塚口御坊を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、塚口を歩いてみたいと思います。

長屋門のある道

塚口寺内は比較的最近まで寺内町の姿が残っていたため、今も風情ある景色が続いています。町中には長屋門のある立派な家も見かけました。

寺内町の風情

白い塀の続く道は周辺の住宅地とは違った趣ですね。

塚口御坊跡

「寺内町」
というからには中心となる寺院があるはずです。それがこちらの正玄寺です。かつてはこの場所に「塚口御坊」がありました。

塚口御坊が建立されたのは室町時代の応永16(1409)年のことです。性曇上人なる人物がこの地を訪れた際に病気になったためひと月ほど滞在。その時に入信した裕信なる人物によって御堂が建立されたことに始まります。その後、門前町の周囲に土塁を巡らし、寺内町としての姿を整えていくことになりました。

北町門跡

正玄寺から住宅地を歩いていくと、北町門跡に出ました。こちらら塚口寺内の北の端です。

強固な防衛設備を持った塚口寺内は、有岡城の戦いの際は有岡城の出城として使われ、織田信長軍が進攻してからは織田軍の拠点としても使われることとなり、城としても機能することになりました。近世に入ってからもこの土塁はしばらく残っていましたが、もはや戦闘に使われることはなく、一部が崩れ始めたことから撤去されてしまったそうです。今ではわずかに残った土塁に名残を感じるのみです。

塚口神社

町はずれまで歩くと、立派な神社がありました。こちらは塚口神社です。創建時期は不明ですが、一説では奈良時代の建立とも言われ、非常に歴史のある神社です。寺内町が生まれる前からこの地にあった神社は、大きく姿を変えてきた町の姿を今も見守っているのでしょう。

塚口というと、あまりイメージがわきにくいところではありますが、歩いてみると発見がありますね。
夏の日差しを浴びる神社を後にすることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

塚口御坊を訪ねて(前編)


梅雨が明け、夏の日差しが差し込むこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急塚口駅

阪急電車で到着したのは塚口駅

塚口の街並み

この辺りの街は平野の中の住宅地で碁盤の目のような整った町割りになっているのですが、この塚口界隈は道が複雑に入り組んでいます。道沿いには飲食店や商店が建ち並んでいました。

南町門跡

阪急神戸本線沿いに歩いていくと、住宅地に出ました。こちらも道は入り組んでいます。住宅地の中に、不自然な空間があり、祠が建っていました。こちらは南町門跡の祠です。さて「門」とは一体何のことなのか?

現在は住宅地となっている塚口ですが、かつてここは「塚口寺内」と呼ばれ、「塚口御坊」を中心とした寺内町でした。応仁の乱の際は土塁を築いて城郭のような姿に整えられ、実際、天正6(1578)年に荒木村重が織田信長に対して謀反を起こしたことに始まった有岡城の戦いでは、この塚口寺内は伊丹の有岡城の出城として使われたそうです。このことから、塚口寺内は「塚口城」とも呼ばれています。現在、当時の土塁はほとんど残されていませんが、塚口寺内の南側の門の跡にはこうして祠が残されています。

東町門跡

南町門跡から東に向かって歩いていくと、東町門跡に着きました。ここにも祠がありますが、南町門跡と違ってこちらは高い土手の上にあります。この土手が塚口寺内の土塁の跡とされています。近づいてみると意外と高さがあり、強固な守りであったことをうかがわせます。

山陽沿線で同じような町と言えば英賀が思い浮かびますが、英賀と比べて塚口は比較的最近まで寺内町の姿が残っていたため、今も面影を感じることができます。次回はもう少し塚口を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

繁華街に残る歴史の香り・千日前を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、千日前を歩いてみたいと思います。

