下山手・中山手を歩いて(後編)


こんにちは、山陽沿線歴史部の内膳正です。
前々回と前回に続いて、元町から山手へと歩いてみたいと思います。

旧小寺家厩舎

蘇鉄林を通り抜けるとレンガ造りの建物がありました。こちらは旧小寺家の厩舎です。

前回も見て来たように、この相楽園は三田藩士だった小寺泰次郎の邸宅でした。小寺は明治維新後の神戸で元三田藩主の九鬼隆義、同じく三田藩士だった白洲退蔵とともに「志摩三商会」を設立しました。この会社で神戸港の後背地の土地を買収し、不動産業や金融といった事業を営むようになり、大きな利益を得た小寺はこの地に私邸を建てました。これが現在の相楽園です。

旧ハッサム邸

厩舎と並んで、異人館がありました。こちらは旧ハッサム邸で、インド系イギリス人貿易商J.K.ハッサムの邸宅として北野に建てられたものが戦後にこの場所へ移築されたものです。

日本庭園

さらに園内を進んでいくと、日本庭園に行き当たりました。こちらの庭園はもともと小寺邸の庭園で、多くの建物がこの庭園を囲んでいたそうです。

船屋形

池のほとりに美しい建物がありました。こちらは船屋形で、姫路藩で藩主が河川の遊覧用に使っていた「川御座船」の屋形の部分でした。明治に入り飾磨港に放置されていた船の屋形部分だけが建物として使用されるようになり、舞子にあった実業家の牛尾健治氏の自宅に移築されていたものを神戸市が寄贈を受けてこの場所に復元移築しました。移築に当たって船の屋形として使われていた華麗な姿が復元され、もう少しすれば紅葉に囲まれた景色を楽しむことができるでしょうね。

小寺は明治13(1880)年に県会議員に選出され、市街整備に携わるようになり、明治38(1905)年に亡くなります。この私邸が完成したのは明治44(1911)年で、小寺自身は私邸の完成を見ることなくこの世を去ったことになります。昭和16(1941)年に神戸市がこの私邸を譲り受けて公園として整備しました。なお、建物の大半は昭和20(1945)年の神戸大空襲で焼失しています。ちなみに、小寺泰次郎の息子の小寺謙吉氏は衆議院議員を務めた後、昭和22(1947)年には戦後初の神戸市長を務めました。

菊花展

園内では菊花展の準備中で、現在はちょうど開催中です。これからの季節は紅葉も楽しむことができるでしょう。

今も昔も神戸、兵庫県の行政の中心だった下山手・中山手には明治以来の風情ある雰囲気が残されています。状況が落ち着き、まだまだ油断はできませんが、お出かけの気分が盛り上がってきたこの頃。ゆっくりとお散歩に訪ねてみてはいかがでしょうか。

ランキングに参加しています。
お出かけ前にクリックをお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>