太山寺への道・妙法寺川を歩く(前編)


寒さの厳しいころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

板宿駅

今回山陽電車で着いたのは板宿駅
地下駅の上には賑やかな商店街や市場が広がっています。

山への道

ここ板宿から山陽電車は須磨・垂水へと南西に向かいますが、交通量の多い県道はここで大きく北へカーブして、妙法寺川沿いに三木へと続いていきます。古代の山陽道は難所であった須磨海岸を迂回するため、県道と同じく妙法寺川に沿って北上し、白川峠を越えて太山寺へと続いていました。今回はこの道を少し辿ってみたいと思います。

禅昌寺前

駅前から神戸市バスに乗って着いたのは禅昌寺前

禅昌寺山門

バス停から程なく、禅昌寺がありました。
竹藪の中に山門が静かに佇んでいます。

禅昌寺は臨済宗南禅寺派の禅寺です。創建は南北朝時代の延文年間とされ、非常に長い歴史を持っています。古代山陽道や三木への街道沿いにあったことから、戦国時代、豊臣秀吉の三木合戦で堂宇は焼失、後に秀吉の桃山御殿の建物を移築して方丈としたそうです。現在の建物は明治時代に焼失したものを再建したものとのこと。

禅昌寺の境内

竹藪に囲まれた寺の境内は、山の中にあるだけあって静寂に包まれていました。

太山寺、明石、三木へと多くの人々が行きかった妙法寺川沿いの山越えの道には多くの史跡が残されています。次回、もう少し川をさかのぼってみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

明石市街を一望・人丸山に上る(後編)


新年あけましておめでとうございます。
今年も山陽沿線ブログ「せっつ・はりま歴史さんぽ」をよろしくお願いいたします。

今回は前回に続いて、明石の人丸山を歩いてみたいと思います。

時の道

柿本神社の前を通るのは時の道です。石畳の道は風情がありますね。

月照寺

時の道に面して、月照寺がありました。

月照寺は平安時代の弘仁2(811)年に創建されたと伝わっています。創建当時の名前は楊柳寺。前回訪れた柿本神社の始まりといわれる祠が造られた寺です。この祠が造られた際に寺号を「月照寺」と改め、今に至っているとのこと。ただし、創建の地であった赤松山には明石城が築城されることとなり、現在の場所は柿本神社とともに江戸時代の元和5(1619)年に移ったものです。ちなみにこの地が「人丸山」と呼ばれるようになったのもこの時のことだそうです。

月照寺の境内

現在の月照寺の境内は広いわけではありませんが、整備された庭園は美しく、まるで京都や奈良の寺院のようですね。

月照寺山門

境内の西には山門があります。こちらはもともと伏見城の城門を移築したもので、明石城の城門として使われていたのが明治時代にこの地に移築されたものです。

亀の水

人丸山の麓に降りると、湧水がありました。こちらは「亀の水」です。もともとは江戸時代にこの地に移ってきた月照寺・柿本神社の手水として使われていたのですが、水の美味しさから名水として知られるようになったそうです。

雲晴寺

人丸山の麓の街中に寺院がありました。こちらは雲晴寺です。雲晴寺の創建時期は詳しくわかっていないようですが、江戸時代の寛永16(1639)年に当時の明石藩主・大久保忠職が姉の夫で現在の千葉県の安房館山藩主だった里見忠義を弔うために寺を整備した際に「雲晴寺」という寺号がつけられたとされています。ちなみにこの里見忠義は江戸時代の小説『南総里見八犬伝』のモデルと言われています。

宮本武蔵の庭園

本堂の裏手には宮本武蔵が作庭したものを復元した庭園がありました。江戸時代の明石城下の街づくりに宮本武蔵は深く関わっていたと言われています。雲晴寺は武家屋敷の建ち並ぶ街の東の端に位置し、広い伽藍を持って城下町の外側の寺町を形成していました。人丸山もこの雲晴寺も明石城と城下町とともに生まれた地域とでも言えるでしょうか。

