冬の恒例行事「タルミナリエ」が今年も始まりました!

ここ数年の冬の恒例行事「タルミナリエ」が今年も始まりました!



多くの買い物客が行き交う山陽垂水駅北側の垂水商店街。大型ショッピングセンターと地元の個人商店が程よく共存して、いつも活気あふれるエリアの一画にイルミネーション「タルミナリエ」が登場。神戸ルミナリエのような大規模感ではありませんが、地域密着の“あったか”な明かりが楽しさや癒しを届けています!



場所はみずほ銀行垂水支店の南側。上の電飾は年中ぶら下がって点灯していて、羽を広げたようなTARUMIのイルミネーションが冬の訪れを告げています。



羽の真ん中に立つと天使の気分で、良い感じに写真が撮れます!気になる方は是非、垂水商店街「タルミナリエ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。垂水商店街の情報は垂水商店街のHPをチェック!

スケートリンク「umieアイスマリーナ」が開催予定!

冬の足音が聞こえてくる今日この頃。2年ぶりに街角で気軽に楽しめるスケートリンクが復活するようです!



神戸ハーバーランドumieのモザイク高浜岸壁で開催されてきた「umieアイスマリーナ」。昨年は未開催となっていましたが、今年は11月23日(火・祝)~2月14日(月)に開催予定だそうです!もちろん本物の氷を使っていて、シューズレンタルがあるので手ぶらで行って楽しめるのが嬉しいですね。



夜になるとリンクがライトアップされて幻想的な雰囲気が広がり、神戸港の夜景とともに素敵なひとときを過ごせそうです。

おでかけは山陽電車で!umieアイスマリーナの詳細はこちらをご覧ください。

ヴィッセル神戸「神戸からアジアへ。」ポスターを発見!

山陽電車がオフィシャルスポンサーとして共に戦うJリーグ「ヴィッセル神戸」も今シーズンの残り試合がもうわずか。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)進出をかけた3位をキープしていて、チームの勢いが加速しています!



山陽垂水駅近くの垂水商店街では、最新のヴィッセル神戸「神戸からアジアへ。」ポスターがあちこちに貼られていました。こちらは力強いプレーやリーダーシップでチームを支える主軸、酒井高徳選手!ヴィッセルの社長をはじめスタッフが様々なエリアでポスター貼りを行ったようで、ヴィッセル神戸に関わる全ての人々の思いを乗せてチーム一丸となってシーズンを戦い抜きます。



こちらは今夏新加入の日本代表、大迫勇也選手!怪我から回復しつつあるようで、コンディションが整ってからの“半端ない”活躍に期待です。



そして頼れるキャプテン、イニエスタ選手!居酒屋の提灯とも絶妙にマッチする、ポスターでもさすがのポジショニング。チームを引っ張る大黒柱も、もう在籍4年目に。これからも長くヴィッセルで活躍してほしいですね!

残り試合がわずかのヴィッセル神戸。ACL進出に向けて、山陽電車と共に熱く応援したいですね!山陽沿線でもポスターが貼られているようですので、気になる方は街を歩くときに注目してみてはいかがでしょうか。

11月5日「兵庫県津波一斉避難訓練」が行われます!

最近駅で見かけるこちらのポスター、見覚え有りませんか?



11月5日(金)に兵庫県津波一斉避難訓練が行われるようです!今年はポスターにフィギュアスケートの神戸出身、三原舞依選手と坂本花織選手を起用。駅でもかなり目立ちますね。そしてよくよく見てみるとお出かけの際に注意点が。



当日の10:00過ぎに避難を呼びかける緊急速報メールが届いて、マナーモードでも一斉に鳴るそうです!山陽沿線も対象地域で、山陽電車に乗車中でも鳴る可能性が高そうです。お出かけの際に注意したいですね。鳴っても慌てず内容をしっかり確認。兵庫県津波一斉避難訓練の詳細はこちらをご覧いただき、日ごろから津波をはじめとした災害への意識を高く持っておきたいですね。

須磨海岸の赤灯台「旧和田岬灯台」内部公開が開催予定!

11月1日「灯台の日」の関連イベントが須磨で開催されるようです!



須磨海岸の「赤灯台」として親しまれ、普段は見学できない「旧和田岬灯台」の内部の部分公開が10月31日(日)に開催予定。年に一回あるかないかの貴重な機会です!



赤灯台の歴史は古く、なんと明治17年に建替えられた際のものだそうです。現存する最古の鋳鉄製灯台とされていて、廃灯後は和田岬から須磨海岸へ移築。平成10年に国登録有形文化財にも指定されています。



今回の内部公開は一階部分のみだそうですが、歴史を感じる灯台は風格とスマートさを兼ね備えた佇まいがとても魅力的。赤のカラーでより引き締まった印象ですね!



