明石ダコ、半夏生…今が旬のタコをもっと知りたい!

山陽電車に今年もタコのヘッドマークが登場です!



この可愛いタコは明石観光PR隊長「パパたこ」。明石ダコの旬がはじまる「半夏生」をPRしています!山陽沿線でタコと言えばもちろん明石ですよね。今はタコを食べる風習「半夏生」の季節、明石が盛り上がります!



ちなみに「半夏生」とは…詳しくはこのポスター、そして魚の棚商店街のHPをご覧いただきたいのですが、是非明石での半夏生イベント「明石半夏生たこまつり週間」「魚の棚半夏生七夕夜市」にご参加ください!



そして、そもそも明石のタコのこと、知っているようで知らないことの方が多いかもしれませんね!タコについてもっと知りたい時、山陽明石駅前パピオスあかし5F「さかなクンのギョギョルーム」がオススメ!入場無料でタコ情報が満載です。



日常でも役立つタコ情報を、楽しみながら学べる仕組みが充実。



そして映像ではさかなクンが登場して、明石ダコについてイラストを描きながら紹介してくれます。ちなみに明石はマダコの漁獲量が年間約千トンで日本一だそうです!

半夏生のこの時期、是非明石へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

明石公園の桜が見ごろを迎えました!

明石公園で桜が見ごろを迎えました!



剛ノ池の周りが美しい桜で彩られています!花見をしたりボートに乗ったり散歩をしたり、思い思いのゆったりとした時間が流れています。



池周辺はどこを歩いても桜!自身のお気に入りスポットを是非探してみて下さい。



ボート乗り場近くの自販機コーナーでは、ジュースだけでなくアイスやカップラーメン、そしてビールが冷えていて花見の際に重宝しそうです。



桜だけでなく菜の花も見頃でした!



さらに明石城の石垣や櫓を覆い隠していた樹木が伐採され、これまでより一段と美しい姿を見せる明石城にも注目です。



4/1(日)~4/8(日)までは「明石公園さくらまつり」が開催。さらにビアガーデンも開催されるそうです。

沿線有数の桜スポット「明石公園」に、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

週末は「第7回 明石公園冬の味覚市」へGO!

週末は明石へお出かけしてみませんか?



「第7回 明石公園冬の味覚市」が2/24(土)25(日)に開催予定!兵庫県内各地からカニ・カキ・フグなど冬のグルメが集まり、明石公園が賑わいます。



特別価格の「ふぐ汁」など様々なグルメ気になるほか、石釜ピザ焼体験、手打ちそば体験、殻付き牡蠣の即売など魅力的なブースが目白押し。しかも最近は明石公園の堀で水質浄化の取り組みが始まっていて、以前よりも透明度が増しているような気がします。堀にも注目です!

冬の明石公園で温かいグルメを是非ご堪能ください。お出かけはもちろん山陽電車で!イベントの詳細はこちら

 

暮らしに役立つ「手話フォン」が設置されました!

山陽明石駅前「パピオスあかし」で見慣れない公衆電話を発見です。



なんと「手話フォン」でした!聴覚障害者の方が手話で通話できる公衆電話で、西日本で初めて設置されたものだそうです。



間に手話通訳者を介することでスムーズなやり取りを実現。



しかも無料で利用可能。聴覚障害者の方の暮らしに役立つ公衆電話、これからも社会に広がっていくと嬉しいですね!明石へお出かけの際は是非注目してみてはいかがでしょうか。パピオスあかし2Fの「あかし市民広場」に設置されています。

今年も「大漁旗」が登場です!

山陽明石駅から程近い「魚の棚商店街」が今年も華やかでした。



「大漁旗」がズラリと飾り付けられ、色鮮やかで美しいです!漁業が盛んな明石らしい年末年始恒例の大漁旗。これが登場したらいよいよ年の瀬を感じますね。



魚の棚商店街と言えば入口にあるステンドグラスも見逃せません。公募で選ばれたデザインだそうで、明石の魅力が凝縮されてますね!



