1年でたった1日だけの公開です!

1年でたった1日だけの公開です!



神戸三宮からポートライナーで中公園下車、徒歩数分の場所にある「みなと異人館」が毎年1日のみ公開されます。今年は10/28(土)の11:00~15:00、入場は無料でとても貴重な機会です!



張り出したベイウィンドウや木造下見板張り、瓦屋根といった和洋折衷で典型的なコロニアルスタイルの異人館の姿で、状態良く保存されています。赤い神戸大橋とのコントラストがみなと異人館ならではの風景。



内装も当時の暮らしぶりが窺える優雅な佇まい。みなと異人館は1906年、北野異人館街に建てられた旧ヘイガー邸で、後にポートアイランドに移築されたもの。現在は神戸を代表するヘルスケア企業「シスメックス」のゲストハウスとして活用されています。シスメックスと言えばつい先日、山陽沿線にゆかりのフィギュアスケート 三原舞依選手、坂本花織選手の所属契約が締結されて話題になった企業ですね。

当日は神戸が日本の発祥地といわれるJAZZの歴史を、パネルなどで紹介するそうです。興味のある方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。公開の詳細はこちら

 

もうすぐ見納めですね…

こちらのラッピング、もうすぐ見納めですね…



阪急神戸線の観光スポットを描いたイラストが目を惹くラッピング車両「爽風(kaze)」。神戸市で生まれ、様々な男女のラブストーリーを描き続ける人気漫画家・イラストレーター わたせせいぞう さんのデザインで人気を集め、2015年11月1日より運行を始めた爽風もいよいよ11月下旬で運行終了となる予定です。北野異人館街も季節を問わず異国情緒にあふれた街並みが素敵ですね。



王子動物園は家族で楽しめる絶好のお出かけスポット。上野に話題を独占されてますが、王子動物園にもパンダが居て一番の人気者です!



秋が深まると紅葉のシーズン。六甲山系では市街地より一足早く紅葉が見頃を迎えます。ケーブルカーでラクラクと山上へ。11月23日まで、六甲山の土地柄や景観をいかした現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」が開催中で、山陽沿線からだと「六甲・有馬周遊1dayパス」のご利用がお得で便利です!



「爽風」が駆け抜ける、阪急神戸線の観光スポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。「爽風」の運行は不定期でどのタイミングで現れるかは分かりません。会えたらラッキーですね!

わざわざ行きたくなる「異人館スタバ」

“神戸のオシャレなスタバ” といえばこちらですよね!

異人館スタバ

明治40年築の異人館・旧シェー邸を活用した「スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店」。震災で被害を受け一旦解体された後、保管されていた部材を活用して現在地に移設。その後オシャレな異人館スタバとして神戸を代表する観光スポットに。

異人館スタバ

地元ならではの建物を活用して普段とは違ったスターバックス体験が出来る、全国で14店舗しかない「コンセプトストア」の一つだそうです。神戸ならではの異人館だけあって内装もとにかくオシャレ!

異人館スタバ

そしてオススメの時間帯があります。それは「朝」!

建物の入口が東向きに建てられていて、朝は明るい陽射しが差し込む気持ちの良い時間帯。昼だと土日祝は行列が出来る混雑ぶりですが、朝は比較的落ち着いていてゆったりと明るい空間を楽しむことができます。

わざわざ行きたくなる“異人館スタバ”。是非朝に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

たっぷりと、野球の魅力に浸ります

いよいよ球春到来!野球ファンの方はWBCやプロ野球の開幕が待ち遠しいですよね。今回は開幕前にたっぷり野球に浸ることが出来るスポットをご紹介。

ダルビッシュミュージアム

投球を再現した等身大フィギュアが超リアル!メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有選手のフィギュアで、神戸三宮駅から徒歩数分の「SPACE11ダルビッシュミュージアム」で展示されているもの。ミュージアムではダルビッシュ選手の小学校からメジャーリーグまでの軌跡が紹介されています。

ダルビッシュミュージアム

実際目の当たりにすると本当にリアルです!196cmの身長や分厚い胸板、各筋肉の力感、185cmの投球ステップ幅などが忠実に再現されていて、特殊メイク用のシリコン素材を何層にも重ねてリアル感を出しているそう。

ダルビッシュミュージアム

テキサスレンジャーズの選手ロッカーは、やはり日本よりも大きいようです。2016年モデルのグローブ・スパイクに触ることもOK!

