明石最古の神社、桜はまだこれから!

桜の見頃はまだこれからでした!



こちらは林崎松江海岸駅から徒歩数分の「林神社」。西暦139年に創祀と伝わり、明石で最も歴史ある神社として知られています。しかも明石の名の由来となる巨大な赤石にまつわる話も伝えられているのだそう。そんな林神社の階段を上ると…



拝殿の横に立派な桜を発見。4/4(水)に訪ねましたがまだ咲いておらず…



この通り。もう間もなくといったところでしょうか。近隣の明石公園ではソメイヨシノが間もなく散るかという状況ですが、林神社はまだこれから!



それもそのはず、花をよく見るとソメイヨシノではなく「里桜」でした!ソメイヨシノからやや遅れて咲くこちらの里桜、実は戦前にいったん空襲で焼失した樹が戦後新たに芽を出し、今も咲き誇っている歴史ある里桜だそうです!これから見頃を迎える、白く可憐で美しい里桜を是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。林神社の詳細はこちらをご覧ください。