法善寺

「千日寺」
の一つだった竹林寺は跡形も無くなってしまいましたが、もう一つの法善寺はボウリング場の裏に現存しています。

水掛地蔵

法善寺で有名なのはこちらの水掛地蔵ではないでしょうか。びっしりと生えた苔でお顔を拝見することはできません。

大坂の陣の後に大坂城が拡張される中で、千日前には墓地や刑場が設けられました。この墓地と刑場は明治時代に移転するまでこの地にありました。当時の人々にとって、「千日前」のイメージはあまりいいものではなかったのかもしれません。

法善寺横丁

法善寺の北側にあるのが法善寺横丁です。火災で焼失してしまいましたが、今は復旧されていてかつての風情を取り戻しています。あいにくの天気でしたが、雨に濡れた石畳が続く光景はむしろ風情があっていいですね。

墓地や刑場のあった千日前ですが、江戸時代の中頃から遊戯場などが設けられるようになり、娯楽の場になってきました。明治のミナミの大火の後には劇場などが設けられ、戦後には繁華街として非常に発展することになります。

道頓堀へ

表通りに出るとすぐそばは道頓堀です。大都会と観光地の喧騒が入り混じり、しっとりと落ち着いた法善寺横丁との差に目が回りそうになります。

道頓堀を見下ろす

観光地となった戎橋から道頓堀川を見下ろすことに。川沿いにびっしりと飲食店などのビルが建ち並ぶ景色を見ていると、ここが田園地帯にあった門前町だったのは信じられなくなりますね。ただし、ここまで歩いてきたように、歴史の痕跡は今もしっかりと残っています。

梅雨空の季節、お買い物ついでに歴史散策はいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

繁華街に残る歴史の香り・千日前を歩く(前編)


雨続きのこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

大阪難波

尼崎で直通特急を乗り換えて着いたのは大阪難波駅

千日前道具屋筋

大阪難波駅から街中を歩いていくと千日前道具屋筋にたどり着きました。その名の通り飲食店向けを中心に業務用品を扱う店が並んでいます。

千日前

大阪メトロの路線名にもなっている千日前、「せんにちまえ、せんにちまえ」とあまり考えずに言っていますが、よく考えてみると気になる地名ですね。

「千日前」の地名は法善寺と竹林寺という寺院を由来としています。両寺では千日念仏が唱えられていたことから合わせて「千日寺」と呼ばれていて、その門前を「千日前」と呼ぶようになりました。現在の千日前は完全に大阪の市街地にありますが、江戸時代の初めまでは大坂城下ではなく周辺の農村地帯でした。今では想像もつきませんが、田園地帯に千日寺と門前町があったのでしょうか。

竹林寺跡

その「千日寺」はというと、通りに面していた竹林寺の敷地があった場所には現在、ボウリング場がそびえて…。繁華街に飲み込まれてしまい跡形もありません。因みに、竹林寺自体は天王寺区に移転していて、一応、現存はしています。

繁華街の勢いは歴史を飲み込もうとしているかのようですが、土地に刻まれた歴史はそうは簡単に消えません。次回はもう少し千日前を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

歌劇と温泉の町・宝塚を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて宝塚を歩いてみたいと思います。

武庫川と阪急

花の道の終わりから道なりに歩いていると武庫川に架かる橋に出ました。阪急今津線が並行して川を渡っています。右側は宝塚大劇場…かつての宝塚新温泉です。では、元々の宝塚温泉はというと、左側のマンションが建ち並んでいるところです。

宝塚温泉は今

橋を渡って武庫川の右岸側を歩いてみることに。某町歩き番組では「娯楽の殿堂」として紹介された宝塚ですが、今では住宅地としても人気で、高層マンションが建ち並んでいます。この辺りが元々の宝塚温泉ですが、見る限り温泉地の面影はありません。

横道

ただし、横道を見てみると何となくそれっぽい雰囲気もありました。

前回も見てきましたように、宝塚温泉は明治に入ってから整備された新しい温泉です。ただし、大阪から近く交通機関も便利であったことから発展し、最盛期には70軒もの温泉旅館が建ち並んでいたようです。今の有馬温泉のような位置付けだったのでしょうか。非常に栄えた宝塚温泉ですが、戦後、レジャーの多様化などで温泉客は減少し、阪神淡路大震災の被害もあって、現在はわずかな旅館が残るのみです。

