御影・平野城を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、御影を歩いてみたいと思います。

城ノ前バス停

御影駅の南側へ歩いてみました。大通りにあったのは「城ノ前」なる名前のバス停です。この辺りの地名は今では「御影」ですが、以前は「城ノ前」「大手筋」といった城を思わせる地名がありました。城の痕跡はすっかり姿を消してしまったのですが、こうして地名にはかつての城の姿が残されているのですね。

中勝寺

山手幹線沿いに歩いていくと、中勝寺なる寺院がありました。戦国時代の永正(1505)年に創建された寺院で、平野城を築いた平野忠勝の菩提を弔うために子孫が建立したと言われていて、以前は「忠勝寺」という名前だったそうです。

六甲山麓に強固な守りをもった平野城でしたが、城が築かれた直後に起こった観応の擾乱であっさりと破られてしまいます。近代に入り、平野村と呼ばれていたこの辺りは御影町へ編入され、さらに戦後には神戸市に編入されていきます。急速な市街化と住宅開発により、中世にわずかな期間存在した城の痕跡は消えていきました。

弓弦羽神社

中勝寺の隣には弓弦羽神社への参道がありました。
御影に城があった頃、この神社の辺りには弓場があったとも言われています。

平野城が破られた後、平野忠勝はどうなったのか…? 実は、農業へ戻り、郡家と呼ばれるこの地の庄屋を務めるようになりました。忠勝の子孫は江戸時代にはこの周辺の大庄屋を務めるようになります。中世の戦乱で多くの武家が滅んでいったことを考えると、この平野忠勝の選択は正しかったということなのでしょうか。

弓弦羽神社の境内

弓弦羽神社の境内からは、神社の名前の由来となった六甲山地(諸説あります)の山並みをわずかに眺めることができます。

弓弦羽の杜からの蝉しぐれを聞きながら、平野氏の治めたこの地を後にすることとしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

御影・平野城を訪ねて(前編)


真夏の太陽が照りつけると思うと、台風がやってくるこの頃、いかがおすごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急御影駅

阪急電車で到着したのは御影駅です。

御影の街並み

駅の山手には住宅地が広がります。御影といえば、言わずと知れた関西屈指の高級住宅地で、六甲山を背景にゆったりと住宅が建ち並ぶ景色を眺めていると、確かに住みたくなる街だと思います。

平野城跡

駅前に「御影城址」と書かれた石碑がありました。こちらは御影城とも呼ばれた平野城の跡です。

平野城が築かれたのは南北朝時代の正平元(南朝)/貞和2(北朝)(1346)年のことで、平野忠勝なる赤松氏の家臣によって築かれたと言われています。北側の六甲山地、西を流れる石屋川の支流の新田川に囲まれた強固な守りをもつ城であったと言われているのですが、今では何の痕跡もなく、この地に城があったことも信じられません。

深田池

御影駅のすぐ北側には畔の松の木が美しい池がありました。こちらは深田池です。
もともとは農業用のため池でしたが、この地に城があった頃は城の防衛設備の一つとしても機能していたとされています。
今では池の周囲は公園として整備されていて、釣りをしている方もちらほら見かけました。

次回はもう少し、高級住宅地の中に眠る城跡を巡ってみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

梅は岡本・摂津岡本を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、岡本を歩いてみたいと思います。

岡本八幡神社

住宅地の坂道を上っていくと、神社がありました。こちらは岡本八幡神社です。

岡本八幡神社の境内

木々に囲まれた境内は意外と広々としていました。岡本八幡神社の創建時期はわかっていないようですが、岡本地区の鎮守として信仰を集めてきたそうです。

岡本梅林公園

岡本八幡神社から少し坂を下ったところに岡本梅林公園がありました。阪急電車の踏切の名前になっていたのはこの梅林でしょうか。

今や住宅地として知られる岡本ですが、かつては「梅は岡本、桜は吉野、蜜柑紀の国、栗丹波」と言われるなど、梅の名所として有名でした。この地に梅が植えられた時期はわかていませんが、豊臣秀吉が観梅に訪れた記録もあるようで、中世には梅の名所として知られていたようです。岡本梅林は近代に入ってからも多くの観梅客で賑わい、春には東海道本線や阪神電車が観梅客向けの臨時駅を設けていたようです。明治時代の地図を見ると、山沿いに広大な梅林が広がっていることがわかります。

