祝!オープン!「神戸新開地・喜楽館」を楽しむ

7/11(水)にオープンした上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」に行ってきました!



新開地商店街にあって新開地駅東口から2分とかからず到着。入口はコテコテせずに昭和レトロな色合い、これは地元の落語家・桂あやめさんのデザインだそうです。そして今回は夜席を鑑賞。その落語家さんは…



桂あやめさん!地元の兵庫区に寄席がオープンして喜びひとしおの桂あやめさん、今回の夜席も新作を引っ提げて気合が入ります。程なくして喜楽館に入ると…



中はこんな感じ。新築で良い香りが漂い、1F 150席・2F 62席の小さすぎず大きすぎず、落語家の息遣いや熱気が感じられる程よい空間でした。



港町を意識したブルーの椅子は座り心地が良く、足元も窮屈感はありません。そして肝心の落語も盛り上がり、日々の憂鬱なことを忘れるほど笑い、喜び、楽しむことが出来ました!山陽電車に乗ってふらっと気軽に「神戸新開地・喜楽館」へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。喜楽館の詳細はこちら

 

上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」がオープン!

いよいよ上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」が7/11(水)にオープンします。かつて“東の浅草、西の新開地”と称されるほどの歓楽街として栄えた新開地に、魅力的な娯楽スポットが誕生です!



新開地駅東口の3番出口が喜楽館への最寄出口。改札すぐの案内板が目印です。



そして3番出口の階段も喜楽館仕様に生まれ変わりました。赤絨毯を模した色合いに喜楽館ゲートが描かれ、ワクワク感がさらに高まります!



新開地商店街を北へ進むと巨大な喜楽館提灯を発見。その横が喜楽館です!



シンプルな造りの喜楽館、コテコテしてないところが神戸らしくて良いかもしれませんね。喜楽館は「昼は上方落語の定席、夜は上方落語はもちろん、東西落語、講談、浪曲などの演芸のほか音楽、ダンスなど、幅広く楽しむことのできる演芸場」だそうで、上方落語だけでない懐の深さや多様性も神戸らしいもの。人々が喜び楽しみ、新たな笑いや感動が生まれることを期待したいですね。

写真は7/8(日)に撮影したもので、当記事が公開される頃には新たな歴史が刻まれているかと思います。皆様も是非「神戸新開地・喜楽館」へ、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。喜楽館の詳細はこちら

 

明石ダコ、半夏生…今が旬のタコをもっと知りたい!

山陽電車に今年もタコのヘッドマークが登場です!



この可愛いタコは明石観光PR隊長「パパたこ」。明石ダコの旬がはじまる「半夏生」をPRしています!山陽沿線でタコと言えばもちろん明石ですよね。今はタコを食べる風習「半夏生」の季節、明石が盛り上がります!



ちなみに「半夏生」とは…詳しくはこのポスター、そして魚の棚商店街のHPをご覧いただきたいのですが、是非明石での半夏生イベント「明石半夏生たこまつり週間」「魚の棚半夏生七夕夜市」にご参加ください!



そして、そもそも明石のタコのこと、知っているようで知らないことの方が多いかもしれませんね!タコについてもっと知りたい時、山陽明石駅前パピオスあかし5F「さかなクンのギョギョルーム」がオススメ!入場無料でタコ情報が満載です。



日常でも役立つタコ情報を、楽しみながら学べる仕組みが充実。



そして映像ではさかなクンが登場して、明石ダコについてイラストを描きながら紹介してくれます。ちなみに明石はマダコの漁獲量が年間約千トンで日本一だそうです!

半夏生のこの時期、是非明石へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

昼ではなく「夜」の商店街にも注目です!

今回は商店街の話題ですが、昼ではなく「夜」に注目です!



ご覧下さい、この何とも言えない独特の風情。レトロな照明が看板やアーケードを絶妙に引き立たせ、昭和にタイムスリップしたような世界観が広がります。こちらの商店街は、西代駅から徒歩十数分の新長田エリアにある西神戸センター街。映画「クローズZERO」のロケ地にもなったそうです。



こちらの六間道商店街も、一直線に伸びる蛍光灯が見ごたえあります。こちらも「クローズZERO」のロケ地に。



そして新長田エリアと言えば鉄人28号!夕暮れ時は特にカッコいい姿が浮かぶのでオススメです!

新長田エリアの「夜」にも注目です!6/17のブログでもご紹介した「丸五アジア横丁ナイト屋台」とあわせて、是非訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

あのファッション施設が帰ってきました!

おしゃれ心を刺激する、あのファッション施設が帰ってきました!



2/28をもって閉店した神戸三宮の「OPA(オーパ)」。なんと三宮センター街にある三宮ビブレの地下に復活オープンです!



