世界遺産!古市古墳群を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、古市古墳群を歩いてみたいと思います。

古室山古墳

誉田御廟山古墳
から西名阪自動車道の高架をくぐると木々の茂った丘がありました。公園かと思いそうになりますが、こちらも古墳で、古室山古墳と言います。

古室山古墳からの景色

古室山古墳は大型の前方後円墳で、世界遺産にも指定されていますが、被葬者はわかっておらず、陵墓には推定されていません。そのため、古墳に上ることができます。高さ15mになる古墳の上からは大阪平野を眺めることができました。

百舌鳥・古市古墳群が築かれた頃、「倭国」と呼ばれていた日本の政治の中心は大和盆地にあったとされています。そのためか、古墳時代の初期の古墳は卑弥呼の墓とも言われる箸墓古墳を始め大和盆地内に築かれていました。しかし、古墳時代の中期になると、古墳は大和川を下り、古市、百舌鳥に築かれるようになりました。しかも、この時期に築かれた古墳は誉田御廟山古墳や大仙陵古墳といった巨大なものが増えてきます。この理由には諸説があるようですが、古市や百舌鳥は、当時、周辺国が貿易に訪れた大阪湾岸から大和盆地への通り道に当たります。諸外国に権力を示すためにこの地に巨大な古墳を築くようになったとも言われています。

仲津山古墳

古室山古墳から住宅地を歩くと、大きな古墳が現れました。こちらは仲津山古墳です。応神天皇の皇后の仲姫命の陵墓とされ、古市古墳群では応神天皇陵とされる誉田御廟山古墳に次ぐ大きさです。築造時期は5世紀の初めとされていますが、宮内庁の管理にあるため、詳しいことはわかっていません。

市ノ山古墳

仲津山古墳からは近鉄の線路を越えて、市ノ山古墳にたどり着きました。こちらは允恭天皇の陵墓とされ、やはり宮内庁に管理されています。古市古墳群では四番目の大きさの前方後円墳です。古市古墳群で巨大な古墳はこれで回り終えたこととなります。

鍋塚古墳

市ノ山古墳から近鉄南大阪線の土師ノ里駅前を通り、駅前にある鍋塚古墳を訪れてみました。駅前の公園のような小さな方墳ですが、この古墳も世界遺産に指定されています。ただし、陵墓には推定されていないため、墳丘に上ることができました。

鍋塚古墳からの眺め

鍋塚古墳からは藤井寺の街並みと、先ほど訪れた仲津山古墳のこんもりとした木々を眺めることができました。

古市古墳群を巡る旅はこれで終わりです。
なぜこの地にこれほど多くの、そして、巨大な古墳が築かれたのか、諸説があり、本当のところはよくわかっていません。先述したように、諸外国に政権の力を示すためとも言われていますが、この地に古代王朝があったという説もあります。
秋も深まる頃、古代に思いをはせながら、世界遺産を巡ってみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

世界文化遺産!古市古墳群を歩いて(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、古市古墳群を歩いてみたいと思います。

辛國神社

葛井寺の近くにあったのが辛國神社です。5世紀の創建と伝わる古社で、物部氏の氏神を祀ったのが始まりとされています。葛井寺とともに、この地域が古代の豪族たちの拠点だったことを感じることができますね。

岡ミサンザイ古墳

辛國神社から住宅地を歩いていくことにします。家並みの合間にこんもりとした緑が見えてきました。こちらは岡ミサンザイ古墳です。墳丘の長さは245mにもなる巨大な前方後円墳です。

拝礼所より

周濠を回り込み、前方部にある拝礼所から古墳を眺めてみました。
第14代仲哀天皇の陵墓とされていて、現在は宮内庁の管理にありますが、被葬者については諸説があり、雄略天皇の陵墓であるとの説もあるそうです。

世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」を構成する古市古墳群は羽曳野市と藤井寺市に跨る古墳群です。古墳の多くは古墳時代中期から後期の5~6世紀に造営されたもので、最大の誉田御廟山古墳をはじめ23基もの古墳が世界文化遺産に登録されているほか、数多くの古墳が点在しています。

