ラモスもやってくる!7月イベントをピックアップ!

もう7月ですね。これから夏にかけて、山陽沿線はイベントが盛り沢山!今回は沿線でオススメのイベントをピックアップしてご紹介します。



まずは7/7(土)8(日)「ビーチサッカー国際親善試合」。ビーチサッカー日本代表の監督と言えば、あのラモス瑠偉さん!ラモスが大蔵海岸にやってくる!ビーチサッカーの魅力、肌で感じてみたいですね。イベント詳細はこちら



次も明石市で「特撮のDNA展」をご紹介。なんとゴジラ、モスラ、メカゴジラ…大怪獣が目の前に!日本が誇る特撮の技と情熱に迫り、匠たちが特撮に託した「夢」を紐解く大博覧会だそうです。イベント詳細はこちら



続いては姫路市立水族館の企画展「むかし話と妖怪の歴史」をご紹介。夏にピッタリな企画、子どもたちも楽しめそうですね!イベント詳細はこちら



続いては神戸市立須磨海浜水族園「スマスイにひまわり咲いてん」をご紹介。夜間営業も魅力的で、夜間限定の特別イルカライブ「イルカナイトライブ×プロジェクションマッピング」が気になります!イベントの詳細はこちら



そして山陽電車も後押しするJリーグ「ヴィッセル神戸」も熱い!あのバルセロナで活躍したビッグネーム、アンドレス・イニエスタ選手が神戸に加入!元ドイツ代表、ルーカス・ポドルスキ選手とのホットラインで、迫力ある攻撃が展開されることを期待。とにかく大注目です!ヴィッセル神戸の詳細はこちら



山陽電車と言えばシーサイドエクスプレス。もちろん海水浴も外せません!それぞれ個性ある海水浴場へ山陽電車でGO!詳細は山陽電車の海水浴特設サイトをチェック!

イベント盛りだくさんの山陽沿線へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

もう夏祭り!週末は「稲爪神社」へ!

山陽明石駅でポスター発見。もう夏祭りの季節がやってきました!



6/30(土)7/1(日)に人丸前駅から程近い「稲爪神社」で夏祭りが開催。7/1は茅の輪くぐり、演奏、踊り、スイカ割り&種飛ばし記録会、屋台などのイベント盛り沢山。



稲爪神社は秋祭りやえべっさんで有名ですが、夏祭りも盛り上がります!



拝殿では近隣の酒造メーカー・明石酒類醸造の清酒「明石鯛」を発見。“おめで鯛(タイ)”お酒として縁起が良いですね!明石酒類醸造のサイトはこちら



こちらの歴史を感じる楼門、とても良い雰囲気でした!

週末は稲爪神社の夏祭りで、一足早く夏を感じてみてはいかがでしょうか。稲爪神社の詳細はこちら

 

街なかのバラ園が見頃です!

街なかのバラ園が見頃を迎えました!



紅・黄・白など色とりどりのバラが目に鮮やかで、近づくと甘い香りがフワッと広がります。ここは街のど真ん中、兵庫県庁に程近い「山手バラ園」。



バラと言えば品種が無数にあることで知られていますが、山手バラ園は大ぶりの品種が多いのが特徴的。黄色は特に色鮮やかでした!



どのバラもボリュームがあって、6月中旬頃までは見頃となりそうです!



元町方面にお出かけの際は、是非「山手バラ園」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。街なかにあるので観賞無料です。

 

美しい日本庭園、イベント「つつじ遊山」が開催中!

元町の日本庭園「相楽園」へのおでかけは今がオススメです!



元町駅から徒歩数分でこの自然の豊かさ。そして4月末は新緑がまぶしいだけでなく、約4000株のツツジが見頃を迎えています!



鮮やかなピンクや白が、パッチワークのように庭園を美しく彩ります。4/21(土)~5/6(日)まではイベント「つつじ遊山」が開催され、茶席やコンサートなど春の相楽園を楽しむ催しが目白押し。



池の奥には茶室と兵庫県庁、このギャップが相楽園ならでは。園内はせせらぎの音や鳥のさえずりに耳を傾ける癒しのひと時。ゆったりとした時間が流れています。



園内には明治35年に建てられた異人館「旧ハッサム住宅」も。今なお美しい姿が保たれ、「つつじ遊山」期間中は9:00~16:30まで一般公開。連続テレビ小説「べっぴんさん」のロケ地でもお馴染みですね!

春のおでかけにピッタリな相楽園、是非足を運んでゆったり散策してみてはいかがでしょうか。「つつじ遊山」の詳細はこちらをご覧ください。

 

山陽沿線の春の風物詩、見頃の「ぼたん寺」へ!

山陽魚住駅近くの「薬師院」で、今年も牡丹が見頃を迎えました!



山陽ならではの駅周辺見所パネルも薬師院。通称「ぼたん寺」と呼ばれるほど美しい牡丹が咲き誇ることで有名な薬師院。駅から徒歩約10分の場所にあり…



駅改札にあるこちらの看板を参考にすると便利です!



程なくして「ぼたん寺」こと薬師院に到着です。まず注目するポイントはこの石橋。よく見ると江戸時代の「元禄八年」の文字が刻まれ、西暦にすると1695年。歴史ある石橋が今も使われているとは驚きでした。



券売機で協力金350円を支払い、いざぼたん園へ!



入園してすぐにフワッと甘い香りが。大輪の牡丹はとても鮮やかでした!