宝塚温泉の街並み

マンションが建ち並ぶ街ですが、対岸ではあまり見かけないカラオケや居酒屋があって、わずかに温泉地の賑わいを今に伝えています。

宝塚温泉の碑

武庫川に架かる橋のたもとに宝塚温泉の碑が残っていました。この碑の周辺には温泉宿があり、「湯本台公園」なる公園もあって、温泉地らしい雰囲気がありました。

再び武庫川を眺める

武庫川に架かる橋から眺めると、川を挟んで大劇場と温泉旅館が建ち並ぶ新旧の宝塚の景色が広がります。温泉地から歌劇の町、そして、住宅都市として、姿を変えながらも人を惹きつけてきた宝塚の街を眺めることができました。

緩やかにカーブを描いた武庫川の橋を渡って、阪急宝塚駅に戻ることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

歌劇と温泉の町・宝塚を歩く(前編)


梅雨空の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急宝塚駅

今回のスタートは阪急宝塚駅

花の道

宝塚駅から伸びるのは「花の道」です。この道、単なる遊歩道ではなく、土手のように周りから一段高くなっていますが、まさにその通りでここはかつて傍を流れる武庫川の堤防でした。

宝塚大劇場

花の道の途中にあるのが宝塚大劇場です。宝塚といえば、全国の人が思い浮かべるのはここでしょうね。

宝塚といえば宝塚歌劇の街ですが、それは新しい時代のこと。かつては有馬温泉へ向かう街道の途中の集落でした。宝塚に温泉が見つかったのは奈良時代とも鎌倉時代とも言われていますが、温泉地として整備されだしたのは近代に入った明治17(1884)年の「発見」からで、明治後半には阪鶴鉄道(現在のJR福知山線)と箕面有馬電気軌道(現在の阪急宝塚線)が開業して大阪に近い行楽地として栄えることになりました。ただし、温泉地として栄えたのは武庫川の右岸。左岸には湿地が広がっていました。明治44(1911)年には箕面有馬電気軌道がここに宝塚新温泉を開業。温泉内の娯楽として歌劇が公演されるようになり景色は一変し、宝塚は小さな温泉地から歌劇の町として知られるようになりました。町のイメージが非常に良いことから、今では住宅地としても人気ですね。

宝塚ファミリーランド跡

昭和生まれの私には「宝塚」といえば家族で訪れた宝塚ファミリーランドが思い浮かぶところですが、平成15(2003)年に閉園してしまい、跡地には商業施設やマンションが建っていました。

近代から現代にかけて、行楽地として発展してきた宝塚。次回はもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

御堂筋を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、大阪の御堂筋を歩いてみたいと思います。

御堂筋を見下ろす

北御堂
から御堂筋を見下ろしてみました。
街路樹の葉は眩しいくらいに緑で爽やかです。

現在の大阪のメインストリートは御堂筋ですが、かつては和歌山への紀州街道の一部で、港町・へも続く物流の大動脈であった堺筋がメインストリートでした。一方の御堂筋はというと、明治時代の地形図では名前すら書いていない一街路に過ぎず、隣の心斎橋筋のほうが賑やかであったといわれています。それが現在のような大通りになったきっかけは町はずれの梅田に設けられた大阪駅でした。大阪の新しい玄関口となった大阪駅と古くからの市街地を結ぶ交通路として御堂筋は拡幅されることとなり、道路とセットで地下には大阪初の地下鉄も建設されることになりました。大正15(1926)年の着工から工事は急ピッチで進み、完成は昭和12(1937)年のこと。以来、御堂筋は大阪のメインストリートとなり、多くのオフィスビルや商店が建ち並ぶこととなりました。

