山陽沿線 まちガイド

皮がとにかくサックサク!姫路の「鯛焼本舗 遊示堂」でたい焼きを堪能

投稿日:

数々のグルメスポットが軒を連ねる山陽姫路駅界隈。その中でも特に足を運んで味わってほしい「鯛焼本舗 遊示堂」のたい焼きを久々に堪能してきました!

山陽姫路駅から徒歩約5分、おみぞ筋商店街の一画にある「鯛焼本舗 遊示堂」東駅前店は大きなたい焼き看板が目印。こだわりが感じられる店構えで今回も期待が高まります。

看板商品のたい焼きだけでなく、これからの季節にピッタリなソフトクリームも充実。あずきのトッピングや、たい焼き一匹を使った「たいやきソフト」も美味しそう!

今回は定番のたい焼きをチョイス。30分以上かけて焼き上げられる鯛焼は、とにかく皮がパリッパリでサックサク!適度な香ばしさが食欲をそそり、頭や尻尾までギッシリ入ったつぶあんの風味がフワッと広がって美味しい!椅子があるのでその場でサッと楽しめるのも嬉しいです。

しっかりとサイズもあって一匹150円は嬉しい。西二階町には本店もあるので、おでかけ事情に合わせて購入できるのも良いですね。こだわりのたい焼きが楽しめる「鯛焼本舗 遊示堂」。気になる方は是非!

お弁当の24時間無人販売店を姫路で発見!ちょっと気になります

投稿日:

お弁当の24時間無人販売!?姫路のおみぞ筋商店街近くで気になるお店を発見です。

こちらの写真の白い店舗にご注目。近くで確認してみると…

なんとお弁当を販売する無人店舗でした!餃子の無人販売はおなじみですが、お弁当販売は初めてみました。お弁当のマルエーが手掛ける24時間無人販売店なのだそう。

店内には様々なお弁当がズラリと並び値段も手頃。のり弁・炭焼き焼肉丼・サバ塩焼き弁当・かつめしなど様々なメニューが充実していました。

気になる購入方法ですが、お弁当を選んでからその食券を購入するようです。無人餃子店ではお釣りが出ないパターンが多いですが、この方式ならその心配は少なくて済みそうですね!

お弁当の24時間無人販売店。気になる方は是非!

開店70周年の山陽百貨店「夏の北海道大物産展」が始まりました!

投稿日:

2023年で開店70周年を迎え、南館増床でも話題の山陽姫路駅直結「山陽百貨店」。今年も恒例となった「夏の北海道大物産展」に行ってきました!

姫路の中心街で堂々たる風格の山陽百貨店。今年も北海道大物産展の大きなバナーが登場です!

出店はこんな感じで、海産物・乳製品・食肉・スイーツ・ビール・ハッカ・伝統工芸品など北の大地の恵みがズラリ。屋上ではらーめん茶屋も展開され、どれも気になります!

今回はこれからの季節にぴったりな「ハスカップヨーグルトフロート」をその場でいただきました。

ソフトクリームがスッキリした味わいで、ヨーグルトがとても濃厚でコクがあります。爽やかな酸味と甘さのハスカップも相まってかなり美味しい!各日限定50個なので売り切れにご注意を!

美味しそうな食がズラリと並ぶ「夏の北海道大物産展」。5月22日(月)まで一部入れ替わりをはさみながら本館6階で開催予定。期間が長いので何度も足を運んでみるのも良いですね!気になる方は是非!姫路「山陽百貨店」の詳細はこちら

姫路の「まねき食品」本社で飲食コーナーを発見!あの「えきそば」も楽しめます

投稿日:

姫路の「えきそば」や駅弁といえば「まねき食品株式会社」ですよね。今回は山陽姫路駅から徒歩約15分の場所にあるまねきの本社前で、ちょっと気になるブースを見かけました。

まねき食品株式会社は明治21年創業。老舗らしい堂々たる風格を感じさせる本社の入り口付近にご注目。なんと「えきそば」や駅弁の販売・イートインコーナーが展開されています!

その場でのイートインやテイクアウト、さらにドライブスルーも受け入れ。10:00〜14:00と時間は短めですが、自分に合ったスタイルでまねきのグルメを堪能できる仕組み。

奥のイートインコーナーで温かい「えきそば」やカレーライス、弁当などの食事が楽しめます。弁当の種類が豊富なのも嬉しいですね!近隣には2021年9月にオープンした大規模ホール「アクリエひめじ」や、2023年2月13日のブログでも紹介した御座候「あずきミュージアム」も。併せて立ち寄ってみるのも良さそうです。

まねき食品株式会社本社の販売・イートインコーナー。気になる方は是非!

