湊川河口の港・佐比江を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、旧湊川河口の町を歩いてみたいと思います。

湊八幡神社

鎮守稲荷神社から旧湊川の分流の道に戻ったところにあったのが湊八幡神社です。
この付近にはかつて西国街道が通っていて、兵庫の町の東の玄関口となる「湊口惣門」がありました。現在、その痕跡はありませんが、この神社の前には惣門があったことを示す石碑が建てられています。

七宮神社

阪神高速の高架を潜った先にまた神社がありました。こちらは神戸八社の一つである七宮神社です。こちらの神社も建立された時期が不明なのですが、もともとは会下山の麓にあったものを平清盛経が島築造の際にこの地に移したという説もあるようで、非常に古い神社です。

竹尾稲荷神社

七宮神社から倉庫や事務所が建ち並ぶ街を歩いていくと、小さな神社がありました。こちらは竹尾稲荷神社です。

高田屋嘉兵衛顕彰碑

小さな神社の境内には古い石碑がありました。こちらは江戸時代の豪商・高田屋嘉兵衛の顕彰碑です。この神社がある辺りには嘉兵衛の営んでいた高田屋の本店があったといわれています。

高田屋嘉兵衛は淡路島の都志本村(現在の洲本市五色町都志)の出身で、兵庫に来たのは22歳の時。兵庫の港で沖船頭などを務める中で頭角を現して昇格していき、ここ西出町に居と高田屋の本店を構え、蝦夷地(現在の北海道)や国後島・択捉島といった北方領土へと進出し、廻船商人として財を成していきました。前回訪れた西出鎮守稲荷神社には嘉兵衛が寄進した灯篭が今も残されています。

高田屋本店跡

竹尾稲荷神社の近くには高田屋本店跡の碑がありました。

廻船商人として財を成した高田屋は択捉島などで漁場の運営にも携わっていき、文化8(1811)年、ロシア海軍の軍人であるヴァシーリー・ゴロヴニーンを江戸幕府が捕縛したことに始まるゴローニン事件では報復的に拿捕されたものの、ロシアの役人と交渉して解決に貢献するなど、当時の日本を代表する商人となりました。嘉兵衛は隠居した後に故郷の都志に戻りますが、高田屋の本店は兵庫から箱館(函館)に移転。嘉兵衛の死後、高田屋はロシア政府との関係を幕府から咎められて没落し、現存していません。

兵庫の海を臨む

竹尾稲荷神社の先から兵庫の海を眺めてみました。地形も町も変わってしまいましたが、現在もここには物流を担う企業が多くあります。港にたたずんでみると、嘉兵衛が北へを漕ぎ出した港の面影をどこか感じることができるかもしれません。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

湊川河口の港・佐比江を訪ねて(前編)


暦の上では春でもまだまだ寒い日が続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

新開地駅

今回訪れたのは新開地駅
商店街に向かって開いた駅の出入り口は下町らしい雰囲気です。

旧湊川跡

南東に伸びる道は旧湊川の川跡です。湊川公園付近では結構な高さだった川跡ですが、この辺りでは堤防は崩されてしまいそれと言われなければ気が付かないほどになっています。

湊町公園

川跡の南側に出ると、こちらにも広い道路があり、道路に沿うように公園が広がっています。緩やかにカーブを描いた道路は何だか川跡のような雰囲気ですが…。

佐比江町

JRの高架を潜り、横道に入ったところが佐比江町です。何だか気になる地名ですね。実は、この辺りにはかつて佐比江と呼ばれる港がありました。先ほどの気になる道路は湊川の分流で、湊川から分かれてこの佐比江を経て大阪湾に注いでいました。

かつての兵庫の町は兵庫城周辺から北東にはこの付近まで広がっていました。しかし、佐比江は江戸時代始めまでは街はずれの寂しい浜辺だったようです。それが江戸時代前期には兵庫の出町として整備されることになりました。佐比江は船入り江として改修され、江戸時代後期まで兵庫の港の一部として機能していたようです。寂しい浜辺には船大工や問屋が建ち並び、賑わったといわれています。重要な役割を果たした佐比江ですが、江戸時代の終わり頃には埋め立てられてしまい、今では地名にその名前を残すだけとなっています。

西出鎮守稲荷神社

佐比江町から阪神高速道路のほうに向かって歩き、西出町に入ると神社がありました。こちらは西出鎮守稲荷神社です。創建は不明ですが、一説では平清盛が建立したとも言われています。この社殿の中にはビリケンさんが祀られていて、社殿のガラス越しに見ることができます。

この西出鎮守稲荷神社はビリケンさんだけでなく、ある人物にゆかりのある神社です。
次回はさらに周辺を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