岡本梅林の梅

岡本の梅は今が見ごろです。公園の中は梅の香りでいっぱいでした。

多くの観梅客で賑わった岡本ですが、昭和13(1938)年の阪神大水害で壊滅的な被害を受けてしまいます。水害で梅林のあった山は崩壊し、梅の木の多くが失われてしまいました。さらに昭和20(1945)年の神戸大空襲でわずかに残った梅も焼失。跡地は住宅地として開発され、梅林は失われてしまいました。戦後すぐの地形図を見ると「岡本梅林跡」という何とも寂しい表記があるのですが、程なく表記もなくなり、岡本の梅林は忘れられていきました。その梅林が復活したのは昭和50年代のことでした。保久良神社の境内に梅が植えられ、後にこの梅林公園が設けられました。毎年梅まつりが開かれるなど、かつての賑わい取り戻しつつあります。

梅と神戸の街

高台にある梅林公園からは梅の花越しに神戸の街を眺めることができます。

岡本の梅は3月上旬頃まで見ごろです。賑わう梅林に「梅は岡本」を感じてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

梅は岡本・摂津岡本を訪ねて(前編)


明るい日差しに春を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

岡本駅

今回降り立ったのは阪急電車の岡本駅
駅の周りは六甲山地を望む住宅地が広がっています。

本山村役場跡碑

住宅地の中にあったのが本山村役場跡の石碑です。

現在は「岡本」として独立した地域となっているこの辺りですが、もともとは武庫郡本山村の一地区でした。戦後、本山村が神戸市に吸収されて東灘区の本山町となり、さらに本山町から独立した岡本という地名となって今に至っています。

保久良の丘を望む

阪急電車の踏切の向こうに六甲山に続く山々を望むことができました。こちらの山は「保久良山」と呼ばれていて、山の上には保久良神社があります。「岡本」の地名もこの保久良の丘の麓にある村だったことからついた名前とも言われています。

新梅林踏切道

そんな保久良を望む踏切の名前は「新梅林踏切道」です。
梅林とは…?

今は住宅地の岡本ですが、かつては今とは異なる景色が広がっていました。
次回はもう少し岡本を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回、前回に続いて北野坂から二宮を歩いてみたいと思います。

二宮温泉

二宮の街中を歩いていると二宮温泉なる入浴施設がありました。源泉は新神戸駅近くですが、中央区の街中に温泉施設があるとは意外ですね。

二宮神社

さらに街中を歩いていくと、神社がありました。こちらは二宮神社です。「生田裔神八社」の一宮神社に続く二柱目ですが、創建時期などははっきりわかっていないとのこと。

前回説明しましたように「生田裔神八社」は生田神社を取り囲むように配置された神社で、北斗七星を表すという説もあります。神社は生田川と湊川(旧湊川)の間に配置されているはずですが、この二宮神社はフラワーロードの東側…、つまり、生田川の外に配置されています。なぜこのような配置になったのかはよくわかっていないようでずが、街中に古代の謎が残されているというのもロマンのある話ではあります。

二宮神社の境内

街中の神社ですが、境内は広々としています。古い地図を見ても存在感はあり、古くから大きな神社であったことが伺えます。

新生田川

二宮神社から東に歩くと、新生田川のほとりに出ました。生田川の付け替えにより、結果的に二宮神社も生田川の西側に収まることになったのは、たまたまなのでしょうか。

神戸の都心で少し謎のある歴史巡りをした後は三宮に戻ることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、北野坂を歩いてみたいと思います。

