7月の沿線イベント、さらにピックアップ!

7月は沿線イベントが盛りだくさん!今回もいくつかピックアップしてご紹介します。



先ずは山陽電車がスポンサーのJリーグ「ヴィッセル神戸」のホームゲーム。元スペイン代表で、FCバルセロナでも数々のタイトルを獲得した超ビッグネーム アンドレス・イニエスタ選手がついに来日!この2試合での出場に期待が持てそうです。元ドイツ代表 ルーカス・ポドルスキ選手は残念ながら怪我で離脱中ですが、両選手の活躍が今後楽しみですね!試合情報はこちら



神戸の元町商店街では「元町夜市」が開催予定。1番街~6丁目まで様々な出店やステージが登場、夏の思い出作りにピッタリなイベントです。元町夜市の詳細はこちら



山陽垂水駅近くでは「マチナカ TARU MEETS」が開催予定。美味しいフードや、アコースティックデュオ「にこいち」のLIVEが楽しみです!



沿線からは少々離れていますが「未来ICT研究所」一般公開も気になるイベント。説明が少々難しい研究所の取り組みを、お子様でも学べるような体験コーナー・工作コーナー、研究を紹介する展示・講演会などでご紹介。山陽沿線ゆかりのキャラクター、軌道星隊シゴセンジャーも登場するそうです!一般公開の詳細はこちら

夏はイベント盛りだくさんの山陽沿線。山陽電車のイベントページも参考に是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

「神戸らんぷミュージアム」が営業再開です!

レトロな近代建築やブティックなど、洗練されたオシャレな街並みが人気の神戸「旧居留地」エリア。美しい街に溶け込み、今でも人気を集める「神戸らんぷミュージアム」がしばらくの休館中から再開、7/18(水)より営業するそうです!



時代ごとの美しいランプがズラリと並びます。



日常生活に欠かせない明かり。機能に特化したシンプルなものから、情緒あふれるガス灯、芸術品のような価値を持つものまで様々な明かりに目を奪われます。

そして今回の営業再開から、新コーナー「私たちのまちとあかり」やプロジェクションマッピングなど新たな展示が加わるそうです!他にはない魅力にあふれた「神戸らんぷミュージアム」へ、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。ミュージアムの詳細はこちら

 

祝!オープン!「神戸新開地・喜楽館」を楽しむ

7/11(水)にオープンした上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」に行ってきました!



新開地商店街にあって新開地駅東口から2分とかからず到着。入口はコテコテせずに昭和レトロな色合い、これは地元の落語家・桂あやめさんのデザインだそうです。そして今回は夜席を鑑賞。その落語家さんは…



桂あやめさん!地元の兵庫区に寄席がオープンして喜びひとしおの桂あやめさん、今回の夜席も新作を引っ提げて気合が入ります。程なくして喜楽館に入ると…



中はこんな感じ。新築で良い香りが漂い、1F 150席・2F 62席の小さすぎず大きすぎず、落語家の息遣いや熱気が感じられる程よい空間でした。



港町を意識したブルーの椅子は座り心地が良く、足元も窮屈感はありません。そして肝心の落語も盛り上がり、日々の憂鬱なことを忘れるほど笑い、喜び、楽しむことが出来ました!山陽電車に乗ってふらっと気軽に「神戸新開地・喜楽館」へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。喜楽館の詳細はこちら

 

新しい駅ナカ「エキナ新開地」がオープンします!

新開地駅西口で駅ナカ工事が進行中です!



かつて喫茶店や和菓子屋があったこちらの空間に、駅ナカ「エキナ新開地」が7/18(水)にオープン予定だそうです!お店のラインナップですが…



まずは神戸市内に数店舗を構える「鬼平コロッケ」。他の店舗で確認した看板商品「鬼平コロッケ」は1個60円で、その安さに驚かされます。



神戸に数店、明石や加古川にも店舗を構えるスイーツ店「モンブランKOBE」もオープン予定。駅ナカでケーキが買えるのは嬉しいですね!



そして神戸・明石のこだわりパン工房「ダンマルシェ」も。さらに、おにぎり専門店「ONIGIRI ICHIGO」がオープンするとの情報も。パン・スイーツ・惣菜と暮らしに嬉しいお店が加わって、新開地駅がさらに魅力的になりますね!

新開地駅にお立ち寄りの際は、新しい駅ナカ「エキナ新開地」に是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」がオープン!

いよいよ上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」が7/11(水)にオープンします。かつて“東の浅草、西の新開地”と称されるほどの歓楽街として栄えた新開地に、魅力的な娯楽スポットが誕生です!



新開地駅東口の3番出口が喜楽館への最寄出口。改札すぐの案内板が目印です。



そして3番出口の階段も喜楽館仕様に生まれ変わりました。赤絨毯を模した色合いに喜楽館ゲートが描かれ、ワクワク感がさらに高まります!



新開地商店街を北へ進むと巨大な喜楽館提灯を発見。その横が喜楽館です!



シンプルな造りの喜楽館、コテコテしてないところが神戸らしくて良いかもしれませんね。喜楽館は「昼は上方落語の定席、夜は上方落語はもちろん、東西落語、講談、浪曲などの演芸のほか音楽、ダンスなど、幅広く楽しむことのできる演芸場」だそうで、上方落語だけでない懐の深さや多様性も神戸らしいもの。人々が喜び楽しみ、新たな笑いや感動が生まれることを期待したいですね。

写真は7/8(日)に撮影したもので、当記事が公開される頃には新たな歴史が刻まれているかと思います。皆様も是非「神戸新開地・喜楽館」へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。喜楽館の詳細はこちら

 

ここのラーメン、めちゃめちゃ旨いです!

