大仏への道・兵庫を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、兵庫を歩いてみたいと思います。

旧湊川

かつての西国街道を歩いていくと、新開地に差し掛かりました。今は面影はありませんが、かつてこの辺りには旧湊川が流れていましたが、流路が付け替えられた今は面影はありません。かつての「神戸」と「兵庫」は旧湊川によって分かれていましたが、流路の付け替えにより地続きとなり、中間には繁華街となる新開地が生まれました。

岡方倶楽部

阪神高速3号神戸線をくぐり、さらに西国街道を歩いていくと、立派な建物がありました。こちらは岡方倶楽部です。

この辺りはかつての「兵庫津」です。古くから港町として栄えていた兵庫は江戸時代には岡方、北濱、南濱の三つに分けられていました。このうちの「岡方」は海に接しない区域を指していて、この場所には総会所があったとされています。明治以降も「岡方」の呼び名は残り、兵庫の商人たちが昭和2(1927)年に社交場として西国街道沿いに設けたのがこの「岡方倶楽部」でした。
幕末の開港以降、神戸の中心は徐々に東へと移っていきましたが、それでも明治以降も依然として兵庫も港町として大きな存在感を持っていたことを伺うことができますね。

札場の辻跡

岡方倶楽部からさらに歩くと「札場の辻跡」に差し掛かります。ここで西国街道は曲がり、柳原の方へと向かっていきます。かつてのこの辺りは兵庫の中心街で、近世には人通りの多い街道沿いに幕府の高札場が設けられていました。今では企業が建ち並んでいますが、港湾に関係する企業も多く見かけ、港町の賑わいを今も感じることができます。

能福寺

西国街道から少し外れた場所には能福寺がありました。

兵庫大仏

能福寺は平安時代の延暦24(805)年の建立とされる古刹ですが、ここで知られているのは兵庫大仏こと毘廬舎那仏像ですね。こちらの大仏は兵庫の豪商・南条荘兵衛が明治24(1891)年に建立したものが始まりです。戦時中には金属類回収令により解体されてしまいますが、平成3(1991)年に現在の仏像が再建されています。

明治以降は神戸に港町の機能が移っていった印象が強いかと思いますが、西国街道沿いに兵庫を歩いていくと、明治以降の港町の繁栄を今に伝えるものを数多く見かけることに気づかされます。
お散歩にも適した季節になってきた今、近代の兵庫を訪ねて歩いてみませんか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

大仏への道・兵庫を歩いて(前編)


秋も深まりつつあるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

高速神戸駅

今回降りたのは高速神戸駅です。
あまりイメージがないかもしれませんが、高速神戸駅の地上にはこんな和風建築のような出入り口もあります。

湊川神社

出入り口のすぐそばには湊川神社があります。

湊川神社は鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した武将・楠木正成を祀る神社です。楠木正成は南北朝の戦いで南朝の後醍醐天皇方につき、足利尊氏らと戦いましたが、延元元・建武3(1336)年の湊川の戦いで敗れて自害しました。ただし、その後も忠臣として高く評価され、明治時代には「大楠公」と称されるようになりました。そんな楠木正成を祀る神社が建立されたのは明治13年のことで、意外と最近です。

御墓所

境内の南東には楠木正成の墓所がありました。

徳川光圀公銅像

墓所の中には水戸黄門こと徳川光圀の銅像がありました。なぜ徳川光圀が?と思ってしまいますが、楠木正成が自害してからずっと時代が下った江戸時代の元禄5(1692)年にこの地へ家臣を遣わして楠木正成の墓碑を建立し、表面には光圀の筆で「嗚呼忠臣楠子之墓」の文字が刻まれました。このことが楠木正成のさらなる評価につながり、この地に神社が建立されることになったきっかけの一つとも言われています。

