当たり福付き「福豆」で一足早い節分を!

もうすぐ節分!山陽沿線でも節分祭が各地で開催されます。



高速神戸駅を降りてすぐの「湊川神社」も毎年多くの方で賑わい、今年はなんと板東英二さんが特別ゲストとして来場するようです!



しかも節分に先立って「福豆」がすでに授与が始まっています。1袋400円で当たり福付き!中に○○賞とかかれた紙が入っていて、ハズレ無しなのがうれしいですね。



駅から地上に出てすぐの湊川神社はアクセスも便利。山陽電車で湊川神社「節分祭」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「神戸阪急ビル東館」の建て替えが進んでいます!

阪急神戸三宮駅に直結「神戸阪急ビル東館」が建て替わります!



阪神・淡路大震災により通称“阪急会館”の「神戸阪急ビル東館」が被災して解体され、その後は暫定的な駅ビルが使用されていました。



以前のビルはこんな感じ。なんとなく懐かしい感じですが、今は…



こんな感じに。以前の面影はなく、ここ最近でかなり高さが増しています!



震災前の神戸阪急ビル東館で親しまれたアーチ形のデザインがチラッと見えています!ビルにはホテル・商業施設・オフィスなどになるようで、ホテルは阪急阪神ホテルズの眠りをデザインするホテル「remm +(レムプラス)」が入居予定。さらに最上階の29階には展望フロアが整備されるそうです!

新しい神戸阪急ビル東館、2021年春の竣工が待ち遠しいです!

震災から25年、今も絶えない湧水「須磨霊泉」へ

1/17(金)で阪神・淡路大震災から25年を迎えました。様々な困難があった当時、身に染みたことの一つが水の大切さでした。



須磨寺駅から参道を歩くこと数分、交差点の角にご注目。



地域で大切にされている湧水「須磨霊泉」があり、阪神・淡路大震災でも枯れずに多くの市民が助けられた命の水なんです。



いつ訪ねても綺麗に手入れがなされ、時折水汲みの方を見かけます。



やや温めの水は煮沸が必要ですが、震災でも絶えなかった湧水は今も絶えずにこんこんと湧き出し、地元で大切にされています。

須磨寺へお出かけの際、是非「須磨霊泉」に立ち寄って水の大切さを実感してみてはいかがでしょうか。

今年も「KOBE 1.17」が灯ります

1/17(金)で阪神・淡路大震災から25年。時の流れを感じずにはいられません。



甚大な震災被害を受けた神戸市では、震災の記憶の風化を防ぎ次代へを繋ぐ様々な取り組みが行われます。その一つ、六甲山系堂徳山に灯る電飾にご注目。普段の「KOBE」からこの時期だけ「KOBE 1.17」となっています。



神戸三宮から北野異人館街へと続く北野坂から撮影しました。1/17まで点灯され、震災の記憶を伝えるきっかけに。1/16は通常だと23:00消灯のところ、翌1/17の日の出まで点灯するようです。神戸三宮へおでかけの際、堂徳山の電飾をご覧下さい。

日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」が公開されます!

阪神・淡路大震災から25年を迎える1/17(金)。震災被害の大きかった神戸港では、普段は近くで見られない特別な施設が一般公開されます。



美しい建築の「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」14階にご注目。



かなり小規模に見えますがホテルなのに「灯台」があります!



実はこの灯台、海上保安庁から正式に許可を受けた日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」。毎年11/1の灯台記念日に公開されていましたが、最近では阪神・淡路大震災を振り返る機会として1/17にも公開。



実はもともと神戸の旧居留地「オリエンタルホテル」に設置されていたもので、震災による被災から神戸メリケンパークオリエンタルホテル14階に移設。1995年7月から神戸港を行き交う船を見守り続けています。

阪神・淡路大震災から25年。1/17(金)に是非灯台へ足を運んでみてはいかがでしょうか。公開の詳細はこちら

 

山陽電車の名物冊子「釣り手帳」2020年版が登場!

2020年の山陽沿線、新しい「釣り手帳」片手におでかけはいかがでしょうか!?



山陽電車の名物無料冊子「釣り手帳」2020年版が駅に登場!表紙は垂水の恋人岬とカサゴ。釣り情報はもちろん、可愛らしいイラストや観光スポットも満載です。



山陽沿線は水産資源に恵まれ、四季を通じて様々な魚のフィッシングが可能。



各エリアの詳細な釣り情報はもちろん、釣り手帳を片手に街歩きを楽しむことが出来る情報が満載。おでかけにもオススメです!



