10万本の「コスモス」が見頃を迎えました!

10万本のコスモスが見頃を迎えました!



神戸総合運動公園にある「コスモスの丘」では、10/21(月)現在色とりどりのコスモスが咲き誇り、10月下旬ころまでは見頃となりそうです。鮮やかな桃色系のものから可憐な白いものまで、秋らしい色彩を楽しむことが出来ます。



青空とのコントラストが美しい!丘一面に咲くので、様々な角度からコスモスを楽しめるのも魅力的です。



神戸市須磨区のキャラクター「すまぼう」と写真を撮ってみませんか?



デジタルフォトコンテストも開催中です!

秋のおでかけに神戸総合運動公園「コスモスの丘」にお出かけしてみてはいかがでしょうか。詳しくはこちら

 

10/20(土)21(日)は明石に注目です!

山陽沿線は各地でイベント盛りだくさん。10/20(土)21(日)は明石に注目です!



まずは「兵庫県民農林漁業祭」をご紹介。兵庫五国の農林水産物が明石公園の千畳芝に集結して、野菜や花、加工品などがズラリ。今が旬の丹波の黒枝豆や栗、県内酒蔵の日本酒試飲などが気になります!詳細はこちら



「ふれあいフェスティバルin東播磨」は明石公園などで開催。こちらは兵庫県政150年記念ステージなどステージイベントやワークショップが充実!詳細はこちら



明石公園では伝統ある「菊花展覧会」も開催。なんと今年で90回目だそうです!菊花は明石市の市の花として親しまれ、明石公園の正面入口から中央園路にかけて多彩な大菊や盆栽など約300点1500鉢を展示されます。詳しくはこちら

10/20(土)21(日)はイベントが充実した明石公園へ是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

神戸から世界へ!ランドマークに“INIESTA”

サッカーに興味のない方でも「イニエスタ」選手をご存知の方は多いですよね!世界的な名手がJリーグ・ヴィッセル神戸に来たときはもちろん衝撃でしたが、プレーでもさらに衝撃を与え続ける偉大なるスーパースター。ついにこの場所にも登場です。



神戸三宮の「こうべ花時計」。1957年に日本で初めて設置された花時計で、これまで500回以上にわたって植え替えられながら歴史を刻んだ神戸のランドマーク。現在の図案が「イニエスタ選手、ようこそ神戸へ」で、背番号8のユニフォームとサッカーボール、そして“INIESTA”の文字が約3,000株の苗で表現されています!



イニエスタ選手、ようこそ神戸へ!スペイン人監督が就任してますます本気度が伝わる、山陽電車もスポンサーのヴィッセル神戸。イニエスタ選手と共に神戸から世界へ、ヴィッセルが躍進することを期待したいですね!

イニエスタ旋風がまだまだ続く神戸三宮へ。機会があれば是非「こうべ花時計」をご覧になってみてはいかがでしょうか。イニエスタ選手の図案は10月中旬までの予定だそうです。

 

「舞子タワー」の石碑をご存知でしょうか?

沿線で駅から程近い、美しいシーサイドといえば「舞子公園」ですよね!十数年前、かつて公園内にあった「舞子タワー」を覚えておられますか?



現在は明治40年築の近代建築「旧武藤山治邸」が移築され、明石海峡大橋や淡路島との美しい景観が魅力的なこの場所に舞子タワーがありました。



実は旧武藤山治邸のすぐ東側に、ひっそりと「舞子タワー跡地」の石碑があります!舞子タワーとはかつて明石海峡大橋建設の見学施設として建てられ、回転昇降式の展望台がクルクルと回りながら高さ約100mほどまで上昇して人気となりました。観光施設として賑わい、大橋開通後も営業を続けましたが2002年に営業終了となり解体。現在はこの石碑がひっそりとその過去を伝えています。

気になる方は是非訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

街なかのバラ園が見頃です!

街なかのバラ園が見頃を迎えました!



紅・黄・白など色とりどりのバラが目に鮮やかで、近づくと甘い香りがフワッと広がります。ここは街のど真ん中、兵庫県庁に程近い「山手バラ園」。



バラと言えば品種が無数にあることで知られていますが、山手バラ園は大ぶりの品種が多いのが特徴的。黄色は特に色鮮やかでした!



どのバラもボリュームがあって、6月中旬頃までは見頃となりそうです!



元町方面にお出かけの際は、是非「山手バラ園」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。街なかにあるので観賞無料です。

 

美しい日本庭園、イベント「つつじ遊山」が開催中!

元町の日本庭園「相楽園」へのおでかけは今がオススメです!



元町駅から徒歩数分でこの自然の豊かさ。そして4月末は新緑がまぶしいだけでなく、約4000株のツツジが見頃を迎えています!



鮮やかなピンクや白が、パッチワークのように庭園を美しく彩ります。4/21(土)~5/6(日)まではイベント「つつじ遊山」が開催され、茶席やコンサートなど春の相楽園を楽しむ催しが目白押し。



池の奥には茶室と兵庫県庁、このギャップが相楽園ならでは。園内はせせらぎの音や鳥のさえずりに耳を傾ける癒しのひと時。ゆったりとした時間が流れています。



園内には明治35年に建てられた異人館「旧ハッサム住宅」も。今なお美しい姿が保たれ、「つつじ遊山」期間中は9:00~16:30まで一般公開。連続テレビ小説「べっぴんさん」のロケ地でもお馴染みですね!

