播磨の善光寺と山陽道・高砂市阿弥陀を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、高砂の阿弥陀を歩いてみたいと思います。

薬師堂

街道沿いを歩いていると薬師堂がありました。江戸時代に建立されたというお堂で、街道の風情を残す町並みに溶け込むように佇んでいました。

時光寺

住宅地を歩いていくと、趣のある山門が姿を現しました。
こちらは時光寺です。

時光寺の境内

趣のある山門をもつだけあって、時光寺の境内は広々としていました。

時光寺は鎌倉時代の建長元(1249)年の創建と伝わっています。時光上人なる人物が阿弥陀如来を海中から引き揚げ、堂宇を創建したのが始まりとされています。この阿弥陀如来像は一体で見つかったわけではなく、二見から阿閇・高砂・福泊・妻鹿…と色々なところから頭や足が引き揚げられたという話が伝わっています。ただし、この時、右手だけは見つからなかったそうで、魚を救うために右手は海中に残ったままといわれています。

戦後記念大仏

境内には戦後記念大仏がありました。なお、ここでいう「戦後」は太平洋戦争ではなく、日露戦争を指します。

もともとは曽根天満宮の西側にあった時光寺ですが、のちに文永10(1273)年に今の場所へ移りました。この時、北原の宿と呼ばれていたこの地を「阿弥陀の宿」と呼ぶように改められたそうです。不思議なありがたい地名はこの時光寺に由来していたのですね。ちなみに、この時光寺は「播磨の善光寺」とも呼ばれていて、この寺に三回参拝すれば信州・善光寺に一回参拝したのと同じご利益があると言われています。

時光寺を眺める

静かな時光寺の境内を眺めてみます。

不思議な地名の街に佇む時光寺。「播磨の善光寺」と呼ばれるだけでなく、不思議な伝説に彩られた古刹でした。これからの気候の良い季節、電車に乗って訪ねてみてはいかがでしょうか。なお、お出かけの際は十分な感染症対策をお願いします。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

播磨の善光寺と山陽道・高砂市阿弥陀を訪ねて(前編)


春も深まりゆく頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

曽根駅

山陽姫路駅からJRに乗り換えて着いたのは曽根駅
山陽電車にも山陽曽根駅がありますが、こちらは曽根の街からはかなり山側に入った位置にあります。

陸橋下の道標

駅のすぐそばの陸橋の下にはたくさんの道標が佇んでいました。どれも興味深いことが描かれていますが、ひとまず左に向かうことにしました。

阿弥陀町阿弥陀の街並み

駅の周辺に広がるのは阿弥陀町の街並みです。この地区は阿弥陀町阿弥陀という地名で、何だかありがたい気分になる町ですね。

先ほどの道標に「左 おうくわん」(=往還)と書かれていましたが、こちらはかつての山陽道でした。古い地図を見てみると、山陽曽根駅の北側の曽根の街とは別に、街道沿いに阿弥陀の街が広がっていたことがわかります。今は住宅街になっていますが、どこか街道の風情を感じることができますね。

地蔵院

街道にあった道標に導かれてたどり着いたのが地蔵院です。阿弥陀の町にはこうした寺院やお堂が数多くあります。だから「阿弥陀」という地名なのかと思いますが、そうではありません。
次回は「阿弥陀」の由来を訪ねてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

垂水新田・霞ヶ丘を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて霞ヶ丘を訪ねてみたいと思います。

五色塚を眺める

五色塚古墳を降りて墳丘を眺めてみます。
この土地の有力者が埋葬されていると考えられる五色塚ですが、ここ霞ヶ丘、そして播州の台地は、明石海峡に面しているものの水に恵まれない土地でした。五色塚に埋葬されている人物はこの地域だけでなくもっと広い範囲を治め、経済的な力を持つようになった人物だったのではないかとも考えられています。

山陽バスの走る道

五色塚古墳から街中を歩いていくと、商店の建ち並ぶ通りに出ました。
山陽バス1系統のバスが走り去っていきます。

松平日向守供養墓

バス道を歩いていくと、立派な松の木が植えられた一角がありました。
こちらは松平日向守信之の供養墓です。今は霞ヶ丘と呼ばれてるこの一角は「垂水新田」として松平日向守が開拓した新田です。

