布団太鼓34台が集結!「あかし伝統夢まつり」で盛り上がりました!

奉祝令和!新しい時代の始まり、明石公園で盛大なイベントが催されました!



明石市内から布団太鼓34台と獅子舞9頭が明石公園に大集結する「あかし伝統夢まつり」が5/2に開催されました。市内の布団太鼓が一堂に会するのは19年ぶりだそう。



担ぎ手たちも気合十分!布団太鼓の勇壮な姿、令和にふさわしい盛り上がりです!



明石では11月に「B-1グランプリ」が開催予定で、今回も関係する数店が出店。地元の「あかし玉子焼ひろめ隊」にも行列が!



「あかし伝統夢まつり」は5/2のみですが、グルメイベントは5/6まで開催!



「ロハツミーツ明石」も明石公園北寄りの千畳芝で5/6まで開催。



ハンドメイド作品やグルメなど多くのブースが出店、かなり賑わってました!



そして以前から気になっていた、藤江にある伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」を発見。今回は牛乳本来の味を楽しむ「ミルク」を注文です。



濃厚な味わいなのに後味サッパリで美味しい!食感も滑らかでとにかく食べやすい。明石産のミルクジェラートを明石公園で味わう、最高の贅沢でした!

令和元年、イベント盛りだくさんの明石公園へ是非どうぞ!

令和元年5/1は奉祝「垂水布団太鼓巡行」「だんじり巡行」が執り行われます!

新元号「令和」元年は山陽沿線で奉祝行事が執り行われます!



こちらは山陽垂水駅下りホームの掲示板。右下のポスターに注目です。



令和元年5/1奉祝「垂水布団太鼓巡行」のお知らせでした!西垂水・東垂水・東高丸・塩屋の布団太鼓が垂水に集結。海神社へ史上初の4台同時宮入、垂水レバンテ広場で4台練り等により奉祝行事が執り行われます!



阪急岡本駅近くでは令和奉祝行事「だんじり巡行」が予定され、灘・御影・住吉・本山・芦屋・西宮・宝塚のだんじり45台が集結!かつてない規模のだんじり巡行による新元号奉祝行事となるようです!

令和元年5/1(水・祝)は山陽電車で奉祝行事に足を運んでみてはいかがでしょうか。

桜のトンネルで超穴場!板宿・東須磨の「勝福寺」

板宿駅・東須磨駅のちょうど中間地点の山側に、桜の季節にオススメの超穴場「勝福寺」があることをご存知でしょうか?場所が分かりにくいですが…



このような住宅地のやや狭い道を山側へ歩いていきます。すると勝福寺のすぐ手前に桜の木が密集する場所が。もう少し近づいてみると…



美しい桜のトンネルが広がります!混雑もなくゆったりと桜のトンネルを楽しむことが出来る穴場が勝福寺。今の季節だけの贅沢なひとときです。



少し山側から見た桜のトンネル。ドラマの名シーンに出てきそうな雰囲気!



勝福寺は毎年1月7日に開催される「追儺式」が有名で、平清盛寄進と伝えられる密教法具があることで知られる平家ゆかりのお寺。綺麗に掃き清められた空間は凛とした空気と静寂に包まれ、とても居心地の良い空間でした!

山陽沿線屈指の超穴場桜スポット「勝福寺」。桜のトンネルを是非ご覧下さい!写真を撮影したのは4/8(月)午前。見頃はあと数日なのでご注意を。

 

敦盛桜とハシゴできるライトアップへ!

夜のライトアップは須磨浦公園「敦盛桜」だけ!?実は敦盛桜とハシゴできる山陽沿線の期間限定ライトアップがあります。是非足を運んでみてください!



須磨寺駅から徒歩数分の「須磨寺」で今年も桜の季節に合わせた夜間ライトアップが実施されていて、平家の若武者・平敦盛と源氏の武者・熊谷次郎直実の一騎打ちを再現する「源平の庭」も幻想的な雰囲気に包まれていました!



普段は入れない夜の須磨寺、仁王門から続く参道はほのかな明かりが。



本堂は1602年に豊臣秀頼が再建したものだそうです。



三重塔は比較的新しく、平敦盛卿八百年遠忌を記念して1984年に再建されたもの。2014年に塗り替えられたため夕闇に浮かぶ朱色が際立ちます!

須磨寺界隈では桜が見ごろを迎えています。ライトアップは4/11(木)まで、18:00~21:00に開催。是非須磨浦公園「敦盛桜」と併せてご覧下さい!

今年も須磨浦公園「敦盛桜」が始まりました!

今年も桜の名所・須磨浦公園で「敦盛桜」が始まりました!