今では賑やかな港町の姿の明石ですが、こうして歩いてみると、城下町として生まれ発展してきた歴史を少しずつひも解いていくような気がします。雲晴寺から山陽電車の高架沿いに歩き、現代の明石の中心市街へ戻ることとしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

明石市街を一望・人丸山に上る(前編)


今年も終わりが近づくこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

人丸前駅

山陽電車で着いたのは人丸前駅

両馬川旧跡

駅のすぐそば、山陽電車とJRの橋の下に「両馬川」と記された石碑がありました。かつてこの地には石碑がありました。時は源平の戦いの頃、寿永3・治承8(1184)年に行なわれた一ノ谷の合戦の際、敗走した平氏軍を源氏軍が追い詰め、この地で川を挟んで戦いが行われたことから、「両馬川」と呼ばれるようになったと言われています。

天文科学館

人丸前駅から緩やかな坂道を上っていくと、時計台が象徴的な天文科学館の前にたどり着きました。

柿本神社

天文科学館の裏手に鳥居がありました。こちらは柿本神社です。

柿本神社の歴史は非常に古く、平安時代の仁和3(887)年にさかのぼるとされています。現在の明石公園の位置にあった楊柳寺という寺院の境内にある塚が平安時代の歌人・柿本人麻呂の墓であるとされ、祠が造られたのが始まりとされています(諸説あるようです)。この楊柳寺のある位置は六甲山地からなだらかにつながる台地の先端にあたり、山陽道や明石海峡を見下ろす要所であったことから、江戸時代には明石城の築城場所に選ばれ、寺は台地上を東側に移転しました。

柿本神社の境内

柿本神社の境内は古い神社らしく、落ち着いた雰囲気です。

柿本人麻呂ゆかりの神社とはいえ、知られざる存在だった柿本神社ですが、柿本人麻呂の没後千年とされた江戸時代の享保8(1723)年に「柿本大明神」との名前がつけられるとともに、千年祭が執り行われ、一気に柿本人麻呂ゆかりの神社として知られるようになり、明石のシンボルのような存在となりました。ちょうど日本標準時子午線が通ることから、麓に天文科学館が建てられていますが、山陽電車の車窓などから眺めると、こんもりとした神社の森は今でも印象的ですね。

神社から

神社の前から景色を眺めてみました。輝く明石海峡と播磨灘の景色は印象的ですね。

次回はもう少し人丸山を歩いてみたいと思います。

今年の更新は今回までです。本年も山陽沿線ブログ「せっつ・はりま歴史さんぽ」をご覧いただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

アカシゾウと明石原人を求めて・八木を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、八木の海岸を歩いてみたいと思います。

明石原人発掘地

アカシゾウ発掘地から海岸を歩いていくと、フェンスで厳重に囲まれた一角がありました。こちらは明石原人発掘地です。

明石原人が発掘されたのは戦前の昭和6(1931)年のこと。アマチュアの考古学者だった直良信夫氏がこの地で人骨の化石を発見しました。直良氏は東京帝国大学(現・東京大学)に鑑定を依頼するものの、当時は相手にされず、化石は後に東京大空襲によって焼失してしまいました。戦後、東大に保管されていた石膏模型が再発見され、北京原人やジャワ原人などと同じ原人の骨とされて「明石原人」と呼ばれるようになります。しかし、現物が失われていて、後の発掘調査でも周辺からは関連する化石などは見つかることはなく、正体は今なお謎とされています。ちなみに、この辺りは明石原人がいたころからずっと時代が下がった仲哀天皇2(193)年頃、三韓征伐の帰途に神功皇后が海岸線の崖を屏風のように美しいとして「屏風ヶ浦」と名付けたと伝わっています。