誉田御廟山古墳

岡ミサンザイ古墳からしばらく住宅地の中を歩くと、誉田御廟山古墳がありました。応神天皇の陵墓とされるこの古墳は墳丘の長さが425mにもなり、古市古墳群では最大の古墳です。日本でも百舌鳥古墳群の大仙陵古墳に次ぐ第2位の大きさで、山陽電車沿線の五色塚古墳と比べると倍以上の大きさになる巨大な前方後円墳です。

誉田御廟山古墳を眺める

拝礼所から誉田御廟山古墳を眺めてみますが、大きすぎてよくわからない…。周囲を中提に囲まれた誉田御廟山古墳を地上から眺められる場所は少なく、それがより一層神秘的な雰囲気を高めているような気がします。

最大の誉田御廟山古墳を訪ねてみましたが、古市古墳群はまだまだ広がっています。次回も古市古墳群を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

世界文化遺産!古市古墳群を歩いて(前編)


秋も深まりゆくこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

藤井寺駅

直通特急を降りて乗り換えを重ね…たどり着いたのは近鉄南大阪線の藤井寺駅です。

藤井寺一番街

駅前には賑やかな商店街がありました。神戸に住む私には、この辺りはあまり馴染みがないために景色が何だか新鮮で、ついきょろきょろしてしまいます。

世界文化遺産

商店街にはこんな垂れ幕が。
藤井寺のある古市地区から堺市の百舌鳥地区へと古墳が点在する「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されたのは今年7月のこと。地元は大きく盛り上がっていて、この日も古墳散策と思われる方を多く見かけました。

葛井寺

商店街を抜けて歩いていくと立派な山門がありました。こちらは葛井寺という真言宗の寺院です。市名と漢字は異なりますが、読みは同じ「ふじいでら」で、この寺院が市名の由来となっています。

葛井寺は奈良時代の神亀2(725)年に行基が創建したと伝わっています。しかし、行基創建と言われると本当だろうかと思ってしまうところ…。別の説では、飛鳥時代に渡来系の王辰爾の甥の胆津なる人物を祖とする葛井氏が氏寺として創建したと言われています。真実は今となってはわかりませんが、これから古墳を巡ることを考えると、渡来系の人物の創建と言われたほうが盛り上がってきそうな気がするのは私だけでしょうか。

葛井寺の境内

境内は広々としていて、立派な堂宇が建ち並んでいます。中世には一度荒廃してしまった葛井寺ですが、再興された後に室町時代には興福寺の末寺となって栄えたそうです。ただし、当時の建物は火災や地震によって失われ、現在の建物の多くは近世に建てられたものです。

古市古墳群を歩くと言っておきながら、古墳が出てきていないような気がしますが…。次回は古墳を巡って歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

妙法寺川の港を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、妙法寺川を海へと歩いてみたいと思います。

妙法寺川を眺める

木々に囲まれた妙法寺川を眺めながら歩いていきます。川沿いの木々は桜が多く、春には桜の花を、秋には紅葉を楽しむことができます。

鷹取工場跡

妙法寺川沿いに公園がありました。JR鷹取駅にもほど近いこの辺りにはかつて国鉄~JRの鷹取工場がありました。その歴史は非常に古く、現在の山陽本線を開業させた山陽鉄道(山陽電車とは関係がありません)が明治33(1900)年に設けた工場が始まりです。様々な車両の検査・修繕を行う大工場で、私も公開イベントに訪れた記憶もあるのですが、阪神淡路大震災で大きな被害を受けたことや市街地の再開発のために、平成12(2000)年に機能を網干に移転しました。この公園は跡地の一部で、工場があったことを示すモニュメントがありました。

河口へ

JRの築堤を潜ると川の流れは緩やかになりました。係留された船も見かけ、海が近づいてきたことを感じます。

須磨港跡

河口付近に商業施設がありました。こちらにはかつて須磨港があり、淡路島の東浦へのフェリーが発着していました。短距離のフェリーでしたが、利用は多かったようで、当初はこちらの東側の長田港を発着していたのが船舶の大型化により昭和43(1968)年にこの地へ港を移転し、その後、明石海峡大橋が開業する平成10(1998)年まで運航を行っていました。今では面影はありませんが、ほんの20年前まで、ここには今と全く異なる景色が広がっていたのだと考えると、不思議な気分になりますね。

