りんご専門店「あら、りんご。」がオープンしました!

話題沸騰中の「りんご専門店」が神戸のトアロード沿いにオープンしました!



その名も「あら、りんご。」。青森県のりんごを使ったスイーツと青果のお店で、行列が出来るほど今注目のお店。テイクアウトとイートインどちらもOK!



生搾りりんごジュース・りんごヨーグルト・りんごサイダーなど、りんごの甘さ・酸味を最大限に生かしたメニューがズラリ。



外観もオシャレで内装もりんごの温かさが伝わります!



幅広い世代に人気のりんご専門店「あら、りんご。」。気になる方は是非一度訪ねてみてはいかがでしょうか。お店の詳細はこちら

 

×現金・完全キャッシュレス化!ヴィッセル神戸のホームで体感

日本中でキャッシュレス化が進んでいますね!今回はそんなキャッシュレス時代の一大プロジェクト、ヴィッセル神戸「完全キャッシュレス化」を体感してきました。



イニエスタ選手などビッグネームが所属するヴィッセル神戸。ホームのノエビアスタジアム神戸は今年から「完全キャッシュレス化」が実施され、現金での支払いは不可となっています!現金のみの方はちょっと不安!?になりそうですが…



結論から言うと、小銭探しや受け渡しが減るのでとても便利でした!現地ではこのような看板が至る所に設置され、案内スタッフがあちこちを巡回。



こちらの楽天キャッシュレスデスクでは手厚いサポートで様々な決済方法を案内。楽天Edyのレンタルがあり、現金のみの方も楽天Edyにチャージして支払いできるので安心。小銭チャージ機も設置されているので子どもでも使えそう。



チケットやグッズ売場だけでなく、このような屋台でも現金は使えません。様々な決済を試した結果、クレジットカード払いはやや時間がかかる印象。楽天Edyも良いですが、楽天カードと連携させた楽天ペイでの支払いが、スムーズかつ楽天スーパーポイントがよりお得に貯まるのでオススメです!

完全キャッシュレスなヴィッセル神戸ホームゲーム。それぞれに合った決済方法で、是非一度体感してみてはいかがでしょか。キャッシュレスガイドの詳細はこちら

昭和レトロな3000系列、窓から四季折々の絶景です!

昭和・平成・令和を駆け抜ける山陽電車3000系列。



最近は廃車となる車両のある中、リニューアルされた編成に乗る機会も多いですよね。いつまでも走り続けてほしい3000系列、昭和レトロな外観が魅力です!そんな3000系列のリニューアル編成ですが、ご乗車の際にオススメしたい場所があります。



それはこちらの車両連結部近く。大きな一枚窓で開放感があります!特にこれからの季節、明石~須磨のシーサイドが絶景です!この大きな窓から、山陽電車ならではの四季折々の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

野菜たっぷりの新作「味彩まぜそば」が美味しい!

垂水や姫路で人気のラーメン店に新作が登場です!



本にぼしや野菜などを長時間煮込んだ絶品スープでおなじみ「麺や六三六」。久々に垂水店の前を通りかかると扉に気になるポスターを発見です。



新作の「味彩まぜそば」でした!たっぷり野菜に食が進みそうな韓国唐辛子。追い飯も美味しそう!気になったので早速注文です。



もやし・水菜・紫玉ねぎ、思っていたより野菜たっぷり。メンマも併せてシャキシャキ食感が楽しい!チャーシューも肉の旨みが濃厚です。



まぜまぜするとモチモチ太麺に韓国唐辛子がよく絡み食が進んで美味しい!口から火が出そうな辛さではなく程よいピリ辛加減で、辛い物が苦手な方にもオススメできそう。濃厚なタレも絡み、最後は追い飯であっという間に完食です!

野菜もたっぷりなピリ辛「味彩まぜそば」。食欲が減退しそうな、これからの季節にもオススメです!

 

「神戸の魚まつり」「マリンカーニバル神戸」は山陽電車で!

シーサイドエクスプレスでおなじみの山陽電車。潮干狩りはもちろんですが、他にも初夏におでかけしたくなる山陽沿線らしいイベントがあります!



まずは垂水漁港での「神戸の魚まつり」。鮮魚・活魚・ちりめん・海苔などの販売や海賊船クルーズ、セリ体験、グルメなど豊かな漁場が広がる山陽沿線ならでは!



マリンピア神戸ではマリンスポーツを楽しむ「マリンカーニバル神戸」が開催予定。子どもから大人まで、ボート・カヌー・SUP(スタンドアップパドルボード)など体験を中心にマリンスポーツに親しむ催しが満載。そしてなんと、ラグビーでお馴染みの五郎丸歩選手が6/2(日)に来場するようで楽しみですね!