一宮神社

北野坂から横道に逸れた街中にあったのが一宮神社です。神戸の市街地に一から八まである神戸八社の一つで、「一」のつけられた神社ですが、街中にひっそりと佇んでいました。

一宮神社の境内

境内は意外に広く、ゆったりとしています。外国人観光客の方の姿もありました。

神戸八社は正式には「生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)」といいます。生田神社を取り囲むようにここ一宮神社から西に向かって数字が大きくなるように配置されていて、一説には北斗七星を表しているとも言われています。八社のうちの三宮神社は神戸の都心の地名となっていますね。

六甲山地を望む

一宮神社を出て加納町の交差点の歩道橋から六甲山地を眺めてみました。ビルの合間から青々とした山がのぞく光景は神戸ならではですね。

二宮

歩道橋の傍らには少し古びたアーチが架かっていました。この先は二宮町です。

次回はもう少し、二宮を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(前編)


早秋の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

三宮

今回降り立ったのは神戸の都心の三宮。
駅前では阪急神戸三宮駅の新駅ビルが工事中です。

北野坂

三宮から繁華街の中を貫く北野坂を歩くことにしました。

北向地蔵

繁華街の雑居ビルに埋め込まれるようにして佇んでいるのは北向地蔵です。

現在は三宮の東側を流れている生田川(新生田川)ですが、かつてはこの傍のフラワーロードを流れていました。昔、その生田川が大雨で増水し、堤防が決壊しかかっていたところをこのお地蔵さんが防いだという言い伝えがあります。お地蔵さんの名前の「北向」というのはかつての堤防があった方を向いていることに因んでいるとのこと。

北野坂の眺め

北向地蔵からさらに歩くと、六甲の山々が近づいてきました。街路樹とビルの合間からは北野異人館街の風見鶏の館が見えます。神戸らしい印象的な景色ですね。

神戸にいるとあまり訪れないかもしれない北野坂、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

塚口御坊を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、塚口を歩いてみたいと思います。

長屋門のある道

塚口寺内は比較的最近まで寺内町の姿が残っていたため、今も風情ある景色が続いています。町中には長屋門のある立派な家も見かけました。

寺内町の風情

白い塀の続く道は周辺の住宅地とは違った趣ですね。

塚口御坊跡

「寺内町」
というからには中心となる寺院があるはずです。それがこちらの正玄寺です。かつてはこの場所に「塚口御坊」がありました。

塚口御坊が建立されたのは室町時代の応永16(1409)年のことです。性曇上人なる人物がこの地を訪れた際に病気になったためひと月ほど滞在。その時に入信した裕信なる人物によって御堂が建立されたことに始まります。その後、門前町の周囲に土塁を巡らし、寺内町としての姿を整えていくことになりました。

北町門跡

正玄寺から住宅地を歩いていくと、北町門跡に出ました。こちらら塚口寺内の北の端です。

強固な防衛設備を持った塚口寺内は、有岡城の戦いの際は有岡城の出城として使われ、織田信長軍が進攻してからは織田軍の拠点としても使われることとなり、城としても機能することになりました。近世に入ってからもこの土塁はしばらく残っていましたが、もはや戦闘に使われることはなく、一部が崩れ始めたことから撤去されてしまったそうです。今ではわずかに残った土塁に名残を感じるのみです。

塚口神社

町はずれまで歩くと、立派な神社がありました。こちらは塚口神社です。創建時期は不明ですが、一説では奈良時代の建立とも言われ、非常に歴史のある神社です。寺内町が生まれる前からこの地にあった神社は、大きく姿を変えてきた町の姿を今も見守っているのでしょう。

塚口というと、あまりイメージがわきにくいところではありますが、歩いてみると発見がありますね。
夏の日差しを浴びる神社を後にすることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

