新緑の須磨寺を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、須磨寺を歩いてみたいと思います。

須磨寺

境内に入ると山沿いに大きな本堂が建っていました。
背景の新緑がまぶしいですね。

須磨寺は正式には「福祥寺」といい平安時代の仁和2(886)年の創建と伝わる古刹です。
この本堂は安土桃山時代の末の慶長7(1602)年の建築と伝わり、ゆったりとした雰囲気が印象的ですね。今からの緑が美しい季節はこの寺院を訪れるのにちょうどいい季節なのかもしれません。

三重塔

新緑の中に朱塗りが眩しいのは三重塔です。今の塔が建てられたのは昭和59(1984)年と新しいのですが、もともとの塔は文禄5(1596)年の慶長伏見地震で倒壊していて、400年近く経って再建されたということになりますね。

敦盛塚

三重塔の奥に進むと、五輪塔がありました。こちらは敦盛塚です。寿永3(1184)3年2月の一ノ谷の合戦の際の平敦盛の物語は非常に知られていますが、この塚には敦盛の首が納められていると伝わっています。「敦盛塚」といえば須磨浦の塚が思い浮かんでしまいますが、須磨浦の方に納められているのは敦盛の胴とのこと。

須磨寺公園

須磨寺の境内を出ると、池がありました。こちらは須磨寺公園です。この場所はかつては「新吉野」と呼ばれる桜が美しい行楽地でした。今では静かな公園となっていますが、池の畔には温泉旅館が建ち並び、当時の雰囲気を少し感じることができます。

他の人が少なく、さわやかな風が吹き抜ける公園はまさに密を避けた環境で、息を吸い込むと、緑の香りを含んだ空気が体を満たしていきました。

このような情勢ですが、今後も少しづつ山陽沿線とその周辺を歩いてみたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

新緑の須磨寺を訪ねて(前編)


梅雨も間近な頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発出により、しばらくお休みをいただいていましたが、緊急事態宣言が解除されたことから更新を再開させていただきます。現在も不要不急の外出は自粛を求められていて、所謂「三密」も避けるべきとされている状況ですので、ご覧の方につきましても感染対策等されてのお出かけをいただきますようお願いいたします。

須磨寺駅

今回訪れたのは須磨寺駅

平重衡とらわれの松跡

駅前には「平重衡とらわれの松跡」があります。

平重衡は治承・寿永の乱、所謂「源平合戦」の際に活躍した武将で、清盛の五男でした。寿永3・治承8(1184)年の一の谷の戦いの際、重衡は神戸は生田の森の東側を守っていました。しかし、源氏軍の攻撃を受けて敗走し、この地で生け捕りにされます。捕らえられた重衡はこの松の根に腰を掛けて無念の涙を流していると、地元の住民が濁り酒をふるまったという伝説があります。この時に詠んだ歌が

ささほろや 波ここもとを 打ちすぎて すまでのむこの濁酒なれ

とされています。
ちなみに、ここで生け捕りにされた重衡は、治承4(1181)年の南都焼討で平氏軍を率いていたこともあって、後に南都(奈良)に引き渡され木津川の川原で斬首されました。

須磨寺への道

駅から続く須磨寺への参道はそんな戦いの歴史があったとは思えないほど、明るい日差しが差し込んでいました。

龍華橋

参道の商店街を抜けると、須磨の山が迫ってきました。新緑に映える赤い欄干の橋は「龍華橋」です。この向こうはいよいよ須磨寺の境内ですね。緑の香りを含んだ心地の良い風が吹いています。

次回は新緑の須磨寺を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

東風吹かば・須磨を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、須磨を歩いてみたいと思います。

梅の香りの道

菅の井から住宅地の中を歩いていると、綱敷天満宮の裏手に出ました。玉垣の向こうには梅園が広がっていて、梅の香りがします。

天神橋

綱敷天満宮に行きたいところですが、その前に気になるところを。
こちらのJRの線路を跨ぐ陸橋は天神橋です。戦前の昭和2(1927)年の竣工で、鉄筋コンクリートながら、どっしりとした造りが戦前の建築らしく立派ですね。

天神橋を潜る道

橋の下には南側に抜ける通路がありました。ブロックで装飾された通路の入り口は風格がありますね。かつてはこの橋の上を道路だけでなく須磨駅への神戸市電も走っていました。

綱敷天満宮

天神橋のたもとには綱敷天満宮があります。

綱敷天満宮は平安時代の天元2(979)年の創建とされ、かつて大宰府へ向かう菅原道真がこの地で綱を巻いた上に座って休憩をしたことから、周辺の住民が道真を偲んで神社を建てたという伝説から名前が付けられたとされています。ただし、この「綱敷」という名前の天満宮は京都から九州にかけて広く分布しているようで、同じような伝説が各地に広がったのか、それとも道真が各地で綱の上に座っていたのかはわかりません。

梅園

境内には梅園が広がっていて、梅のいい香りを楽しむことができました。道真と梅といえば、「東風吹かば」の歌を思い出しますね。

暖冬に感染症と、物々しいこの頃ですが、道真と梅を訪ねて、心安らぐ須磨の地を訪ねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