4/2(火)~4/11(木)まで開催予定。4/2(火)19:00時点では全体的に5分咲きほどですが光も相まって美しい夜桜でした!程よい人出で通路もゆったり、風情あるお花見を楽しめるのが敦盛桜の良いところ。



ソメイヨシノ以外の品種は満開の木も。



敦盛桜は様々な演出も魅力的。テーブルマッピング「春の訪れ」は春の景色の中でコースターを使って遊ぶエンタテインメント。子どもから大人まで大人気です!



こちらの「敦盛灯桜」は優しい明かりで幻想的な雰囲気を演出。



須磨浦公園駅近くでは「おいもまつり」を開催。まだまだ寒い今の季節、桜の木の下で「#あったか」おいもがオススメです!



一口サイズのおいもスイーツがズラリ!



今回は「焼き芋全種、食べ比べセット」をチョイス。ねっとり系・ほくほく系・しっとり系すべて揃って500円!どれも絶品の焼き芋、是非ご賞味ください!



昼も夜も魅力的な「敦盛桜」へ。会場の須磨浦公園へは山陽電車が便利です!敦盛桜の詳細は山陽電車の特設ページをご覧下さい。

もう春の気配、梅が咲き始めました!

もう春の気配、神戸の生田神社では梅が咲き始めました!



白梅はかなり咲いていて、もうすぐ満開を迎えそう。



紅梅はちらほらと咲いていて、咲いた梅とつぼみの競演がこれから訪れる春への期待を抱かせる、この時期ならではの楽しみです!



この梅は「箙の梅」と呼ばれ、かつて生田神社が源平合戦の舞台となった際、源氏の武将・梶原源太景季がこの梅の一枝を手折って箙に挿して戦ったことに由来します。



歴史ある生田神社「箙の梅」で、いち早く春の気配を感じてみてはいかがでしょうか。神社の詳細はこちら

 

当たり福付き「福豆」でオリーブオイルをゲット!

もうすぐ節分!厄を払いつつ福をもらってみませんか?



高速神戸駅を降りてすぐの「湊川神社」。こちらで授与されているのが1袋400円の「福豆」で、なんと“当たり福付き”!毎年チャレンジしているのですが、今年はエキストラバージンオリーブオイルをゲットしました!他にもお酒やソース、砂糖、家電など嬉しい品々が揃います。もちろん豆もぎっしり、2万袋限定なのでお早めに!



そして2/3(日)の「節分祭」は11:00より始まります。厳粛な御弓神事が特設舞台で行われた後、豆まきは毎年大勢の方で賑わいます!



「鬼は外、福は内!」の威勢よい掛け声が厄を払い福をもたらす節分。湊川神社に足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細はこちら

「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」で学ぶ!

阪神・淡路大震災から24年を迎えた街で、地震をはじめとした自然災害への備えを訴える催しが始まりました。



神戸市役所1号館2F市民ギャラリーで開催中の「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」。パネルや映像、実物展示などから学び、安全・安心な暮らしの実現へ。



フロアは「備える」「守る」「助ける」の3つで構成。全て日頃から意識しておきたい、とても大切な心構えですね!



ドローンや防災ベッド、消防局のブース、非破壊検査の機器、備蓄品など様々なモノや解説は知らないことばかり。しっかり学んでおくことをお勧めします!



耐震クイズにもチャレンジ。耐震で安心を!台風や土砂災害、そして南海トラフ地震への備えも今から始めなければならないと実感!

「くらしとすまいの安全・安心 未来展2019」は1/25(金)まで開催。会場に是非足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しくはこちら

電飾が「KOBE 1.17」に

1/17で阪神・淡路大震災から24年を迎えます。あの日から24年、震災を風化させないための取り組みが各地で進んでいます。



その一つがこちら。神戸三宮から北野異人館街へと続く北野坂の様子ですが、六甲山系堂徳山にある電飾にご注目下さい。普段は「KOBE」が灯りますが…



よく見ると「KOBE 1.17」に。今年から始めた試みだそうで、1/10~1/17に点灯。震災を知らない世代の方にも震災の記憶を伝えていくきっかけとなります。1/16は通常だと23:00消灯のところ、翌1/17の日の出まで点灯するようです。

神戸三宮へのでかけの際、堂徳山の電飾をご覧下さい。

旧暦のお正月「春節」の準備が始まりました!

今年も旧暦のお正月「春節」の準備が始まりました!



神戸の中華街「南京町」には、春節をアレンジした「春節祭」の旗がもうズラリ!南京町では春節祭の期間中、三国志の英雄や楊貴妃などに扮したパレード「中国史人游行」や、一瞬にして顔の面が変わる中国・四川地方の伝統芸能「変臉」など様々なイベントで新年を祝います。



長安門にも春節祭のバナーが。新年への準備が着々と進み、普段の南京町よりもさらにエキゾチックなムードに包まれています!



今年の旧暦元旦は2/5(火)。神戸らしい新春の賑わいを求めて、南京町へお出かけしてみてはいかがでしょうか。阪神電車元町駅が最寄りです!春節祭の詳細はこちら