たるせん50周年記念「垂水歴史展」が開催中です!

山陽垂水駅の高架下ショッピングセンターが開業50周年!感謝祭が開催中です。



山陽電車側の「MOLTI」、JR側の「PLICO」で開催され、8/9までは50周年アニバーサリー「垂水歴史展」が行われています。



かつては垂水の高架下と言えば「たるせん」でした!今でも地元では「たるせん」の名で親しまれ、MOLTIより知名度が高いかもしれませんね。垂水歴史展は山陽垂水駅東改札の目の前から「たるせん」に入ってすぐの場所で開催中。



今回はその一部をご紹介。この写真、垂水に馴染みのある方には凄く懐かしいですよね!本屋さんはたしか日東館だったでしょうか。



写真だけでなく新聞も展示。開業時の新聞広告が昭和っぽさ全開!山陽電車と「山陽たるせん」の名を確認できます。当時のオープンの喜びが伝わってきます!

垂水にお出かけの際は是非「たるせん」でご覧になってみてはいかがでしょうか。垂水歴史展は8/9(木)まで開催されています。

7月の沿線イベント、さらにピックアップ!

7月は沿線イベントが盛りだくさん!今回もいくつかピックアップしてご紹介します。



先ずは山陽電車がスポンサーのJリーグ「ヴィッセル神戸」のホームゲーム。元スペイン代表で、FCバルセロナでも数々のタイトルを獲得した超ビッグネーム アンドレス・イニエスタ選手がついに来日!この2試合での出場に期待が持てそうです。元ドイツ代表 ルーカス・ポドルスキ選手は残念ながら怪我で離脱中ですが、両選手の活躍が今後楽しみですね!試合情報はこちら



神戸の元町商店街では「元町夜市」が開催予定。1番街~6丁目まで様々な出店やステージが登場、夏の思い出作りにピッタリなイベントです。元町夜市の詳細はこちら



山陽垂水駅近くでは「マチナカ TARU MEETS」が開催予定。美味しいフードや、アコースティックデュオ「にこいち」のLIVEが楽しみです!



沿線からは少々離れていますが「未来ICT研究所」一般公開も気になるイベント。説明が少々難しい研究所の取り組みを、お子様でも学べるような体験コーナー・工作コーナー、研究を紹介する展示・講演会などでご紹介。山陽沿線ゆかりのキャラクター、軌道星隊シゴセンジャーも登場するそうです!一般公開の詳細はこちら

夏はイベント盛りだくさんの山陽沿線。山陽電車のイベントページも参考に是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

サッカー・ワールドカップの興奮を山陽沿線で!

6/22のブログでもご紹介した、神戸市垂水区出身でサッカーワールドカップ日本代表・香川真司選手の直筆サイン入り寄贈品を実際に見てきました!



まずはこちらのパネル。垂水区乙木(おとぎ)小学校卒業でまさに「乙木小のヒーロー」の香川選手。地元・乙木の熱い応援が伝わります!



そして直筆サインが入った現在の日本代表ユニフォームが目の前に!現在所属のドイツ・ブンデスリーガ「ボルシア・ドルトムント」のグッズも。



他にもスパイクや公式試合球など、地元への思いが伝わるグッズの数々。世界を熱狂させるワールドカップの興奮が、垂水区役所でも熱く感じられます!



山陽垂水駅から徒歩数分の垂水区役所2F、観光情報コーナー横で展示されています。ワールドカップで盛り上がるこの機会に、是非直接ご覧下さい!詳しくはこちら

 

香川真司選手のサイン入りユニフォームを間近で!

サッカー・ワールドカップ ロシア大会で日本勝利!この“半端ない”盛り上がり、まだまだ続きそうですね。そして神戸三宮駅より徒歩数分、神戸市役所の壁面には…



神戸市垂水区出身・香川真司選手、神戸市北区出身・昌子源選手、神戸市西区の滝川第二高校卒・岡崎慎司選手を祝うバナーが掲げられています。特に香川真司選手は垂水区の乙木小学校卒業でまさに山陽沿線ゆかり!応援にも力が入ります!

さらに耳より情報で、なんと垂水区役所で香川真司選手が神戸市に寄贈した「日本代表ユニフォーム(10番)・スパイク・公式試合球・色紙・うちわ(全て香川選手のサイン入り)」が展示されているようです!6月19日(火)~7月13日(金)の平日、9:00~17:00にご覧いただけるとのこと。詳しくはこちらをご覧下さい。

山陽沿線から世界へ!香川真司選手の思いを垂水区役所で感じてみてはいかがでしょうか。

 

春を告げる「いかなごのくぎ煮」のイベント開催!

3月上旬の山陽沿線は「いかなごのくぎ煮」の最盛期!近年シンコの価格が高騰する中、甘辛い春を告げる香りがやっぱり欠かせませんよね。



そして直前のお知らせになりましたが、3/10(土)に「第19回 神戸・垂水いかなご祭」が山陽垂水駅近くの垂水レバンテ広場で開催が予定されていて、いかなごのくぎ煮創作料理の販売や調理実演、お楽しみビンゴゲーム、ステージなど盛り沢山!