船場センタービル

北御堂から南へ歩いていくことにします。御堂筋と交差する道路は中央大通で、上を走るのは阪神高速13号東大阪線です。高速道路の高架下は薄暗いイメージですが、この辺りはちょっと違った印象で、高架下に細長いビルが延々と続いています。このビルは船場センタービルです。大阪の道路では御堂筋が有名ですが、戦後に拡幅された中央大通も実は大規模なものでした。完成は昭和45(1970)年のことで、船場センタービルは道路用地となった地区の商店の移転先として設けられたものでした。

南御堂はいま

「北御堂」があるのであれば、「南御堂」もあるはずですね。中央大通を渡った先にあるのが「南御堂」こと真宗大谷派難波別院です。しかし、現地を訪れてみると、工事用の仮囲いが…。現在、南御堂の境内ではホテルなどが入る山門を兼ねた複合ビルが建設中とのことです。ビルが完成するまでしばらく仮囲いの景色となりますが、都心にある大寺院らしい景色である意味興味深いですね。

南御堂の境内

仮囲いの横に設けられた通路から南御堂の境内に入ってみました。

南御堂も歴史は古く、安土桃山時代の文禄4(1595)年、この地の北側の道修町に大谷本願寺が創建されたのが始まりと言われています。慶長3(1598)年にはこの地に移転しますが、程なく慶長7(1602)年には大谷本願寺の機能が京都に移転。跡地にはこの難波御堂が設けられました。江戸時代には壮大な堂宇が設けられたのですが、太平洋戦争中の空襲で焼失。現在の建物は戦後再建されたコンクリート造りのものです。

南御堂と御堂筋

御堂筋から南御堂を眺めてみました。御堂筋も南御堂も大きく姿を変えていきましたが、今も大阪の街を見守っています。大都会の中にこっそりと潜んでいる歴史を探ってみるのもたまにはいいですね。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

御堂筋を歩く(前編)


梅雨の気配も感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

本町駅

大阪メトロ御堂筋線
を降りたのは本町駅。地上の出入り口はガラス張りのお洒落なもので、御堂筋の景色に合ったものです。

旧大阪市交通局のマーク

駅の近くには旧大阪市交通局のマークが残されていました。大阪市交通局が大阪メトロになったことで、かつてのマークは順次新しいシンボルマークに変更されていますが、一部にはこうして残されています(写真は取材時点のもので、変更されている場合があります。予めご了承ください)。

御堂筋

さて、地下を御堂筋線が走るこの御堂筋。南行き一方通行にもかかわらず6車線をもつ広い広いこの道路が大阪のメインストリートであることに異論はないかと思います。

御堂筋の歴史は中世に遡るとされています。現在の御堂筋は梅田からなんばまで続く道路を指しますが、中世から近代にかけての御堂筋は南半分を指し、北半分の淡路町以北は淀屋橋筋と呼ばれていました。当時の御堂筋は大坂城下の街路の一つに過ぎず、交通量はさほど多くなかったと言われています。

北御堂

普段はあまり意識せず「ミドースジ、ミドースジ」と言っていますが、「御堂」と言うからにはその由来の御堂は勿論存在します。こちらは「北御堂」と呼ばれる本願寺津村別院です。オフィスビルの建ち並ぶ市街地に大きな伽藍を持つ寺院で、創建は江戸幕府が開かれる直前の慶長2(1596)年です。この地の北側の「津村」に設けられた信徒の集会所が始まりで、江戸時代半ばに焼失したものが享保19(1734)年にこの地に再建されました。市街地の中では目立たない存在ではありますが、間違いなくこの周辺で一番古くからあることになりますね。

現代的な街並みが続く市街地の中にも歴史あり。次回はもう少し御堂筋を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