松平日向守信之は江戸時代の初めの万治2(1659)年に明石藩主となり、延宝7(1679)年に大和郡山へ転封となるまで20年に渡ってここ垂水をはじめとした明石藩領を治めてきました。その間に、明石をはじめとした地域で数々の新田開発を行い、ここ霞ヶ丘の「垂水新田」も開くこととなりました。今は住宅地となっているこの辺りはかつては松平日向守信之が開いた新田が広がっていたのです。

従是霞ヶ丘

墓所の片隅には「従是霞ヶ丘」と書かれた石碑がありました。もともとは商大筋沿いにあったそうですが、この地に移されています。

墓所と松の木

墓所を眺めてみました。
松平日向守信之は後に老中となり、下総古河へと転封され、老中に在職中の貞享3(1686)年に古河城で亡くなりました。この供養墓はそのことを伝え聞いた地域の方が垂水新田を開いた松平日向守信之を偲んで建てたものです。

水に恵まれないこの土地は新田となり、今は住宅地となりました。
墓所の傍らからは立派な松の木が春の青空に向かって伸びています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

垂水新田・霞ヶ丘を訪ねて(前編)


桜の花も咲くころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

霞ヶ丘駅

山陽電車で着いたのは霞ヶ丘駅です。
ホーム越しには家並みの向こうに明石海峡大橋がそびえているのを眺めることができました。

五色塚古墳へ

駅の脇の細道を歩いていくと、巨大な丘がそびえています。
こちらは兵庫県下最大級とされる古墳・五色塚古墳です。

五色塚古墳へ上る

五色塚古墳は陵墓には指定されておらず、墳丘に上ることができます。

兵庫県下最大級といわれる五色塚古墳は古墳時代の4世紀後半に築かれたとされています。先ほども見たように、陵墓には指定されておらず、被葬者がどんな人物なのかはわかっていません。巨大な規模から考えると相当な有力者であったことが伺えますが、この地域でこれだけの経済力を持つことは難しいのではないかとも考えられていて、大和政権とつながりがあり、明石海峡だけでなく播磨東部や淡路島にまで影響力を持っていたのではないかとも考えられています。「五色塚」の名前の由来には淡路島の五色から石を運んだからという説もあります。

墳丘を見上げる

前方部に上がり、石の噴かれた墳丘を眺めてみます。
かつては木々が生い茂っていたそうですが、昭和40年代に発掘と合わせて復元がなされ、今は築造当初のような美しい姿になっています。ただし、戦前戦中に開発の手が加わったほか、前方部は山陽電車の敷設のために削られていて、築造当時のまま…というわけではないそうです。

墳丘からの眺め

墳丘からは明石海峡の景色を眺めることができました。

街中に眠る史跡にはどこかロマンのようなものがありますね。
次回ももう少し霞ヶ丘を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

日本三奇・石の宝殿を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、高砂の生石神社を訪ねてみます。

石の宝殿

生石神社の拝殿の向こうには岩肌が見えました。こちらが「石の宝殿」と呼ばれる巨石です。

石の宝殿を眺める

拝観料を払って中に入りますが、巨大すぎて全体を写真に収めることはできませんでした。

前回も見てきたように、「石の宝殿」と呼ばれるこの巨石は生石神社のご神体とされていて、はるか神代に作られたという伝説があります。伝説では大穴牟遅(おおあなむち)と少毘古那(すくなひこな)の二柱の神がこの地に石の宮殿を建てようとしましたが、この地域の土着の神である「阿賀の神」の反乱を受けて中断。宮殿は作りかけのままとなりましたが、二柱の神はその後もこの岩に籠ったそうで、これが生石神社のご神体となりました。

石の宝殿を見下ろす

拝殿の裏手には上ることができ、「石の宝殿」を見下ろすことができました。近づくとよくわかりませんが、こうして見下ろしてみると「石の宝殿」は神社のある巨大な岩をくり抜いて作ったもののようにも見えますね。ただし、そうだとしてもこの石の宝殿が何の目的でどうやって作られたのかはわかっていません。そうした謎から、「石の宝殿」は宮崎県高千穂の「天之逆鉾」、宮城県塩竈市の「四口の神竈」とともに「日本三奇」とも呼ばれています。

岩山と播磨灘

さらに裏手を上ると播磨灘をバックに岩山を眺めることができました。こうした岩山はこの地域特有で、こうした山から採られた石は竜山石(宝殿石)と呼ばれて古くから石材として利用されてきました。石の宝殿もこの石を使って何かを作ろうとした跡なのかもしれません。