ダルビッシュミュージアム

対戦マシン「YU vs YOU」はダルビッシュ選手とバッティングで真剣勝負が出来るアトラクション。最速159kmをコーナーに投げ分けるダルビッシュ選手。変化球も14種類あって、当然ながら手も足も出ませんね。リアルなスピード・変化球のキレは凄まじく、プロの技を身体で感じられて面白いですよ!

ダルビッシュミュージアム

イラン(ペルシャ)人の父ファルサさんがオーナーの「ダルビッシュ コート」3Fにミュージアムがあります。ファルサさんは来日して以来神戸の歴史ある外国人スポーツ倶楽部「KR&AC」と深い関わりを持ち、神戸に強い憧れを抱いてペルシャの洋館「ダルビッシュ コート」を北野坂にオープンしました。ダルビッシュ選手も小さい頃にKR&ACでスポーツを楽しみ、アスリートとしての原点が神戸でした。

野球の魅力満載の「SPACE11ダルビッシュミュージアム」。野球好きにはたまりません!詳しくはこちらをご覧下さい。

 

水を一滴も使わず、32種類のスパイスで煮込んだカレー

フワッと広がるスパイスの香りが食欲をそそります!

シャミアナ

北野異人館街の路地にあるインド家庭料理「シャミアナ北野店」。インド料理激戦区の神戸で30数年間、昔からほとんど変わらない佇まいで観光客や地元の方に愛されている名店です。

シャミアナ

そんなお店はいつ訪れてもピカピカ!落ち着いて食事が出来る癒しの空間になっていて、しかも看板メニューが…

キーマカレー

なんと「水を一滴も使わず、32種類のスパイスで煮込んだカレー」。写真のキーマカレーは鶏ミンチを使用。たまねぎやトマトなど野菜から出る水分だけで煮込んで、鶏自体の歯ごたえと旨みも絶品。旨みがギュッと凝縮されています!複雑なスパイスの奥深さも相まって、他では味わえない独特なカレーに仕上がっています。野菜もインド国旗のカラーなのがポイント。

スパイスミックス

食後のチャイも良い香りで、ご自宅用のカレー・チャイのスパイスミックスも。

私がオススメする神戸のカレーでベスト3に入る「シャミアナ」。是非一度味わってみて下さい!

 

かわいい猫と異人館

人懐っこい猫が暮らす街へおでかけしてみませんか?

北野異人館街

写真は北野異人館街にある北野天満神社から眺めた神戸の街並み。北野異人館街は今でも日本人と外国人が人種・宗教・習慣などお互いの文化を理解しながら仲良く暮らす、世界でも類をみないエリアなんです。そんな街は人間だけでなく猫にとっても暮らしやすい場所。

萌黄の館看板猫

異人館「萌黄の館」によく現れるこちらの猫は、清掃の方に懐いてそばから離れない姿が可愛すぎます!確かタマちゃん?だったでしょうか。

北野の猫

北野天満神社近くのクレープ屋付近では、人懐っこい猫の姿が観光客にも人気。地域猫として大切に可愛がられているようですね。

北野の猫

多くの観光客で賑わう北野異人館街を悠然と歩く猫。観光客も追いかけることなく静かに見守っていて、とっても微笑ましい光景でした!

人間との絶妙な距離感で街に溶け込む北野異人館街の猫。北野へおでかけの際はそっと見守ってあげてくださいね!