妙法寺川を眺める

季節ごとに花や紅葉を楽しめる妙法寺川ですが、それだけでなく、川沿いにははるか古代から近代、現代へ繋がる歴史の感じる場所が数多くあります。紅葉には少し早いですが、川に沿って歴史の旅に出てみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

妙法寺川の港を訪ねて(前編)


秋も深まりゆくこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

板宿駅

今回の訪れたのは板宿駅

妙法寺川

賑やかな板宿の街を抜けると、妙法寺川の畔に出ました。
高取山を望む爽やかな景色が広がります。あとひと月もすれば紅葉が楽しめそうですね。

證誠神社

川沿いを歩いていくと、神社がありました。
こちらは證誠神社です。

證誠神社は「大手の権現さん」とも呼ばれ、その呼び名の通り熊野権現を勧請して創建された神社です。創建されたのは平安時代の永延元(987)年とされ、なんと千年以上もこの地の氏神として信仰されてきました。

證誠神社の境内

證誠神社は非常に長い歴史を持つ古社ですが、そんなことも感じさせないほど自然に、住宅地の中に静かに佇んでいました。

次回はさらに妙法寺川に沿って歩いていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

平松・吉美を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、網干線の平松駅から歩いてみたいと思います。

路地を行く

脇道に入ってみると、こんな景色が続きます。
住宅地かと思っていたところですが、風情がありますね。

西照寺

街並みの中にあったのは西照寺です。

海の気配

歩いていると、徐々に海の気配を感じるようになりました。

吉美八幡神社

家並の中にあったのは吉美八幡神社です。

吉美八幡神社はここ吉美が林田藩領になった江戸時代の元和3(1617)年、網干の魚吹八幡神社より分霊して創建された神社と伝わっています。長らくこの吉美の鎮守として信仰されてきた神社ですが、明治に入ってから周辺の神社と合祀され、吉美八幡神社と称されるようになりました。

神社の前は

神社の前には工業地帯が広がっています。かつてはこの辺りには新田や塩田が広がっていたようですが、周辺の地域とともに工業地帯となり、のどかな景色が広がっていたであったであろう面影はありません。

趣のある街並みと工業地帯が隣り合わせになっている平松と吉美、網干線の沿線では決して目立つ存在ではありませんが、ゆっくりと歩いてみると新しい発見があります。今、沿線は秋祭りの季節、お祭りの見物と合わせて歩いてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

平松・吉美を訪ねて(前編)


つい最近まで暑かったのがウソのようなこの頃。
いかがお過ごすでしょうか。

こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

平松駅

飾磨から網干線の電車で着いたのは平松駅

大和工業グル―プ最寄駅

平松駅には2018年11月から副駅名が設定されていて、「大和工業グループ最寄駅」の文字がありました。

平松の街並み

駅前にはのどかな街並みが続いています。

現在は住宅が広がる平松駅の周辺ですが、古い地図では大津川沿いに広がる田畑の中に集落が点在していたのを見ることができます。ちょうど平松駅のある辺りにはその名も平松という集落があり、海側には吉美(きび)という集落がありました。

吉美の街並み

現在は一続きの街並みになってしまいましたが、国道の辺りから南側が吉美地区です。
やはり住宅地が広がる…といいたいところですが、寺院の白壁や瓦屋根が見事な民家もあり、どこか周辺の新しい住宅地とは違った雰囲気が漂っています。

平松駅の周辺に広がる平松と吉美、次回はもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

姫路・船場を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の船場を歩いてみたいと思います。

船場の街並み

船場川沿いから街中に入ってみます。
姫路の街は城の東から南側に広がり、北西方向は地形の事情もあって近代までそれほど市街化は進んでいなかったようですが、ここ船場では物資の集散地として経済的に発展していたせいか、古くから市街化されていました。

船場御坊

町の中にあったのが「船場御坊」こと本徳寺です。姫路で本徳寺と言えば、山陽電車の亀山駅近くにある亀山御坊が思い浮かびますが、ここ姫路城下にも同じ名前の寺院があります。