播磨灘と上島

山頂に上がると景色が開けました。神社越しには播磨平野の東側、加古川沿いの街並みが広がっていて、南に目を向けると播磨灘が広がっています。水平線の上には無人島・上島も見ることができました。

高砂の山中に眠る謎に包まれたスポット「石の宝殿」ですが、どこか、この地域とのつながりも感じることができました。これからの季節、混雑を避けて訪ねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

日本三奇・石の宝殿を訪ねて(前編)


日差しが明るくなり、春を感じることが多くなったこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

宝殿駅

山陽姫路駅からJRに乗り換えて着いたのは宝殿駅です。

梅の咲く道

宝殿駅から住宅地の中を歩いていきます。
道沿いの家には所々に梅の木が植えられていて、かわいらしい花が咲いていました。

生石神社

住宅地を抜けた先の山腹に神社がありました。
こちらは生石神社(おうしこじんじゃ)です。

生石神社の石段

鳥居を抜けると山に張り付くように楼門のような絵馬殿があり、そこをくぐるような急な石段が設けられています。

生石神社の歴史ははるか昔にさかのぼり、3世紀頃の崇神天皇の時代の創建と伝わっています。大穴牟遅(おおあなむち)少毘古那(すくなひこな)という二柱の神がこの場所に石造りの宮殿を建てようとしたのが始まりという伝説があります。この時の宮殿が「石の宝殿」と呼ばれるようになり、今も生石神社のご神体になっています。

生石神社の境内

急な石段を上ると、ようやく生石神社の境内に着きました。振り返れば播磨平野が一望できますが、「石の宝殿」は伝説から1700年以上も経った今もこの拝殿の向こうにあります。

次回は石の宝殿を訪ねてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

宝の船入れ・明石港を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて明石港を歩いてみたいと思います。

岩屋神社

街中に入ると、大きな神社がありました。こちらは岩屋神社です。

岩屋神社の境内

岩屋神社の境内には早春の明るい日差しが差し込んでいました。

岩屋神社の歴史は途方もなく古く、成務天皇13(143)年に遡ると言われています。対岸の淡路島の岩屋からこの地に遷ったのが始まりとされていて、1900年近い歴史があるとされています。近世には明石城主の産土神とされて重視されてきました。

岩屋神社から海を眺める

岩屋神社の境内からは屋並みの間に淡路島の山々と明石海峡を望むことができました。

岩屋神社で象徴的な祭礼が「おしゃたか舟神事」です。先ほども見てきましたように、この岩屋神社の祭神は対岸の淡路島岩屋から遷ったとされています。伝説では、勅命を受けたこの地の名主が一族郎党を連れて淡路島へ渡り、祭神を舟に遷して明石へと戻ろうとしました。その際に潮の流れが変わったために明石の浜へ舟をつけることができず、西方の松江海岸の沖の「赤石」付近で夜を明かしました。この赤石付近で神饌を供えたおかげで翌朝には明石の浜へ戻ることができたとのこと。神事ではこの当時を偲んで明石の浜から舟を漕ぎ出し、松江海岸の沖合で神事を執り行います。ちなみに、伝説に登場する「赤石」は明石の地名の由来になったとも言われています。

旧波門崎燈籠堂

再び港のほうへ戻りました。港の外れにある大きな灯篭のようなものは旧波門崎燈籠堂です。江戸時代の明暦3(1657)年に明石港への入り口を示す灯台として設けられ、手を加えられながらなんと昭和38(1963)年まで現役で使用されていました。

淡路島を望む

港からは淡路島の島影を望むことができました。

今は淡路島への航路は前回訪ねたジェノバラインだけとなりましたが、手の届きそうなところにある対岸の島は、岩屋神社の祭神が遷った当時から今まで、ずっとつながっているかのようです。
早春の穏やかな海を石造りの灯台が見守っていました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

宝の船入れ・明石港を歩いて(前編)


梅の花も見ごろになってきたこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽明石駅

今回のスタートは山陽明石駅
言うまでもなく山陽電車一の主要駅で、再開発で駅前は賑わっています。

ジェノバライン乗り場

駅から賑やかな街中を歩くと、明石と淡路島の岩屋を結ぶジェノバラインの乗り場に着きました。明石からは淡路島の岩屋や富島への航路がありましたが、明石海峡大橋の架橋で航路は再編され、近年にも東側にあった「たこフェリー」こと明石淡路フェリーが平成22(2010)年に運航を休止しました。今、明石を発着する定期航路はこのジェノバラインだけです。

