ようやく満開!“ひとめ2万本、海の見える梅林”

梅がようやく、ようやく見頃を迎えました!



“ひとめ2万本、海の見える梅林”で知られる「綾部山梅林」で梅が満開!パッと見て「えっ、雪降った?」と勘違いしそうな白梅の美しさに目を奪われました。約10品種20,000本の梅が白梅を中心に花を咲かせ、その規模は西日本随一。今年は開花が遅れていましたが3/13(火)時点でほぼ満開。あと10日ほどは楽しめそうな予感です。



梅林からは海が見えて眺めも抜群!播磨灘や播州平野の絶景とともに観梅を楽しむことができます。梅との距離も近く、心地よい甘い香りが広がります。



入園料は500円ですが、甘酒もしくは梅ジュースのサービス券付きが嬉しい。今回は梅ジュースをチョイス。もちろん綾部山梅林の梅が使われていて、すっきりと自然な梅の甘みが美味でした!



足元にも春の訪れが。鮮やかなブルーのオオイヌノフグリが顔を出して、タンポポや水仙なども咲いています。

春を感じる「綾部山梅林」に、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。山陽網干駅から直通シャトルバスが運行中で便利。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

もう梅が満開!「御厨神社」で3色の観梅を楽しむ

東二見の「御厨神社」で梅が見ごろを迎えました!



パッと見たとき「えっ、桜?」と我が目を疑い、まるでソメイヨシノと錯覚しそうなボリューム感の紅梅に目を奪われました。紅梅が立派な枝振りで密集する様子は圧巻です!境内には約250本の紅梅・白梅が咲き、2/27(火)現在、紅梅がもう見頃ですが、白梅もちらほらと咲いています。



播磨地域らしく、御厨神社でも立派な松がお出迎え。ただこの時期は鳥居の西側にも是非注目してみてください。



黄色の「蝋梅」が1本植えられていて、やや見頃は過ぎていますが美しい黄色の花を咲かせていて、青空とのコントラストが美しいです!まるで蝋燭のような質感の花で、甘い香りが漂います。紅梅・白梅・蝋梅の3色を観梅できるのが御厨神社ならでは。



御厨神社と言えばキャラクターのお守りも見逃せません。ハローキティやトーマスのみならず、ドラゴンボール、リラックマ、ウルトラマンなど数々の人気キャラクターが揃います。是非御厨神社で直接ご覧ください。



そして今回はもう一か所、山陽曽根駅に程近い「曽根天満宮」もご紹介。



境内の梅林が全体的には3分咲き程度ながら、場所によっては今が見ごろ!美しい紅梅がズラリと咲き、甘い香りに酔いしれます。



合格祈願の可愛い絵馬も注目です。

御厨神社では3/4(日)に「梅花祭」が、曽根天満宮では3/3(土)4(日)に「梅まつり」が開催予定。山陽電車の梅特集もチェックしながら、沿線の梅スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 



梅は5分咲き、梅花祭も楽しみです!

いよいよ梅シーズンが到来です。



須磨寺駅から程近い「綱敷天満宮」では、梅の甘く上品な香りが境内に広がっていました!2/21(水)の昼間に訪ねたときは5分咲きほどで、場所によっては満開の樹もあって十分に観梅を楽しむことが出来ます。



紅梅だけでなく白梅も見事で、拝殿の朱色と素晴らしいコントラスト。



梅との近さも綱敷天満宮の良いところ。25種約120本が順次見頃を迎えます。



2/24(土)25(日)はいよいよ「梅花祭」。駅のポスターにも注目です!

綱敷天満宮へは山陽電車が便利です。山陽電車の梅特集HPも是非ご覧ください!

 

山陽電車で、梅の名所へ出かけよう!

山陽電車で、梅の名所へ出かけてみませんか?



駅のポスターにご注目。山陽沿線には梅の名所がズラリ!各スポットでは開花に合わせて、それぞれ趣向を凝らしたイベントが盛り沢山です。各梅スポットのポスターも登場していて、今回は気になる梅ポスターをピックアップ。



まずは「須磨浦山上遊園」の梅まつり。紅梅約450本、白梅約350本のボリュームはもちろん、なんといっても駅直結でアクセスが便利!ロープウェイ・カーレーター・観光リフトに乗る楽しみや、梅林越しに明石海峡大橋や淡路島を望む景色も抜群です。



“ひとめ二万本” “海の見える梅林” の文字にくぎ付け!西日本随一の規模を誇る「綾部山梅林」は外せません。アクセスは山陽網干駅発の臨時直通バスがオススメ。イベントも盛りだくさんで、満開の時期が楽しみです!



「曽根天満宮」も山陽曽根駅から徒歩3分の近さ。そして40種約150本の紅梅・白梅が同じエリアにギュッと植えられているので、ボリューム感があって満開の時期には紅白のコントラストが見事な美しさです!

梅が見頃を迎えつつある沿線に、山陽電車でお出かけしてみてはいかがでしょうか。梅スポットや開花の情報は山陽電車の梅特集HPが便利です!

早咲きの梅はもう見頃です!

沿線では梅の開花が少しずつ始まっています!



須磨寺駅にほど近い、菅原道真公を祀る「綱敷天満宮」。道真公は学問の神様、そして梅を愛したことで知られていて、境内には30種・約120本の梅が植えられています。



そして、1月下旬でも早咲きの梅はもう見頃を迎えています!ピークは例年だと2月下旬ですが、1月下旬~3月上旬頃まで長期にわたって鑑賞できるのが梅の良いところ。毎年恒例の「梅花祭」は2/24(土)25(日)に行われる予定で、梅粥のふるまいも。



境内にある多数の面白いモニュメントにもご注目。「波乗り祈願像」は、時代の荒波に乗り、一人でも多くの方々が幸せになることを願い、須磨の海でサーフボードを抱える幼少時代の菅原道真公をモチーフに制作されたもの。



「なすの腰かけ」は茄子の花が一つの無駄もなく実を結び、「成す」と同じ語呂から努力が報われ願いが叶えられるという縁起にちなんだもの。他にも様々な縁起物がありますので、是非こちらをご覧ください。

山陽沿線も梅スポットが数多くありますので、当ブログでも随時紹介していきます。お楽しみに!綱敷天満宮の詳細はこちら