東風吹かば・須磨を歩いて(前編)


早くも寒さが緩みつつあるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

月見山駅

山陽電車で着いたのは月見山駅

厄除八幡神社の碑

駅から程なくの場所にあるのは、多井畑厄神への道標の石碑です。

菅の井

道路沿いに歩くと、小さな神社と井戸のようなものがありました。
こちらは元宮長田神社菅の井です。

平安時代、左遷され大宰府に流されることとなった菅原道真は船で沖合を通りかかり、この地で休憩を取りました。その際に、この地に屋敷を構えていた前田氏が道真に井戸水を届けたという伝説があります。その時の井戸は後に「菅の井」と呼ばれるようになりました。

元宮長田神社

菅の井の傍にあるのは元宮長田神社です。この神社はもともと前田氏の屋敷の中にあったそうです。この辺りは中世に一帯が東須磨の證誠神社の氏子になるまでは長田神社の氏子だったそうです。前田氏は長田神社と深いつながりがあったとされていて、その名残か、こうして現在も長田神社に所縁のある神社が残されています。

梅の名所となっている須磨には菅原道真所縁の史跡がまだあります。
次回はもう少し須磨を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

阪神間に眠る古墳・菟原を訪ねて(前編)


暦の上では春ですが、まだまだ肌寒い日が続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

石屋川駅

阪神電車で着いたのは石屋川駅

石屋川

駅の下を流れる石屋川の畔に出ると、六甲山地を眺めることができました。

御影塚町

かつて御影町だったこの辺りの住所は「御影塚町」です。「御影」はわかりますが、「塚」とは…?

処女塚古墳

「塚」の正体はこちらの処女塚古墳(おとめづかこふん)です。

処女塚古墳は4世紀の古墳時代に築造されたとされています。被葬者はわかっていません。「処女塚」という不思議な名前ですが、伝説では、この地に住んでいた菟原処女(うないおとめ)という女性が二人の男性から求婚を受けますが、男性は菟原処女を巡って激しく争うようになります。それを嘆いた菟原処女は自害し、二人の男性も後を追うように命を絶ちました。村人は菟原処女の墓として塚を築いたのがこの処女塚とのことです。

処女塚に上る

処女塚古墳は陵墓にはなっておらず、墳丘に上ることができます。伝説では菟原処女の墓とされていますが、本当はこの地域の豪族の墓なのでしょうか。

阪神間の街中に古墳が眠る菟原と呼ばれたこの辺り、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

高取を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、板宿から山手へと歩いてみたいと思います。

常福寺

高低差の中を歩いてたどり着いたのは常福寺です。

常福寺の境内

木々の生い茂る険しい高低差の中にぽっかりとあるオアシスのような空間です。

常福寺は奈良時代に僧・行基が蓮池の造成の際に創建したとされる「蓮華寺」を由来とする寺院とされ、長い歴史を持っています。境内には蓮池を造成した際の資材の木材で作った卒塔婆をはじめ、蓮華寺由来の品が保管されているとのこと。なお、かつての境内は斜面の下の西国街道沿いにあったそうですが、明治に入り、山陽電車の前身の兵庫電気軌道がこの地に軌道を敷設する際に現在の場所へ移転しています。

高取山へ

常福寺から住宅地の中を歩いていくと、急な坂道が現れました。

坂の上から神戸を眺める

坂の上から神戸の街を見下ろすことができました。冬らしい空模様ですが、遠く三宮や神戸空港まで見渡すことができました。

高取大明神

住宅地の外れに小さな神社がありました。こちらは高取大明神です。この先は高取山ですね。山をご神体としているせいか、神社には社殿がありませんでした。

高取山はかつては神撫山(かんなでやま)と呼ばれ、その名の通り信仰の山でした。山頂には高取神社があります。山の名前には諸説があるようですが、大昔に山が水没し、水が引いた後に松の木でタコを捕まえることができたという伝説から、「タコ捕り山」と呼ばれたことを由来としているという説もあります。ちなみに、浜側に下った「鷹取」の地名もこの山を由来としていて、一時期、山の名前も「鷹取山」とされていたこともあるようです。

高取山を眺める

麓から山を眺めてみることにしました。標高は300m余りとそれほど高くはありませんが、麓の街からはきれいな姿の山を望むことができて印象的ですね。

本当のところは高取山へ登りたいところでしたが、またの機会とすることにし、高取を後にすることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

高取を歩く(前編)


師走の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

板宿駅

今回降り立ったのは板宿駅。地下にある山陽電車型コンビニも見慣れた景色になってきましたね。

商店街

駅前から続く商店街は買い物客で賑わっていて、早くもクリスマスの雰囲気です。

五位ノ池神社

商店街を抜けて住宅地の中を歩くと、小さな神社がありました。こちらは五位ノ池神社です。

「五位ノ池」というからには池があったわけで、古い地図を見ると五位ノ池をはじめ、多くの池が丘陵地帯に点在していたのを見ることができます。このため池で最も大規模だったものが山陽電車の西代駅の北東にあった「蓮池」で、こちらは奈良時代に僧・行基が築いたという伝説があります。今は住宅が建ち並んでいるこの辺りですが、かつては田園地帯で、ため池の水が田畑を潤していたのでしょう。