約400年前に明石城の築城とともに誕生したと伝えられる魚の棚商店街。今はデッキを使えば山陽明石駅前から雨に濡れることなく到着です。もちろんエレベーターも完備なのでベビーカーや手押し車でも安心。この「うおんたな」も要チェックです!

年末でさらに活気あふれる「魚の棚商店街」へ、是非おでかけしてみてはいかがでしょうか。商店街の詳細はこちら

 

「パピオスあかし」にイルミネーションが登場です!

山陽明石駅前「パピオスあかし」にクリスマスイルミネーションが登場です!



駅を降りてすぐの場所からでも、その大きさが分かります。



約2mのツリーを20本、全体で約15mの高さがあるのだそう。サイズ的にもパピオスあかしにピッタリですごく綺麗!



あかし市民広場から見るとよりクリスマスムードを感じます。



山陽明石駅前の夜と言えばこのステンドグラス?も美しいですね。

パピオスあかしのクリスマスイルミネーションは12/27(火)まで、16:00~24:00まで点灯するそうです。是非ご覧下さい!

毎年恒例の「明石公園菊花展覧会」が開催中です!

今年でなんと89回目!全国でも有数の伝統を誇るイベントへ。



その場所は明石公園。毎年恒例の「第89回 明石公園菊花展覧会」が開催中で、今年は11/12(日)まで開催予定。特作花壇をはじめ、大菊、懸崖菊、盆栽菊など約300作品(1,500鉢)が並び、看板の横にある作品はよく見るとワンちゃんでしょうか。



とき打ち太鼓の前には菊で出来た「剣豪宮本武蔵vsタコ次郎」。明石の城下町を設計した宮本武蔵に、小次郎ならぬタコ次郎。郷土愛に溢れてますね!



このドーム型菊は明石市内の小学生・幼稚園・保育園の子ども達が育てたもの。



どの菊も繊細で見応えあるものばかり。明石市の市花にもなっている菊を是非ご覧下さい!明石公園菊花展覧会の詳細はこちら

 

いつの間に…駅前でタコ発見です!

山陽明石駅前なんですが…



いつの間に!花壇にタコ発見です!



このタコもなかなかシュールな感じですね…



このハートはカップルの写真スポットになりそう。インスタ映えするかは微妙な明石駅前花壇ですが、是非ご覧下さい!

「パピオスあかし」のエレベーターに乗ってみると…

山陽明石駅前の新しいビル「パピオスあかし」のエレベーターに乗ってみると…



7F「屋上広場」の文字を発見!気になったので早速行ってみることに。



到着してすぐに広がる絶景!気持ちいい青空、そして明石市街の北側を眺めることが出来る展望スポットになっていました。



もちろんガラス越しではありますが、目の前を走る山陽電車や明石城を上から見ることが出来てとても新鮮。播州平野の広がりを感じる穴場スポットかもしれません。



東側は天文科学館や柿本神社を同じ高さの目線で確認出来ます。

「パピオスあかし」の屋上広場は、発展を続ける明石の街を感じる絶好のスポットでした。是非一度お立ち寄り下さい!

どこまでも続く桜並木でした!

桜が各地で満開!こちらのスポットでも見応えある桜を楽しめます。



土手に桜並木がず~っと続く穴場スポットの「伊川」。山陽明石駅から明石公園を抜けて徒歩30分、駅前から神姫バス14系統で10分の白水橋から上流へ約2.5kmに渡って桜並木が続きます!特に白水橋~別府大橋の左岸は西神戸・明石エリア随一の美しさ。



歩いても歩いても桜!どこまでも続く桜並木はメディアであまり取り上げられないせいか、なぜか人もまばら。有名な桜スポットにはない静けさで、ゆったりと散歩しながら桜を楽しむことができます。



上流の谷田橋付近は桜のトンネル状態。コンクリートの道ではなく土手に咲く桜というのがいいですね!しかも人の目線で桜が咲いていて花びらを間近で楽しめます。

白水橋~谷田橋まで飽きることなく、ゆっくり歩いて見応えのある桜並木。この穴場で春の散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。神姫バス14系統はこちら