山陽沿線 まちガイド

3連休は南京町「春節祭」へ!旧暦のお正月を盛大に祝います

投稿日:

まだまだ寒い日が続く中、少しづつ春の兆しが見えつつある今日このごろ。2月10日(土)から3連休最終日の2月12日(月・振休)まで、恒例の「春節祭」が開催されます。

元町駅からほど近い神戸の中華街「南京町」で見かけたこちらのポスターは、旧暦のお正月を盛大に祝う恒例の「春節祭」のもの。今年は旧暦元旦の2月10日(土)から3日間の開催予定で、獅子が街を巡ったり、ハズレ無しでホテル宿泊券などの豪華商品が当たるかもしれない「ポチ袋くじ」など街全体が春の彩りに包まれた賑わいに。

徐々にまつりムードも高まっていて、南京町の街路には春節祭のバナーが登場!

福の文字が逆さまの「倒福」も春節らしさを一層際立たせています。

「倒福」にはこんな由来があるそうです!

今年はちょうど3連休と重なる良い日取り。南京町「春節祭」で一足早い春を感じてみてはいかがでしょうか。おでかけは山陽電車で!春節祭の詳細はこちら

神戸ルミナリエは1月28日(日)まで!素敵な作品が並ぶ旧居留地会場へ

投稿日:

1月28日(日)まで開催の「神戸ルミナリエ」。1月22日のブログでは大型作品が並ぶメリケンパーク・東遊園地会場を紹介しましたが、元町駅・神戸三宮駅から比較的近い「旧居留地会場」でもイルミネーションを展開。規模は小さいながらも素敵な作品が並びます。

まずは旧居留地会場の中心にある三井住友銀行神戸営業部前の広場。ここだけは交通規制がかけられ、光のツリーや三方を囲む看板作品をゆったり楽しめます。

色とりどりのイルミネーションが人々の心を癒やし、神戸ルミナリエならではのひとときを演出。

NTT西日本兵庫支店神戸中央ビル北側には、イタリア語で「バラ窓」を意味する直径約3mのルミナリエ作品「ロソーネ」を設置。イルミネーションの隣で人々が思い思いに写真を撮影するシーンも。

旧居留地エリアに唯一残る明治期の洋風建築「旧居留地十五番館」西側には、高さ約8mのアーチ型のルミナリエ作品が。ビルのガラスに映り込む様子も必見です。

阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂、都市復興・再生への希望を託した「神戸ルミナリエ」。これまでの年末に混雑するイメージとは違い、震災のあった1月の開催でゆったり鑑賞できる回遊型スタイルに変わりました。おでかけは山陽電車で!神戸ルミナリエの詳細はこちら

神戸ルミナリエが始まりました!今までとはちょっと違うスタイル

投稿日:

阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂、都市復興・再生への希望を託した「神戸ルミナリエ」が4年ぶりに始まり、美しいイルミネーションが街を彩ります。

今年から複数の会場に分散され、混雑を減らし街を回遊しながら鑑賞。花隈駅や元町駅からアクセス便利で、唯一の有料ゾーンとなっている「メリケンパーク」会場には光の回廊「ガレリア」が設置され、玄関作品「フロントーネ」と共に息を呑む美しさ。

神戸三宮駅から徒歩約10分の「東遊園地」会場には、光の壁掛け「スパッリエーラ」が。

東遊園地会場で見かけたのがこちらのグッズ。トートバッグはデザインが良いだけでなく、底に広いマチがあって実用性に優れ、普段遣いに便利です。防災緊急8点セットも販売。

東遊園地・メリケンパーク・旧居留地と会場が別れている、今までとは一味違った「神戸ルミナリエ」は1月28日(日)まで開催。おでかけは山陽電車で!神戸ルミナリエの詳細はこちら

冬ならではの行事が開催!神戸ルミナリエは回遊型に

投稿日:

山陽沿線では冬ならではの行事が開催!気になるポスターを発見です。

まずは日本最古の厄除霊地として知られる「多井畑厄除八幡宮」。1月18日(木)〜1月20日(土)まで「多井畑厄除まつり」が開催され、山陽須磨駅前から八幡宮までの神戸市バスが大増発。露店も並んで毎年賑わいを見せています。詳しくはこちら

神戸を代表する冬の風物詩「神戸ルミナリエ」が4年ぶりに復活。例年の12月開催から1月に変更され、1月19日(金)〜1月28日(日)まで「東遊園地・旧居留地・メリケンパーク」が会場となる回遊型のスタイルに。詳しくはこちら

神戸の中華街「南京町」では恒例の「春節祭」が。今年は旧暦元旦が2月10日(土)となり、3連休最終日の2月12日(月・振休)までの開催予定。旧暦のお正月を祝い、獅子が街を巡るほかハズレ無しのポチ袋くじなど華やかで楽しいイベントが盛りだくさん!詳しくはこちら

地域に根ざした行事が開催される山陽沿線。おでかけは山陽電車で!

「阪神タイガース日本一記念ミニゴーフル」が販売中!あの感動が蘇ってくる感じ

投稿日:

阪神タイガース日本一記念グッズがあちこちで販売中。あの定番アイテムでも登場です。

阪神元町駅から徒歩約3分、銘菓ゴーフルで有名な「神戸凮月堂」は神戸元町商店街に本店を構える老舗。ゴーフルといえば様々なデザインの「缶」でおなじみですよね。

そして今回の阪神タイガース日本一でも記念商品「阪神タイガース日本一記念ミニゴーフル」が登場!38年ぶりの快挙を祝うのにピッタリですね!

