播磨のお城めぐり その3~利神城と平福の街並み


こんにちは、玄蕃允です。

前回の続きで、山陽姫路からさらに西に足をのばして、播磨の国の西端・佐用町のお城めぐりをしてきました。佐用町は黒田官兵衛ゆかりの地として、三城を押しているようです。

今回は利神城(りかんじょう)です。

公共交通機関では、智頭急行の平福駅が最寄りとなります。駅のすぐ裏手が利神城跡になりますが、山城で現在崩落危険な箇所があるため、城跡まで登山できません。

平福駅


平福駅は近畿の駅百選に選ばれているそうで、立派な駅舎が建っています。

平福は江戸時代前は利神城を中心とした城下町として、江戸時代に入ってからは姫路と鳥取を結ぶ因幡街道の宿場町として、参勤交代や物流で栄えました。

この利神城ですが、池田輝政の甥・池田由之が姫路城の支城として入ります。「雲突城」とも称されたそうで、麓からでもその美しさがよく分かります。

利神城


間近で見ることができないのが、残念です。竹田城が有名になりましたが、匹敵する美しさではないでしょうか。

もともとは1349年に赤松氏の一族の別所敦範が築城しました。戦国時代に入り、別所氏は播磨に侵攻する織田方に一度は従いますが、播磨の領主たちがつぎつぎと織田を見限り、中国地方の毛利方に従う中でそれに追随します。織田方の上月城主・尼子勝久と山中鹿之介が利神城を奪いますが、毛利氏が上月城を落とし、利神城はその時毛利方であった宇喜多氏の城となります。

関ヶ原の戦い後、池田氏が播磨を与えられますが、輝政が姫路城に、甥の由之がこの利神城に入りました。

由之は城の大改修に着手し、三重の天守を構え、曲輪を全て石垣で築きました。また、城下町を整備し、武家町や街道沿いに町人地を設けました。輝政はその豪壮さに驚き、江戸幕府の警戒を恐れて天守の破却を命じたとされます。

平福の街並み


江戸時代以降、平福は因幡街道最大の宿場町として栄えます。

瓜生原家


江戸時代の町屋が残っています。瓜生原家は鋳物業を営んでいたそうで、1810年に建てられました。

本陣跡


本陣は宿場町で大名や旗本などが宿泊所として指定した家になります。

陣屋門


陣屋門ですが、1万石以下の小藩の城は陣屋と呼ばれ、その邸宅の入口の長屋門を陣屋門といいます。平福は利神城廃城後に松平氏5千石の旗本領となり、代官支配となりました。この陣屋門は1864年に時の代官が建築したものです。

佐用川


佐用川沿いに建物が建てられていて、非常に美しい景観が広がります。

城下町と宿場町の名残りが残る平福の街並み。ぜひ足を運んでみてください。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


大きな地図で見る

播磨のお城めぐり その2~佐用城


こんにちは、玄蕃允です。

前回の続きで、山陽姫路からさらに西に足をのばして、播磨の国の西端・佐用町のお城めぐりをしてきました。佐用町は黒田官兵衛ゆかりの地として、三城を押しているようです。

今回は佐用城です。
公共交通機関では、JR姫新線の佐用駅が最寄りとなります。駅から徒歩15分くらい、川沿いを歩いていると案内板が見えてきます。



案内に従って佐用城跡に到着です。
小高い丘に本丸跡と城主を祀った福原霊社があるのみです。

上月城とは異なり平山城なので、楽にみることができます。

この佐用城ですが、赤松氏の家臣である福原氏が代々城主を務めていたこともあり、福原城とも呼ばれます。

元弘3年4月28日、淀の久我畷の戦いにおいて、鎌倉方の総大将名越高家打ち取った佐用範家の築城と伝えられています。

福原霊社


福原氏は上月城とともに播磨に進出する織田方の大将・羽柴秀吉と敵対し、中国地方の毛利方に与します。天正5年(1577年)佐用に進んだ秀吉は黒田官兵衛と竹中半兵衛に佐用城攻めを命じました。

この際、黒田官兵衛の知略によって、城の三方を囲み、後ろの一方を開けておく孫子の兵法「囲師必けつ」によって落城させたといわれています。

そして、落命した城主・福原則尚を祀るために後世建てられたのが、福原霊社になります。

福原則尚辞世の句碑


本丸跡


本丸跡は小高い丘になっていて、南北を流れる佐用川などあたりの景色が見渡せます。

黒田官兵衛と竹中半兵衛、二兵衛が落とした佐用城に足を運んでみてください。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


大きな地図で見る

室津へ


こんにちは。玄蕃允です。

今回は黒田官兵衛ゆかりの地として室津に行ってきました。(ちょっと沿線からは離れていますが・・・)

 

室津は『播磨国風土記』で「風を防ぐこと室の如し」と紹介されているように、天然の良港で古代から瀬戸内海航路の要港でした。江戸時代、参勤交代の西国大名はほとんどがこの室津で上陸し、陸路を進んだため、宿場町としても栄えたそうです。

車以外の交通手段として、山陽電車の網干駅から神姫バスで行くことができます。時刻表を見ると便数は少ないですが、約25分で着きます。意外と近いです。

美しい港


カキの販売所が並んでいます。


カキの時期にまた来たいですね。

 

たつの市立室津民俗館


 

民俗館は海産物問屋の商家であり、立派な雛人形が飾られていました。

室津では八朔(旧暦8月1日)にひな祭りをする風習があるそうです。それは室山城で起こった悲劇に由来があります。

室山城の城主・浦上正宗の弟・宗景と黒田官兵衛の妹との婚礼の夜に、当時対立していた龍野城主の赤松政秀が室山城を急襲しました。室山城は落城し、花嫁は討死したという悲しい出来事があったそうです。花嫁の鎮魂のために半年遅れの八朔の日にひな祭りを延期したというのが八朔のひな祭りの由来です。

官兵衛にとって室津は家族を亡くしたつらい土地だったのかもしれませんね。

そして一番の目玉、賀茂神社


 

えらく立派なソテツもありました。

賀茂神社は平安時代に建てられ、本殿を含めて8棟の建造物が重要文化財に指定されています。ソテツは野生のものでは日本列島の北限として県指定文化財になっています。清盛ともゆかりのある神社で、治承4年(1180)高倉上皇の厳島参詣に清盛は同行し、室津に立ち寄った際に航海の安全を祈願しました。

神社からは素晴らしい景色が眼前に。


かのシーボルトも絶賛したというのも頷けます。

黒田官兵衛ゆかりの地であるとともに、古代から海上交通の要所であった室津。ぜひ一度足を運んでみてください。

ランキングに参加しています。
きれいな港町をみたいという方はクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

 


大きな地図で見る

山陽沿線歴史部出陣之御挨拶


初めまして、山陽沿線歴史部と申します。

これまで同僚のあまQのブログ「スマホ片手に街ぶらり」に登場してきたので、厳密には初めましてではありませんが、このたび、独立ブログ「せっつ・はりま歴史散歩」を立ち上げることになりましたので、改めてご挨拶させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

さて、形から入る歴史部員のメンバー、早速顔出しの代わりとして部員のシンボルマークを決めてミニ旗指物を作りました。



部長のS係長こと左馬頭(さまのかみ)は「揚羽蝶

私、Nこと内膳正(ないぜんのかみ)は朱に「彦根橘

Gこと玄蕃允(げんばのじょう)は「さがり藤

 

各々、旗印がそろったところで、

山陽沿線歴史部!

いざ出陣!