明石港

ジェノバラインの乗り場の西側には漁船が係留されている港がありました。

古代の明石港は明石川の河口付近にあったとされています。現在の港が整備されたのは近世に入ってからでした。明石藩主となった小笠原忠真は明石城築城に続いて港の工事にも着手、江戸時代初めの元和7(1621)年に砂浜を浚渫して石垣が築かれていきました。大規模な港が整備されたことで、瀬戸内海の要衝に位置する明石は明石藩の港としての役割だけでなく、瀬戸内海航路の避難港や淡路島への連絡港として大変に賑わうようになりました。そんな歴史を思い浮かべると、旅客航路が大幅に減った今は少し寂しいような気がしますね。

灯台と明石海峡

明石港の外れに来てみました。かつての明石港の入り口はこの辺りにあったそうです。近代的な港となっていますが、今も漁船がここから出入りしています。赤い灯台と明石海峡大橋の景色が印象的ですね。

古くから栄えた明石の港。次回はもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

播磨丘陵の古刹・法華山一乗寺を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、法華山一乗寺を訪ねてみたいと思います。

本堂

山中に佇む本堂を見上げてみました。
斜面に建つ建物の斜面側は懸造になっています。

本堂から眺める

本堂に上がると舞台のようになっていて、三重塔や常行堂、連なる山々を眺めることができました。

開山堂

境内の奥の木々に中に奥の院「開山堂」がありました。このお堂には一乗寺を開いた法道仙人が祀られています。

前回もお話ししましたが、法道仙人が開いた当初の寺院は今の場所の北側の笠松山にあったそうで、この地に寺院ができた時期はわかっていません。ただ、現存するもので年代がわかる最古の建物とされる三重塔は平安時代の承安元(1171)年の建立と伝わっていて、遅くともその頃にはここに寺院があったということでしょうか。
その後、創建当初の天台宗の寺院としてだけでなく、中世には真言律宗の律院も設けられ、一乗寺はこの地域の仏教の拠点となり大いに栄えました。中世から近世にかけて幾度となく発生した火災で資料はあまり残されていないようですが、山中にそびえる広大な伽藍は栄えた当時の姿を今に伝えています。

山門

境内から少し離れた山の中に山門が佇んでいました。
かつては徒歩で訪れる参拝客を迎えていたのであろう立派な山門は山の中で苔むしていましたが、今も車やバスで訪れる参拝客をひっそりと出迎えています。

播磨の丘陵地帯の山の中にある法華山一乗寺。訪ねてみると中世の面影を残す寺院の姿に圧倒されてしまいました。
まだもう少しだけ我慢の時期が続きますが、近場のスポットで少し息抜きはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

播磨丘陵の古刹・法華山一乗寺を訪ねて(前編)


寒さの中に春の気配を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

法華山一乗寺バス停

山陽姫路駅からバスで到着したのは法華山一乗寺バス停
播磨平野の端の山の中に佇むバス停ですが、周辺には茶店などが建ち並び少し賑やかな雰囲気です。

法華山一乗寺

バス停の前には趣のある寺院が佇んでいました。こちらは法華山一乗寺です。

石段を上る

バス停からは急な石段を上ることに。

三重塔

石段の途中には常行堂三重塔がありました。三重塔は平安時代の承安元(1171)年に建てられたもので、国宝に指定されています。隣の常行堂ももとは奈良時代の建築でしたが、何度も焼失して現在の建物は明治時代に再建されたものです。それにしても、山の中に中世寺院の雰囲気を色濃く残した古刹がこうして佇んでいるのには驚きますね。

法華山一乗寺は法道仙人によって開かれたと伝わっています。天竺(インド)から紫雲に乗ってやってきたという法道仙人はこの近くの山が空から見ると八葉蓮華の形をしているとして「法華山」と名付けました。現在のような寺院が建立されたのは飛鳥時代の白雉元(650)年とのこと。法道仙人は播磨の各地に寺院を開き、様々な伝説に彩られた謎の人物ですが、この法華山一乗寺は天竺から渡ってすぐに開いた場所とされ「伝説の始まりの地」ともいえるでしょうか。

本堂

石段を上り詰めると本堂に着きました。山の中にそびえる巨大な堂宇には圧倒されてしまいますね。

播磨の山の中に佇む古刹・法華山一乗寺、次回はもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村