準備はOK!春を告げる「いかなご」が待ち遠しい!

もう春はすぐそこ!春を告げる「いかなご」の季節がやってきました。



“いかなごのくぎ煮”発祥の垂水では準備が着々と進んでいて、スーパーではご覧のとおりザラメやみりん、水あめ、醤油などの調味料がズラリ!



タッパー類もサイズが充実。アルミホイルも落し蓋として重要なアイテムです。水あめコーナーには黄金糖もあり、黄金糖の公式HPにもレシピが。



スーパーなどには「いかなごたるみニュース」が設置されていて、販売店や配送サービスなど、いかなごのくぎ煮に関する情報が満載。塗り絵も入ってます!



毎年恒例のイベント「神戸・垂水いかなご祭」は3/9(土)に開催予定。今年も漁の解禁が待ち遠しいですね!春を告げる“いかなごのくぎ煮”で盛り上がる垂水に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。「広報紙たるみ」も参考にどうぞ!

春を告げる「いかなごのくぎ煮」のイベント開催!

3月上旬の山陽沿線は「いかなごのくぎ煮」の最盛期!近年シンコの価格が高騰する中、甘辛い春を告げる香りがやっぱり欠かせませんよね。



そして直前のお知らせになりましたが、3/10(土)に「第19回 神戸・垂水いかなご祭」が山陽垂水駅近くの垂水レバンテ広場で開催が予定されていて、いかなごのくぎ煮創作料理の販売や調理実演、お楽しみビンゴゲーム、ステージなど盛り沢山!



レバンテ広場は通称「いかなごのオブジェ」が目印。このオブジェの正式名称は「PLAZA FISH」で「魚」をモチーフとしていて、いかなごシーズンはご当地ソング「いかなごGO!GO!」がエンドレスで流れるのも垂水の恒例行事。



スーパーなどでも流れている「食べてもいいかないいかなGO!~♪」のフレーズがお馴染みの「いかなごGO!GO!」のCD、実は垂水レバンテ2番館の垂水勤労市民センター内「あじさい講座事務室」で800円で購入可能。欲しい方は是非訪ねてみて下さい。

いかなごのくぎ煮発祥の街とされる垂水へは山陽電車が便利です。「第19回 神戸・垂水いかなご祭」に合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか。いかなご祭の詳細はこちら