加古川左岸の町・尾上を歩く(前編)


夏の気配も感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

尾上の松駅

普通車で到着したのは尾上の松駅です。

今福八幡神社

駅のすぐ東側に今福八幡神社がありました。山陽電車の車窓からも見ることができ、大きな鳥居が印象的な神社です。この付近にはかつて、山陽電車に並行して国鉄高砂線が通っていました。

尾上構居跡

駅から住宅地の中を東に歩くと、長田寺という寺院がありました。

この長田寺、現在は静かな寺院ですが、かつてこの地には尾上構居と呼ばれる城郭がありました。中世には上村兵左衛門なる人物、戦国時代には加古氏が城主を務めたといわれています。この加古氏は天正6(1578)年の三木合戦の際に三木城の別所方について戦ったといわれています。尾上構居がいつからいつまで使われていたのかはわかっていないようですが、三木合戦の頃になくなったのでしょうか。規模は違いますが、平らな街中に城郭があるのは対岸の高砂と似ていますね。

尾上神社

尾上構居から少し歩くと大きな神社がありました。こちらは尾上神社です。住宅地の中に木々が生い茂り、印象的です。

尾上の松

境内には玉垣に囲まれた小さな松の木がありました。こちらが山陽電車の駅名にもなった尾上の松です。この尾上の松は対岸の高砂にある「相生の松」などを巡る「播州松巡り」の一つとして古くから知られています。ただし、残念ながら、以前の松は枯れてしまったそうで、現在は八代目と九代目の松が植えられています。

尾上神社から、さらに尾上の町を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

秀峰を望む弓弦羽の里を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、阪急御影駅から歩いてみたいと思います。

綱敷天満神社

高い石屋川の土手の傍らに神社がありました。こちらは綱敷天満神社です。何だか聞いたことがある名前ですね。

綱敷天満神社の由緒を見ると、延喜元(901)年、菅原道真が左遷され、九州の太宰府に向かう途中、この地にあった石屋村の祖・山背王を訪ね、その際に石の上に円座のように綱を置いて招いたことが神社の名前の由来とのこと。経緯は若干異なりますが、綱を円座のように敷いて、その上に道真が座った…というあたりは須磨の綱敷天満宮と同じですね。同様な伝説は各地にあるのかもしれません。

綱敷天満神社の境内

境内は広いわけではありませんが、何だか変わったものがありました。細い柱の鳥居のようなものに綱が巻きつけてあります。こちらは毎年一月に行われる綱打祭で使われる注連柱(しめばしら)と綱で、この注連柱を潜ることで無病息災に暮らすことができるとのこと。

石屋川隧道跡

綱敷天満神社から歩いてJRの高架を潜ります。高架下には「日本で最初の鉄道トンネル 旧石屋川隧道跡」と書かれた石碑がありました。この地に鉄道が開業したのは明治10(1877)年のこと。当時の鉄道は天井川の石屋川よりも低い地平を走っていました。蒸気機関車では急な坂道を上ることができないため、道路橋のように石屋川を乗り越える橋を設けることもできず、川の下を通るトンネルが設けられることになりました。これが日本で最初の鉄道トンネルとのことです。このトンネルは昭和51(1976)年、高架化が完成するまで使用されていましたが、現在は跡形もありません。

御影公会堂

坂道を下っていくと、目立つ建物が見えてきました。こちらは御影公会堂です。昭和7(1932)年に完成したこちらは御影のシンボルのような建物ですね。

六甲山地を眺める

御影公会堂から少し下ると、石屋川の向こうに六甲山地の景色が広がりました。前回、弓弦羽神社で紹介した秀峰・弓弦羽嶽とは、実は六甲山のことであると言われています。六甲山自体は雲と木々で望むことはできないのですが、坂の町の向こうに峰々が続くこの景色は美しいですね。

ここから石屋川沿いに少し坂を下ったところにある阪神電車の石屋川駅から六甲山地を眺めつつ帰途に就くことにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

秀峰を望む弓弦羽の里を歩く(前編)


明るい日差しに夏の気配も感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急御影駅

今回のスタートは阪急電車の御影駅

深田池

駅のすぐ山側に深田池という池がありました。高台にこんな大きな池があるとは驚いてしまいますが、もともとは農業用のため池として設けられたものだそうです。

弓弦羽神社

深田池から線路を潜って浜側に出ると、大きな神社がありました。こちらは弓弦羽神社です。平安時代の創建とも言われる非常に歴史のある神社ですが、最近はフィギュアスケート選手の名前に似ているということでも知られていますね。