西国街道

湊川神社の浜側、JR神戸駅の近くまで歩くと、市街地が広がっています。
市街地の中のこちらの道、実はかつての西国街道です。

次回は湊川神社の門前から西国街道を辿って歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

異人館と港・網干を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、網干を歩いてみたいと思います。

旧網干銀行

網干の市街地で目立つのが、緑色のドーム屋根が印象的なこちらの建物です。
こちらはかつての網干銀行網干町支店です。

揖保川の舟運と瀬戸内海航路の結節点だった網干は古くから港町として栄えていました。物資の集散地として栄えたことを背景に、網干銀行が創業したのは明治時代のことで、この建物が建てられたのは大正11(1922)年のことでした。昭和に入り網干銀行が三十八銀行(後に合併して神戸銀行)に合併されるまで、本店級の扱いでしたが、戦後に店舗が山陽網干駅前に移転し、その後は商店として利用されていました。数年前に商店は閉店しましたが建物はリニューアルされ、今はレストランとして営業しています。

旧網干銀行を眺める

間もなく築100年になろうという建物は重厚ながら優美な装飾も施されていて、非常にシンボリックです。

かつての塩田は

網干の市街地を抜けて海側に出ると工業地帯が広がっていました。
かつてこの辺りには塩田が広がっていました。

ダイセル異人館

工業地帯の中に公園のような一角がありましたその中には小さな洋館があります。
こちらはダイセル異人館です。

網干の海側一体に日本セルロイド人造絹糸(今のダイセル)が工場を設けたのは明治42(1909)年のこと。以後、工場は拡張し、今では網干の海側一体に広大な敷地が広がっています。この異人館は明治43(1910)年に、工場の技術指導のためにドイツ、イギリス、スイスから赴いた計6名の外国人技術者の宿舎として建てられたものです。緑色が鮮やかなこちらは資料館として使用されていますが、感染症対策のために今は公開が休止されています。

衣掛クラブ別館

ダイセル異人館と並ぶように建つ洋館が衣掛クラブ別館です。こちらもダイセル異人館と同様に外国人技術者の宿舎として建設されました。こちらは一般には公開されていませんがピンク色の壁に赤い屋根はかわいらしくて印象的ですね。

ダイセルの敷地

ダイセルの創業100年を記念して整備された敷地は異人館の存在もあってどこか異国情緒が漂っています。

物資の集散地として栄えた近代まで、そして、工業地帯として近代から現代に発展していった網干。網干を代表する洋館はこの街の移り変わりを象徴しているようでした。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

異人館と港・網干を訪ねて(前編)


暑かった季節も遠ざかったような気のするこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽網干駅

飾磨駅から網干線の電車で着いたのは山陽網干駅

山陽網干駅を眺める

山陽網干駅は山陽電車の西端の駅です。

かつてはここ網干から相生市の那波を経て赤穂への路線が計画されていました。「山陽」という壮大な社名も西へと伸びる路線網にちなんでつけられましたが、相生への路線は昭和46(1971)年に許可が廃止されています。また、ここ網干から山崎へ山陽電鉄自動車部(今の山陽バス)の乗合バスが神姫自動車(今の神姫バス)との共同運行で運行されていましたが、こちらも昭和45(1970)年に廃止され、今は神姫バスのグループ会社のウエスト神姫のバスが単独で運行をしています。かつては山陽電車の西の拠点ともいえる駅でしたが、今は静かな終着駅です。

網干の街並み

網干の市街は山陽網干駅の南側に広がっていて、姫路市網干区になる以前は網干町と呼ばれていました。市街地の西側を流れる揖保川の舟運と瀬戸内海航路の結節点の港町として、古くから栄え、市街地には当時をしのばせるような街並みが続いています。