春のおでかけにピッタリな相楽園、是非足を運んでゆったり散策してみてはいかがでしょうか。「つつじ遊山」の詳細はこちらをご覧ください。

 

明石公園の桜が見ごろを迎えました!

明石公園で桜が見ごろを迎えました!



剛ノ池の周りが美しい桜で彩られています!花見をしたりボートに乗ったり散歩をしたり、思い思いのゆったりとした時間が流れています。



池周辺はどこを歩いても桜!自身のお気に入りスポットを是非探してみて下さい。



ボート乗り場近くの自販機コーナーでは、ジュースだけでなくアイスやカップラーメン、そしてビールが冷えていて花見の際に重宝しそうです。



桜だけでなく菜の花も見頃でした!



さらに明石城の石垣や櫓を覆い隠していた樹木が伐採され、これまでより一段と美しい姿を見せる明石城にも注目です。



4/1(日)~4/8(日)までは「明石公園さくらまつり」が開催。さらにビアガーデンも開催されるそうです。

沿線有数の桜スポット「明石公園」に、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

須磨浦の「敦盛桜」が満開です!

須磨浦公園で桜が満開になりました!



広々とした園内は約3,200本の桜で彩られ、ゆったりと桜を楽しむことができます。日々の喧騒を忘れてのんびりと、美しい桜に酔いしれるひと時。



そして須磨浦公園と言えば、何といっても海と桜!穏やかな海・青空・桜・緑の美しいグラデーション、他では味わうことができない絶景をお楽しみ下さい。



須磨浦ロープウェイで山上へのアクセスも便利。山上からの桜も絶景で、桜越しに見るロープウェイ「やまひこ」はインスタグラムにも映えそうです。



3/30(金)~4/8(日)までは桜のイベント「敦盛桜2018」が須磨浦公園一帯で開催。“関西最大級のエンタメ夜桜”「敦盛桜ラッキー恋みくじ」など、他にはないイベントが盛り沢山です!源平一の谷合戦、平家の若武者「平敦盛」ゆかりの地として知られる須磨浦公園。敦盛の面影をしのぶように咲き誇る須磨の桜「敦盛桜」は日中の陽桜、そして夜桜どちらも見ごたえがあります。



期間中の平日17:30~20:00と土日10:00~20:00は直通特急が須磨浦公園駅に臨時停車するのでアクセス良好。駅を出てすぐ目の前が会場です!

沿線随一の桜スポット須磨浦公園「敦盛桜2018」。是非山陽電車でお出かけしてみてはいかがでしょうか。「敦盛桜2018」の詳細はこちら

ようやく満開!“ひとめ2万本、海の見える梅林”

梅がようやく、ようやく見頃を迎えました!



“ひとめ2万本、海の見える梅林”で知られる「綾部山梅林」で梅が満開!パッと見て「えっ、雪降った?」と勘違いしそうな白梅の美しさに目を奪われました。約10品種20,000本の梅が白梅を中心に花を咲かせ、その規模は西日本随一。今年は開花が遅れていましたが3/13(火)時点でほぼ満開。あと10日ほどは楽しめそうな予感です。



梅林からは海が見えて眺めも抜群!播磨灘や播州平野の絶景とともに観梅を楽しむことができます。梅との距離も近く、心地よい甘い香りが広がります。



入園料は500円ですが、甘酒もしくは梅ジュースのサービス券付きが嬉しい。今回は梅ジュースをチョイス。もちろん綾部山梅林の梅が使われていて、すっきりと自然な梅の甘みが美味でした!



足元にも春の訪れが。鮮やかなブルーのオオイヌノフグリが顔を出して、タンポポや水仙なども咲いています。

春を感じる「綾部山梅林」に、是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。山陽網干駅から直通シャトルバスが運行中で便利。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

春を告げる「いかなごのくぎ煮」のイベント開催!

3月上旬の山陽沿線は「いかなごのくぎ煮」の最盛期!近年シンコの価格が高騰する中、甘辛い春を告げる香りがやっぱり欠かせませんよね。



そして直前のお知らせになりましたが、3/10(土)に「第19回 神戸・垂水いかなご祭」が山陽垂水駅近くの垂水レバンテ広場で開催が予定されていて、いかなごのくぎ煮創作料理の販売や調理実演、お楽しみビンゴゲーム、ステージなど盛り沢山!



レバンテ広場は通称「いかなごのオブジェ」が目印。このオブジェの正式名称は「PLAZA FISH」で「魚」をモチーフとしていて、いかなごシーズンはご当地ソング「いかなごGO!GO!」がエンドレスで流れるのも垂水の恒例行事。



スーパーなどでも流れている「食べてもいいかないいかなGO!~♪」のフレーズがお馴染みの「いかなごGO!GO!」のCD、実は垂水レバンテ2番館の垂水勤労市民センター内「あじさい講座事務室」で800円で購入可能。欲しい方は是非訪ねてみて下さい。

いかなごのくぎ煮発祥の街とされる垂水へは山陽電車が便利です。「第19回 神戸・垂水いかなご祭」に合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか。いかなご祭の詳細はこちら