須磨海岸でもひときわ目立つ赤灯台。内部公開が気になる方は是非山陽電車で!旧和田岬灯台内部公開の詳細はこちらをご覧ください。

 

神戸三宮駅前の広場、通称「パイ山」が新しく生まれ変わりました!

阪急神戸三宮駅の北側にある広場、通称「パイ山」と親しまれていた場所が新しく生まれ変わり10/2にオープン。10/3に早速行ってきました!



以前は駐輪や屋台を禁ずる意味での小山が3つありましたが、今回は円盤が様々に組まれたモニュメントに。新たな待ち合わせスポットとして便利で、周辺歩道と併せてエリアが拡大されて開放感もあります!



ちょっとした雨宿りもできそうで、新しい場所はなんだか気持ちが良いですね!



以前から設置されていた像「AMORE」は健在。この広場とサンキタ通り、阪急高架下の商業施設「EKIZO神戸三宮」と、一帯の整備がようやくひと段落ですね!駅前再開発がこれからも続く神戸三宮エリア。おでかけは山陽電車で是非!

 

特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」は2022年開催予定!

最近は幾分涼しくなって秋模様ですね!



山陽沿線でも芸術の秋を楽しむ催しが開催される中、定期的に貴重な作品や文化財がやってくる「神戸市立博物館」は、8月30日(月)~2022年2月4日(金)まで設備工事により休館するようです。ただ来年の再開後にやってくる最初の特別展は貴重な展示となりそうです。



なんと特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」が開催予定!様々な至宝やCTスキャンによって解析されたミイラの謎に迫る、古代エジプトを感じられる特別展となりそうですね。気になる方は来年是非!特別展の詳細はこちら

「六甲ミーツ・アート芸術散歩」過去の人気作品が駅前に!

六甲山上で始まった現代アートの祭典「六甲ミーツ・アート芸術散歩2021」に関連した展示が、なんと駅のすぐ近くで無料鑑賞できます!



展示はこんな感じ。「六甲ミーツ・アート芸術散歩」で過去に展示された人気作品がJR三ノ宮駅の南側で特別展示されていて、11月23日(火・祝)まで無料で鑑賞できる予定だそうです。こちらの作品は「胸の土器土器」。様々な心情がドキドキと立体的に表現されていて面白いですね!



会場には3つの作品が設置されています。実はこの空間、かつてはこんな感じでした。



ホテルやOPAが入っていた「三宮ターミナルビル」の跡地。現在は解体されていて、この風景も懐かしいものとなりました。今後の動きは分かりませんが、生まれた広大なスペースで様々な活用法が試みられているようです。現代アートの祭典「六甲ミーツ・アート芸術散歩2021」にも注目したいですね!

 

「ヴィッセル神戸」の新たなショップが三宮に!

駅からアクセス便利!かなりの好立地にnewショップを展開です。



山陽電車がオフィシャルゴールドスポンサーのJリーグ・ヴィッセル神戸が新たなショップを、なんと神戸の中心地・三宮にオープンするようです。イニエスタはもちろん、今夏に新加入の大迫勇也を前面に推した“半端ない”存在感!



場所は三宮センター街と生田筋が交わるあたり、ダイコクドラッグと携帯ショップの間。神戸サンセンタープラザHPには「THE VISSEL(ヴィッセル神戸オフィシャルグッズショップ)(10月オープン予定)」と記載されています。オープンがかなり待ち遠しいですね!

「ミント神戸」地下飲食店街がリニューアル!?餃子「ひょうたん」もオープン予定

駅近の地下飲食店街がリニューアル!?こちらをご覧ください。



神戸三宮駅に程近い「ミント神戸」地下飲食街でリニューアルが進行中。これまでも素敵な飲食店が軒を連ねていましたが、10月以降に新店舗が次々とオープン予定。



その一つが味噌ダレでお馴染みの餃子「ひょうたん」で、運営が企業主体となってからの出店攻勢がすさまじい勢い。昔からの元町・三宮の2店舗に続いてさんプラザ・湊川・板宿にもオープンしていますが、今後はミント神戸に出店です!



11月には「ヒシミツ」がオープン予定。三宮エリアで人気のカフェレストラン「ヒシミツ醤油」の展開で、美味しいランチが楽しみですね!



他にも多数新店舗がオープンする他、従来からの4店舗は引き続き営業しています!



ミント神戸地下のスーパーマーケット「KOHYO」もリニューアルが進められているようです。生まれ変わるミント神戸、状況が落ち着いたら訪れてみたいですね!