網干川の眺め

市街地を流れる網干川に架かる橋に差し掛かりました。
新しいマンションと、古くからの家並みが今の時代らしいコントラストを描いています。

港町として栄えた網干。次回はもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

祭と塩田・白浜を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、姫路の白浜を歩いてみたいと思います。

桟敷席

松原八幡神社の前にはこんな施設がありました。
こちらは「灘のけんか祭」の際に使われる桟敷席です。
前回もお話しました通り、2020年の灘のけんか祭は新型コロナウィルスの影響で屋台練り・神輿合わせの中止が決まっています。いつもならもうしばらくすれば賑わうはずの桟敷席はどこか寂しげに見えました。

「灘のけんか祭」の歴史ははるか中世に遡るとされています。元々の祭礼は「放生会」として行われていました。前回訪れた隣の八正寺は松原八幡神社の少し前の神亀元(724)年の創建とされ、松原八幡神社の創建後は神社の神宮寺となりました。中世に播磨の守護大名となった赤松氏の庇護を受けた松原八幡神社と八正寺は、僧兵を抱えて大きな勢力を持つようになりますが、応仁の乱が勃発した応仁元(1467)年、赤松氏と対立する山名氏の軍勢の攻撃を受けて焼失してしまいました。後の永禄元(1558)年に赤松政則の手によって神社と寺は再建され、その際に政則は神社に田んぼと米二百俵を寄進。氏子たちは喜んでその米俵をかついで御旅山(宮山)に上ったそうで、それが今のように御旅山へ渡る祭礼になった由来とされています。

松原八幡神社の楼門

桟敷席から神社へと戻り、楼門を眺めてみます。

現代のような祭になったのは明治時代に入ってからで、神仏分離令により八正寺が神社から切り離され、氏子中心の祭になったことがきっかけでした。激しい祭は、今や播磨の秋を彩る風物詩ですね。

水路

神社から少し歩くと水路がありました。今では細い水路ですが、ここはかつて入り江になっていて、松原八幡神社の門前まで海岸が迫っていました。そして、入り江の東側には塩田が広がっていました。この入り江では昭和初期に埋め立てられるまで、「灘のけんか祭」の本宮の朝に年番(練り番)の地区の人たちが海に入って身を清める潮かきが行われていました。

塩田の村

東に向かって歩いていくと、宇佐崎地区に入ります。この辺りは浜側の塩田で栄えた村でした。塩田で栄えたエネルギーが祭にも発揮されていたのでしょうか。ただし、この地域の発展を支えた塩田は戦後に姿を消しています。塩田だった場所のうち内陸部は住宅地になり、播磨灘沿いの一帯は広大な工業地帯となりました。「灘のけんか祭」の潮かきは工業地帯の向こうの白浜海水浴場で今も行われています。

地域の姿が変わりながらも播磨の秋の風物詩として執り行われている「灘のけんか祭」、来年はいつものように開催できることを心から願いながら、白浜を後にすることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

祭と塩田・白浜を歩いて(前編)


季節が秋になっていくのを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

白浜の宮駅

山陽電車で着いたのは白浜の宮駅です。

白浜の宮駅を眺める

白浜の宮駅はバリアフリー化が完了していて、立派なエレベータと歩道橋が設けらています。

白浜の石棺仏

駅から歩いてすぐの住宅の合間に小さなお堂がありました。こちらは「白浜の石棺仏」です。家型石棺の蓋に地蔵立像が彫られたもので、南北朝時代の末の明徳3(1392)年の建立とされていて、「明徳地蔵」とも呼ばれています。

八正寺

駅から程なくの場所に寺院がありました。こちらは八正寺です。
寺の前の大きな銀杏の木が印象的ですね。

松原八幡神社

八正寺から浜側に回ると朱塗りの大きな鳥居がありました。こちらは松原八幡神社です。

松原八幡神社は天平宝字7(763)年の建立とされる古社です。この年に隣の妻鹿村の漁師が「八幡」と書かれた木札を海中から引き揚げ、妻鹿村と松原村の間の宮山に祀ったことが起源とされています。後に豊前国の宇佐神宮からの勧請でここ松原村に八幡神社が建立されました。ちなみに、宮山には松原八幡神社の元宮の神社があり、松原八幡神社の御旅所もこちらにあります。

