「神戸阪急ビル東館」の建て替えが進んでいます!

阪急神戸三宮駅に直結「神戸阪急ビル東館」が建て替わります!



阪神・淡路大震災により通称“阪急会館”の「神戸阪急ビル東館」が被災して解体され、その後は暫定的な駅ビルが使用されていました。



以前のビルはこんな感じ。なんとなく懐かしい感じですが、今は…



こんな感じに。以前の面影はなく、ここ最近でかなり高さが増しています!



震災前の神戸阪急ビル東館で親しまれたアーチ形のデザインがチラッと見えています!ビルにはホテル・商業施設・オフィスなどになるようで、ホテルは阪急阪神ホテルズの眠りをデザインするホテル「remm +(レムプラス)」が入居予定。さらに最上階の29階には展望フロアが整備されるそうです!

新しい神戸阪急ビル東館、2021年春の竣工が待ち遠しいです!

震災から25年、今も絶えない湧水「須磨霊泉」へ

1/17(金)で阪神・淡路大震災から25年を迎えました。様々な困難があった当時、身に染みたことの一つが水の大切さでした。



須磨寺駅から参道を歩くこと数分、交差点の角にご注目。



地域で大切にされている湧水「須磨霊泉」があり、阪神・淡路大震災でも枯れずに多くの市民が助けられた命の水なんです。



いつ訪ねても綺麗に手入れがなされ、時折水汲みの方を見かけます。



やや温めの水は煮沸が必要ですが、震災でも絶えなかった湧水は今も絶えずにこんこんと湧き出し、地元で大切にされています。

須磨寺へお出かけの際、是非「須磨霊泉」に立ち寄って水の大切さを実感してみてはいかがでしょうか。

今年も「KOBE 1.17」が灯ります

1/17(金)で阪神・淡路大震災から25年。時の流れを感じずにはいられません。



甚大な震災被害を受けた神戸市では、震災の記憶の風化を防ぎ次代へを繋ぐ様々な取り組みが行われます。その一つ、六甲山系堂徳山に灯る電飾にご注目。普段の「KOBE」からこの時期だけ「KOBE 1.17」となっています。



神戸三宮から北野異人館街へと続く北野坂から撮影しました。1/17まで点灯され、震災の記憶を伝えるきっかけに。1/16は通常だと23:00消灯のところ、翌1/17の日の出まで点灯するようです。神戸三宮へおでかけの際、堂徳山の電飾をご覧下さい。

日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」が公開されます!

阪神・淡路大震災から25年を迎える1/17(金)。震災被害の大きかった神戸港では、普段は近くで見られない特別な施設が一般公開されます。



美しい建築の「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」14階にご注目。



かなり小規模に見えますがホテルなのに「灯台」があります!



実はこの灯台、海上保安庁から正式に許可を受けた日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」。毎年11/1の灯台記念日に公開されていましたが、最近では阪神・淡路大震災を振り返る機会として1/17にも公開。



実はもともと神戸の旧居留地「オリエンタルホテル」に設置されていたもので、震災による被災から神戸メリケンパークオリエンタルホテル14階に移設。1995年7月から神戸港を行き交う船を見守り続けています。

阪神・淡路大震災から25年。1/17(金)に是非灯台へ足を運んでみてはいかがでしょうか。公開の詳細はこちら

 

最近話題の「五色塚古墳」は、元旦に早朝開園します!

ここ数年の古墳ブームで人気を集める「五色塚古墳」に行ってきました!



霞ヶ丘駅から線路沿いに東へ徒歩数分、看板があって迷わず到着。最近はテレビ東京系「WBS」や朝日新聞のドローン撮影で話題となり、注目度は抜群です!



古墳自体のスケールはもちろん、海を眺めるこの絶景が五色塚古墳ならでは。



まだ謎が多く、古代ロマンを感じさせてくれます。そんな五色塚古墳ですが、なんと元旦には普段開けない早朝6:00~8:00まで、初日の出に合わせて開園。昆布茶の接待もあるようです!詳しくはHPをご覧下さい。

当ブログは本記事で令和元年のブログ納めといたします。令和2年も山陽電車・山陽沿線ブログをよろしくお願いいたします!

 

☆神戸ルミナリエ☆

今年も「神戸ルミナリエ」が始まりました!



今年で25回目。阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂、都市復興・再生への希望を託した光が神戸の街を彩ります。玄関部分は高さ約22mの「フロントーネ」が圧倒的!