いざ購入してみるとあの感動がじわじわと蘇ってくる感じ。缶なので長く大切に保存できるのが良いですね。もちろんミニゴーフルもサクサク食感で美味しかったです。

阪神ファンにはたまらない記念商品「阪神タイガース日本一記念ミニゴーフル」。気になる方は是非!

有名ベーカリー「イスズベーカリー」で創業77周年感謝祭が開催予定!

投稿日:

創業77周年を迎えた有名ベーカリー「イスズベーカリー」で感謝祭が開催されるようです。

1946年の創業以来、神戸三宮エリアで親しまれてきた「イスズベーカリー」が、8月27日(日)限定で創業77年を記念した感謝祭を開催予定。なんと200円お買い上げ毎に100円の金券がプレゼント!

イスズベーカリーは神戸三宮駅から徒歩約8分の本店、阪神神戸三宮駅西口横の「阪神スクラ三宮店」、阪急神戸三宮駅西口近くの「生田ロード店」、阪神元町駅近くの「元町店」を展開。どの店もバゲットや惣菜パンなどとにかく種類が豊富!店毎の限定パンもあるなど、いつどこの店舗を訪ねてもパンを選ぶ楽しさが魅力的です。

8月27日(日)限定の創業感謝祭。気になる方は是非!イスズベーカリーの詳細はこちら

特別展「神戸の文化財III 〜今伝えたい、私たちの宝・街・心・技〜」に行ってきました!

投稿日:

神戸市立博物館で9月10日(日)まで開催中の特別展「神戸の文化財Ⅲ ~今伝えたい、私たちの宝・街・心・技~」に行ってきました!

昭和・平成に開催されてきた「神戸の文化財」展が令和でも。今回は「宝」「街」「心」「技」の4つのキーワードをもとに、新たに文化財指定されたものや教科書でおなじみの所蔵品などが並びます。

一部の作品は撮影可能となっていて、こちらの「南蛮屏風」は教科書でもおなじみ。

こちらも有名な「織田信長像」。神戸市立博物館に所蔵されているってご存知でしたか?

コレクション展示室では重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」の実物をご覧いただけます。

よく知っている有名な展示だけでなく、青銅鏡や埴輪など山陽沿線の近くで発見された貴重な展示も並ぶ特別展「神戸の文化財Ⅲ ~今伝えたい、私たちの宝・街・心・技~」。気になる方は是非!特別展の詳細はこちら

京都じゃない「祇園」まつりに行ってきました!

投稿日:

京都じゃない「祇園」まつりに行ってきました!

新開地・高速神戸・元町・湊川の各駅から神戸市バス7系統「平野」下車でアクセス便利、兵庫区平野の祇園神社「祇園まつり」が7月20日(木)まで開催中。祇園といえば京都がパッと浮かびますが、こちらの祇園神社も由緒ある神社。869年より約1150年余の歴史を持つとされています。さらに兵庫区平野エリアもかつて平清盛をはじめ、平家一門が拠点を置いたことで知られる歴史ある場所。

祇園まつりでは茅の輪をくぐり、無病息災を祈念して夏を乗り切ります。

祇園神社の近くに位置する「湊山温泉」の源泉を使った冷え冷え足湯も大人気!

境内や有馬街道沿いに多数の露店が並び、多くの人々が訪れてかなり賑やか。いよいよ夏本番といった感じですね!兵庫区平野の祇園神社「祇園まつり」。気になる方は是非!祇園まつりの詳細はこちら

重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」の実物を鑑賞できる!?かなり貴重な機会となりそうです

投稿日:

学校教科書の掲載でおなじみの重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」の実物を間近で鑑賞!?そんな貴重な機会が巡ってくるようです。

各線の元町・神戸三宮駅から徒歩約10分の「神戸市立博物館」。実はかの有名な重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」を所蔵していることで知られ、作品保存の観点から普段はレプリカ展示が常設のコレクション展示室(一般300円)で行われています。

そんな「聖フランシスコ・ザビエル像」ですが、7月22日(土)〜9月10日(日)の期間限定で実物が展示されるようです!実物を鑑賞できるのは年1回の期間とあって、今回はかなり貴重な機会。この期間は特別展「神戸の文化財Ⅲ ~今伝えたい、私たちの宝・街・心・技~」が開催予定で、特別展観覧券でも入場可なのも嬉しいですね。

貴重な文化財が収蔵されている神戸市立博物館。気になる方は重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」の実物を鑑賞できるこの機会に是非!博物館の詳細はこちら

夏の風物詩「元町夜市」が今年も開催予定!グルメやゲームで楽しい夏のひととき

投稿日:

今年も楽しい縁日が開催予定!商店街に看板が設置されていました。

阪神電車元町駅・西元町駅すぐ、神戸元町商店街の夏の風物詩「元町夜市」が今年は7月25日(火)に開催されるようです。元町商店街1番街〜6丁目までの長い商店街に、グルメやゲームなどのブースがズラリ。ステージイベントも予定され、普段は落ち着いた雰囲気の夜の商店街が熱気に包まれます!

毎年1番街には巨大な提灯が出現してお祭り気分が高まります。

6丁目には巨大バナーが!ブースでは元町夜市限定メニューが並ぶなど、一夜限りの楽しい夏のひとときを満喫できます。万が一雨が降ってもアーケードがある他、西元町駅からだと雨に濡れずに直接6丁目に行けるのも嬉しいですね。

元町商店街の夏の風物詩「元町夜市」。おでかけは山陽電車で!イベントの詳細はこちら