兵庫津を歩いてみたいと思います。

清盛塚

県立兵庫津ミュージアム「初代県庁館」を出て兵庫運河を渡った先に清盛塚がありました。境内にある十三重の石塔が清盛塚とされ、鎌倉時代の弘安9(1286)年に当時の鎌倉幕府の執権・北条貞時によって建立されたと伝わっています。もともとは現在の場所の南西にありましたが、大正時代に道路拡幅に伴って現在地に移設されています。

兵庫県庁から時代は遡る平安時代の末、平清盛は古くから港町として栄え、大輪田泊と呼ばれていたここ兵庫津を改修し、日宋貿易の拠点として整備しました。その工事の一環として作られたのが「経ヶ島」と呼ばれる人工島です。山を切り崩した土砂で埋め立て地を築く工事は難航したため当時の慣習で人柱を建てようとしましたが、清盛の反対により、人柱の代わりに埋め立てる石一つ一つに経を記し無事に完成したと言われています。

清盛像

境内には清盛像が建っています。こちらは昭和48(1968)年に建てられたものです。清盛は所謂「源平合戦」の最中の治承5(1181)年に熱病で没し、経が島の完成を見ることはありませんでしたが、『平家物語』では経が島に埋葬されたと記されています。その記述から、この清盛塚が清盛の墓であるとされてきましたが、先述の移転の際におこなわれた調査で、清盛塚は清盛の墓ではないということがわかっているそうです。

兵庫城跡

兵庫運河沿いの遊歩道を歩いていると、「兵庫城跡」の石碑がありました。後に初代の兵庫県庁がおかれることになった兵庫城はここにあったとされています。

清盛の死後、平家は壇ノ浦の戦いで滅亡しますが、鎌倉時代に入ってから経が島の工事は再開され、建久7(1196)年に完成しました。その後も兵庫津は瀬戸内海航路の拠点として発展し、近代以降の国際貿易港・神戸港へとつながっていくこととなります。

兵庫運河を眺めて

兵庫城跡付近から兵庫運河を眺めてみました。運河沿いに大規模な商業施設が建ち、以前とは周辺の随分と雰囲気が変わってしまいましたが、ゆったりと流れる水面はそのままです。まもなく県立兵庫津ミュージアム「ひょうごはじまり館」がオープンすれば、ますます盛り上がって来そうですね。

これからの季節、運河沿いに歴史散策はいかがでしょうか。

初代県庁館オープン・兵庫津を歩いて(前編)

投稿日:


暖かくなり、春を感じることが多くなったこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

中央市場前駅

地下鉄海岸線で着いたのは中央市場前駅です。駅名の通り、駅の東側には神戸市中央卸売市場の建物があります。

県立兵庫津ミュージアム

駅のすぐそばでは何やら工事中です。こちらでは「県立兵庫津ミュージアム」が整備中で、工事中のこちらの一角では2022年度下期に「ひょうごはじまり館」がオープンする予定です。

初代県庁館

中の島交差点を曲がり、兵庫運河の方へと歩くと、和風建築が迎えてくれました。こちらは県立兵庫津ミュージアムの中の「初代県庁館」で、先ほど訪れた「ひょうごはじまり館」より一足先の2021年11月にオープンしています。

現在の兵庫県本庁舎は神戸市中央区の下山手通にあり五代目の庁舎です。では初代はというと、ここ兵庫にありました。慶応4(1868)年に兵庫県が設置された際、県庁はここ兵庫にあった江戸幕府の大坂町奉行所の勤番所に設けられていました。もともとこの場所には中世に兵庫城があり、江戸時代初めに尼崎藩領に組み込まれた際には尼崎藩の陣屋の兵庫陣屋が設けられていて、港町・兵庫を拠点となっていました。長らくこの近くに石碑があるのみでしたが、2021年11月3日、初代兵庫県庁舎を復元した「初代県庁館」がオープンしました。

初代県庁館の内部

門をくぐると、中には真新しい瓦屋根の建物が連なっています。現在の兵庫県本庁舎や四代目の庁舎だった兵庫県公館と比べると随分趣きが異なりますね。

吟味場

内部にはこんな一角もありました。こちらは吟味場、所謂「お白洲」です。当時の兵庫県は「県」と名前が付くものの、実態は幕府領を明治新政府が治めるために設けたもので、県域は兵庫津とその周辺に点在し、その周りには江戸時代からの「藩」が残されていました。現在のような「県」が置かれるのは明治4(1871)年の廃藩置県を待つこととなり、この庁舎が使われたのはまだまだ過渡期とも呼べるような時期でした。こんな近世的な空間があるのも、そんな時代だったことを感じさせますね。

県立兵庫津ミュージアムが整備され、注目を浴びつつある兵庫津。次回ももう少し歩いてみたいと思います。