御着を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。 前回に続いて、御着を歩いてみたいと思います。

黒田家廟所

御着城跡の裏手に黒田家廟所がありました。江戸時代に福岡藩主だった黒田家がゆかりのあるこの地に建立たもので、向かって左が官兵衛の祖父の黒田重隆、右が官兵衛の父・職隆の妻の墓標です(職隆の廟所は妻鹿にあります)。

国分寺

御着城跡から国道を歩いていき、横道に入ると寺院がありました。こちらは国分寺です。

現在、この辺りでは御着城が知られるようになりましたが、もともとは播磨国分寺のある町でした。播磨国分寺が創建された年代はわかっていませんが、古代の天平13(741)年に聖武天皇の詔で日本全国に国分寺が設置された時期に創建されたと考えられています。また、国分寺の北側には国分尼寺もセットで建立されたそうです。

国分寺跡

現在の国分寺の南側には広場がありました。こちらはかつての国分寺があった場所であるとされています。戦後から発掘調査が行われ、現在は史跡公園として整備されています。

播磨国分寺は平安時代の末頃まで存在していたそうですが、その後衰退し、「国分寺」という地名だけが残されていたようです。しかし、安土桃山時代には豊臣秀吉、江戸時代には姫路藩から土地の寄進を受けて堂宇が再興され、現在の位置に復活しました。

国分寺山門を望む

国分寺跡から現在の国分寺の山門を眺めてみました。何となく、こちらが入口のような気がしてしまいますが、門は固く閉ざされていました。

今では姫路の市街を外れたのどかなこの辺りですが、市川の河岸段丘に生まれた平野は古代から播磨国の中心として機能してきました。御着城が置かれたのもそうした背景があったからと言えるのでしょうか。暦の上では立春を過ぎ、春ももう間近。大河ドラマ後の御着をゆっくり歩いてみませんか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

御着を歩く(前編)


雪がちらつくこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

御着駅

姫路から乗り換えて到着したのは御着駅

黒田官兵衛ゆかりの地

御着といえば、大河ドラマになった黒田官兵衛ゆかりの地ですね。ドラマの放送は2014年のことですから、気が付けば随分時が経ってしまいました。

山陽道

御着から東に歩くことに。この道はかつての西国街道(山陽道)です。現在の御着の町は国道沿いに広がっていますが、かつての御着はこの山陽道に沿って駅から南東へ広がっていました。

徳證寺

旧街道沿いにあったのが徳證寺という寺院です。この寺院はかつて播磨の国分尼寺だったそうですが、中世に移転、さらに、御着城内だった現地に移されたそうです。

大河ドラマのおかげでここ御着に城があり、城下町だったことが知られるようになりましたが、御着城自体は天正7(1579)に落城し、城下町の機能は失われてしまいました。城がなくなってから近世にかけての御着は山陽道の宿場町として栄えることになりました。

御着城跡

御着の町を歩いて、国道沿いにある御着城跡に到着しました。永正16(1519)年に小寺政隆によって築かれ、小寺氏が播磨を治める拠点でした。黒田官兵衛もここで小寺氏に仕えていたことは何度も紹介していますね。先述の通り、戦国時代に落城してしまたっために城の遺構はほとんどありませんが、城跡のちょうど本丸があったあたりに建つ姫路市の東出張所が城郭風の建築になっています。

大河ドラマから時間が経ち、以前の静かな町に戻ったような御着ですが、もう少し、見てみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古湊川をたどる(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、「古湊川」をたどってみたいと思います。

川の名残?

歩道橋から国道を見下ろしてみました。古湊川があったとされる辺りが心なしか窪んでいるような気がしますが、これが川の名残なのかどうかはわかりません。

永沢

下沢通を過ぎて見つけたのが永沢歩道橋。この「永沢」や地下鉄の駅がある「上沢」、そして「下沢」の地名は古湊川に由来していると言われています。地名にはこうして川があったことを偲ぶことができるのですが、ビルや住宅が建ち並ぶ景色が続くのみです。

三川口

さらに歩いていくと、「三川口」という地区に差し掛かりました。この地名も古湊川に由来していると言われていて、地名からして河口が近いことを思わせます。

今は名残すらよくわからない古湊川ですが、この古湊川を始めとする河川が運んだ土砂が河口付近で海流が運んだ土砂とともに和田岬を作っていくことになりました。この和田岬は兵庫や神戸の港を強い西風から守り、神戸が良港として発展することを支えることになります。やはり湊川は古来より神戸の母なる川だったと言えるでしょう!