御座候の「あずきミュージアム」におでかけ!工場ショップ限定「あずきソフトクリーム」も堪能

投稿日:

山陽姫路駅から徒歩約20分、念願の「あずきミュージアム」に行ってきました!

回転焼きでおなじみ「御座候」の本社・工場がある敷地の一角に、あずき文化を紹介する「あずきミュージアム」が2009年にオープン。古代より東アジアで活かされてきた小豆が品種・暮らし・風習など自然や文化的側面など多角的に映像も交えて紹介され、こちらの御座候パネルは撮影可能。

あずきと関わりの深い照葉樹林と小川のせせらぎが広がる敷地に「あずきミュージアム」「工場ショップ」を展開。姫路の街中とは思えない豊かな自然に癒されます!

入館は16:00まで。じっくり鑑賞すると1時間以上は過ぎるので余裕を持ったスケジュールで。

様々な展示が並ぶ中で撮影可能なのが、北海道の十勝で育成された小豆の品種「エリモショウズ」の10倍模型。襟裳岬から名付けられたエリモショウズは昭和56年に誕生した品種で、寒さに強く優れた風味や美しい色合いが特徴的。その優良な品質から作付け面積がとても多いのだそう。

ミュージアムでは照葉樹林を眺めながらゆったり食事が楽しめる「ミュージアムレストラン」も展開。あずき御膳・赤飯などの料理や、あんみつ・パフェなどのスイーツが並んでどれも美味しそう!

その中で気になり注文したのがこちらの「ゆであずき」。

砂糖などの味付けは無く、豆を茹でただけのシンプルなメニューで豆の味がダイレクトに感じられる一品。物足りない場合は少しの塩をまぶして味変を。

ミュージアムショップではグッズも販売。御座候の包装デザインが可愛い消しゴムを購入!

併設の工場ショップでは御座候の商品購入はもちろん、席がありイートインも可能。

今回は工場ショップ限定商品「あずきソフトクリーム」をチョイス。あの御座候のあずきの優しい風味が広がって美味しいです!レギュラーとミニがあるのでお好みで。席から照葉樹林を眺めながらゆったり過ごすひととき。ここが姫路の街中であることを忘れさせてくれるような、とても居心地の良い空間でした。

御座候が展開する「あずきミュージアム」「工場ショップ」。とても興味深い展示で、これまで以上に小豆や御座候が楽しめる内容となっています。気になる方は是非!ミュージアムの詳細はこちら

2023 山陽百貨店「バレンタイン ショコラマルシェ」が開催中!

投稿日:

今年で開店70周年の姫路「山陽百貨店」に行ってきました!

現在は外に足場が組まれた状態ですが、姫路のターミナルにふさわしい堂々とした風格。長年地元で愛される山陽百貨店では、定期的に開催される催しも楽しみのひとつですよね!

そんな山陽百貨店では2023年2月に気になるイベントが続々!2月14日(火)まで(6階は2月13日(月)まで)は「バレンタイン ショコラマルシェ」が開催中で、6階を中心に様々なブースがズラリ。

国内外の有名ブランドや地元の店舗も出展。じっくり眺めながらお気に入りのチョコレートやスイーツを選ぶ楽しさにあふれています。

一部はイートインが可能で、今回は赤穂や姫路で人気の「バンビジェラート」でジェラート(ダブル)を注文。「赤穂みかんクリームチーズ」「塩アーモンドキャラメル」がかなり美味しい!滑らかな食感にみかんの爽やかさ、クリームチーズのコク、塩キャラメルの甘じょっぱさ、アーモンドのザクザク感が相まって食べごたえ十分。食後の満足感が半端ないです!

お隣では「おさるのジョージ うきうきマーケット」も開催中。

2月15日(水)〜2月27日(月)までは開店70周年記念「北海道大物産展」が開催予定。こちらも気になりますね!山陽姫路駅直結で便利な「山陽百貨店」の2月催しに、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。山陽百貨店の詳細はこちら

山陽百貨店「秋の北海道大物産展」はいよいよ後半戦!10月17日(月)まで開催

投稿日:

山陽百貨店で開催中の「秋の北海道大物産展」はいよいよ後半戦!10月17日(月)までの開催です。

10月12日(水)からいくつかの店舗が入れ替わり、早速行ってみると屋上の「らーめん茶屋」も新たな店舗が出店中でした。

今回は函館に本店を構える「函館麺や一文字」が登場!風が気持ちいい屋上で温かなラーメンを味わう贅沢。今回はせっかくなので各日限定30食の「一文字塩ひこま豚チャーシュー麺」をチョイス。

北海道らしいとろろ昆布がたっぷり入って風味豊か。透き通った塩スープはふくよかな旨味とコクが有り、ブランド豚「北海道育ち ひこま豚」のチャーシューも脂があっさりで食べやすい仕上がり。

そして程よくちぢれた麺もモチモチで美味しい!スープとの相性も抜群で喉越しも良く、味玉もかなりのトロトロ感。あっという間に完食です!