光の回廊「ガレリア」も見応えがあります。



大部分はLEDですが、第1回目のルミナリエをイメージした「メモリアルゾーン」では、白熱電球の温かな光に包みます。



東遊園地会場では高さ約21mの巨大なドームが登場!



まるで大聖堂に来たような美しさ。色とりどりの光に酔いしれます。



そして「1.17 希望の灯り」にも白熱電球が。

神戸ルミナリエ会場の最寄駅は元町駅。詳しくはHPをご覧下さい。

今年も「神戸ルミナリエ」の準備が進んでいます!

今年も「神戸ルミナリエ」が12/6(金)~12/15(日)まで開催予定。会場の旧居留地では準備が着々と進んでいます。



こちらは神戸ルミナリエの入口にある光の壁掛け「スパッリエーラ」。明かりがともっていない日中のルミナリエも、装飾がよく分かって見ごたえがあります!



東へ進むと回廊状の作品「ガレリア」がズラリ。



「神戸ルミナリエ」は今年で25回目。阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込め、街の復興・再生を託した光が、今年も神戸の街に灯ります。あれからもうすぐ25年、時の流れを感じずにはいられません。

最寄駅は元町駅。「神戸ルミナリエ」の詳細はHPをご覧下さい。

四季折々に美しい名刹「太山寺」へ

前々回のブログに続き、今回も山陽明石駅からバス旅。神姫バス14系統名谷行に乗って太山寺バス停で下車、風情ある名刹「太山寺」へ!



本堂は鎌倉時代の建造で神戸市内唯一の「国宝」建造物。奈良の寺社仏閣にも比類する、どっしりとした重厚感と懐の深さを併せ持った素晴らしい佇まいです!



朱の柱が幾重に並ぶ姿は圧巻。柔らかな光が差し込んでとても神秘的です!



貴重な原生林に囲まれた美しいロケーション。1688年建立とされている三重塔も見ごたえがあります!観光地のような人混みは無く、ゆったりとした時間に癒されます。



石畳の道も風情が。まるで近世にタイムスリップしたかのようです!



田畑が広がる太山寺地区では黄金色に輝く稲穂が。収穫の秋ですね!

四季折々に美しい姿を見せる名刹「太山寺」。特に紅葉の季節がオススメです!これからの季節、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ユニークなお地蔵様「しばり地蔵」をご存知ですか!?

山陽明石駅から神姫バスで「平野八幡神社」前へ。下車後てくてく歩くこと数分、とてもユニークなお地蔵様に会うことが出来ます!



この「慶明寺」の看板が目印。茶色の小屋まで進むと…



程なくしてこちらの看板が見えてきます。ユニークなお地蔵様の名は「しばり地蔵」。知る人ぞ知るお地蔵様で、茶色の小屋の裏手にいらっしゃいます。



樹木に守られるような形で鎮座、地域で大切にされている優しいお顔の「しばり地蔵」。その名の通り紐で縛られています!これは何故かと言うと…



“お地蔵様を縄や紐で縛り21日間の願をかけると願いがかなう。願いがかなえばほどく”という信仰があるのだそう。お地蔵様を縛る、他ではあまり見ないスタイルのお地蔵様が身近なところにあるなんて不思議な気分です!

ユニークなお地蔵様「しばり地蔵」。気になる方は是非訪ねてみてはいかがでしょうか。「しばり地蔵」の詳細はこちら

 

秋の気配に包まれた山陽沿線、9月もイベントが盛りだくさんです!

ようやく秋の気配に包まれた山陽沿線は、9月もイベントが盛りだくさんです!



まずご紹介するのは「メリケンパークプロレスフェス」。なんと神戸が誇るシーサイド・メリケンパークでプロレスが無料観戦できます!これはアツい!!



須磨海岸では「KOBEスティールパンカーニバル 2019」が開催予定。トリニダード・トバゴの楽器「スティールパン」は、なんとドラム缶で作られています!その独特な音色が秋の須磨海岸に広がります。



兵庫県はゴルフ場が数多くあるゴルフ県!「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」へは山陽電車・神戸電鉄が便利で、今大会は渋野日向子選手も出場予定!前売り券は既に完売、当日券が準備される見込みのようです。



そして南京町「中秋節」もおなじみです!

秋のおでかけは山陽電車で!