鶴林寺を訪ねて(前編)


まだまだ梅雨空が広がる頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

尾上の松駅

今回山陽電車で降りたのは尾上の松駅です。

今福八幡神社

駅から少し西に歩くと広い境内を持った神社がありました。
こちらは今福八幡神社です。

旧尾上の松駅跡

現在は平地にある尾上の松駅ですが、かつては今より少し東側の築堤の上にありました。この築堤をくぐる道路は何だか不思議な雰囲気が…。この築堤をくぐる道路にはかつて国鉄高砂線が通っていました。

高砂線は加古川駅高砂駅(山陽電車の高砂駅よりかなり浜側にありました)を結んでいた鉄道で、大正時代に高砂までの路線が開業しました。東西方向の交通網が充実している今では不思議な経路の路線ですが、当時は加古川の舟運がまだ盛んで、舟運の代替として加古川沿いの鉄道(今のJR加古川線)とともに、近世より物資の集散地として栄えていた高砂を結ぶために設けられた路線でした。

国鉄尾上駅跡

旧尾上の松駅跡の浜側には高砂線の尾上駅があり、山陽電車と接続していました。駅の跡地には車輪を使った記念碑が設けられています。現役当時はここ尾上駅から高砂北口駅(山陽電車の高砂駅前)まで加古川を渡る区間で山陽電車と並行して走っていたのですね。ただし、この高砂線は国鉄再建法により昭和59(1984)年に廃止となり、今はこうしてわずかな痕跡が残るばかりです。

かつての高砂線はここから加古川を渡り、高砂へと向かっていきますが、私たちは逆に加古川駅の方に歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

天満宮と塩の町・曽根を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、曽根を歩いてみたいと思います。

臨川寺

曽根天満宮から北側に歩くと、入り組んだ道の続く集落がありました。今では一帯が住宅地となりわかりにくくなっていますが、この辺りが古くからの曽根の集落でした。集落の中に寺院がありました。こちらは臨川寺という臨済宗の禅寺です。

桃源寺

さらに歩くと桃源寺という寺院がありました。こちらも臨済宗の禅寺です。曽根の集落はこうした寺院が数多くあるのが特徴でしょうか。

今は住宅地となっている曽根ですが、かつては曽根天満宮の門前町、そして、塩田の町として栄えていました。集落には製塩業で栄えた豪商が数多く屋敷を構え、そうした商家に所縁のある寺院も数多くあったそうです。古い地図を見てみると、曽根から隣の大塩にかけて、山陽電車の線路の海側には塩田が広がっていました。

曽根の街並み

禅宗寺院の建ち並ぶ集落を歩くと、立派な屋敷が目立つのに驚かされます。

旧入江家住宅

曽根の集落の中でも特に目立つのが旧入江家住宅です。入江家は江戸時代からこの曽根で製塩業を営んでいて、かつての曽根村の庄屋も務めていました。住宅は普段は一般に公開されていませんが、江戸時代の様式を残し、美しい庭園も整備されているとのこと。曽根は古くは姫路藩領でしたが、後に幕領、そして、一橋領になりました。幕府とのつながりがあったことも製塩業の発展を支えたと言われています。

曽根天満宮の鳥居と山陽電車

再び、山陽曽根駅前に戻ってきました。ちょうど鳥居の前を山陽電車が通過していきます。

かつてはこの向こうには田んぼ、そして、塩田が広がっていましたが、田んぼは住宅地となり、塩田は昭和46(1971)年にイオン交換膜製法によって製塩が行われることになったために廃止されました。今では天満宮の門前の静かな街並みが残されています。

天満宮と製塩の町として栄えた曽根、梅雨の晴れ間にゆっくりと歩いてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

天満宮と塩の町・曽根を歩いて(前編)


蒸し暑い日が続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽曽根駅

山陽電車で着いたのは山陽曽根駅です。

曽根天満宮の鳥居

曽根といえば曽根天満宮ですね。駅を降りるとすぐに大きな鳥居がそびえ、参道が続いています。

本門

松の美しい参道を歩いていくと、曽根天満宮の本門にたどり着きました。神社というよりは寺院の仁王門のようなスタイルで、江戸時代の享保12(1717)年に建てられたものと伝わっています。

曽根天満宮の創建時期はわかっていませんが、平安時代の延喜元(901)年に菅原道真が大宰府へ流される途中、この地に立ち寄り霊松「曽根の松」を植えたことを由来としています。後に、道真の左遷と同時に播磨へ流された道真の子の菅原淳茂が社殿が建立し、神社としての体裁を整えますが、戦国時代の秀吉の播磨攻めの際に焼失しました。

