幽玄な雰囲気で能・狂言が演じられる「神戸薪能」へ

こちらのパネル、ご覧になったことありませんか?



高速長田駅に7月下旬に登場する「神戸薪能」のパネルで今年も登場。毎年8/1に開催され、今年も第48回神戸薪能が無事終了しました。当ブログの人も招待券をいただき、神戸に住んでいながら今回初めて神戸薪能を鑑賞しました!



神社へと続く道中の長田商店街にも神戸薪能の提灯が登場して、普段とはちょっと違った雰囲気。地域に根ざした伝統行事だと実感出来ます。



広々とした境内に椅子席、そして能舞台が登場!薪に火が入り、幽玄な雰囲気で能が演じられる神戸薪能。ご年輩の方が多い…かと思いきや、意外と若い方や小学生の子どもたちもいて、親から子へ代々親しまれているのかもしれませんね。



パンフレットのあらすじを見ながら上演を待ちます。そして徐々に暗くなり…



ついに薪に火が!上演中は撮影出来ませんので、火入式前後の合間で撮影したもの。篝火に照らされる能舞台はとても幻想的な雰囲気。森に囲まれて風がヒンヤリ、演目の音だけが響く厳粛な空間で能を鑑賞する貴重な体験。



能は言葉が聞き取りにくい、話が分かりにくい…などのイメージがあるかもしれませんが、あらかじめパンフレットであらすじをチェックしておけばスッと能に入り込めて面白いですよ!

皆さんも是非一度、来年の8/1に長田神社で日本の伝統文化を体験してみてはいかがでしょうか。