柳原蛭子神社

兵庫駅の近く、柳原蛭子神社に着きました。この「柳原」の地名も、河口付近の低湿地帯を連想させるもので、古湊川がこのあたりを流れていたことに由来していると考えられます。古湊川はここからさらに和田岬を形成しながら大阪湾へと注いでいたようです。

新旧湊川、そして、古湊川まで巡り、神戸の港に湊川の存在が大きく関わっていたことが改めてわかったような気がします。十日えびすも終わり、静かな雰囲気の柳原蛭子神社にお参りをしてから、帰途に就くことにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

古湊川をたどる(前編)


寒い日が続きますがいかがおすごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

湊川駅

今回のスタートは湊川駅
かつて、有馬へ向かう電車が発車していた駅跡から出発です。

湊川の高低差

湊川駅から、西に向かって歩くことに。何度も取り上げてきましたが、明治時代までこの付近を流れていた旧湊川は天井川で、川の部分はまるで堰堤のように周囲から高くなっています。川跡からの道はこんな緩やかな坂道になっています。

現在の新湊川は再度山に発し、会下山をトンネルで貫いて長田区の苅藻から大阪湾に注ぐ川ですが、二度、大きく流路を変えています。もともとの「古湊川」は自然の地形に従って兵庫区を縦断し和田岬のほうへ流れていました。後に(一説では、平安時代に平清盛が)現在の湊川公園から新開地を経て東川崎町から大阪湾に注ぐ「旧湊川」に付け替えられ、明治時代に「新湊川」に付け替えられました。以前、「旧湊川」と「新湊川」はたどっていますので、今回は「古湊川」を歩いてみたいと思います。

願成寺

駅から歩いてほどなく、立派な瓦屋根をもつ寺院に着きました。こちらは願成寺という浄土宗の寺院です。願成寺は奈良時代に行基が観音寺として創建したと伝わる古い寺院です。一旦衰退したのを平安時代に法然の弟子・住蓮が再興し、願成寺と称するようになりました。もともとは湊川をさかのぼった烏原にあったのですが、明治時代の烏原貯水池建設で烏原村が水没することとなり全村移転。寺もこの地に移ることになりました。

古湊川は?

さて、肝心の古湊川はというと、この辺りを流れていたというのですが、ビルや住宅が立ち並ぶのみ。もう千年近く前のことですから、地形も変わってしまって何もわかりません。

少しくじけそうになってきましたが、もう少し、古湊川を追い求めてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

街道と厄神の里・多井畑を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、須磨の多井畑を歩いてみたいと思います。

義経腰掛の松

多井畑厄神
から道路を渡ってすぐの場所に祠と切り株がありました。こちらは義経腰掛の松と呼ばれています。治承・寿永の乱…いわゆる源平合戦の最中の寿永3(1184)年、源義経一行がここ多井畑厄神で戦勝を祈願し、今は切り株になっている松の木の下で休息を取ったと言われています。ここ多井畑を後にした義経一行が向かったのは一の谷でした。

鏡の井

集落の中に入って見つけたのが鏡の井と呼ばれる井戸です。こちらの井戸は室町時代に成立した謡曲「松風」で知られる松風・村雨姉妹が姿を映した井戸とも言われています。

平安時代の貴族で歌人としても知られる在原行平は、あるとき、時の文徳天皇の怒りに触れて須磨で蟄居を命ぜられました。この時、多井畑の村長の娘である松風・村雨と出会い、須磨滞在の間、寵愛しました。後に行平は赦されて都に戻ることになり、姉妹は尼僧になって行平の居宅跡に庵を結んで行平を偲びました。この庵の跡が月見山駅と須磨寺駅の間にある松風村雨堂と言われています。

松風村雨の墓

さらに集落の中を歩いていくと、民家の庭先なのか何なのかよくわからない空間に松風村雨の墓がありました。松風・村雨自体は架空の人物と言われているのでこの墓が一体どういったものなのかよくわからないのですが、肝心の案内板も風化して判読することができません。

正蔵院

さらに山手に歩くと寺院がありました。こちらは正蔵院というお寺です。

西国街道といえば海沿いを通っているイメージが何となくありますが、六甲山地が海に落ち込む須磨の区間では街道は険しい海岸線を避けて大きく内陸へ迂回していました。月見山付近から内陸に入った街道はここ多井畑を経て下畑、塩屋へと進んでいました。山間の集落ながら、これだけ多くの伝承があり、多井畑厄神という大きな神社が鎮座するのはこの街道の存在があったからでしょうか。

多井畑を眺める

多井畑の集落を眺めてみました。昔ながらの集落の瓦屋根の向こうの丘陵には新興住宅地が広がっています。街道と厄神の町として栄え、さらに戦後は住宅地として開発が進んだ多井畑の現代の景色と言えるのでしょうか。

最後に再び多井畑厄神に挨拶をして、須磨へ戻るバスで帰途に就くことにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