曽根天満宮の境内

由緒ある神社だけあり、境内は広々としています。奥の本殿は秀吉の播磨攻めの際に焼失したものを天正18(1590)年に再建したもので、幣殿と拝殿はいずれも江戸時代の建築です。

霊松殿

境内の一角にあったのが霊松殿です。道真の植えた霊松「曽根の松」は江戸時代の寛政10(1798)年に枯死してしまいました。この霊松殿には曽根の松の幹が保存されています。

曽根は曽根天満宮が印象的な街ですが、他にも見どころが広がっています。
次回はもう少し曽根の街を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

別府川と工業の街・別府を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回、前回に続いて、別府を歩いてみたいと思います。

煙突を望んで

住宅地の中を歩いていると、家並みの向こうに煙突が建ち並ぶのが見えてきました。

加古川製鉄所

煙突に向かって歩くと、水路に突き当たりました。広い水路の向こうには鬱蒼とした森が広がっていて、まるで大きな古墳のような雰囲気です。もちろんこちらは古墳ではありません。この森の向こうには神戸製鋼加古川製鉄所の工場が広がっています。

別府で製鉄所が操業開始したのは昭和45(1970)年のことです。海沿いに広がっていた新田は大規模な工場用地に変わりました。前々回に訪れた多木製肥所は戦前、別府川河口付近の左岸に新工場を建設し、その他の工場の進出もあって、別府の海沿いは工業地帯に姿を変えます。それに合わせて山陽電車の別府駅の利用者も急増しました。

加古川製鉄所を眺める

水路と木々に囲まれた加古川製鉄所はひたすら古墳のような景色が続いています。

別府港

別府の街をぐるっと一周し、別府川沿いに戻りました。
別府港につながる川にはたくさんの船がつながれています。

あかがね御殿を眺める

別府川を少し遡ったところにある橋から河口を眺めてみると、川越しにあかがね御殿を眺めることができました。灌漑用水によって生まれた新田開発で栄え、近代以降は工業都市として栄えた別府。この地を潤した川とあかがね御殿の景色は、別府の歴史を象徴するようにも思えました。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

別府川と工業の街・別府を歩いて(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、別府を歩いてみたいと思います。

別府川

あかがね御殿
から別府駅側に戻り、別府川を渡ります。
ゆったりとした大きい川ですが、流れ出ているのは意外と近く、加古川沿いの日岡付近です。この日岡も延長されたもので、もともとはもっと近く、加古川市内の野口町から流れ出ていました。

別府町の街並み

別府川を渡った先も住宅地が広がっています。

近代以降、工業都市として栄えた別府ですが、それ以前は田畑が広がる田園地帯でした。しかし、海に近いこの辺りは砂混じりの土地で、井戸水には塩が混じり、決して農業に適した環境ではありませんでした。農業に困っていたのは別府に限らず周辺の地域も同様で、これを解決したのが、五ケ井用水でした。五ケ井用水は加古川から水を引く灌漑用水で、聖徳太子が造ったとの伝説もあるほど古くからの用水です。その名の通り、加古川左岸の五か所の村へと網目のような水路を持っていました。別府川については五ケ井用水ではないのですが、間接的にはつながっていて、別府の土地を潤しました。

新野辺住吉神社

住宅街の中に小さな鳥居がありました。こちらは新野辺住吉神社です。

新野辺住吉神社の境内

新野辺住吉神社の社殿は近年建て替えられたそうで、小さな真新しい社殿がありました。
この辺りの地名は「新野辺(しのべ)」で、その名の通り、江戸時代初めころにかけて、開発された新しい土地のようです。新野辺住吉神社はその鎮守として江戸時代初めに阿閇神社から住吉三神を勧請して建立された神社とされています。

大蔵家

新野辺住吉神社からしばらく歩くと、古い民家が見えてきました。こちらは大蔵家住宅です。大蔵家は江戸時代半ばの天明6(1786)年からこの新野辺の庄屋を務め、天保9(1838)年から幕末まで姫路藩の大庄屋を務めていました。大庄屋時代に治めていたのは、ここ新野辺だけでなく、荒井から別府にかけての12ケ村に及びました。

大蔵家を眺める

大蔵家住宅は登録有形文化財に指定されているものの見学会を除いて非公開で、通常は外から眺めるのみですが、立派な外壁は印象的ですね。大蔵家の治めていたのはちょうど五ケ井用水によって水が供給されていた地域が多く、五ケ井用水とともに繁栄していったとでもいえるでしょうか。

農業で栄えた別府ですが、近代に入ると景色が大きく変わります。
次回、もう少し別府を歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