加古川左岸の町・尾上を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、尾上を歩いてみたいと思います。

尾上神社

尾上神社
の正面から。播州の海沿いの神社は海に向かって正面を向いている神社が多いのですが、この尾上神社は東を向いています。

法音寺

古い道の雰囲気が残る住宅地の中を歩いていくと、寺院がありました。こちらは法音寺という浄土宗の寺院です。この辺りの地名は「養田」で、「養田の薬師さん」と呼ばれているそうです。創建年代はわかっていないようですが、ご本尊は奈良時代からのものともいわれ、病気の治癒にご利益があると伝わっているそうです。

加古川左岸のこの辺りは静かな住宅地となっていますが、かつては賑やかな港町であったと言われています。高砂といえば今では加古川の右岸の市街地を指しますが、もともとは加古川河口周辺一帯を示す地名で、古代の所謂「高砂泊」は現在の高砂ではなくここ尾上にあったといわれています。対岸に高砂の町が生まれてからも、中世まで、この辺りにあった今津(現在の尾上町池田)は「今津千軒」と呼ばれ非常に栄えたようです。

崎宮神社

今津と呼ばれた中世の港から少し北側の住宅地を歩いていると、小さな神社がありました。こちらは崎宮神社です。

播磨平野を南西に向かって流れていた加古川はこの神社の付近でS字を描くように流れています。港町としての高砂と尾上の運命を分けたのはこのS字でした。「高砂」の名の通り、加古川が運ぶ大量の土砂が堆積して生まれたこの辺りの土地ですが、村や港ができてからも土砂の流入は続きます。今津の港はS字カーブの外側に位置していたために多くの土砂が流入し、次第に船をつけることができなくなり、中世には港としての機能を失っていき、対岸の高砂がその代わりに発展することとなりました。多くの中世の港町と同じく、尾上の港も歴史の向こうに消えていくことになりました。

泊川

現在の尾上に「高砂泊」の痕跡はないものと思っていたのですが、崎宮神社の傍を流れる川はなんと「泊川」という名前。この名前が港に由来しているのかはわかりませんが、ちょっとうれしい発見ですね。

加古川を眺める

加古川の堤防に上ってみました。河口に近いこの辺りでは、土砂が堆積して中州がいくつもできています。まさに高砂の地名の由来になったような景色ですね。この地に港があった痕跡はやはりありません。ちょうど、上流の鉄橋を山陽電車が通過していきました。

加古の流れに生まれ、加古の流れによって消えていった中世の港に思いを馳せながら、堤防を歩いて帰途に就くことにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

加古川左岸の町・尾上を歩く(前編)


夏の気配も感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

尾上の松駅

普通車で到着したのは尾上の松駅です。

今福八幡神社

駅のすぐ東側に今福八幡神社がありました。山陽電車の車窓からも見ることができ、大きな鳥居が印象的な神社です。この付近にはかつて、山陽電車に並行して国鉄高砂線が通っていました。

尾上構居跡

駅から住宅地の中を東に歩くと、長田寺という寺院がありました。

この長田寺、現在は静かな寺院ですが、かつてこの地には尾上構居と呼ばれる城郭がありました。中世には上村兵左衛門なる人物、戦国時代には加古氏が城主を務めたといわれています。この加古氏は天正6(1578)年の三木合戦の際に三木城の別所方について戦ったといわれています。尾上構居がいつからいつまで使われていたのかはわかっていないようですが、三木合戦の頃になくなったのでしょうか。規模は違いますが、平らな街中に城郭があるのは対岸の高砂と似ていますね。

尾上神社

尾上構居から少し歩くと大きな神社がありました。こちらは尾上神社です。住宅地の中に木々が生い茂り、印象的です。

尾上の松

境内には玉垣に囲まれた小さな松の木がありました。こちらが山陽電車の駅名にもなった尾上の松です。この尾上の松は対岸の高砂にある「相生の松」などを巡る「播州松巡り」の一つとして古くから知られています。ただし、残念ながら、以前の松は枯れてしまったそうで、現在は八代目と九代目の松が植えられています。

尾上神社から、さらに尾上の町を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村