創業昭和21年「みどり食堂」が人気です!

明石港界隈をブラブラしていると気になるお店を発見です!



明石と淡路島を結ぶ淡路ジェノバライン乗り場のそばにある「みどり食堂」。なんと創業は昭和21年!地元食材を活かした温かい家庭料理が人気だそうで…



この「明石タコの煮つけ」を味わいたい!ということで早速入店。



お昼時は常連さんや観光客の方々で客足が途絶えない繁盛ぶり。メニューが豊富で、好きなおかずを取っていただく昔ながらの食堂スタイル。おでんも人気だそうです!



まずは「明石タコの煮つけ」。しょっぱめの煮汁が明石タコと相性抜群。タコは甘みと弾力が凄い!7月上旬は半夏生で、これから明石タコのベストシーズンですね!



焼きアナゴ丼は香ばしく、こちらも身がプリプリで歯を押し返すほどの弾力!絶品タレも相まって食が進み、あっという間に完食です。

明石らしい港の食堂「みどり食堂」。明石にお出かけの際は、是非訪ねてみてはいかがでしょうか。