松原八幡神社の境内

松原八幡神社といえば秋の「灘のけんか祭」ですね。祭の際には賑わう境内ですが、今は静かな古社らしい雰囲気でした。また、今年は新型コロナウィルスの影響で屋台練り・神輿合わせの中止が決まっています。

白浜の宮と言えば松原八幡神社!
ですが、次回はもう少し、街を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

港町・飾磨を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、飾磨を歩いてみたいと思います。

史蹟舊姫路藩御舩役所之趾の碑

川沿いを歩いていると、石碑がありました。
こちらは「史蹟舊姫路藩御舩役所之趾」の碑です。何だか難しい名前ですね。

姫路藩御舩役所を眺める

近くにある水門からこの石碑の辺りを眺めてみました。今では面影はありませんが、この地にはかつて姫路藩の御舩役所がありました。

前回もご紹介しましたが、ここ飾磨は古くから港町として栄えてきました。かつての飾磨はもう少し西側、夢前川河口付近が中心だったとされていますが、近世以降は現在の飾磨駅周辺が中心となっています。この地が発展することになったのは、慶長6(1601)年のこと。この辺りにあった入江に当時の姫路城主だった池田輝政が外堀川を掘削した土砂を使って「向島」という人工島を築いて御舩役所を置き、この地を姫路の外港として整えたことに始まります。この時に外堀川は堀としての役割だけでなく、飾磨と姫路市街を結ぶ運河としての役割も持つようになりました。のちに運河としての役割は城下に繋がる船場川に移りますが、この辺りは「飾磨津町二十町」という町に発展します。ここにあった入江は明治時代までは地図上で姿を追うことができるのですが、後に埋め立てられ、今は企業の建物が建っています。

恵美酒天満神社

飾磨の街中を歩いていると、趣のある神社がありました。
こちらは恵美酒天満神社です。

飾磨の街並み

古くから賑わっていた飾磨には今も当時を偲ばせる街並みが残されています。恵美酒天満神社の周辺には外堀川や同じく姫路市街への運河として使われていた船場川から分かれた水路が張り巡らされていて、水路と街並みの景色が広がっています。

恵美酒天満神社を眺める

水路越しに恵美酒天満神社を眺めてみました。

港町として姫路とは違った発展を遂げながら、一方で、姫路の外港として姫路を支える街だった飾磨。
山陽電車の駅の周辺の街中には今も趣のある景色が残されています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

港町・飾磨を訪ねて(前編)


暑さも少しだけおさまり、空には秋の気配を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

飾磨駅

山陽電車で到着したのは飾磨駅

飾磨駅ビル

今は姫路市の一地区の飾磨区になっている飾磨ですが、以前は姫路とは別の「飾磨市」という自治体で、この飾磨駅は飾磨市の中心駅でした。

古くから姫路の南側の港町として栄えていた飾磨は戦時中の昭和15(1940)年に市制を施行して「飾磨市」となっています。それ以前から、飾磨は飾磨町として自治体が分かれていて、別の街という意識が強かったのでしょうか。「飾磨市」が周辺の自治体とともに姫路市に合併されたのは戦後すぐの昭和21(1946)年のことで、「飾磨市」が存在したのは戦時中のわずか6年間だけでした。兵庫県では戦後に多くの自治体が合併をしていきましたが、この飾磨市の合併は大きな市町村合併のはしりのようなものだったのでしょうか。

飾磨街道

飾磨駅のすぐそばの踏切を通るのは姫路と飾磨を結ぶ飾磨街道で、この街道はさらに生野へと続いて「銀の馬車道」の一環となっています。道沿いには「銀の馬車道」の幟が立てられていました。