別府川と工業の街・別府を歩いて(前編)


梅雨入りの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

山陽別府駅

山陽電車で着いたのは別府駅
直通特急は停まらない駅ですが、利用者は多く賑わっています。

駅前の賑わい

駅前には大きな商業施設があり、アメリカ・シアトルに本社のあるコーヒーチェーンを始め、ロードサイドの店舗も多く建ち並んでいて、日曜日ということもあり家族連れで賑わっています。播州でこういった商業施設があるのは工場の跡地か…と思い古い地図を開いてみると、「多木製肥所」の文字がありました。

多木製肥所は現在の多木化学で、多木久米次郎が明治18(1885)年に創業し、ここ別府に本社を置く肥料・化学メーカーです。日本で初めて人造肥料を開発したメーカーとして知られるほか、この地域では自社製品の輸送のために別府鉄道を運行し、ちょうどこの辺りには「別府港駅」がありました。

多木化学本社

商業施設の南側へ歩くと、黒い洋風建築が見えてきました。こちらは多木化学の本社で、大正4(1915)年に建てられたものです。黒塗りの壁と軒下に記された鍬が印象的ですね。

別府住吉神社

さらに海側に向かって歩くと、神社が見てきました。こちらは別府住吉神社です。

肥料主碑

神社の裏手には石碑がありました。石碑には「肥料主」と刻まれています。この石碑は多木久米次郎が建てたもので、元々はこの上に久米次郎の像が建っていたようですが、戦時中に供出されてしまいました。それにしても、「肥料王」ではなく「主」とは一体…というところですが、流石に「王」は自称しにくかったのでしょうか。

多木浜洋館

石碑と向かい合うように。洋館がありました。こちらは「同比閣」とも呼ばれる多木浜洋館です。
もともとは多木製肥所の迎賓館として建てられたもので、外壁には銅板が張られていたために「あかがね御殿」とも言われていたようです。かつてのこの辺りは製肥所や集落があるほかは田園地帯が広がっていたようですので、三階建ての洋館は非常に目立つ存在だったのではないかと思います。

工業地帯として発展し、その跡地に生まれた商業施設で今も賑わう別府、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

阿閇の里・二子を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回・前回に続いて、播磨町の二子地区を歩いてみたいと思います。

普光寺

しおくみ道を少し外れて、西へ歩くと、白壁と高い鐘楼が印象的な寺院が見えてきました。こちらは普光寺です。
室町時代の延徳3(1491)年の創建と伝わる由緒ある寺院のようです。

秋ケ池

普光寺よりさらに西へ向かうと、大きな池が見えてきました。こちらは秋ケ池です。周辺にはこうした灌漑用のため池が多くあり、古くから水に悩まされてきたことをうかがわせます。

新井用水

秋ケ池から山陽電車の線路沿いに出ました。線路の下を小川のような流れが横切っています。よくある水路のようにも見えますが、実はこの地域に欠かせない存在です。

交通の要衝として栄えた二子ですが、一方で農業はというと、印南野台地の上に当たり、水に恵まれなかったためか、平らな土地が広がる割には今一つだったようです。これは二子に限らず、周辺の地域にも共通していたようです。この状況を解決したのが、この水路「新井(しんゆ)用水」でした。用水を開いたのは古宮村の庄屋だった今里傳兵衛という人物で、一年余りの難工事の末、明暦2(1656)年に開通したそうです。この用水の開通で、加古川から分かれる五ケ井用水の水がこの地域にも流れるようになり、盛んに新田が開発されるようになりました。

新井用水を眺める

住宅の合間を流れる新井用水を眺めてみました。電車の車窓からでは見逃してしまいそうな細い水路ですが、この地域に田園風景が広がるのはこの水路のおかげなのかもしれません。用水を開いた今里傳兵衛は開通の三年後にこの世を去り、墓は古宮の薬師堂にあるようです。

大池

新井用水の先の山陽電車の線路の南側には大池が広がっています。台地の上の地域を流れた新井用水の水はため池となり、静かにこの地域を潤しています。

交通の要衝として栄え、水に悩まされながら新田を開いてきた播磨町の二子地区。梅雨前の晴れ間に歩いてみれば、新しい発見があるかもしれません。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

阿閇の里・二子を歩いて(中編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、播磨町の二子地区を歩いてみたいと思います。