1974年に初版発行で、昭和・平成・令和と続く釣り手帳。これからも山陽電車の名物として沿線を盛り上げます!

【国立競技場で観戦】ヴィッセル神戸が天皇杯優勝!

元日から「ヴィッセル神戸天皇杯優勝」の素晴らしいニュース、最高でした!



当ブログの人は新しい【国立競技場】のスポーツ杮落としイベント「天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会」ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズを現地観戦。山陽電車がスポンサーのヴィッセル神戸の初タイトル挑戦を全力応援です!



新しい国立、客席が3層になっていて1層からはこんな感じ。元日決勝にふさわしい快晴のもと、国立の大きさに圧倒されます!



実際に観戦した3層からはこんな感じ。傾斜があり思ったより観やすいです!外観だけでなく屋根にも木が使用され、47都道府県の木々の温もりを感じる仕上がり。椅子のグラデーションが雰囲気を盛り上げ、音の反響が特にすばらしいです!



ヴィッセル神戸のゴール裏、かつてない熱気で会場のボルテージが高まります!



試合はイニエスタ選手を中心にサイド攻撃が機能。強度の高い守備も相まって特に前半は鹿島を圧倒し、藤本憲明選手のゴールで2点をゲット。この試合で引退するダビド・ビジャ選手は試合終了間際に登場、スタジアムの盛り上がりは最高潮に!



そして「ヴィッセル神戸 2-0 鹿島アントラーズ」で試合終了。ヴィッセル神戸が天皇杯優勝、ついにタイトルを掴み獲りました!イニエスタ選手が天皇杯を掲げます!!



セレモニー後に選手、三木谷会長、スタッフ、関係者がサポーターのもとへ。全員で喜びを分かち合い、勝利の「神戸讃歌」が国立競技場に響き渡りました!



ヴィッセル神戸はこれからさらに躍進の予感。天皇杯優勝で今年はACL(アジア・チャンピオンズリーグ)参戦が決定!当ブログでもヴィッセル神戸をさらに取り上げていく予定です。お楽しみに!天皇杯優勝の詳細はヴィッセル神戸の特設サイトで。

 

最近話題の「五色塚古墳」は、元旦に早朝開園します!

ここ数年の古墳ブームで人気を集める「五色塚古墳」に行ってきました!



霞ヶ丘駅から線路沿いに東へ徒歩数分、看板があって迷わず到着。最近はテレビ東京系「WBS」や朝日新聞のドローン撮影で話題となり、注目度は抜群です!



古墳自体のスケールはもちろん、海を眺めるこの絶景が五色塚古墳ならでは。



まだ謎が多く、古代ロマンを感じさせてくれます。そんな五色塚古墳ですが、なんと元旦には普段開けない早朝6:00~8:00まで、初日の出に合わせて開園。昆布茶の接待もあるようです!詳しくはHPをご覧下さい。

当ブログは本記事で令和元年のブログ納めといたします。令和2年も山陽電車・山陽沿線ブログをよろしくお願いいたします!

 

令和初のお正月は山陽電車で!ポスターをチェック!

令和初のお正月は山陽電車で!耳よりなポスターを発見です。



まずは初日の出。令和2年も「須磨浦山上遊園」では早朝開園を実施予定!直通特急の臨時停車、お年玉プレゼントなど須磨浦ならではの「#あったか」おもてなし。



終夜運転も実施予定で、おでかけは「新春全線パス」がお得です!



姫路城も凄い。なんと元旦は入城無料です!



山陽沿線には初詣スポットがズラリ。ご利益も様々です!



令和2年もおでかけは山陽電車で。年末年始の特設HPを是非ご覧ください!

令和でも師走の恒例「現金つかみ取り」が開催!

令和でも師走の恒例「現金つかみ取り」が開催されています!



ど真ん中には諭吉さん、現金が舞う景気の良いポスターはメリークリスマスならぬ「メニー当たりマス!!」。湊川駅すぐの湊川商店街で歳末大抽選会が開催中です。



お米やギフト券など生活に嬉しい賞が並ぶ中、湊川商店街では昔から「現金つかみ取り」が開催されていて師走の風物詩に。やっぱり現金が嬉しいですね!



特設会場は商店街の真ん中に。12/30まで開催中です!気になる方は是非湊川へ!