最寄りは山陽垂水駅。是非山陽電車で足を運んでみてはいかがでしょうか。

変わらない絶景!シーサイドの「滝の茶屋」駅へ

初夏の陽気が続いてますね!そんな時はこちらの駅に降り立ってみてはいかがでしょうか。



見晴らしの良い高台にある「滝の茶屋」駅。付近にはかつて本当に滝があったそうですが今は無く、されどその当時から変わらない絶景が滝の茶屋駅にはあります。



ホームから青い海、緑の淡路島、世界一の吊り橋「明石海峡大橋」が見渡せる、シーサイドエクスプレスにふさわしい絶景です!



塩屋方面は漁港が見え、大阪湾の見晴らしが良いです。



上りホームには地元の垂水東中学校の生徒さんが描いた壁画が。笑顔いっぱいの生徒さん達を乗せて、山陽電車が滝の茶屋駅前商店街のゲートへ!



こちらは海中を走る山陽電車。「#あったか」な壁画に癒されます!

シーサイドの絶景や壁画に癒される「滝の茶屋」駅。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

自由に弾けるピアノ「ストリートピアノ」が増えてます!

街に置かれた自由に弾けるピアノ「ストリートピアノ」が最近増えていますね!山陽沿線関連だと神戸市が設置した「デュオこうべ」「メトロこうべ」がアクセスしやすく、他だと西神中央駅・鈴蘭台駅・新神戸駅にも。



そして今回紹介するのは、神戸市ではなく神戸三宮エリアの温浴施設「神戸サウナ&スパ」が設置したストリートピアノ。自由に入れる1Fにあり、思わず弾いてみたくなる美しい木製ピアノです!



天然温泉や露天風呂、サウナが人気の「神戸サウナ&スパ」。普段から様々な地域活動を行う人気店で、今回設置されたピアノも好評!素敵な音色が外にも程よく響き、街が音楽で満たされます!



「神戸サウナ&スパ」の美しい木製ストリートピアノ。気になる方は是非ピアノを弾いてみてはいかがでしょうか。

 

令和から昭和へ!「多聞ホーマーバッティングセンター」

令和から昭和へ!まるで時が止まったかのような場所にタイムスリップです。



山陽バスで舞子から大門橋バス停へ。徒歩数分、北へ進むと見えてくるのがこちらの「多聞ホーマーバッティングセンター」。最新鋭のバッティングセンターとは一線を画す、今でも昭和風情が色濃く残るスポットです。



時代を感じるこの看板!バッティングだけでなくオートテニス・卓球もプレイ可能で、子どもから大人まで家族みんなで楽しめるのが良いところ。



バッターボックスはこの通り。スピードや高低をボタンで調整するスタイルは昔ながら!緩いボールから快速球まで幅広いラインナップも魅力的です。



ピッチャーはLED画面ではなく昔ながらのアーム式。コントロールも若干ムラがありつつ、より実戦に近い打撃が出来るので少年野球チームには特にオススメです!

山陽バスで昭和レトロな「多聞ホーマーバッティングセンター」へ。令和だからこそ是非オススメしたいスポットです!

 

初夏の陽気に誘われて、舞子のシーサイドへ!

GWが終わっても良いお天気が続いてますね!今回はそんな初夏の陽気に誘われて、シーサイドエクスプレスにふさわしいこちらにお出かけしてみました。



霞ヶ丘駅から徒歩数分の砂浜「アジュール舞子」。ここは明石海峡大橋の絶景が見渡せる最高のビュースポット!海水浴シーズンが待ち遠しいですね!



水が本当に綺麗!波打ち際で水遊びも楽しいですよね。



少し舞子寄りへ行くと大正4年に貿易商・呉錦堂によって建てられ、地元では六角堂の呼ばれる「孫文記念館(移情閣)」が。洋館と橋の構図が舞子らしいですね!



こちらの「夢レンズ」越しに撮るのもオススメ。



橋を真下から撮っても迫力満点です!

初夏のおでかけに、山陽電車で舞子のシーサイドはいかがでしょうか。

 

大蔵谷の名店「あづまや」海老カレー丼が美味しい!

2016年11月のブログでご紹介した大蔵谷「あづまや」に行ってきました!



大蔵谷界隈では超有名なうどん・そば・丼物の「あづまや」、何度でも行きたくなる名店です!今回もお昼時に行列が。相席になり待つこと約10分。



名物の「海老カレー丼」が登場!冷たいおそばが付いてボリューム満点です。



海老2本は大きくてプリプリ。カレーは玉ねぎの甘みにダシが相まって濃厚!玉子でまろやかに。冷たいお蕎麦も甘めのダシとコシのある麺が相性抜群でした。



オリックス時代に訪れたイチロー選手のサインもあります!

大蔵谷の名店「あづまや」。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。