街道と厄神の里・多井畑を訪ねて(前編)


新年明けましておめでとうございます。
今年も山陽沿線ブログ「せっつ・はりま歴史さんぽ」をよろしくお願いいたします。

多井畑厄神停留所

新年の最初に山陽須磨の駅前からバスに乗って訪れたのは多井畑厄神

多井畑厄除八幡宮

バス停の前には鳥居がそびえています。こちらは多井畑厄除八幡宮。神戸の近辺では「多井畑厄神」として非常に知られた神社です。初詣に行かれた方・これから行かれるも多いのではないでしょうか。

多井畑厄神の境内

多井畑厄神の境内は古い神社らしく落ち着いた雰囲気です。

多井畑厄神の歴史は古代にさかのぼります。神護景雲4(770)年に疫病が流行、それを鎮めるために機内10か所に疫神を祀ることになりました。摂津と播磨の国境に位置するこの地もその一つで、石清水八幡宮が勧請されて八幡宮が創建されました。創建の由緒から、厄除けの神とされるようになり、日本最古の厄除けの霊地とも言われています。

多井畑を見下ろす

多井畑厄神からは多井畑の集落を見下ろせます。

今では厄神さんがあることで知られている多井畑ですが、かつてはこの地を山陽道が通り、街道の町としても栄えていました。多井畑厄神を後にし、次回は多井畑を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

景勝地・敏馬の浦を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、灘区の岩屋を歩いてみたいと思います。

国道2号線

岩屋駅から海側に向かって歩くと国道2号線に出ました。行きかう車は多く、一大幹線道路という雰囲気です。かつてはこの道路上を阪神電車の国道線の電車が行きかっていました。

敏馬神社

国道沿いにあったのが敏馬(みぬめ)神社です。敏馬神社の創建ははるか昔の神功皇后の時代にさかのぼると言われています。神功皇后が三韓征伐に出発する際、敏馬神社の祭神の美奴売神のお告げを受けて勝利したのですが、その帰途、ちょうどこの辺りで船が動かなくなったそうです。船上で占いをしたところ、美奴売神のためであることが分かったためにこの地に祀ったのが始まりと言われています…と何だか、他でも聞いたことがあるようなお話です。

敏馬神社の境内

紅葉の名残の残る敏馬神社の境内は周辺の喧騒からは少し距離を置いたような静かな雰囲気です。美奴売神は海の神様で、神社の前は敏馬の浦と呼ばれる海が広がっていて、現在は国道やマンションの敷地になっているところにはかつて砂浜が広がっていました。この砂浜の辺りには明治時代に遊戯施設が設けられ、花街があったと言われています。岩屋駅を出ると料理屋が建ち並び、三味線の音が聞こえるなど、ちょっと今からは想像ができないような雰囲気だったとのこと。

海側を望む

神社から海側を眺めてみました。現在はマンションと阪神高速の高架橋で海を眺めることはできません。風光明媚な花街、神戸の街を支える工業地帯、そして住宅地へとこの100年余りの間に大きく変わった街並みを神社は変わらずに見守っています。

今年の更新は今回で最後です。今年も山陽沿線ブログ「せっつ・はりま歴史さんぽ」をご覧いただき、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

景勝地・敏馬の浦を歩く(前編)


年末が近づいてきたころ、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪神電車岩屋駅

阪神電車で着いたのは岩屋駅
兵庫県立美術館の最寄り駅とあって、何だかアートな感じの色遣いの駅です。

階段跡

今は上下線で分かれている岩屋駅のホームですが、かつては現在の下り線のみでした。トンネルの手前の堀割の中にあるホームはなかなかの狭さだったようです。さらにそれ以前は現在の場所よりやや東側の地上に駅があったそうです。地上時代の名残で東側に向かう利用者が多かったために東口が設けられていたのですが、次第に西口の利用者が多くなり、東口は閉鎖されてしまいました。現在は階段の跡が残るのみです。

和通風

ホームの西端から下り側の地下線のトンネルを覗いてみると、「和通風」の文字が刻まれていました。ちなみに、上り側には「技補天」と刻まれています。こちらは明石藩の儒学者(藩儒)だった橋本海関の撰文から選ばれた言葉で、昭和8(1933)年の地下線開業時に掲げられたものです。駅改修時、このトンネルも改修が行われたのですが、現在の位置に移されて今もトンネルを行き交う列車を見守っています(見学の際は列車に注意してください)。

岩屋の街並み

岩屋駅を出るとマンションが建ち並ぶ街並みが続きます。かつては海側に工場が建ち並ぶ工業地帯でしたが、震災後は工場跡地にHAT神戸が整備され、県立美術館があることもあってちょっとおしゃれな住宅地になっています。

次回は岩屋の町を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村