住吉神社

明石原人発掘地の裏手に神社がありました。こちらは住吉神社です。

海に向いた神社

住吉神社は小さな神社で詳しい由緒はわかりませんが、周辺によくある海に向かった神社でした。鳥居の向こうには播磨灘と淡路島の景色が広がります。

来迎寺

八木の街中に入ると、寺院がありました。こちらは来迎寺です。山号は「月輪山」で、神功皇后がこの沖合で月の美しさを称賛したという伝説を由来としています。寺院の創建は養老元(717)年に、神戸市西区の櫨谷にある如意寺で行基が造った観音像の一体をこの地にまつったことに始まるといわれています。

来迎寺の境内

小さな寺院ですが、掃き清められた庭は気持ちがいいですね。神功皇后といえば、大昔のこと…となってしまうのですが、ここ八木ではそれよりはるか昔にさかのぼる歴史があるだけでなく、それらが現代まで繋がっているのを感じることができ、気が遠くなるような気さえしてきます。

平成最後の年末に、八木ではるか遠い歴史を感じてみませんか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

アカシゾウと明石原人を求めて・八木を歩く(前編)


冬らしい寒さのこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

中八木駅

山陽電車で到着したのは中八木駅

八木遺跡公園

駅から播磨平野らしい平らでのどかな道を歩いていくと、公園がありました。こちらは八木遺跡公園です。今では公園の周りは住宅地となっていますが、古い地図を見ると、集落があるのは谷八木川沿いと、この西側に当たる八木で、中八木にはわずかな住宅があるほかは田んぼが広がるばかりだったようです。

坂道から望む海

八木遺跡公園の横の道を下っていくと、木々の合間から播磨灘の水面が見えてきました。

アカシゾウ発掘地

海沿いの道を歩いていくと、石のブロックで囲まれた一角がありました。こちらは「アカシゾウ発掘地」です。

アカシゾウは昭和35(1960)年に当時中学生だった紀川晴彦氏がこの地の崖でゾウの牙の化石を発見したことから発掘が始まりました。120~180万年前にこの地に生息したゾウの一種とされ、同じ種類のゾウの化石は周辺でも発見されています。この八木のアカシゾウについては、紀川晴彦氏から大阪市立自然史博物館が発掘を引き継ぎ、全身の標本が作られました。

八木の海岸

アカシゾウ発掘地から播磨灘を眺めてみます。穏やかな冬の海の向こうには淡路島の島影が見えます。アカシゾウがいた頃、この播磨灘は大きな湖だったといわれています。

我々人間が歴史を紡ぎ始める前のはるか昔に思いをはせながら、もう少し八木を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

湯の町・湊山を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて湊山地区を歩いてみたいと思います。

坂の町

天王川沿いから坂道を上ることにします。六甲山地の斜面に天王川や湊川が深い谷を刻んでいるこの辺りは複雑な地形で、坂道や路地が入り組んでいます。

街中の鳥居

住宅地の中を歩いていると、石造りの鳥居を見つけました。こちらの鳥居は有馬温泉の守護神ともされる豊國稲荷神社の鳥居です。

豊國稲荷神社の創建は明らかになっていないようですが、もともとは兵庫にあった兵庫城内に鎮座していたとされています。それが明治に入って移転し、有馬温泉の守護神とされていたこともあって、有馬への道筋の山中に落ち着くことになりました。前回訪れた天王温泉の石碑には、この豊國稲荷神社が天王温泉の守護神であるとも書かれていましたね。詳しい由緒はわからないのですが、温泉の神様ということになっているのでしょうか。

城壁のような石垣

豊國稲荷神社の鳥居からさらに住宅地を歩いていくと、まるで城壁のような石垣の上に住宅が建ち並んでいる景色が続きます。

大山咋神社

坂道を上りつめ、大山咋(おおやまくい)神社の前にたどり着きました。

大山咋神社が創建された時期は詳しくわかっていないようですが、古代に比叡山日吉大社から勧請されたと伝わっています。その後、福原へ遷都がなされた前後の治承年間に、平家と関係が深く、政権内で重用されていた藤原邦綱が雪御所の鎮護とするために再造営し、今に伝わっています。

