四宮を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、元町駅界隈を歩いてみたいと思います。

明治天皇臨幸記念碑

下山手通沿いにひっそりとあったのが「明治天皇臨幸記念碑」と刻まれた石碑。
明治13(1880)年の明治天皇の行幸を記念して建てられたものです。当時、明治天皇は神戸師範学校(のちの神戸大学)の視察などを行なったそうです。

山手へ

兵庫県庁の横手から入り組んだ坂道を上り、さらに山手へ向かうことにします。市街地で多くの道が直線で作られている中、妙に曲がったこの道はちょっと気になるところです。古い地形図を見てみると、中山手通が設けられる前からある道のようで、大昔から山手へと上る道としてあったようです。

四宮神社

中山手通に出ると、交差点の向こうに朱塗りの鳥居が見えました。こちらは四宮神社です。

四宮神社は生田裔神八社の一つで、市杵島姫命をまつっています。この市杵島姫命は弁財天と同神ともされていて、境内には「弁財天」赤い幟が立ち並んでいます。創建時期は不明ですが、現在の場所に移ったのは幕末の安政元(1854)年のことです。古い地形図を見ると、先ほどの曲がった坂道の辺りまでが境内だったようですが、明治6(1873)年に開通した中山手通の建設の際に境内の一部を提供し、現在の姿に落ち着くことになりました。

四宮神社の境内

四宮神社の境内は神社のビルとマンションに挟まれて少々窮屈ですが、歴史ある神社の風格を感じることができます。

市街地の元町界隈ですが、少し歩いてみると近世・近代の名残を見つけることができます。お買い物の際などに散策してみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

四宮を訪ねて(前編)


春の暖かさを感じる日が増えつつあるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

元町駅

直通特急で到着したのは元町駅

福建商業會議所の碑

駅の北側に出ると、ビルの中に埋もれるように「福建商業會議所」と書かれた石碑がありました。

近世~近代にかけて、開港地となった神戸には欧米人だけでなく多くの華僑が移り住み、貿易などに携わっていました。この華僑たちは三江地域と呼ばれる浙江省などの長江下流域、広東省、福建省など大陸南部の出身者が多く、それぞれの出身地でグループを作っていました。神戸の開港から日清戦争までの間に神戸の華僑は増加し、出身地域ごとに商人の団体を設けるまでになりました。この福建商業會議所は福建省出身者が設立した団体です。

兵庫県公館

山手に緩やかな坂道を上ると、兵庫県公館の前に出ました。兵庫県公館は明治35(1902)年に県庁舎として建てられたもので、今は迎賓館と資料館として使われています。木々に囲まれた明治の建物は存在感がありますね。

神戸栄光教会

公館の裏手に回ると、下山手通に出ました。通に面してそびえるのは神戸栄光教会の鐘楼と礼拝堂です。神戸栄光教会は大正11(1922)年にこの地に建てられましたが、当時の協会は阪神・淡路大震災で倒壊してしまいました。現在の建物は平成16(2004)年に再建されたものですが、レンガ造りの外観は初代の協会を踏襲したものです。

行政機関が集まる静かなこの界隈ですが、近代の日本や、中国、欧米の気配を感じ、神戸らしい雰囲気を感じますね。
次回、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

湯の町・湊山を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて湊山地区を歩いてみたいと思います。

坂の町

天王川沿いから坂道を上ることにします。六甲山地の斜面に天王川や湊川が深い谷を刻んでいるこの辺りは複雑な地形で、坂道や路地が入り組んでいます。

街中の鳥居

住宅地の中を歩いていると、石造りの鳥居を見つけました。こちらの鳥居は有馬温泉の守護神ともされる豊國稲荷神社の鳥居です。

豊國稲荷神社の創建は明らかになっていないようですが、もともとは兵庫にあった兵庫城内に鎮座していたとされています。それが明治に入って移転し、有馬温泉の守護神とされていたこともあって、有馬への道筋の山中に落ち着くことになりました。前回訪れた天王温泉の石碑には、この豊國稲荷神社が天王温泉の守護神であるとも書かれていましたね。詳しい由緒はわからないのですが、温泉の神様ということになっているのでしょうか。