複雑な地形

北側の六甲山地から海に向かって傾斜が続くのが神戸の地形…と思いがちですが、この辺りは六甲山地の斜面の中に複雑に丘陵が入り組み、起伏に富んだ複雑な地形になっています。住宅地の中に目がくらむような高低差がありゾクゾクしてしまいますね。何度か書いたことがありますが、こうした高低差の景色がある意味神戸らしい景色のような気もします。

次回は山間の池の跡をたどりながらもう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

妙法寺川の港を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、妙法寺川を海へと歩いてみたいと思います。

妙法寺川を眺める

木々に囲まれた妙法寺川を眺めながら歩いていきます。川沿いの木々は桜が多く、春には桜の花を、秋には紅葉を楽しむことができます。

鷹取工場跡

妙法寺川沿いに公園がありました。JR鷹取駅にもほど近いこの辺りにはかつて国鉄~JRの鷹取工場がありました。その歴史は非常に古く、現在の山陽本線を開業させた山陽鉄道(山陽電車とは関係がありません)が明治33(1900)年に設けた工場が始まりです。様々な車両の検査・修繕を行う大工場で、私も公開イベントに訪れた記憶もあるのですが、阪神淡路大震災で大きな被害を受けたことや市街地の再開発のために、平成12(2000)年に機能を網干に移転しました。この公園は跡地の一部で、工場があったことを示すモニュメントがありました。

河口へ

JRの築堤を潜ると川の流れは緩やかになりました。係留された船も見かけ、海が近づいてきたことを感じます。

須磨港跡

河口付近に商業施設がありました。こちらにはかつて須磨港があり、淡路島の東浦へのフェリーが発着していました。短距離のフェリーでしたが、利用は多かったようで、当初はこちらの東側の長田港を発着していたのが船舶の大型化により昭和43(1968)年にこの地へ港を移転し、その後、明石海峡大橋が開業する平成10(1998)年まで運航を行っていました。今では面影はありませんが、ほんの20年前まで、ここには今と全く異なる景色が広がっていたのだと考えると、不思議な気分になりますね。

妙法寺川を眺める

季節ごとに花や紅葉を楽しめる妙法寺川ですが、それだけでなく、川沿いにははるか古代から近代、現代へ繋がる歴史の感じる場所が数多くあります。紅葉には少し早いですが、川に沿って歴史の旅に出てみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

妙法寺川の港を訪ねて(前編)


秋も深まりゆくこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

板宿駅

今回の訪れたのは板宿駅

妙法寺川

賑やかな板宿の街を抜けると、妙法寺川の畔に出ました。
高取山を望む爽やかな景色が広がります。あとひと月もすれば紅葉が楽しめそうですね。

證誠神社

川沿いを歩いていくと、神社がありました。
こちらは證誠神社です。

證誠神社は「大手の権現さん」とも呼ばれ、その呼び名の通り熊野権現を勧請して創建された神社です。創建されたのは平安時代の永延元(987)年とされ、なんと千年以上もこの地の氏神として信仰されてきました。

證誠神社の境内

證誠神社は非常に長い歴史を持つ古社ですが、そんなことも感じさせないほど自然に、住宅地の中に静かに佇んでいました。

次回はさらに妙法寺川に沿って歩いていきたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

鵯越を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、鵯越を歩いてみたいと思います。

元西神戸有料道路

坂道を上ると、急に開けた道に出ました。神戸市道の夢野白川線で、かつての西神戸有料道路です。多くの車やバスが行き交い、山間にひっそりと佇んでいた鵯越駅とは別世界のようで一瞬戸惑ってしまいます。

大阪湾を見下ろす

道沿いからは神戸の街並みと大阪湾を見下ろす景色を眺めることができました。ちょうど、神戸電鉄の電車が住宅地を縫うように坂道を下りていきました。

鵯越墓園

市道を少し上ると、大きく開けた空間がありました。こちらは神戸市の鵯越墓園です。

逆落としで知られる鵯越ですが、現在神戸市にお住まいの方なら、鵯越といえば墓園のイメージもあるのではないでしょうか。かつては「奥山新田」という山奥の新田に大規模な墓園が整備されたのは実は最近で、和田岬にあった墓地を移転し、昭和7(1932)年に鵯越公園墓地として開設されました。当時は湊西区(のちの兵庫区)の墓地だった鵯越は戦後に市の直営となり、市営の公園墓地として整備されていくこととなります。

鵯越の碑

墓園の入り口には鵯越の碑がありました。

鵯越大仏

墓園の中を歩くと、大仏がありました。こちらは「鵯越大仏」と呼ばれ、昭和7(1932)年にこの墓地が開設された当初に建立されたものです。今では墓園の中にある大仏ですが、当時は墓園の頂上に設けられたのだそうです。

大仏からの眺め

鵯越大仏からは神戸の街を見下ろすことができました。

お盆には鵯越を訪れたという方も、改めて歴史と神戸を見下ろす景色を楽しめる鵯越を歩いてみると、新しい発見があるかもしれません。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村