弓弦羽神社は平安時代の嘉祥2(849)年の創建と伝わっています。しかし、その由緒はさらにさかのぼるようで、古代、神功皇后が三韓征伐の帰途、忍熊皇子が挙兵し、皇后軍を迎え撃とうとしていることを聞き、この地で戦勝祈願を行ったことに由来していると言われています。その故事もあり、秀峰と言われる弓弦羽嶽を望むこの地は「弓弦羽ノ森」と呼ばれる神領地とされ、後に神社が造営されることとなりました。

弓弦羽神社の境内

今ではどうしてもフィギュアスケート選手が思い浮かんでしまいますが、歴史ある神社だけあって境内は広々としています。ただし、境内から神社の名前の由来となった秀峰・弓弦羽嶽を望むことはできませんでした。

急こう配の道路橋

弓弦羽神社から西へ向かうと、急こう配の上り坂を見つけました。この辺りは六甲山地からの扇状地状の地形が広がっていて、南北は急な坂になっていますが、東西方向はなだらか地形が続いているはずです。その中でこの急坂は一体…?

石屋川

坂を上ると、橋がありました。下を流れるのは石屋川です。川は意外と浅く、川底は周辺の地面より高いように見えます。所謂「天井川」ですね。花崗岩でできた六甲山地は非常にもろく、水の流れで運ばれてくる土砂で川底が高くなった川が、旧湊川を始め、六甲山の南側にはいくつもあります。この石屋川もその一つで、かつては水害の原因にもなりました。

次回はこの石屋川に沿って歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

淀川右岸の町・福と大野を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回、前回に続いて、淀川右岸の福と大野を歩いてみたいと思います。

大野川

大福漁港
から北東に向かうと、細長い緑地がありました。地図を見ると、細長い形の大福漁港の延長線上に続いているように見えます。こちらはかつてこの地を流れていた大野川の跡です。大福漁港はもともと大野川の河口の港でした。この辺りは対岸の伝法漁港に似ていますね。

お地蔵さんのある分かれ道

緑地に沿って歩いていると、お地蔵さんのある分かれ道に着きました。左側に進むと百島・大野地区です。

百島・大野地区は福町から大野川を挟んだ西側に、川に沿って細長く広がる集落でした。細長い集落の周りは新田開発によって生まれた田んぼで農業が盛んだったそうですが、淀川の河口に近いこともあり、福町と同じく漁業も盛んだったといわれています。現在も大福漁港を福町と共同で使用していますね。

乗願寺

福町以上に狭く建て込んだ百島地区にあったのが乗願寺です。由緒ありそうな寺院ですが、門は固く閉ざされていました。

大野百島住吉神社

乗願寺のそばにあったのが大野百島住吉神社です。先ほどの福住吉神社といい、漁業が盛んな地域だったせいか、住吉神社が多いですね。こちらは江戸時代の寛永20(1644)年の建立とされ、福住吉神社と同じく、新田開発でこの地域に人が住み始めた頃に建立されたのでしょう。

淀川河口のデルタ洲に広がる新田での農業が盛んだったこの地域ですが、近代に入ると田んぼには大規模な工場が建ち並び、工業地帯となりました。内陸のほうはというと、交通に便利な環境であるためか、住宅や商業施設が建ち並ぶようになりました。今では細い路地が続くもともとの集落の街並みと漁港が、この地が農業と漁業で栄えた村だったことを今に伝えています。

狭い路地

住吉神社の近くにはかつての面影を残しているのであろう細い路地が続いていました。
このまま路地を歩いていけば、阪神なんば線の福駅に戻ることになります。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

淀川右岸の町・福と大野を訪ねて(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、淀川右岸の福を歩いてみたいと思います。

福町の街並み

福町の狭い路地を歩いていくことに。道幅は狭く、時々うだつのある家もあって風情があります。

光蓮寺

街中に立派な寺院がありました。こちらは光蓮寺です。この辺りが福村の中心だったのでしょうか。

淀川

町はずれの淀川の土手にたどり着きました。

現在の広々とした淀川は明治43(1910)年に開削されたもので、福町の歴史からすれば新参者です。福町の少し上流には伝法大橋が架かっていて、対岸は以前訪れた伝法です。かつては伝法まで地続きで、開削後でも明治時代の地図には「大潟渡」の文字がありました。陸路の代替手段として渡し船が運航されていたのでしょう。