外堀川

街中を歩くと、姫路の市街地から流れる外堀川のほとりに出ました。
今は静かに川の流れる景色が広がっていますが、かつては少し違った景色が広がっていました。

次回はもう少し飾磨の街を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

御坊の街・亀山を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、亀山を歩いてみたいと思います。

亀山本徳寺

亀山本徳寺
の境内に入ります。
広々とした境内に聳えるのは巨大な本堂で、こちらは兵庫県内最大の仏堂とされています。元々の本堂は幕末の安政2(1855)年に地震で損壊し、修復中だったものが明治元(1868)年に火災で焼失、現在の建物は京都・西本願寺の北集会所を移築して本堂としたものです。

播磨にはかつて英賀御坊と呼ばれる寺院がありました。山陽電車の網干線の西飾磨駅から夢前川駅にかけてのエリアに英賀城とその城下町が築かれ港町として栄えていましたが、永正12(1515)年に城下に英賀御坊が建立されたことで寺内町としての性格も持つようになり、播磨における浄土真宗の拠点として非常に栄えていました。今の亀山御坊は英賀御坊がこの地に移ったものです。

本堂

本堂に上がることができました。
堂内には涼しい風が吹き渡り、真夏の日差しが降り注ぐ外がまるで別世界のようでした。

新撰組入刀跡柱

本堂は京都にあった頃、新撰組が屯所として使用していて、堂内には新撰組が付けたとされる刀傷のある柱がありました。

太鼓楼

境内にある太鼓楼はまるで城の櫓のような姿です。この太鼓楼自体は近世に再建されたものですが、このような姿をしているのは城郭のように見張り台を置いていた寺内町の姿を今に引き継いだものと言われています。

中世に非常に栄えた英賀でしたが、天正8(1580)年に秀吉の手によって英賀御坊がここ亀山に移転。後に英賀は秀吉の攻撃を受けて英賀城は落城、城と寺を失った英賀は都市としての機能を失っていきました。一方の亀山御坊はというと、本願寺の東西分裂の中で当時の姫路城主の池田輝政の影響で西側の本願寺派となりました。江戸時代の元和4(1618)年には大谷派が当時の城主・本田忠政に訴え、亀山御坊から分裂。姫路城下に船場御坊こと姫路船場別院本徳寺が建立され、現在に至っています。

長屋門

亀山御坊の裏手には立派な長屋門がありました。

踏切と水路

長屋門沿いに歩くと、勢いよく水の流れる水路がありました。向こうには山陽電車の踏切があり、ちょうど電車が通過していきます。

波乱の歴史を辿ってきた亀山御坊。今は亀山の地に静かに佇んでいます。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

御坊の街・亀山を歩いて(前編)


暑さの中に秋の気配も感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

亀山駅

山陽電車で着いたのは姫路から二駅の亀山駅

亀山駅の駅舎

駅舎は近年リニューアルされて落ち着いた雰囲気です。
ちなみに「亀山」という駅名は台湾・宜蘭県の台湾鉄路宜蘭線にもあり、2014年に山陽電車と台湾鉄路は姉妹鉄道協定を結んでいます。

亀山御坊

駅の東側に歩くと、住宅地の中に長い塀が続いています。こちらは「亀山御坊」こと亀山本徳寺です。

亀山は姫路城の南側、今の山陽姫路駅の辺りにあった飾磨津門と姫路の港として栄えていた飾磨を結んでいた飾磨街道沿いの街です。街道沿いの街としての一面ももちろんありましたが、象徴的なのがこの亀山御坊です。近代に都市化が進むまで、この周辺は街道沿いを除いて田んぼが広がっていましたが、この亀山御坊を中心とした一角は門前町として古くから栄えていました。

亀山御坊へ

門前に出ると、非常に大きな構えで迫力がありますね。
亀山御坊は中世以降、浄土真宗本願寺派の播磨における中心として非常に栄えていました。その雰囲気は今なお感じることができますね。

次回は亀山御坊を見ていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村