城壁のような石垣

豊國稲荷神社の鳥居からさらに住宅地を歩いていくと、まるで城壁のような石垣の上に住宅が建ち並んでいる景色が続きます。

大山咋神社

坂道を上りつめ、大山咋(おおやまくい)神社の前にたどり着きました。

大山咋神社が創建された時期は詳しくわかっていないようですが、古代に比叡山日吉大社から勧請されたと伝わっています。その後、福原へ遷都がなされた前後の治承年間に、平家と関係が深く、政権内で重用されていた藤原邦綱が雪御所の鎮護とするために再造営し、今に伝わっています。

豊國稲荷神社は今

先ほど、鳥居を見かけた豊國稲荷神社はかつて鳥居の先の山中にありました。しかし、平成28(2016)年に遷座され、現在はここ大山咋神社の境内にあります。険しい山中にあり、管理が難しかったためとのことで、時代を感じさせられますね。

大山咋神社より

大山咋神社より神戸の街を見下ろしてみました。古代より温泉が湧き、清盛を始め多くの人々を癒してきた湊山の温泉地と大山咋神社。時代の流れとともに姿を変えてきましたが、今も険しい坂の上から神戸の街を見下ろし、佇んでいます。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

湯の町・湊山を歩く(前編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回まで平野を歩いてきましたが、今回は祇園神社の麓に広がる湊山地区を歩いてみたいと思います。

天王川を見下ろす

神社の境内から見下ろすと、六甲山地から流れ出た川を見下ろすことができます。こちらは天王川。川の名前の「天王」とは祇園神社に因んだものです。

天王川沿いの道

天王川沿いに降りるとこんな道が続きます。建ち並ぶ家々と曲がりくねった道に風情がありますね。

湊山温泉

神社から見えた大きな屋根の建物の前に出ました。こちらは湊山温泉です。

湊山温泉の歴史は平安時代にさかのぼるとされています。川沿いのこの地に温泉が湧いていて、平清盛を始めとする平家一族も湯治に訪れたと言われています。現在の温泉施設ができたのは昭和に入ってから。一時は廃業となりかけていましたが、現在では新しい会社が運営を引き継いでいるとのことです。

天王温泉跡

湊山温泉から少し歩いたところにマンションがありました。マンションの前には石碑が。この地にはかつて、天王温泉という温泉がありました。この温泉も非常に古い歴史をもち、平清盛も湯治に訪れたといわれています。つい最近まで温泉施設がこの場所にあったようですが、湊山温泉のように新会社が運営に携わるようなこともなく、廃業してしまいました。それにしても、湊山温泉といい、かつては天王川沿いに温泉施設が建ち並んでいたのでしょうか。今では住宅地となっていますが、わずかな名残に温泉地の気配を感じることができます。

次回はもう少し、湊山地区を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

有馬への道・平野を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、平野を歩いてみたいと思います。

塞神の碑

有馬街道の旧道から東西に交差する道を歩き、新道の有馬街道である国道を渡ると、道路際に「塞神」と書かれた石碑がありました。旧道から通ってきた道は「古道街道」と呼ばれる東西方向の街道で、この塞神の碑はその街道に置かれた道祖神のようなものであったといわれています。この塞神の傍らには松の木があり、沖合を行きかう船が目印としていたようですが、戦時中に枯れてしまったそうです。

六道の辻

古道街道をさらに歩くと、六叉路に出ました。この辺りでは「六道の辻」と呼ばれているそうです。

祇園神社

住宅街の中を歩き、再び新道沿いに出ると石造りの鳥居が見えてきました。祇園神社の鳥居です。

祇園神社の歴史は古く、平安時代にさかのぼります。平安時代の前半の貞観11(869)年、姫路の広峯から京都の八坂牛頭天王を移す際、この地で一泊した縁で社を建立したことが由緒とされています。

