今年も「KOBE 1.17」が灯ります

1/17(金)で阪神・淡路大震災から25年。時の流れを感じずにはいられません。



甚大な震災被害を受けた神戸市では、震災の記憶の風化を防ぎ次代へを繋ぐ様々な取り組みが行われます。その一つ、六甲山系堂徳山に灯る電飾にご注目。普段の「KOBE」からこの時期だけ「KOBE 1.17」となっています。



神戸三宮から北野異人館街へと続く北野坂から撮影しました。1/17まで点灯され、震災の記憶を伝えるきっかけに。1/16は通常だと23:00消灯のところ、翌1/17の日の出まで点灯するようです。神戸三宮へおでかけの際、堂徳山の電飾をご覧下さい。