“須磨ビーチフェスタ”が開催予定だそうです!

5/27(日)は“須磨ビーチフェスタ”が開催予定だそうです!



ビーチバレーの大会やトークショー、潮干狩り、グルメの祭典などイベント盛り沢山!無料シャトルバスの運行も嬉しいですね。



ビーチ体験コーナーで実際に身体を動かすこともOK!白バイの展示やアイドルユニットのトーク&ライブなども。大人から子どもまで幅広い世代が楽しめそうですね。



ちょうど1年前のブログで紹介した、デンマークホットドッグのお店「コペンハーゲン」も会場のすぐ近く。須磨で愛され続け、なんと5/24で10周年を迎えました!

5/27(日)は「須磨ビーチフェスタ2018」へ。そしてコペンハーゲンにも是非お立ち寄りください!須磨ビーチフェスタ2018の詳細はこちら、コペンハーゲンの詳細はこちらをご覧ください。

須磨寺でライトアップが開催中!

須磨寺でライトアップが開催中です!



桜の樹の下にほんのり灯る明かりが幻想的。



人混みもなく静寂に包まれた境内、とてもリラックスできる空間です。



1984年に再建され、2014年に塗り直された三重塔。ライトアップによって鮮やかな朱が際立ち、昼間とはまた一味違う見事な色彩です!



そして須磨寺と言えば源平合戦ゆかりの地。平家物語の「敦盛最期」にも登場する平敦盛と熊谷次郎直実の一騎討ちを再現した「源平の庭」もライトアップされ、平家物語が伝える最も美しく最も哀しいシーンを昼間とは違った表情で伝えています。

須磨寺のライトアップは18:00~21:00、4/8(日)まで開催。須磨浦公園の「敦盛桜2018」の夜桜とともにお楽しみ下さい!詳しくはこちらをご覧ください。

 

姫路城の絶景を楽しむ展望台へ!

山陽姫路駅から歩くこと約12分。



姫路城に程近い商店街のすぐ側にある「イーグレひめじ」をご存知でしょうか?なんとなく存在は知っていても入ったことがない…という方も多いかもしれませんね。今回はそんな「イーグレひめじ」で、無料で入れるオススメのスポットご紹介。



ご覧下さい、この絶景!姫路城がすぐ目の前で美しい山並みが広がり、開放感が抜群です!実はイーグレひめじ5Fが屋上展望台になっていて、込み合うこともなくちょっとした穴場かもしれません。下の広場では花と緑のイベント「第46回 ひめじ緑いち」の準備中で、3/3(土)~3/11(日)まで開催予定だそうです。



双眼鏡や姫路城の各所を示したパネルも設置されています。



ベンチも多数完備されているのでちょっとした休憩にもオススメです。



天守閣と同じ目線で姫路城全体を眺める絶景は「イーグレひめじ」屋上展望台ならでは。姫路へお出かけの際は是非お立ち寄りください!18:00まで開放されています。

 

地上34mから、姫路の街を一望です!

姫路の中心地としてにぎわう山陽姫路駅前。



山陽百貨店やみゆき通り商店街と並んで、駅前のにぎわいを生み出しているのが「piole HIMEJI(ピオレ姫路)」ですよね。アパレルや雑貨などのショップが人気のピオレ、今回は屋上に注目です。



上ってみると広々とした「屋上広場」になっていて、地上34mからの展望は抜群でした!ベンチや芝生もあり、植物は姫路の「ヒメ」にちなんだく草木(ヒメシャリンバイ、ヒメシバなど)が育てられているのだそう。



北側は大手前通りや姫路城を一望!姫路城と同じ目線、なんだか不思議な感じがします。ここに来ると、一昔前の姫路とは違って駅前が通りが広々と整備され、歩行者優先の空間に生まれ変わった姫路をさらに実感。地上からは見えづらい背後の山々も見渡せて、開放感にあふれています!



南側は行き交う電車を眺めるのが楽しい空間。写真がぼやけて分かりにくいですが、新幹線をくぐる山陽電車の最新鋭6000系を発見です!

姫路にお立ち寄りの際は、ピオレ屋上からちょっと違った目線で姫路をご覧になってはいかがでしょうか。10:00~19:00まで開放されています。詳細はこちら

 

35億?

中華街「南京町」でふと見つけたもの。



35億?いや、35席。ブルゾンちえみさん、今年は大活躍でした!