大福漁港

淀川の河口近くに漁港がありました。こちらは大福漁港です。福町と隣の大野地区の共同漁港で、かつては貝類がよく獲れたとのこと。「西風が吹くと福が来る」と言われ、西風の際に豊漁になったようです。このことが福の地名の由来になったのでしょうか。

次回は大福漁港から北西に広がる大野地区を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

淀川右岸の町・福と大野を訪ねて(前編)


葉桜となり、早くも初夏の気配を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

福駅

今回訪れたのは阪神なんば線の福駅
縁起の良さそうな駅名で、既に歴史のにおいを感じますね。

福村への入口

駅から国道を渡り、住宅地に入ると分かれ道が現れました。こちらが今は福町と呼ばれている福村への入口です。

福住吉神社

分かれ道を右に進むと、神社が現れました。こちらは福住吉神社です。建て込んだ住宅地の中にありますが、境内は意外と広々としています。

福町はこの辺りでよくあるように江戸時代の新田開発によって生まれた村です。村の北西を淀川の分流の大野川が流れていて、その下流に漁港があったために漁業でも非常に栄えたといわれています。この福住吉神社はそんな福の漁業の航海の安全と豊漁を願って、江戸時代の明暦2(1656)年に建立されたとのこと。

福町の街並み

周りを川に囲まれた地形ながら、この福町は水害に遭うことがあまりなかったそうで、今でも細い路地が入り組んだ昔ながらの街並みが残されています。

次回は福町を歩いて淀川の港を目指してみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

洗川の港町・今市を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて洗川沿いの中島今市を歩いてみたいと思います。

正覚寺

お屋敷が建ち並ぶ今市の街中にあったのが正覚寺という寺院です。こちらは江戸時代初期に建立されたという寺院で、門前には南北朝時代のものとされるお地蔵さんがあります。

今市の街並み

正覚寺を過ぎても、周辺にはお屋敷が建ち並ぶ景色が続きます。

法華山谷川と洗川に囲まれて水運に便利な今市は古くから物資の集散地として栄えていました。特に、この辺りでよく生産されていた印南三白(米、木綿、塩)の取引が盛んでした。ちなみに、江戸時代の初め、今市は姫路藩の領地でしたが、江戸時代の中頃には徳川吉宗の四男・宗尹を家祖とする一橋徳川家の領地となっています。この今市が特に栄えたのは江戸時代の長い期間、天領であったこともあるのでしょうか。

住吉神社

今市の街を歩いていくと、法華谷川沿いの住吉神社にたどり着きました。

今市を治めていた一橋徳川家に仕えていたのが渋沢栄一でした。渋沢は周辺で生産される木綿や米の取引方法の確立するなどで一橋徳川家の財政建て直しに奔走し、ここ今市に「一橋産物会所」を設立しました。また、裕福な今市の商家から現金を集め、「今市札」と呼ばれる藩札を発行し、その引替所もこの地に置きました。渋沢の政策で今市はさらに発展していくことになります。

川を臨む

住吉神社の裏から法華山谷川沿いに出てみました。
かつて賑わった港は、現在では跡形もありません。近世から近代の初めまで栄えた今市ですが、幕藩体制の終わりや、物流の変化で次第に経済の中心としての機能を失っていきます。千石船が行きかっていた洗川は戦後、埋め立てられたり暗渠になったりして、これまで歩いてきたようにわずかな痕跡が残るのみです。

法華山谷川と山陽電車

川を下ると山陽電車の鉄橋が見えてきました。ちょうど、直通特急が通過していきます。

これからの穏やかな季節、かつて栄えた川港を訪ねて、高砂を歩いてみませんか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

洗川の港町・今市を歩いて(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、洗川沿いを歩いてみたいと思います。

大年神社

地上に現れていた北洗川ですが、明姫幹線と交わる辺りから再び暗渠になってしまいました。ちょうどその暗渠の近くにあったのが大年神社です。立派な木が印象的ですね。古い地形図では北洗川はこの神社の西側で法華山谷川と合流します。