レバンテ広場は通称「いかなごのオブジェ」が目印。このオブジェの正式名称は「PLAZA FISH」で「魚」をモチーフとしていて、いかなごシーズンはご当地ソング「いかなごGO!GO!」がエンドレスで流れるのも垂水の恒例行事。



スーパーなどでも流れている「食べてもいいかないいかなGO!~♪」のフレーズがお馴染みの「いかなごGO!GO!」のCD、実は垂水レバンテ2番館の垂水勤労市民センター内「あじさい講座事務室」で800円で購入可能。欲しい方は是非訪ねてみて下さい。

いかなごのくぎ煮発祥の街とされる垂水へは山陽電車が便利です。「第19回 神戸・垂水いかなご祭」に合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか。いかなご祭の詳細はこちら

 

山陽沿線も秋祭りの季節ですね!

そろそろ山陽沿線も秋祭りの季節ですね!



山陽垂水駅前でも「海神社」の秋祭りが10/10(火)~10/12(木)まで催され、様々な神事が執り行われます。中でも観衆に一番身近なものが播磨地域で盛んな「布団太鼓」の巡行。垂水エリアでも4地区(西垂水・東垂水・東高丸・塩屋)の布団太鼓が威勢の良い掛け声で盛り上げます!



オススメの観覧場所がショッピングセンター「MOLTI」の東側高架下。すぐ目の前をかなりのスピードで布団太鼓が駆け抜けて、それはもうド迫力!



歓声がわき上がる中、高架すれすれを布団太鼓が駆け抜ける様はとても煌びやかで見応え抜群!布団の細かい刺繍にも注目です。



海神社秋祭りのスケジュールはこちらをご覧下さい。10/11(水)は垂水漁港で、10/12(木)は垂水レバンテ前で布団太鼓の練り合わせが披露され、祭りは最高潮に!垂水へは山陽電車でお出かけを。山陽電車HPの秋祭り特集もこちらでご覧下さい。

 

古刹「転法輪寺」でもうすぐ蓮の花が見頃です!

山陽垂水駅から山陽バスに乗ってぶらり旅!すると…



まるで熊野古道のような、かなり風情ある参道歩きが楽しめます。山陽バス12系統「中山」停留所より程近い古刹「転法輪寺」へと続く参道で、周囲はツブラジイやウバメガシなどが囲む貴重な原生林となっています。



しばらく進むと、まるで城下町のような苔むした石垣がお出迎え。人の気配が無く雨音や鳥の声だけが響き渡る静寂でかなり癒されます。そして真っ直ぐ進むと…



お目当ての蓮池に到着。弁財天が祀られている蓮池ではもうすぐ蓮の花が見頃を迎えます。訪問日の7/5はちょっと早かったですね。蓮の葉は思った以上にスッと高く伸びていました。



今にも咲きそうな蓮の花。



この花だけは勢いよく開いて、とても大きくて鮮やか!



転法輪寺はかつての栄華を偲ばせるような広い敷地。垂水区最古のお寺で、毎年1/7には「追儺式」が行われ神戸市の登録無形民俗文化財となっています。詳しくはこちらで動画をご覧下さい。

蓮はこれからが見頃で7月下旬頃までは楽しめるかも。山陽バスで一度訪ねてみてはいかがでしょうか。12系統中山停留所から徒歩10分。山陽バスの詳細はこちら

 

ビルの地下に遺跡発見です

山陽垂水駅から程近い場所で遺跡発見です!



写真手前が12/16のブログで紹介した通称「いかなごのオブジェ」なんですが、今回は奥の「レバンテ垂水1番館」地下にご注目。地下にあるコープ垂水店の入口手前に…



なにやら展示物のある空間が。実はこちら「垂水日向遺跡」と言って、地表面から約5mほど下に縄文時代や平安時代などに人々が暮らしていた痕跡が見つかった場所。その出土品の一部がレバンテ地下の一画で展示され、誰でも無料で見学出来ます。



こちらは平安時代の飯蛸壺と網の錘(おもり)。昔から漁が盛んだったと伺えます。



こちらの葉は、なんと4,500年前の大洪水で堆積した土の中から緑色を保ったまま発見されたもの!他にも縄文人の足跡をはぎ取ったものや、4,500年前の大洪水で流されてきた樹木など、考古学ファンでなくとも興味深い展示物の数々。9:30~18:30にご覧いただけますので、興味ある方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

なぎさの絶景・愛で結ぶ南京錠

「垂水なぎさ街道」ってご存じでしょうか?神戸市垂水区の舞子~塩屋の海岸沿いを巡るウォーキングコースで、山陽電車の愛称「シーサイドエクスプレス」にピッタリのエリアなんです。そんな街道のメインの一つがこちらのスポット。

恋人岬

海の絶景を見ながら、ゆったりと素敵な時間を過ごせる「恋人岬」。ベンチもあってボーっとしたいときや自分だけのリラックスタイムにオススメです!

恋人岬

西側は明石海峡大橋や淡路島を一望。明石海峡に沈みゆく夕日も美しいですよ!

恋人岬

そして恋人岬だけあって、鎖には愛で結ばれた南京錠がズラリ。

恋人岬

ビオトープも整備され、魚や野鳥観察にも最適です。

夜は暗いので夕方までのおでかけをオススメします。寒さが緩み、潮風が気持ちよくなってくる春先に足を運んでみてはいかがでしょうか。