中国茶専門店「彩香」の入口にありました。是非探してみてください!

南京町では12/25(月)まで、12/9のブログでもご紹介した「南京町ランターンフェア」が開催中。冬の中華街におでかけしてみてはいかがでしょうか。

 

「パピオスあかし」にイルミネーションが登場です!

山陽明石駅前「パピオスあかし」にクリスマスイルミネーションが登場です!



駅を降りてすぐの場所からでも、その大きさが分かります。



約2mのツリーを20本、全体で約15mの高さがあるのだそう。サイズ的にもパピオスあかしにピッタリですごく綺麗!



あかし市民広場から見るとよりクリスマスムードを感じます。



山陽明石駅前の夜と言えばこのステンドグラス?も美しいですね。

パピオスあかしのクリスマスイルミネーションは12/27(火)まで、16:00~24:00まで点灯するそうです。是非ご覧下さい!

エキゾチックな冬の風物詩「南京町ランターンフェア」がスタート!

今年も中華街に冬の風物詩が登場です!



神戸元町の中華街・南京町で「南京町ランターンフェア」がスタート。中華街がエキゾチックな中国提灯で彩られ、提灯の浮遊感が中華街ならではの美しさです!



広場やメインストリートだけでなく路地にもカラフルで暖かな中国提灯が飾り付けられ、南京町全体で観光客を楽しませてくれる素敵な冬の風物詩ですね!

神戸ルミナリエも12/8(金)~12/17(日)に開催されますので、冬の神戸元町へおでかけしてみてはいかがでしょうか。「南京町ランターンフェア」は12/25(月)まで開催。日没~22:00頃まで中国提灯が灯ります。

 

ドイツ菓子「フロインドリーブ」のイルミネーションがオススメ!

今年も恒例のイルミネーションが始まりました!



ドイツ菓子で有名な神戸の洋菓子店「フロインドリーブ」生田店。朝の連続テレビ小説「風見鶏」のモデルになったことで有名なフロインドリーブ、中でも昭和4年築の近代建築「神戸ユニオン教会」跡を活用した生田店は神戸有数の人気スポットで、冬はイルミネーションが輝きます。



平和の象徴とされる鳩でしょうか。教会建築にピッタリの装飾ですね!



もうすぐクリスマス。一年って早いものですね…

派手なイルミネーションも良いですが、神戸らしいさりげなさ、そして品のあるイルミネーションも素敵なもの。是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。もちろん質実剛健なドイツ菓子もオススメです!

 

神戸ルミナリエ、今年のテーマは「未来への眼差し」

神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術「神戸ルミナリエ」の準備が進んでいます!



今年は神戸開港150年にちなんで規模が拡大。距離は延長され、電球数も昨年の約30万個から約40万個に増加。入口は例年にない巨大な塔が出現してかなりのインパクト。その先には光の壁や、玄関作品「フロントーネ」の姿も。



フロントーネの先にあるアーチ「ガレリア」も例年にはない側面の「ウイング」と呼ばれる装飾が施され、より光に包まれる華やかな装飾になりそう。



そして今年最大の特徴は東遊園地の光の壁掛け「スパッリエーラ」。今年は「ガレリア」と組み合わさった壮大なイルミネーションのようです!これは初めての試みではないでしょうか。

「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込め、都市の復興・再生への夢と希望を託して今年で23回目を迎えます。今年のテーマは「未来への眼差し」。それぞれの想いで、実際にご覧になってみてはいかがでしょうか。神戸ルミナリエ会場へは現地の状況に応じて順序よくお進み下さい。入口は元町駅よりすぐ。詳しくはこちら

スケートリンク「umieアイスマリーナ」がオープン!

話題のスケートリンク「umieアイスマリーナ」がオープンです!



神戸ハーバーランドのモザイクからは神戸港の美しい夜景が広がります。冬は特に美しいですね!そして写真の左下にご注目。



高浜岸壁の一画、海を望む絶好のロケーション。ここが期間限定の本物の氷を使用したスケートリンク「umieアイスマリーナ」で、日没後はリンクがライトアップ!幻想的な雰囲気の中でスケートを楽しむことができます。靴やヘルメットなどスケートに必要なものはもちろん貸し出しがあって、手ぶらで気軽に立ち寄れるのも嬉しいですね。

「umieアイスマリーナ」へ、是非おでかけしてみてはいかがでしょうか。2/14(水)まで開催です。「umieアイスマリーナ」の詳細はこちら