懐かしい元神戸市電、珍しい蒸気機関車がすぐ近く!

今回は他社線の話題になりますが、8/1(火)~8/6(日)まで「神戸市営交通100周年懐かしの写真パネル展」が神戸市役所1号館2F市民ギャラリーで無料開催されます。詳しくはこちらでご覧いただきたいのですが、このブログではパネルとは違って実際の元神戸市電の車両を間近でご覧いただけるスポットをご紹介。



今でも元神戸市電1155号が保存されているのは「小寄公園」。阪神電車「青木」駅から徒歩数分の場所にあり、保存状態が良く往年の美しい姿をとどめています。神戸市電は昭和46年に姿を消しましたが、この1155号は市電の歴史で最も新しい型のようです。行き先は「楠公前」。高速神戸駅すぐ「湊川神社」のことですね!



小寄公園には蒸気機関車「C型 S108」の姿も。昭和17年に中国海南島向けに製造され、実際に大陸を走ることはなく昭和42年10月まで国内工場で使用されました。

懐かしい元神戸市電、珍しい蒸気機関車がすぐ近くにある小寄公園。興味ある方は是非一度お出かけしてみてはいかがでしょうか。阪神方面へは「阪神・山陽 シーサイド1dayチケット」「阪神・明石市内 1dayチケット」「垂水・舞子 1dayチケット(阪神版)」 のご利用が便利です!