かつての三宮OPAにあった10店舗がビブレ地下に移動したそうです。さんプラザの地下から直結で、神戸三宮駅から雨に濡れずにアクセス可能で便利!



明るく開放的な空間で、オープンしたての新店の香りが。既に若い女性の方を中心に人気を集めていて、神戸三宮エリアの新たな顔となりそうです!

新しく生まれ変わった三宮OPA、是非訪ねてみてはいかがでしょうか。三宮OPAの詳細はこちら

 

暮らしに役立つ「手話フォン」が設置されました!

山陽明石駅前「パピオスあかし」で見慣れない公衆電話を発見です。



なんと「手話フォン」でした!聴覚障害者の方が手話で通話できる公衆電話で、西日本で初めて設置されたものだそうです。



間に手話通訳者を介することでスムーズなやり取りを実現。



しかも無料で利用可能。聴覚障害者の方の暮らしに役立つ公衆電話、これからも社会に広がっていくと嬉しいですね!明石へお出かけの際は是非注目してみてはいかがでしょうか。パピオスあかし2Fの「あかし市民広場」に設置されています。

姫路に来たら「チーかまドッグ」がオススメ!

姫路の二階町にある蒲鉾店と言えば「ヤマサ蒲鉾」大手前店ですよね!



二階町商店街の入口にあって、お馴染みのキャラクター「さっちゃん」が目印。大手前通りにも面して観光客の方も立ち寄る人気店となっています。そんな大手前店で是非味わってほしい商品がこちら。



その名も「チーかまドッグ」。ドーナツ生地と蒲鉾のコラボレーションで150円とリーズナブル。味がちょっと想像しづらいかもしれませんが…



ほんのり温かいドーナツ生地はふんわりして、チーズが練りこまれた柔らかめの蒲鉾と相性抜群!チーズがトロッとしていて、アメリカンドッグとは一味違う姫路ならではの味わいで食べ歩きにも最適です。



食べ終わった串はチーかまドッグを手にした「さっちゃん」が目印の串入れ箱へ。1本から気軽に「チーかまドッグ」をテイクアウトできるのがうれしいヤマサ蒲鉾大手前店。2/11(日)開催の「世界遺産姫路城マラソン2018」の際にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ヤマサ蒲鉾大手前店の詳細はこちら

 

「街の駅」ってご存知でしたか?

姫路のみゆき通り商店街を歩いてふと見上げると…



聞きなれない「街の駅」なる文字を発見。これは知りませんでした!ということで、早速「街の駅」がある二階町商店街へ行ってみることに。



姫路商工会議所・姫路市商店街連合会が運営しているようで、ガラス張りで気軽に入りやすい雰囲気でした。商店街歩きの途中でほっと一息つけそうな感じです。



お手洗い・キッズコーナー・授乳おむつ交換室・休憩スペースなど街なかに必要な設備が充実!すごく助かりますね!商店街のお店やイベント・観光情報を発信する案内所も設けられ、子ども連れの方や観光客の方にも優しい「街の駅」。火曜日・年末年始以外は10:00~18:00まで営業していて、2/11(日)開催「世界遺産姫路城マラソン2018」の応援など、姫路へお出かけの際に重宝しそうです。



姫路城のジオラマも設置され、全体の様子や構造が一目で分かる優れもの。



姫路張子・姫路独楽といった地元の伝統的工芸品も紹介されていて、意外と知らない姫路について学ぶことが出来ました。

初めて知った「街の駅」。姫路にお出かけの際に是非お立ち寄りください!「街の駅」の詳細はこちら

 

新撰組に、切られましてん。

姫路の商店街で面白いポスターを発見しました。



「新撰組に、切られましてん。」の文字に目が釘付け!亀山駅すぐの「亀山本徳寺」をPRしたものでした。実は現在の亀山本徳寺本堂が1873年に京都の西本願寺北集会所を移築したもので、北集会所がかつて新選組の屯所として使用されたことから、現在も北の柱に新撰組がつけた2本の刀傷が残っているのだそう!これは知りませんでした。ポスターによって新たな発見です。



播磨灘の魚は「雑魚扱い、すんなよな。」と、朝どれの特別な味わいをPR。



ポスターは「Cafe&Rest ラ・ポール」で見かけました。インパクトあるポスター、是非ご覧ください!亀山本徳寺に関しては山陽電車のこちらもどうぞ。

 

見渡す限り「ガチャガチャ」がズラリ!

山陽姫路駅近くの商店街で面白いお店を発見!



こちらの「Pon!」というお店なんですが…



なんと店内見渡す限りガチャガチャがズラリ!ものすごい数です!全部でどれだけあるのかと思ったら…



総勢300種類以上あるそうです。最近は外国人観光客の方にも人気のガチャガチャ。姫路城へ訪れる方々の人気もありそうですね。景品のジャンルも様々。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。