祇園神社の境内

急な斜面にある祇園神社ですが、境内は意外と広く、ゆったりとしています。

かつてこの神社の裏手には潮音山上伽寺という寺院があり、隠居して京都から福原へ移った平清盛はそこで大輪田泊の構想を練ったといわれています。

祇園神社から街を見下ろす

祇園神社から神戸の街を見下ろしてみました。有馬へと続く街道の向こうに港町の景色が広がります。港は建物に隠れていて、神社から直接眺めることはできないのですが、ビルの向こうに広がる明るい空に、海の存在を感じることができます。

有馬への道として入口として栄え、平清盛とともに歴史の表舞台にも出た平野の街、現在では静かに神戸の街を見下ろしています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

有馬への道・平野を歩く(前編)


日ごとに季節が進むのを感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

平野

神戸三宮から神戸市バスで着いたのは平野

平清盛ゆかりの地

バス停の前の交差点には平清盛の像がありました。
ここ平野は平清盛が平安京から遷都した福原京の北側に位置し、清盛の別荘の「雪見御所」があったとされています。大河ドラマ放映時には平清盛ゆかりの地として多くの観光客で賑わったそうです。

有馬街道

交差点から六甲山地に向かって伸びるのは「有馬街道」こと国道428号線です。現代では北神急行電鉄や神戸電鉄、道路では新神戸トンネルや六甲トンネルが六甲山を越えて有馬へ通じていますが、かつて山奥にある有馬への道は限られていて、六甲山を越えるか、ここ平野か宝塚の生瀬を経由して六甲山を迂回するルートのいずれかでした。古い地図を見ると、平野から続く道は曲がりくねりながら深い山を越えて、山田川沿いの箕谷へと続いているのがわかります。

有馬街道旧道

交通量の多い国道にあまり街道の雰囲気はないのですが、街中に残る旧道に入ってみると、街道らしい景色が続きます。色づき始めた山々を目指して坂道を歩いていると、有馬へ向かう旅人になったような気分になりますね。

平清盛が福原を治める拠点となり、有馬への玄関口として栄えた平野、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回、前回に続いて北野坂から二宮を歩いてみたいと思います。

二宮温泉

二宮の街中を歩いていると二宮温泉なる入浴施設がありました。源泉は新神戸駅近くですが、中央区の街中に温泉施設があるとは意外ですね。

二宮神社

さらに街中を歩いていくと、神社がありました。こちらは二宮神社です。「生田裔神八社」の一宮神社に続く二柱目ですが、創建時期などははっきりわかっていないとのこと。

前回説明しましたように「生田裔神八社」は生田神社を取り囲むように配置された神社で、北斗七星を表すという説もあります。神社は生田川と湊川(旧湊川)の間に配置されているはずですが、この二宮神社はフラワーロードの東側…、つまり、生田川の外に配置されています。なぜこのような配置になったのかはよくわかっていないようでずが、街中に古代の謎が残されているというのもロマンのある話ではあります。

二宮神社の境内

街中の神社ですが、境内は広々としています。古い地図を見ても存在感はあり、古くから大きな神社であったことが伺えます。

新生田川

二宮神社から東に歩くと、新生田川のほとりに出ました。生田川の付け替えにより、結果的に二宮神社も生田川の西側に収まることになったのは、たまたまなのでしょうか。

神戸の都心で少し謎のある歴史巡りをした後は三宮に戻ることにしました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、北野坂を歩いてみたいと思います。

一宮神社

北野坂から横道に逸れた街中にあったのが一宮神社です。神戸の市街地に一から八まである神戸八社の一つで、「一」のつけられた神社ですが、街中にひっそりと佇んでいました。