二子の街並み

引き続き、明石道を歩いていくことにします。
道沿いには趣のある建物が並び、重要な交通路として栄えていたことを伺わせます。

二子住吉神社

明石道を外れ、南側に向かって歩いてみると、大きな神社がありました。こちらは二子住吉神社です。別名、二子阿閇神社とも呼ばれているようで、この地域によくあるように、住吉三神を祀る神社です。江戸時代の貞享3(1686)年、播磨町内にある野添若宮大神宮の若宮として創建されたと伝えられています。

佛性寺

二子住吉神社に隣接して、寺院がありました。こちらは佛性寺です。佛性寺は鎌倉時代の正和元(1312)年の創建とされ、もともとは二子住吉神社の神宮寺として建立された寺院だったようです。神宮寺が神社より古いのはなぜか…? というところですが、二子住吉神社の創建も佛性寺の創建時期に合わせて遡ることができるのではないかとという説もあるようです。

佛性寺の境内

佛性寺の境内は新緑とつつじの花が眩しいくらいのコントラストを描いていました。

しおくみ道を歩く

新幹線の高架を潜り、さらに南へ歩くことにします。この道は海へ続いていて、「しおくみ道」と呼ばれているとのこと。かつては海で作った塩を内陸の村へ運ぶ人が行き交っていたのでしょうか。

印南野台地の南端の二子地区。交通の要衝として栄えた一方で、台地に立地するための苦労もあったようです。
次回、もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

阿閇の里・二子を歩いて(前編)


まるで真夏のような暑さが続くこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。

西二見駅

山陽電車で到着したのは西二見駅

西二見駅より

駅の南側はショッピングセンターや医療機関が建ち並び、賑やかですが、北側は田んぼと住宅地が入り混じり、静かな雰囲気です。

板塀の道

山陽新幹線の高架橋をくぐり、さらに歩いていくことに。細い道沿いに板塀を巡らせた屋敷が広がっていました。

この辺りは播磨町の「二子」と呼ばれる地区。少し変わった地名はかつてこの地にあった「二子塚」という塚に由来しているとされています。古くから農村地帯として栄えてきたのですが、一方で、北を通る西国街道と浜側を通る浜街道を結ぶ「明石道」があり、多くの人が行き交い、賑わっていました。

明石道の街並み

明石道に入ると、まるで旧街道のような街並みが残されていました。左側の立派な商家は造り酒屋とのことです。

播磨平野ののどかな集落かと思いきや、少し違った景色の広がる播磨町の二子、次回もう少し歩いてみたいと思います。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

加古川を見下ろす山・日岡を訪ねて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前回に続いて、加古川の日岡を歩いてみたいと思います。

日岡神社

参拝客で賑わう日岡神社の境内。現在の社殿は戦後、火災で焼失したものを再建したものです。

常楽寺

日岡神社の南東に寺院がありました。こちらは常楽寺です。境内は静かで、日岡神社の賑わいからは離れた落ち着いた雰囲気です。

宮内庁管理

常楽寺の裏手の山へ続く道を歩いてみると、厳重な柵と「宮内庁」の文字がありました。以前、神戸市西区の王塚古墳を訪ねた時に見かけたような気が…。

日岡の陵

もうお気づきでしょうが、この山にあるのは宮内庁の管理する陵墓「日岡陵古墳」です。

日岡陵古墳は日岡山の山頂にある古墳です。木々に覆われた今はわかりにくいのですが、五色塚古墳などと同じ前方後円墳で、航空写真などを見ると鍵穴型の古墳の形が何となくわかります。被葬者はわかっていないのですが、日岡神社の祭神・天伊佐佐比古命(あめのいささひのみこと)が安産祈願をしたという景行天皇の皇后・播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)の陵墓に指定されています。

日岡陵古墳

山道を登り詰めると鳥居と玉垣が見えてきました。山頂付近のこの辺りは前方後円墳の前方部の底面を眺めるような位置です。

この山や神社、加古川線の駅の名前は「日岡」ですが、麓には「氷丘」と書いて「ひおか」と読む学校名もあります。この「ひ」はもともとは「日」でも「氷」でもなく「火」であったとされ、この日岡山が火を焚く…烽火を上げる山だったからと言われています。山頂からは加古川の市街を一望することができ、また、加古川市街からもこの山はよく見えます。日岡陵古墳の被葬者は不明とされていますが、この立地を考えると、加古川下流域のこの辺りを治めた有力者なのではないかという気がします。

加古の流れ

日岡山からは加古川を眺めることができました。この加古川の名前も、日岡山が鹿の背に似ている、日岡山から眺めた加古川の中州が鹿のように見えたなどの伝説から「鹿児川」と呼ばれるようになり、後に「加古川」と書かれるようになったとも言われています。

播磨平野にそびえる日岡山と日岡陵は今も加古の流れを見守っています。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村