塚口御坊を訪ねて(前編)


梅雨が明け、夏の日差しが差し込むこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

阪急塚口駅

阪急電車で到着したのは塚口駅

塚口の街並み

この辺りの街は平野の中の住宅地で碁盤の目のような整った町割りになっているのですが、この塚口界隈は道が複雑に入り組んでいます。道沿いには飲食店や商店が建ち並んでいました。

南町門跡

阪急神戸本線沿いに歩いていくと、住宅地に出ました。こちらも道は入り組んでいます。住宅地の中に、不自然な空間があり、祠が建っていました。こちらは南町門跡の祠です。さて「門」とは一体何のことなのか?

現在は住宅地となっている塚口ですが、かつてここは「塚口寺内」と呼ばれ、「塚口御坊」を中心とした寺内町でした。応仁の乱の際は土塁を築いて城郭のような姿に整えられ、実際、天正6(1578)年に荒木村重が織田信長に対して謀反を起こしたことに始まった有岡城の戦いでは、この塚口寺内は伊丹の有岡城の出城として使われたそうです。このことから、塚口寺内は「塚口城」とも呼ばれています。現在、当時の土塁はほとんど残されていませんが、塚口寺内の南側の門の跡にはこうして祠が残されています。

東町門跡

南町門跡から東に向かって歩いていくと、東町門跡に着きました。ここにも祠がありますが、南町門跡と違ってこちらは高い土手の上にあります。この土手が塚口寺内の土塁の跡とされています。近づいてみると意外と高さがあり、強固な守りであったことをうかがわせます。

山陽沿線で同じような町と言えば英賀が思い浮かびますが、英賀と比べて塚口は比較的最近まで寺内町の姿が残っていたため、今も面影を感じることができます。次回はもう少し塚口を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

歌劇と温泉の町・宝塚を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて宝塚を歩いてみたいと思います。

武庫川と阪急

花の道の終わりから道なりに歩いていると武庫川に架かる橋に出ました。阪急今津線が並行して川を渡っています。右側は宝塚大劇場…かつての宝塚新温泉です。では、元々の宝塚温泉はというと、左側のマンションが建ち並んでいるところです。

宝塚温泉は今

橋を渡って武庫川の右岸側を歩いてみることに。某町歩き番組では「娯楽の殿堂」として紹介された宝塚ですが、今では住宅地としても人気で、高層マンションが建ち並んでいます。この辺りが元々の宝塚温泉ですが、見る限り温泉地の面影はありません。

横道

ただし、横道を見てみると何となくそれっぽい雰囲気もありました。

前回も見てきましたように、宝塚温泉は明治に入ってから整備された新しい温泉です。ただし、大阪から近く交通機関も便利であったことから発展し、最盛期には70軒もの温泉旅館が建ち並んでいたようです。今の有馬温泉のような位置付けだったのでしょうか。非常に栄えた宝塚温泉ですが、戦後、レジャーの多様化などで温泉客は減少し、阪神淡路大震災の被害もあって、現在はわずかな旅館が残るのみです。

宝塚温泉の街並み

マンションが建ち並ぶ街ですが、対岸ではあまり見かけないカラオケや居酒屋があって、わずかに温泉地の賑わいを今に伝えています。

宝塚温泉の碑

武庫川に架かる橋のたもとに宝塚温泉の碑が残っていました。この碑の周辺には温泉宿があり、「湯本台公園」なる公園もあって、温泉地らしい雰囲気がありました。

再び武庫川を眺める

武庫川に架かる橋から眺めると、川を挟んで大劇場と温泉旅館が建ち並ぶ新旧の宝塚の景色が広がります。温泉地から歌劇の町、そして、住宅都市として、姿を変えながらも人を惹きつけてきた宝塚の街を眺めることができました。

緩やかにカーブを描いた武庫川の橋を渡って、阪急宝塚駅に戻ることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村