豊國稲荷神社は今

先ほど、鳥居を見かけた豊國稲荷神社はかつて鳥居の先の山中にありました。しかし、平成28(2016)年に遷座され、現在はここ大山咋神社の境内にあります。険しい山中にあり、管理が難しかったためとのことで、時代を感じさせられますね。

大山咋神社より

大山咋神社より神戸の街を見下ろしてみました。古代より温泉が湧き、清盛を始め多くの人々を癒してきた湊山の温泉地と大山咋神社。時代の流れとともに姿を変えてきましたが、今も険しい坂の上から神戸の街を見下ろし、佇んでいます。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

湯の町・湊山を歩く(前編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回まで平野を歩いてきましたが、今回は祇園神社の麓に広がる湊山地区を歩いてみたいと思います。

天王川を見下ろす

神社の境内から見下ろすと、六甲山地から流れ出た川を見下ろすことができます。こちらは天王川。川の名前の「天王」とは祇園神社に因んだものです。

天王川沿いの道

天王川沿いに降りるとこんな道が続きます。建ち並ぶ家々と曲がりくねった道に風情がありますね。

湊山温泉

神社から見えた大きな屋根の建物の前に出ました。こちらは湊山温泉です。

湊山温泉の歴史は平安時代にさかのぼるとされています。川沿いのこの地に温泉が湧いていて、平清盛を始めとする平家一族も湯治に訪れたと言われています。現在の温泉施設ができたのは昭和に入ってから。一時は廃業となりかけていましたが、現在では新しい会社が運営を引き継いでいるとのことです。

天王温泉跡

湊山温泉から少し歩いたところにマンションがありました。マンションの前には石碑が。この地にはかつて、天王温泉という温泉がありました。この温泉も非常に古い歴史をもち、平清盛も湯治に訪れたといわれています。つい最近まで温泉施設がこの場所にあったようですが、湊山温泉のように新会社が運営に携わるようなこともなく、廃業してしまいました。それにしても、湊山温泉といい、かつては天王川沿いに温泉施設が建ち並んでいたのでしょうか。今では住宅地となっていますが、わずかな名残に温泉地の気配を感じることができます。

次回はもう少し、湊山地区を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

有馬への道・平野を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、平野を歩いてみたいと思います。

塞神の碑

有馬街道の旧道から東西に交差する道を歩き、新道の有馬街道である国道を渡ると、道路際に「塞神」と書かれた石碑がありました。旧道から通ってきた道は「古道街道」と呼ばれる東西方向の街道で、この塞神の碑はその街道に置かれた道祖神のようなものであったといわれています。この塞神の傍らには松の木があり、沖合を行きかう船が目印としていたようですが、戦時中に枯れてしまったそうです。

六道の辻

古道街道をさらに歩くと、六叉路に出ました。この辺りでは「六道の辻」と呼ばれているそうです。

祇園神社

住宅街の中を歩き、再び新道沿いに出ると石造りの鳥居が見えてきました。祇園神社の鳥居です。

祇園神社の歴史は古く、平安時代にさかのぼります。平安時代の前半の貞観11(869)年、姫路の広峯から京都の八坂牛頭天王を移す際、この地で一泊した縁で社を建立したことが由緒とされています。

祇園神社の境内

急な斜面にある祇園神社ですが、境内は意外と広く、ゆったりとしています。

かつてこの神社の裏手には潮音山上伽寺という寺院があり、隠居して京都から福原へ移った平清盛はそこで大輪田泊の構想を練ったといわれています。

祇園神社から街を見下ろす

祇園神社から神戸の街を見下ろしてみました。有馬へと続く街道の向こうに港町の景色が広がります。港は建物に隠れていて、神社から直接眺めることはできないのですが、ビルの向こうに広がる明るい空に、海の存在を感じることができます。

有馬への道として入口として栄え、平清盛とともに歴史の表舞台にも出た平野の街、現在では静かに神戸の街を見下ろしています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