玄長寺

大年神社から南へ歩くと、細い路地が入り組んだ地区に差し掛かりました。もともとの中島の集落はこの辺りにあったようです。集落の中には玄長寺という寺院がありました。

人丸神社

新幹線の高架を潜り、さらに歩いていると小さな神社がありました。こちらは人丸神社です。この辺りは今市という地区で、現在では先ほど歩いてきた中島と街並みが続いていますが、古い地図を見てみると完全に別の集落でした。この人丸神社は今市の北東の入口に位置しています。

古い地図を見ると、この今市は南洗川と法華山谷川が交わる辺りから北東へ家々が建ち並ぶ集落であったことがわかります。集落の南西は南洗川と法華山谷川に囲まれた岬のようになっていて、船をつけるのには良さそうですね。実際、今市は周辺で生産された農産物を積み出す水運の拠点として栄えていました。

今市の街並み

今市の集落に入ると、大きなお屋敷が多いことに気づきます。現在は高砂の一地区である今市は小さな川港と思ってしまいそうですが、かつては非常に栄えていました。

次回はもう少し今市を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

洗川の港町・今市を歩いて(前編)


早くも桜の見ごろになってきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

荒井駅

普通車で到着したのは荒井駅です。
工業地帯の玄関口の駅ですが、日中はのどかな雰囲気です。

奇妙な遊歩道

荒井駅から北へ歩いていくと、不自然な遊歩道を発見しました。この微妙にカーブを描いた細道は、鉄道の跡か川の跡か…。

この遊歩道は洗川緑道といい、かつてこの地には南洗川という川が流れていました。今でも不自然に曲がった道路があり、川跡と分かりますが、古い地図を見るとはっきりと川の様子がわかります。舟が通れるような川だったといわれていますが、戦後ほどなく、埋め立てられてしまいました。現在は道路や遊歩道、宅地になっています。

竹嶋大明神

南洗川沿いに歩いていくと、小さな神社がありました。こちらは竹嶋大明神です。洗川として流れていた川はこの付近で南洗川と北洗川に分かれていました。南北の洗川に囲まれた地区は島のようになっていたようです。

中島地区

洗川に囲まれた島にあったのが中島という集落です。この中島の地名は現在も残されていますが、古い地図では農村集落のようであったのが、現在では真新しい住宅の建ち並ぶ住宅地になっていました。

北洗川

中島地区のはずれ、スーパーの裏手に川がありました。こちらは北洗川です。埋め立てられてしまった南洗川に対し、北洗川は一部が暗渠になりながらもこうして今もこの地を流れています。

次回はこの北洗川に沿って歩いていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

大和田・出来島を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、阪神なんば線出来島駅周辺を歩いてみたいと思います。

大和田の街並み

大和田港から大和田の街を歩いてみることに。今は大和田も出来島も町がつながっていますが、古い地図を見ると、近世に新田開発で生まれた出来島は一面田んぼが広がっていたのに対し、大和田川の左岸の大和田は民家が建ち並び、賑わっていたようです。

大和田住吉神社

大和田地区の北の端にあったのが大和田住吉神社です。こちらは鎌倉時代の正和9(1320)年の創建という古い神社です。

万葉歌碑

境内には万葉集の歌碑がありました。中州を新田開発した出来島に対し、大和田は古くから集落になっていて、「大和田の浦」などと歌に詠まれていました。

大和田城跡

住吉神社から少し歩くと小学校がありました。この小学校の敷地内には大和田城跡の石碑があるようです。

大和田城がいつ造られたかはわかっていないようですが、中世頃に築かれた砦であったものが石山本願寺の支城となったようです。天正3(1575)年、織田信長が今の大阪城の位置にあった石山本願寺を攻めた石山合戦の際には荒木村重がこの支城を攻略、改築したうえで本願寺攻略の拠点としました。大坂の陣頃まではこの城はあったといわれていますが、その後廃城となり、城跡は市街地となってしまったために痕跡も残っていません。今となってはどの程度の規模の城だったのかも謎とされています。

出来島駅へ

大和田をぐるっと回って出来島駅に戻ってきました。出来島、大和田は今では静かな住宅地ですが、ゆっくりと歩いてみれば、景勝の地であり、大坂の攻略・防衛の上で重要な拠点だったかつての面影を感じることができます。春のお出かけには、出来島で途中下車はいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村