船場御坊の境内

山門をくぐると、目の前には巨大な本堂がそびえています。

船場御坊は戦国時代の永正12(1515)年、今の姫路市飾磨区にあった英賀御坊の創建に由来するとされています。この英賀御坊は後の天正8(1580)年に秀吉の英賀城攻めで亀山に移転しました。亀山に作られた亀山御坊は江戸時代の浄土真宗の東西分立で西の本願寺派に入ることとなります。東の大谷派の信徒は姫路における大谷派の拠点の再興を姫路城主となった本多忠政に訴えたところ認められ、江戸時代の元和4(1618)年に組屋敷のあった船場の地に新たな寺院が建立されることとなりました。寺院としては江戸時代からとなりますが、その背景には亀山御坊とともに中世の英賀御坊からの歴史をもつこととなり、大きな本堂には趣を感じますね。

姫路城埋門跡

船場御坊から船場川を渡ると姫路城は間近。かつて中濠だった国道沿いには石垣が残り、埋門の跡がありました。

物流の集散地として姫路藩の経済を支えただけでなく、中世都市・英賀の機能も受け継いだ船場。秋のお出かけに姫路を訪れた際は足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

姫路・船場を歩いて(前編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回と姫路を歩いていますが、引き続き、城下を歩いてみたいと思います。

船場川

十二所線を西へ歩いていくと、川がありました。こちらは船場川です。船場川は市川から分かれて飾磨へと流れる河川で、かつては市川の本流であったとも言われる自然河川です。ただ、港のあった飾磨と姫路城下を結ぶ立地から、江戸時代の初めには舟運が始められ、その名の通り、姫路城下の物流を支える存在として機能していました。

外堀の名残

船場川沿いを歩いていると、川沿いに池のような水面がありました。こちらは外堀の痕跡です。

姫路城下の物流を支えていた船場川ですが、地図で眺めてみると姫路城下の東側を囲むように流れている姿も見ることができます。市街化された現代では分かりにくくなっていますが、姫路城築城当時、船場川は西側の外堀川とともに外堀としても機能していました。船場川から分かれ、船場川と外堀川を結ぶ東西の外堀もあったようですが、現在は埋め立られています。この水面は埋め立てられずに残った外堀の痕跡です。

備前門跡

船場川沿いにあったのが備前門の跡です。この地にはかつて西国街道が通り、備前門はその名の通り、備前を経て西国へ繋がっていました。植え込みに並べられているのは発掘調査で見つかった門の前に架かっていた橋の礎石のレプリカとのこと。本物はこの地下に埋められて保存されています。

船場川を眺める

西国街道と飾磨を結ぶ舟運の交わる船場はまさに姫路城下の物流の集散地で、姫路藩の経済を支えていました。

次回はもう少し、船場を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

十二所を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の城下を歩いてみたいと思います。

十二所前

光源寺の向かいには神社がありました。こちらは十二所神社です。
十二所前という不思議な地名はこの神社に因んだものです。

十二所神社

十二所神社の表側に回ってみることに。姫路の市街地の中に佇む姿は趣がありますね。

十二所神社は平安時代の延長6(928)年の創建と伝わります。伝説では、この地で疫病が流行した際、一夜にして12本の蓬が生え、その蓬を使った薬のおかげで疫病が治まったことに由来して建立されたと言われています。かつてはここから南に下った大将軍にあったといわれていますが、後の安元元(1175)年に現在の場所に遷っています。

十二所神社の境内

木々に囲まれた境内は市街地の真ん中にあるとは思えないほど静かです。元々の敷地はさらに広かったそうですが、姫路空襲後の復興事業の中で現在の姿となりました。

お菊神社

境内には本殿とは別に社殿がありました。こちらはお菊神社です。お菊…とは怪談「播州皿屋敷」で知られるあのお菊です。皿屋敷の物語は小寺氏が姫路城主だった戦国時代の永正(1504~1521)年間頃にあったとされています。この神社は霊になったお菊を祀るため、当時の城主だった小寺則職が十二所神社の境内に建立したものとされていますが、「播州皿屋敷」の物語自体が後の時代に改変されたものとも言われ、詳しいことはわかっていないようです。

十二所まで姫路城下を歩いてみましたが、次回はもう少し足を延ばしてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村