有馬への道・平野を歩く(前編)


日ごとに季節が進むのを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

平野

神戸三宮から神戸市バスで着いたのは平野

平清盛ゆかりの地

バス停の前の交差点には平清盛の像がありました。
ここ平野は平清盛が平安京から遷都した福原京の北側に位置し、清盛の別荘の「雪見御所」があったとされています。大河ドラマ放映時には平清盛ゆかりの地として多くの観光客で賑わったそうです。

有馬街道

交差点から六甲山地に向かって伸びるのは「有馬街道」こと国道428号線です。現代では北神急行電鉄や神戸電鉄、道路では新神戸トンネルや六甲トンネルが六甲山を越えて有馬へ通じていますが、かつて山奥にある有馬への道は限られていて、六甲山を越えるか、ここ平野か宝塚の生瀬を経由して六甲山を迂回するルートのいずれかでした。古い地図を見ると、平野から続く道は曲がりくねりながら深い山を越えて、山田川沿いの箕谷へと続いているのがわかります。

有馬街道旧道

交通量の多い国道にあまり街道の雰囲気はないのですが、街中に残る旧道に入ってみると、街道らしい景色が続きます。色づき始めた山々を目指して坂道を歩いていると、有馬へ向かう旅人になったような気分になりますね。

平清盛が福原を治める拠点となり、有馬への玄関口として栄えた平野、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

福島を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、大阪の福島を歩いてみたいと思います。

上天神

福島天満宮の前の交差点の名前は「上天神」という名前。天神とは福島天満宮のことでしょうが、「上」とは? 実は、この界隈にはかつて「上」「中」「下」の三つの天満宮が曽根崎川に沿うようにありました。このうち、「上の天神」ことこの福島天満宮と「下の天神」(大阪市立下福島中学校東側)は現存していますが、「中の天神」は大阪大空襲で焼失してしまったそうで、現存していません。

浄正橋跡

福島天満宮から玉江橋に向かって歩くと、交差点がありました。前回見てきた浄正橋はかつてここにありました。東西を通り抜ける道路はかつての曽根崎川(蜆川)です。多くの車が行きかう景色は川がのんびり流れていた頃とはまるで異なるものですが、昔ながらの鮮魚店などにかつての雰囲気を感じることができますね。

逆櫓の松跡

街中に石碑がありました。こちらは「逆櫓の松跡」です。源平の合戦の際、京都から渡辺津(現在の天満橋付近)を経て屋島に進軍する源義経が、参謀役だった梶原景時と軍議を開いた地であるとされています。この地にあった松の木の傍で、船の両端に櫓をつけて前後どちらにも進めるようにしようと提案した景時に対して、義経が退却時のことを考えるべきではないと反論したということから松の木を「逆櫓の松」と呼ぶようになったとのこと。この松は江戸時代までこの地にあったようですが、現在は枯れてしまい、石碑が残るのみです。

豊前国中津藩蔵屋舗之跡

堂島川沿いに出ると川辺に石碑がありました。こちらは豊前国中津藩蔵屋舗之跡の石碑です。近世、堂島川沿いには全国の藩の蔵屋敷が建ち並び、物資の集散地となっていました。こちらはそのうちの中津藩の蔵屋敷の跡です。中津藩の蔵屋敷よりも目立つのが、福沢諭吉の生誕地の碑です。中津藩士の家に生まれた諭吉ですが、生まれたのは中津ではなく父が勤めていたここ大坂の中津藩蔵屋敷でした。

玉江橋

中津藩蔵屋敷跡から玉江橋に戻ります。都心にありながらどこかのんびりした雰囲気のある福島ですが、玉江橋まで来ると、高層ビル群を眺めると、大都市・大阪を感じさせる景色が広がります。

福島から梅田まではわずかひと駅。古代から近世をめぐる福島の旅を終えてから、買い物がてら梅田へ向かうことにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村