一宮神社の境内

境内は意外に広く、ゆったりとしています。外国人観光客の方の姿もありました。

神戸八社は正式には「生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)」といいます。生田神社を取り囲むようにここ一宮神社から西に向かって数字が大きくなるように配置されていて、一説には北斗七星を表しているとも言われています。八社のうちの三宮神社は神戸の都心の地名となっていますね。

六甲山地を望む

一宮神社を出て加納町の交差点の歩道橋から六甲山地を眺めてみました。ビルの合間から青々とした山がのぞく光景は神戸ならではですね。

二宮

歩道橋の傍らには少し古びたアーチが架かっていました。この先は二宮町です。

次回はもう少し、二宮を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

北野坂から二宮を歩く(前編)


早秋の頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

三宮

今回降り立ったのは神戸の都心の三宮。
駅前では阪急神戸三宮駅の新駅ビルが工事中です。

北野坂

三宮から繁華街の中を貫く北野坂を歩くことにしました。

北向地蔵

繁華街の雑居ビルに埋め込まれるようにして佇んでいるのは北向地蔵です。

現在は三宮の東側を流れている生田川(新生田川)ですが、かつてはこの傍のフラワーロードを流れていました。昔、その生田川が大雨で増水し、堤防が決壊しかかっていたところをこのお地蔵さんが防いだという言い伝えがあります。お地蔵さんの名前の「北向」というのはかつての堤防があった方を向いていることに因んでいるとのこと。

北野坂の眺め

北向地蔵からさらに歩くと、六甲の山々が近づいてきました。街路樹とビルの合間からは北野異人館街の風見鶏の館が見えます。神戸らしい印象的な景色ですね。

神戸にいるとあまり訪れないかもしれない北野坂、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

花隈を歩く(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、花隈を歩いてみたいと思います。

花隈の街角

花隈城跡には住宅や商店が建ち並ぶ市街地となっています。しかし、所々に風情ある景色が残されています。

花隈城の戦いの後、花隈城は廃城となり、城は解体されて兵庫城の資材にされたと言われています。城下町まで備えた近世様式の城の痕跡を偲ぶことは困難です。再び花隈が賑わうのは慶応3(1868)年の神戸開港を待つことになります。

花街の名残は

マンションが建ち並ぶ景色が続きますが、所々に料亭も残されています。

江戸時代中頃から神戸港が開港するまで、兵庫の港にほど近い柳原に花街がありました。しかし、神戸開港によって町の中心は兵庫から神戸へと徐々に東へ移ることになります。それに伴い、花街も柳原から東の元町へと移転します。しかし、元町も市街地化されていき花街はさらに山手の花隈へと移転していくことになりました。戦前には花隈は神戸随一の花街として賑わうことになります。

厳島神社

町中に小さな神社がありました。こちらは厳島神社です。街並みに埋もれそうな小さな神社ですが、歴史は非常に古く平安時代にさかのぼると言われています。平清盛が福原京造営の際に宇治川の左岸(現在の中央区弁天町)に勧請したといわれ、後に北西に移転。しかし、移転先も神戸郵便局(現在の神戸中央郵便局)の用地となり、現在の花隈へと移転することになりました。花隈の歴史とリンクするわけではありませんが、花隈が花街として発展するのを眺めてきたのでしょう。

戦後も造船業に携わる人々で賑わった花隈の花街ですが、産業の変化などで次第に衰退していきました。今はわずかな飲食店や街並みに面影を残すのみとなっています。

花隈城を眺める

坂道を下り下りると花隈城が見えてきました。模擬石垣とはいえ、石垣沿いに柳が植えられた景色はちょっと風情がありますね。車窓から眺める花隈城とは違った趣です。

城下町として生まれ、近代から現代には花街として賑わった花隈、冬の初めにゆっくりと歩いてみれば新しい発見があるかもしれません。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村