ピンクや赤、白、黄色など色とりどりの牡丹を、手が届くほど間近で鑑賞出来るのが薬師院の良いところ。明治時代に当時の住職が根を薬用にするために植えたとされ、現在では約50種類2,000株の牡丹が咲き誇り、山陽沿線の春の風物詩として人々に親しまれています。時折自動音声で解説も流れ、耳を澄ましてみるのもオススメです。

5/1(火)まで、9:00~17:00にご覧いただけます。これからますます見頃となる薬師院の牡丹、是非ご覧下さい!

 

明石最古の神社、桜はまだこれから!

桜の見頃はまだこれからでした!



こちらは林崎松江海岸駅から徒歩数分の「林神社」。西暦139年に創祀と伝わり、明石で最も歴史ある神社として知られています。しかも明石の名の由来となる巨大な赤石にまつわる話も伝えられているのだそう。そんな林神社の階段を上ると…



拝殿の横に立派な桜を発見。4/4(水)に訪ねましたがまだ咲いておらず…



この通り。もう間もなくといったところでしょうか。近隣の明石公園ではソメイヨシノが間もなく散るかという状況ですが、林神社はまだこれから!



それもそのはず、花をよく見るとソメイヨシノではなく「里桜」でした!ソメイヨシノからやや遅れて咲くこちらの里桜、実は戦前にいったん空襲で焼失した樹が戦後新たに芽を出し、今も咲き誇っている歴史ある里桜だそうです!これから見頃を迎える、白く可憐で美しい里桜を是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。林神社の詳細はこちらをご覧ください。

 

須磨寺でライトアップが開催中!

須磨寺でライトアップが開催中です!



桜の樹の下にほんのり灯る明かりが幻想的。



人混みもなく静寂に包まれた境内、とてもリラックスできる空間です。



1984年に再建され、2014年に塗り直された三重塔。ライトアップによって鮮やかな朱が際立ち、昼間とはまた一味違う見事な色彩です!



そして須磨寺と言えば源平合戦ゆかりの地。平家物語の「敦盛最期」にも登場する平敦盛と熊谷次郎直実の一騎討ちを再現した「源平の庭」もライトアップされ、平家物語が伝える最も美しく最も哀しいシーンを昼間とは違った表情で伝えています。

須磨寺のライトアップは18:00~21:00、4/8(日)まで開催。須磨浦公園の「敦盛桜2018」の夜桜とともにお楽しみ下さい!詳しくはこちらをご覧ください。

 

明石公園の桜が見ごろを迎えました!

明石公園で桜が見ごろを迎えました!



剛ノ池の周りが美しい桜で彩られています!花見をしたりボートに乗ったり散歩をしたり、思い思いのゆったりとした時間が流れています。



池周辺はどこを歩いても桜!自身のお気に入りスポットを是非探してみて下さい。



ボート乗り場近くの自販機コーナーでは、ジュースだけでなくアイスやカップラーメン、そしてビールが冷えていて花見の際に重宝しそうです。



桜だけでなく菜の花も見頃でした!



さらに明石城の石垣や櫓を覆い隠していた樹木が伐採され、これまでより一段と美しい姿を見せる明石城にも注目です。



4/1(日)~4/8(日)までは「明石公園さくらまつり」が開催。さらにビアガーデンも開催されるそうです。

沿線有数の桜スポット「明石公園」に、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

須磨浦の「敦盛桜」が満開です!

須磨浦公園で桜が満開になりました!



広々とした園内は約3,200本の桜で彩られ、ゆったりと桜を楽しむことができます。日々の喧騒を忘れてのんびりと、美しい桜に酔いしれるひと時。



そして須磨浦公園と言えば、何といっても海と桜!穏やかな海・青空・桜・緑の美しいグラデーション、他では味わうことができない絶景をお楽しみ下さい。



須磨浦ロープウェイで山上へのアクセスも便利。山上からの桜も絶景で、桜越しに見るロープウェイ「やまひこ」はインスタグラムにも映えそうです。



3/30(金)~4/8(日)までは桜のイベント「敦盛桜2018」が須磨浦公園一帯で開催。“関西最大級のエンタメ夜桜”「敦盛桜ラッキー恋みくじ」など、他にはないイベントが盛り沢山です!源平一の谷合戦、平家の若武者「平敦盛」ゆかりの地として知られる須磨浦公園。敦盛の面影をしのぶように咲き誇る須磨の桜「敦盛桜」は日中の陽桜、そして夜桜どちらも見ごたえがあります。



期間中の平日17:30~20:00と土日10:00~20:00は直通特急が須磨浦公園駅に臨時停車するのでアクセス良好。駅を出てすぐ目の前が会場です!

沿線随一の桜スポット須磨浦公園「敦盛桜2018」。是非山陽電車でお出かけしてみてはいかがでしょうか。「敦盛桜2018」の詳細はこちら

もうソメイヨシノが満開!あの花も見頃です

沿線で桜が見頃を迎えました!



こちらは神戸三宮の中心に位置する「生田神社」。もうソメイヨシノが満開です!ここ数日で一気に開花が進み、桜と朱のコントラストが美しいですね。もちろん、生田神社に多い外国人観光客の方も大喜び。



生田神社は神紋が桜。ソメイヨシノと軒丸の桜のコラボは生田神社ならでは。



そして生田神社で見頃なのは桜だけでなく「桃」も見頃!生田神社の池の周辺では源平桃という種類の桃を見ることができ、かつて源平合戦の舞台にもなった生田神社にふさわしい花かもしれませんね。



生田はかつて活田といわれ、昔から桃とゆかりがあったそうです。

週末から来週頭にかけて各地で桜が見頃を迎える季節、桜だけでなく桃の花も是非ご覧ください!当ブログでは桜の情報を今後も発信していく予定なのでお楽しみに!生田神社の詳細はこちら