山陽百貨店6階「秋の北海道大物産展」は10月17日(月)まで。気になる方は是非!山陽百貨店のHPにあるチラシもお見逃しなく!詳しくはこちら

【山陽百貨店】秋の北海道“大”物産展を満喫です!

投稿日:

「秋の北海道大物産展」が山陽姫路駅前の山陽百貨店で始まり、早速行ってきました!

屋外バナーも出て気合十分。北海道“大”物産展なのでますます期待が膨らみます。

大手前通りに面したディスプレイもアピール全開。今回は10月5日(水)〜10月17日(月)までと期間が長く、出店の入れ替わりもあるようで何度か足を運んでみるのも良さそうです。
見て楽しい、買って楽しい北海道大物産展で今回も爆買い!?ついつい財布が緩みっぱなしでした。

まずはこれらの加工品を購入。十勝チーズ味や毛ガニなど北海道限定「永谷園おとなのふりかけ」があるのは知りませんでした!マルちゃんの「焼きそば弁当」はスープが付いている北海道限定商品。北海道限定品うに・かに炊き込みご飯、スープカレー、海の幸カレーなど、どれも食べるのが楽しみです。

北海道物産展で欠かせないのが北見の“ハッカ”ですよね!飴やハッカ油スプレーは定番ですが、今回は初めてはっか豆を購入。ハッカのスースー感が適度にありつつも、北海道産大豆の豊かな甘味がしっかり感じられて美味しいです!ミントタブレット2種と、カーリングストーン型のタブレットケースも購入。北見といえばカーリング。このケースは「ロコ・ソラーレ」でした!

北海道の果実といえば“ハスカップ”も有名。こちらの飲むヨーグルトはさっぱりとしつつミルク本来の味わいが感じられ、ハスカップの爽やかな香りがほのかに感じられて美味しいです!

北海道大物産展のチラシに掲載の「かに四種盛り弁当」も購入。かにカニ蟹づくしで風味と弾力がもうたまりません!日頃できない贅沢や自分へのご褒美としてオススメしたいです。

北海道物産展の顔とも言える“スイートポテト”が今回もありました。なめらかな食感はもちろん、ただ甘いだけでない芋の優しい風味が感じられ皮ごと堪能です!

屋上ではラーメン店が出店中。気持ち良い風を感じながら温かいラーメンを味わうのも良さそうです。北海道大物産展の詳細は山陽百貨店HPでぜひご確認を!

姫路のタコピィ「明石焼風たこ焼き」が美味しい!

投稿日:

山陽姫路駅からほど近い姫路「タコピィ」に行ってきました!

かなり久々で以前は「タコピア」でしたが、名前がタコピィになっても気軽に立ち寄れる雰囲気が変わってないですね!

看板メニューの「明石焼風たこ焼き」も相変わらずリーズナブル。

どんどん注文が入る賑わいぶりで、食券を購入してほとんど待つことなく出来立て熱々が楽しめるのも良い感じ。ふわふわ食感にかつおの効いた出汁がたまりません!

そしてなんといっても、ソースをつけてから出汁にくぐらせるのが「明石焼風たこやき」の醍醐味。この姫路らしい美味しさがいつまでも続いてほしいですね!

他にもいか焼き・オムライス・そば焼きなど多彩なメニューを展開するタコピィ。姫路にお出かけの際は是非味わってみてはいかがでしょうか。タコピィの詳細はこちら

姫路ならではのグルメ「城下町どっぐ」が美味しい!

投稿日:

山陽姫路駅から徒歩数分の「ヤマサ蒲鉾」大手前店が昨年の10月にリニューアルオープンしていたそうで、久々に足を運んでみることに。

外観は地域になじんだ佇まいのままで、内装がシックかつ和と清潔感あふれる空間に。そして今回は久々だったので名物の「ちぃかまどっぐ」を食べようと思ったら…

その名が「城下町どっぐ」に変わっていました!どうやら昨年の春くらいには変わっていたようで、お値段は150円と相変わらずリーズナブルなのが嬉しいです。

もちろん味は以前と同じく美味しい!温かいふんわりドーナツ生地にチーズたっぷりの柔らかな蒲鉾が入っていて、この甘じょっぱい味がクセになり何本でもペロリと食べられそうです!手を汚さずに片手でサッと味わえるのも嬉しい。

店頭には城下町どっぐを手にした「さっちゃん」が目印の、食べ終わりの串を入れる串入れ箱も設置。この姫路ならではのご当地フード「城下町どっぐ」、お出かけの際は是非味わってみてください!