ここのラーメン、めちゃめちゃ旨いです!



別府駅に程近いラーメン店「まいど」。その名の通りテンションMAXな店主による「まいど!」の掛け声がもの凄い大音量で、威勢が良すぎてビックリ!とにかく行けばわかる「まいど」の勢い、店主だけでなく味も最高です。



チェックすべき三種の神器。今回は濃口ラーメンと焼き飯を注文です。



一口すすると甘めで濃厚な醤油感、そして脂のコッテリ感が相まってコク旨で美味しい!しかもほのかに爽やかな香りが。どうやら生姜がアクセントになっていて、すするレンゲが止まらない旨さで、他にはない濃口ラーメンです!



チャーシューは固めで塩気のあるタイプで歯ごたえ抜群。麺は程よいモッチリ感でスープとよく絡み、もやしのシャキシャキ感もアクセント。



焼き飯はなんと茶碗で登場!しっかり中華鍋で炒めた焼き飯はおこげ付きで香ばしい仕上がり。濃口ラーメンと焼き飯で大満足なランチタイムをガッツリ堪能です!

山陽沿線の中でもハイレベルな「まいど」。山陽電車のタオルが壁に掛けられるなど山陽電車愛も感じられる店内も注目です!別府にお出かけの際は是非味わってみてはいかがでしょうか。

 

山陽垂水駅の新しい「待合室」に潜入…

山陽垂水駅に「待合室」が設置されました!



6月末まで工事が進められていた待合室、ついに7/3(火)から上り下りとも階段の間で供用開始。雨風に悩まされる今の季節は本当に助かりますね!出来立ての待合室、早速潜入してみると…



シンプルで落ち着いた空間に仕上がり、空調完備でほんのりと冷気が感じられてこれからの季節は特に重宝しそうです。しかもスライド式の扉が軽くて扱いやすいのが大きなポイント。ちょっと力を加えるだけで扉の開閉ができるのは良いですね!



待合室設置場所には自販機がありましたが、今回は上り下りとも姫路寄りに2台ずつ設置されていて、こちらも重宝しそうですね!

山陽垂水駅をご利用の際は、是非待合室を利用してみてはいかがでしょうか。

 

明石ダコ、半夏生…今が旬のタコをもっと知りたい!

山陽電車に今年もタコのヘッドマークが登場です!



この可愛いタコは明石観光PR隊長「パパたこ」。明石ダコの旬がはじまる「半夏生」をPRしています!山陽沿線でタコと言えばもちろん明石ですよね。今はタコを食べる風習「半夏生」の季節、明石が盛り上がります!



ちなみに「半夏生」とは…詳しくはこのポスター、そして魚の棚商店街のHPをご覧いただきたいのですが、是非明石での半夏生イベント「明石半夏生たこまつり週間」「魚の棚半夏生七夕夜市」にご参加ください!



そして、そもそも明石のタコのこと、知っているようで知らないことの方が多いかもしれませんね!タコについてもっと知りたい時、山陽明石駅前パピオスあかし5F「さかなクンのギョギョルーム」がオススメ!入場無料でタコ情報が満載です。



日常でも役立つタコ情報を、楽しみながら学べる仕組みが充実。



そして映像ではさかなクンが登場して、明石ダコについてイラストを描きながら紹介してくれます。ちなみに明石はマダコの漁獲量が年間約千トンで日本一だそうです!

半夏生のこの時期、是非明石へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

もう夏祭り!週末は「稲爪神社」へ!

山陽明石駅でポスター発見。もう夏祭りの季節がやってきました!



6/30(土)7/1(日)に人丸前駅から程近い「稲爪神社」で夏祭りが開催。7/1は茅の輪くぐり、演奏、踊り、スイカ割り&種飛ばし記録会、屋台などのイベント盛り沢山。



稲爪神社は秋祭りやえべっさんで有名ですが、夏祭りも盛り上がります!



拝殿では近隣の酒造メーカー・明石酒類醸造の清酒「明石鯛」を発見。“おめで鯛(タイ)”お酒として縁起が良いですね!明石酒類醸造のサイトはこちら



こちらの歴史を感じる楼門、とても良い雰囲気でした!

週末は稲爪神社の夏祭りで、一足早く夏を感じてみてはいかがでしょうか。稲爪神社の詳細はこちら

 

サッカー・ワールドカップの興奮を山陽沿線で!

6/22のブログでもご紹介した、神戸市垂水区出身でサッカーワールドカップ日本代表・香川真司選手の直筆サイン入り寄贈品を実際に見てきました!



まずはこちらのパネル。垂水区乙木(おとぎ)小学校卒業でまさに「乙木小のヒーロー」の香川選手。地元・乙木の熱い応援が伝わります!



そして直筆サインが入った現在の日本代表ユニフォームが目の前に!現在所属のドイツ・ブンデスリーガ「ボルシア・ドルトムント」のグッズも。



他にもスパイクや公式試合球など、地元への思いが伝わるグッズの数々。世界を熱狂させるワールドカップの興奮が、垂水区役所でも熱く感じられます!



山陽垂水駅から徒歩数分の垂水区役所2F、観光情報コーナー横で展示されています。ワールドカップで盛り上がるこの機会に、是非直接ご覧下さい!詳しくはこちら